刑事事件を無料相談できる弁護士を「神戸市」で探す|弁護士費用・選び方も解説!

  • 刑事事件,弁護士,神戸
  • 10

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

刑事事件を無料相談できる弁護士を「神戸市」で探す|弁護士費用・選び方も解説!

突然、家族が神戸市刑事事件を起こし、逮捕されてしまったら…

予想していなかったできごとにどう対処していいのかわからなくなるかもしれません。

しかし、お一人で悩んでいる間にも事件はどんどん進みます。

家族が刑事事件の加害者になってしまったら…

まずは神戸市の弁護士に相談することを検討しましょう。

しかし、どの弁護士を選んでいいのか非常にお悩みになると思います。

そこで、今回は

  • 神戸で無料相談できる弁護士事務所をピックアップ
  • 刑事事件に強い弁護士の選び方
  • 弁護士費用について

など、今みなさんが求めている情報が盛りだくさんです。

ぜひ、最後までご覧ください。

神戸市の弁護士事務所を紹介!刑事事件を弁護士に無料法律相談する

神戸市の弁護士事務所を紹介!刑事事件を弁護士に無料法律相談する

まずは、今すぐ弁護士に相談したい方のために刑事事件で頼れる神戸の弁護士事務所をご紹介します。

以下の点に留意してご自身にぴったりの弁護士をみつけましょう。

注意点
  • こちらの情報は2018年3月27日時点において、各ホームページに記載されている情報をまとめたものです
  • 抜粋した弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量は無関係です
  • 具体的事案や事務所の状況によっては、受任してもらえない場合があるので、ご確認ください
  • 費用も事案によって変動する可能性がありますので、ご確認ください

神戸ライズ法律事務所

まず最初にご紹介するのは三ノ宮駅から徒歩8分の神戸ライズ法律事務所です。

刑事事件に注力しており、神戸での活動実績も豊富です。

事前に電話かメールで予約することで、

逮捕・勾留されている方の配偶者・父母・子・直系尊属・兄弟姉妹・婚約者の方の相談料は、60分無料です。

また、事件を依頼した場合の法律相談料も無料のようです。

さらにくわしい情報は以下のホームページからご覧ください。

代表弁護士は坪井 俊郎弁護士(兵庫県弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒6500031

兵庫県神戸市中央区東町122-2 港都ビル8階

無料相談の予約は以下の電話番号から行えます。

※電話での相談は行っていません。

078-325-5585
  • 地域に根差した弁護活動を行っている
  • 刑事事件の活動実績が豊富
  • 一定の方は、初回相談が60分無料
弁護士費用
相談料 無料0円~
成功報酬 20万円~
保釈請求のみの場合は5万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

弁護士法人アーク東京法律事務所神戸支店

続いてご紹介するのは元町駅が最寄りの弁護士法人アーク東京法律事務所神戸支店です。

刑事事件・逮捕に注力している弁護士事務所です。

相談は無料です。

まずは電話で問い合わせてみましょう。

さらに詳しい情報は以下のホームページをご覧ください。

代表弁護士は宮崎 拓哉弁護士(東京弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒6500021

兵庫県神戸市中央区三宮町3-7-6 神戸元町ユニオンビル502

JR元町駅より徒歩3分に位置しています。

無料相談は以下の番号へお問い合わせください。

0120-446-510
  • 相談は無料!
  • 元町駅より徒歩3分の好立地
弁護士費用
相談料 無料0円~
成功報酬 10万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

ベリーベスト法律事務所神戸オフィス

次にご紹介するのは、ベリーベスト法律事務所神戸オフィスです。

元検事が所属している弁護士事務所です。

無料相談としては、本人・家族の方から初回相談は無料のようです。

HPにて解決事例を確認でき、参考になります。

事務所のホームページは以下の通りです。

代表弁護士は、酒井 将弁護士(東京弁護士会)です。

事務所の所在地は以下の通りです。

〒650-0034

兵庫県神戸市中央区京町69 三宮第一生命ビルディング12階

JR「三ノ宮」駅より徒歩10分なので仕事帰りに立ち寄ることができそうです。

具体的な相談は来所相談になるようです。

本人、又は家族の方のが初めてご相談いただいた場合、30分の相談が無料になります。

無料相談予約は平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00まで可能です。

メールでの問い合わせは24時間可能です。

問い合わせの番号はこちらです。

0120-666-694
  • 元検事からの弁護活動を受けられる
  • 本人・家族から初回相談は無料
  • 三ノ宮駅近辺の好立地
弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 3万円
成功報酬 20万円~
※保釈請求のみなら10万円

