全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

痴漢を全国の弁護士に相談!冤罪で逮捕されたら?示談金や弁護士費用も解説!

  • 痴漢,弁護士
  • 1600

痴漢関連でお困りの方、ご安心ください!

信頼できる弁護士に相談できる窓口を一挙公開します。

  • 逮捕されたら示談って意味がある?
  • 弁護士に依頼したら費用はどのくらいかかる?
  • 全国から24時間無料相談できる無料窓口はある?

そんな疑問を持つ人も多いはず。

冤罪被害の対処法やこれらの疑問に答えながら、役立つ相談窓口を紹介していきます。

痴漢は冤罪かどうかにかかわらず、前科がつく可能性がある重大な事件。

人生がかかっているのですから、弁護士に相談し、しっかりと対応していきましょう。

痴漢事件で困っている人はまずここで無料相談!

痴漢事件で困っている人はまずここで無料相談!

痴漢関連で法的に困っている方、または不安がある方。

今すぐ下から無料相談してみましょう!

LINEは相談内容を送信するだけ。

電話では対面相談の予約が24時間365日できますよ。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

痴漢事件は冤罪でもそうでなくとも、逮捕され前科がついてしまう場合があります。

刑事手続きが進むほど深刻化しますから、困ったらまずは相談してみましょう。

これ以外にも、さまざまな相談窓口を後でたっぷりとご紹介します。

とはいえ弁護士に相談する事態にそもそもならないことが大切。

そこで、社会問題となっている痴漢冤罪事件の対処法をまずみてみましょう。

どのように対処すれば良いのか、迫りました。

「痴漢の冤罪、どう動くべき?」弁護士に聞いてみた。

「痴漢の冤罪、どう動くべき?」弁護士に聞いてみた。

痴漢冤罪の対処法3つウソホント!

あらゆる情報媒体で痴漢冤罪の対処法が扱われています。

ですが時代の変化でそぐわなくなっていることも。

よく耳にする代表的な3つの対処法。

現代社会でも有効なのか、検証していきます。

①痴漢冤罪現場から逃走?

よく「痴漢と疑われたら逃走すべき」なんて聞きます。

ですが、やってもいないのに逃げるなんて…と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、逃げるという対処法はとても大切!

実は

  • 駅員室に行ったり、
  • 釈明のために警察を待っている

ことが「現行犯逮捕されている」とみなされることがあるんです。

仮に逮捕されているとみなされると、そこから自由に帰ることはできなくなります。

そのため、まずは立ち去ることがとても重要なのです。

その場にいると逮捕される可能性がある。

立ち去る勇気が大切!

もっとも「逃走」といっても、まるで犯人かのように逃げるのでは逆効果。

他の人に取り押さえられるかもしれませんし、監視カメラなどを利用して後日警察が逮捕にくることもありえます。

一般的に「逃げる」のが良いとは言われますが、正確には「立ち去ること」が大切なのです。

それだけではありません。

実は立ち去り方がとても大切なのです。

②冤罪で逮捕されないよう線路から逃げる?

よく逃げるために線路に降りる人もいます。

ですがこの対処法は大間違い!

絶対にやってはいけません!

鉄道若しくはその標識を損壊し、又はその他の方法により、汽車又は電車の往来の危険を生じさせた者は、二年以上の有期懲役に処する。

線路に降りることで電車の行き来に危険が生じた場合、なんと懲役刑になる可能性が!

冤罪から逃げるために犯罪を犯してしまっては元も子もないですから、線路には立ち入るのはやめましょう。

また鉄道営業法という法律でも禁止されています。

線路に入っただけで1000円以上・1万円未満の科料を払わなければなりませんからご注意ください。

線路から逃げると他の犯罪を犯してしまうことに!

そもそも線路内に入るのはとても危険。

死亡の可能性もありますから、絶対に入らないでください。

他にも他の人を突き飛ばし怪我をさせたりすると、別途傷害罪が成立する場合もあります。

いくら立ち去ることが大切とはいえ、犯罪を犯しては意味がありません。

なるべく事を荒立てず、穏やかに、毅然と立ち去るようにしましょう。

穏やかに立ち去るために、自分の電話番号だけを教えることも有効でしょう。

名刺は、会社に電話されるリスクがあるので、オススメできません。

③被害者に名誉棄損と主張?

また、「名誉棄損で訴えるぞ!」と主張する対処法も目にします。

確かに相手の感情を冷ます一定の効果があるかもしれません。

ですが言い方には注意!

脅迫罪になる可能性があるため、できることなら主張せずに立ち去りましょう。

脅迫罪とは

本人又はその親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対して害を加えることを告知して脅迫する罪です。

脅迫罪についての詳細はこちらに記載しています。

痴漢冤罪の対象法9つ、ウソホント。
  対処法 良し悪し
立ち去る 良い
線路に逃げる 良くない
名誉棄損と主張 場合によっては良い

痴漢冤罪被害にあわないためのオススメ3大対策!

「女性の近くに立たない」が冤罪被害予防に効く!

そもそも痴漢冤罪に巻き込まれないようにすることが大切。

電車の中では女性の近くに立たないことも大切かもしれません。

実践している方も多いよう。

バンザイ通勤で痴漢冤罪逮捕を回避!

また電車のつり革を両手でつかむ態勢も有効。

両手を上げることから、バンザイ通勤ともいわれています。

とにかく物理的に痴漢ができない状況を作るべし!

その状況を多くの人に目撃してもらおう。

満員電車こそが痴漢冤罪の元!

そもそも満員電車に乗らないという選択肢もあります。

体が密着することがなければ、冤罪被害にあうこともありません。

もっとも、稀に痴漢被害をでっちあげる詐欺事件もあるため、油断は禁物!

名誉棄損だとして慰謝料請求できる?

このような対策をしたが、痴漢と疑われてしまった!

その後冤罪だと証明できた場合、痴漢を疑った人に慰謝料を請求できるのでしょうか。

冤罪事件に巻き込まれると周囲との人間関係や会社関係、学校関係でも不利益を被り、精神的な損害を受けることはあるでしょう。

ですが、結論から言いますと

悪質な場合でなければ、慰謝料請求が認められることは稀。

被害者に悪意があれば別ですが、単に勘違いの場合に法的責任まで負わせることは酷だといえるでしょう。

さて、これまで痴漢冤罪の対処法や、その後の対応についてみてきました。

ですが

実際に痴漢冤罪被害にあってしまった!

という人もいるでしょうし、

痴漢をしてしまった。

という人もいるかもしれません。

いざ痴漢トラブルの当事者になった場合、専門家に相談したいですよね。

そこで、痴漢トラブルについて弁護士に相談できる窓口を大紹介していきます!

痴漢を弁護士に相談できる窓口5選!47都道府県から24時間無料相談できる窓口も!

痴漢を弁護士に相談できる窓口5選!47都道府県から24時間無料相談できる窓口も!

痴漢トラブルの当事者になると、逮捕起訴され、有罪となってしまう可能性もあります。

そのため、なるべく早く法的な対応をする必要があるでしょう。

ですが実際どのように動いたら良いか、なかなか分かりませんよね。

そこで痴漢トラブルを弁護士に相談できる窓口をご紹介します。

当番弁護士(例として大阪)

まずは当番弁護士制度です。

これは主に逮捕されてしまった人向けの制度です

当番弁護士とは

刑事事件で逮捕された人が、裁判前でも弁護活動を行いやすくするための制度です。

痴漢で逮捕された場合、1回無料で弁護士の出張相談を要請することができます。

注意しなければならないのは、逮捕され、いまだ釈放されていない人だけが当番弁護士を利用することができるということ。

釈放された人など、家に帰ることができる人は当番弁護士を使うことができません。

当番弁護士は誰でも利用できるわけではない!