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

刑事事件で頼れる弁護士の選び方のポイント4点

刑事事件で頼れる弁護士の選び方のポイント4点

弁護士がたくさんいすぎて選び方がわからない

弁護士探しを始めるとそんな問題に直面するかもしれません。

そこで、刑事事件で弁護士を選任する際に大事なポイントを4つご紹介します!

以下のポイントに注意してご自身に合う弁護士を見つけてくださいね。

①刑事事件専門の弁護士に依頼する?

弁護士は法律の専門家です。

しかし、どんな内容の事件でも相談・解決できるわけではありません。

学校の教師に担当教科があるように、弁護士にも事件の得手不得手があります。

民事事件なら民事に強い弁護士、家事事件なら家事事件に強い弁護士…

など、刑事事件は刑事事件に強い弁護士に依頼するべきです。

ご自身やご家族は刑事事件でお悩みなのですから、事務所のホームページなどで刑事事件を扱っているか確認してみましょう。

②依頼したい事件の実績がある

刑事事件を取り扱っている事務所であっても、過去の実績がない事務所だと非常に不安です。

弁護士に依頼する際は過去の実績を確認してみましょう。

こちらも事務所のホームページに掲載されている場合が多いです。

過去にどんな刑事事件を解決してきたのか、調べてみても参考になりますね。

③無料法律相談を行っている

無料相談を行っているか、という点も重要といえます。

ホームページをいくら読み込んでも実際に弁護士に会ってみなければ自分との相性はわかりません。

対面の無料相談を行っている事務所でしたら一度、弁護士と直接話せるので自分と合うかどうか確かめられそうです。

もちろん、弁護士としての腕も非常に重要です。

しかし、

  • 自分と相性がいいか
  • 話していてストレスがたまらないか
  • 安心して任せられるか

なども弁護活動を行ってもらう上で大切ですよね。

ご自身やご家族が刑事事件の当事者になってしまったらまずは無料相談をしてみましょう。

④弁護士費用が明瞭である

私選の弁護士に依頼する際は、当然弁護士費用がかかってきます。

弁護士費用が明瞭であるかどうかも弁護士を選任する上で非常に大切です。

ただでさえ、ご家族が刑事事件の当事者になってしまい不安なのです。

「最終的にいくらかかるのか…」と、弁護士費用のことにまで悩みたくないですよね。

弁護士費用は各事務所のホームページで確認できるところが多いです。

弁護士費用が明確に記載されていない事務所は注意が必要です。

わからないことがあれば直接事務所に問い合わせてみましょう。

弁護士費用には「着手金」「成功報酬」など、いくつかの項目があります。

後ほどくわしくご説明しますね。

まとめ
  1. ① 刑事事件に注力している事務所である
  2. ② 依頼したい事件の過去の実績がある
  3. ③ 無料相談を行っている
  4. ④ 弁護士費用が明瞭である