当番弁護士制度は各地域の弁護士会が窓口になっています。

逮捕された本人が依頼する場合、留置場や拘置所の施設職員を通じて連絡することになるでしょう。

また、逮捕された人のご家族や友人も依頼できます。

ご家族が連絡する場合の依頼先は各地域の弁護士会ホームページを確認してみましょう。

たとえば大阪弁護士会ですと、下の番号になります。

06-6363-0080

夜間・休日問わず24時間受け付けていますが、下のような点に注意してください。

弁護士会は、派遣依頼を受けたら、その日の担当となっている弁護士に出動要請の連絡をします。

※休日等は、担当日の弁護士が、留守番電話を聞いて接見に向かいます。休日明けに接見に向かうところもあります。

突然逮捕された場合は、どう対応すべきか分からないもの。

冤罪を認めてしまったり、違法な取り調べを受けないよう、あらかじめ弁護士による専門的アドバイスを受けておきましょう。

47都道府県のどこからでも初回無料の出張相談を要請できる。

要請自体は24時間可能。

最初に取調べの注意点などを聞いておくことが大切。

47都道府県全ての弁護士会が開設している、法律相談センター

さらに、各弁護士会は独自に法律相談センターを開設、相談を受け付けています。

たとえば大阪ですと、大阪弁護士会 総合法律相談センターを中心とし、6か所の常設法律相談センターがあります。

大阪弁護士会 総合法律相談センター

大阪市北区西天満1-12-5 大阪弁護士会館1階

京阪中之島線「なにわ橋」から徒歩約5分

弁護士による法律相談を受けられるのはとても心強いですよね。

しかも一部については、無料で法律相談を受けられるんです。

以下のご相談は無料です。

  • クレジット・サラ金問題
  • 交通事故の民事に関する相談
  • 少年事件(刑事事件・保護事件)の相談

それ以外ですと相談料は30分以内5,500円(税込)。

そんな法律相談のご予約はこちらから。

06-6364-1248

またWEB上では24時間予約を受け付けています。

サービス内容は提供している弁護士会によって異なりますので、お近くの法律相談センターにアクセスしてみてくださいね。

47都道府県どこでも弁護士から相談を受けることができる。

一部無料相談もできるので、お近くの法律相談センターをチェック!

埼玉、神奈川、神戸など、全国からネット掲示板で相談!

相談場所に赴くのは大変だけど、短時間の電話相談では上手く話せるか不安。

そんな方のために、ネットに注目してみました。

弁護士ドットコムが提供するみんなの法律相談をご紹介。

ネットの掲示板で質問をし、それに対して弁護士が回答をしてくれるサービスです。

もちろん匿名で利用できますし、様々な弁護士から異なった視点の回答を得られる点が特徴です。

また相談件数が多く、過去の質問をみることができるのも特徴の一つ。

質問をする前に一読すれば、より効果的な質問をすることができるでしょう。

様々なジャンルの相談が、1か月に8000件以上投稿されています。

ネット上で送信するものですから、47都道府県のどこからでも、24時間無料でWeb相談ができます。

しかも登録している弁護士の数が多いため、素早く回答をもらえる可能性も高いといえます。

困ったときはぜひ質問してみましょう。

会員弁護士 13,000人以上、(略)弁護士の3人に1人が登録している、弁護士情報サービス

もっとも、誰でも閲覧できるため、相手方が特定できるような書き込みはしないように注意しましょう。

特に痴漢は加害者も被害者も冤罪にあった人も、その事実が特定されることで名誉が棄損されます。

後に名誉棄損で訴えられるリスクは負わないことが大切です。

一般的な話として質問してみるのがオススメですよ。

痴漢事件についてネットで24時間、全国どこからでも相談できる。

複数の弁護士に相談できる点が魅力。

ただし個人が特定されないように要注意。

注目!示談金と弁護士費用の相場を実例から読み解く

注目!示談金と弁護士費用の相場を実例から読み解く

これらの相談先はどこも信頼できるところばかり。

痴漢の当事者になってしまった場合はまず相談してみましょう。

そして実際に依頼をすると、弁護士が解決のために動くことになります。

この場合に気になるのが示談金弁護士費用

今回はこれらお金の話について、検証してみました。

痴漢で逮捕されても、弁護士なら示談交渉ができる。その示談金額は?