刑事事件の弁護士費用ナビ|内訳や払えない場合について解説

刑事事件の弁護士費用ナビ|内訳や払えない場合について解説

刑事事件の弁護士費用を知りたい

弁護士を選任する際、一番気になる点は弁護士費用ですよね。

あらかじめ、弁護士費用がどんな名目でどれくらい必要なのかわかれば安心ですね。

弁護士費用は以下の4項目にわけることができます。

弁護士費用内訳
①相談料
②着手金
③成功報酬
④実費・日当

各項目についてくわしく見ていきましょう。

①相談料

相談料とは、弁護士に法律相談をしたことに対する対価として支払う料金です。

先ほどは、無料相談を行っている事務所をご紹介しました。

しかし、原則は有料となっています。

有料相談を行っている事務所は時間単位で料金を計算している事務所が多いです。

調査では30分5000円~と設定している事務所が多く見受けられました。

また、相談の上、依頼となれば相談料が無料となる弁護士事務所も多くありました。

なお、無料で法律相談を行っている事務所でも無料なのは初回のみで、二回目以降は有料となる場合もあります。

刑事事件の相談料相場は30分5000円~が多い

②着手金

着手金とは、弁護士が弁護活動を始める(着手する)際に支払われる費用です。

事件の着手時に支払われ、結果が思うように出なくても返金されません。

事件の種類、犯行行為を否認しているか、逮捕されているか、など状況に応じて金額が変動します。

20万円~80万円という価格設定の事務所が多いようです。

事務所によって自由に設定できるので、相談の際に確認するとよいですね。

刑事事件の着手金相場は20万円~80万円が多い

③成功報酬

成功報酬とは、弁護活動の成果に応じて支払われる報酬です。

事件の結果によって、金額が異なります。

例えば、

  • 身柄解放
  • 不起訴
  • 略式起訴
  • 執行猶予

など様々な結果に対し、個別に報酬が定められている場合が多くあります。

稀に、定額制を設けている事務所もありますので、要確認です。

成功報酬は一概に〇〇円!とは言えないので弁護士に直接確認してみましょう。

成功報酬は事件の結果によって金額が定められている

④実費・日当

実費

弁護士が弁護活動を行う上で実際に支出を伴った費用のことです。

代表的な例を挙げると、

  • 交通費
  • 郵送費
  • コピー代

などのことを指します。

実費についてはどの範囲まで請求するか法律事務所によって異なります。

弁護士に相談した際に尋ねてみましょう。

日当

弁護士が出張などで拘束された時間に対して支払われる費用のことをいいます。

  • 遠方への出張
  • 裁判所への出廷

などの場合に発生します。

算出方法などは各弁護士のホームページに記載されている場合が多いです。

わからない場合は相談の際に弁護士に尋ねてみましょう。                                      

実費は実際にかかった費用が請求される。

日当は弁護士が費やした時間に応じて支払われる。

刑事事件の弁護士費用を表にまとめましたのでご覧ください。

まとめ

刑事事件の弁護士費用一覧

内容 相場
相談料 弁護士に相談する費用。 無料0円~
有料5000円~
着手金 弁護活動を始める時にかかる費用、途中で解約しても戻らない。 20万円~
成功報酬 弁護活動の成果に応じてかかる費用。 成果の質と量により金額が変わる。
日当・実費 「日当」:面会・出廷などで弁護士が出張をする際にかかる費用。
「実費」:書面交付・郵送費用などの必要経費。
実際に発生した額

弁護士費用は各弁護士のホームページに明記されていることがほとんどです。

依頼したい弁護士を見つけたらまずは弁護士費用をホームページで確認しましょう。

不明な点は弁護士に直接問い合わせてみるとよいですね。

ページが見つかりません。 | 刑事事件弁護士カタログ
xn--3kqa53a19httlcpjoi5f.com

弁護士費用が払えない場合は…

ご覧のとおり、弁護士費用は決して安くはありません。

しかし、ご自身や家族の未来を考えると弁護活動は受けたいですよね。

そこで考えられる方法は、以下の通りです。

  1. ① 弁護士費用を分割払いする
  2. ② 国選弁護人制度を利用する
  3. ③ 委託援助事業制度を利用する

聞きなれない言葉もありますよね。

一つ一つ詳しくみていきましょう。

①分割で支払う

先ほど確認したように、弁護士費用は決して安くはありません。

高いものを買うときに分割で支払うことがありますよね。

「弁護士費用も分割できたらいいのに…」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

弁護士費用の分割払いについては以下の通りです。

弁護士費用の分割払い
  • 法律事務所ごとに対応は異なる
  • 弁護士費用を分割払いできる法律事務所もある

事務所ごとで対応が違うので一概には言えないということですね。

弁護士との契約は委任契約です。

契約内容は合意で自由に定められますから、支払方法が選択できる場合もあります。

契約前に分割払いが可能かどうかはきっちり確認しておきましょう。

②国選弁護人制度を利用する

次は、国選弁護人についてみていきましょう。

国選弁護人制度には2通りあります。

✔被疑者国選:起訴前の段階

✔被告人国選:起訴後の段階

今回は、被疑者国選の場合について説明していきます。

国選弁護人は、貧困などの事由により弁護士を選任出来ない方のためにある制度です。

そんなお得な制度があるならみんなその制度を利用したいですよね。

しかし、国選弁護人制度を利用するにはいくつか条件があります。

  1. ① 被疑者勾留中(勾留状が発せられている)
  2. ② 被疑者国選対象事件(長期3年を超える懲役または禁錮の罪)
  3. ③ 貧困(資力50万円未満)などの事由により弁護人を選任できないとき

(※法改正により2018年6月1日からは、②の要件が不要となります。)

2016年5月24日、刑事訴訟法等の一部を改正する法律が成立しました。

これまで、国選弁護人制度を利用出来るのは「長期3年を超える懲役または禁錮の罪」の事件だけでした。

改正後は、その要件が撤廃されます。

弁護人が刑事手続きで果たす重要な役割を考えると、ぜひとも知っておくべき制度ですね。

国選弁護人について、さらに詳細を知りたい方は以下の記事もご覧ください。

国選弁護士まとめ
✔法定刑の長期が31月超えのみ選任できる
(※201861日より罪名による制限なし
✔勾留決定後、勾留中に利用可能
✔資力が50万円未満であれば、原則として無料で利用可能
✔指名はできない

③委託援助事業制度を利用する

実は、日弁連には刑事事件の被疑者に対する法律扶助として委託援助事業制度という制度があります。

逮捕、勾留という身体拘束を受けた人が経済的要因から弁護士費用を出せない場合に利用可能です。

しかし、以下の注意点があります。

委託援助事業制度が対象外となる場合
・法テラスの民事法律扶助
・国選弁護制度
を利用している場合

以上の場合は委託援助事業制度を利用することができません。

詳細は日弁連のホームページをご覧ください。

【無料相談】弁護士に刑事事件を無料法律相談する

【無料相談】弁護士に刑事事件を無料法律相談する

【無料法律相談窓口】弁護士に刑事事件を無料相談する

「対面相談を予約したいけど日中は予約の電話ができない…」

スマホから弁護士に相談できればいいのに…」

そんなご希望をお持ちの方もいるかもしれません。

そこでこちらに

  • 24時間、対面無料相談の予約ができる電話予約窓口
  • 使い慣れたLINEから無料相談できるLINE無料相談窓口

をご用意しました。

(※対面相談は一定の場合のみ無料相談となるようです)

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

こちらからなら、ご自身の希望に合わせたスタイルで無料相談することができますね。

いきなり弁護士事務所に行くのは緊張する…

という方もスマホからなら気軽に弁護士に相談することができますよね。

お一人で悩まずにまずは弁護士に無料相談してみてはいかがでしょうか?

【全国弁護士検索】札幌・横浜・大阪など、全国から弁護士を検索

ご紹介した弁護士事務所だけでなく、全国には他にも刑事事件で頼れる弁護士がたくさんいます。

ネットで調べているとどの弁護士を選べばいいのかわからなくなりますよね。

そこで、こちらに

  • 刑事事件に注力している
  • 弁護士費用が明瞭である

という点をクリアしている弁護士を地域別に集めました。

以下から弁護士を見つけたい地域を選択してください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いかがでしょうか?

ご自身にあいそうな弁護士はみつかりましたか?

刑事事件の当事者になってしまったら、頼れる弁護士を見つけるのが一番です。

まずはこちらで弁護士を探して、相談してみましょう。

最後に一言アドバイス

刑事事件の当事者になってしまったら、弁護士に相談することが一番の解決策です。

初めは緊張するかもしれません。

しかし、弁護士はみなさんの心強い味方です。

今回の記事で刑事事件に強い弁護士の選び方もわかりましたね。

ためらわず、まずは無料相談を受けてみましょう。

まとめ

今回は、神戸市の弁護士事務所や弁護士の選び方についての特集でした。

家族が刑事事件の加害者になってしまったとき、スグに弁護士を見つけられたら安心ですよね。

ご紹介した

を使えばすぐにあなたに合う弁護士が見つかります。

お一人で悩まずにまずは頼れる弁護士を見つけて相談してみましょう。

他にも関連記事がありますのでぜひご覧ください。

目次に
戻る
TOPに
戻る