まず痴漢は

  • 各都道府県が定める迷惑行為防止条例違反と、
  • 刑法176条の強制わいせつ罪

にあたる可能性があります。

それぞれの詳細については以下の記事をご覧ください。

この場合逮捕・起訴され、前科がつく可能性すらあります。

ですが、被害者と示談をすることで

  • 起訴されない可能性や
  • 刑罰が軽くなる可能性

がでてきます。

用語解説

示談とは、民事上の紛争について裁判外における当事者間の話合いによって解決すること。

示談は弁護士が被害者の方と交渉して行います。

その結果「加害者を許し、処罰を望まない」という被害者の意思を盛り込むことがあります(宥恕条項)。

被害者の処罰感情が少ない場合、検察官が起訴しないケースもありますから、このような示談を成立させることがとても大切なのです。

ですがここで気になるのが示談金ですよね。

示談金とは、示談を成立させるために被害者に支払う金銭のこと。

痴漢をしてしまった場合はどの程度の示談金を支払う必要があるのでしょうか。

これを知るためにとても有用なのが、この計算機!

この計算機、犯した犯罪ごとに示談金の具体例が記載されています。

ご自分の事例と近いものを選ぶことで、大体の目安を計算することができますよ。

痴漢事件の場合のご利用は、「性・風俗関係」というタブから選んでみて下さい。

示談金の相場は、示談金計算機でチェックせよ!

ここで、「痴漢」にも二つの類型があることに気づかれましたか?

そう、「迷惑行為防止条例」違反の場合と、強制わいせつ罪の場合の2つです。

より悪質性が高い強制わいせつのほうが、示談金も高くなるようですね。

簡単な検証事例をあげておきます。

痴漢における示談金の例
  事例 示談金
条例違反 電車の中でおしりを触る 10万円
条例違反 電車内でおしりと脚を触る 100万円
強制わいせつ 電車内で下着に手を入れ、おしりを触る 100万円
強制わいせつ 電車内で陰部を直接触った 140万円

この表からもわかるように、同じような行為でも示談金額が大きく変わる場合があります。

同じ痴漢でも行為態様や、被害者の被害感情などによって示談額は変動します。

また、あくまで示談金額は相手と合意で決めますので、弁護士による交渉によっても変動する点も重要。

とはいえ大体の目安を図ることはできますので、ぜひ使ってみて下さいね。

そのうえで、具体的な金額について弁護士に相談してみましょう。

ここでは痴漢における示談金の詳細記事をご紹介しておきます。

示談が成立すれば解決に向けて大きく前進。

どのように示談を勧め、どの程度示談金を用意すればいいのか、ぜひ弁護士に相談してみてください。

痴漢事件を弁護士に頼む場合の費用って?

次に気になるのが弁護士に依頼する場合の費用

「最初の相談は無料でも、その後の費用はどうなるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

実は、弁護士費用はそれぞれの事務所が自由に定めることができるんです。

そのため一概に具体的費用をお伝えすることはできませんが、一般的な料金体系をお伝えします。

弁護士費用の体系としては、

  1. 着手金
  2. 成功報酬
  3. 実費・日当

の3つを採用している事務所が多いですね。

用語解説
  1. ① 着手金:弁護活動に着手する際に必要な費用
  2. ② 成功報酬:弁護活動の成果の対価
  3. ③ 実費・日当:実際に要した費用、独自の基準に照らして算出された弁護士の出張に対する費用

着手金はそもそも弁護活動に先立って支払う必要がある費用です。

それと異なり、成功報酬は後払い型。

成功報酬は刑事手続きがどのような形で終結したかによってあらかじめ決められている場合が多いです。

実費・日当は弁護士が出張した場合にかかる費用です。

証拠の収集や、示談などのために出張をする場合、発生します。

弁護士を選ぶ場合、これらの料金体系が明確になっているところが安心です。

不安な場合は、相談をする段階でしっかりと聞いてみましょう。

費用は大きく3種類。

それぞれどの程度かかるか、しっかり確認してから依頼することが大切!

痴漢事件を近所の弁護士に依頼するならこれ!

痴漢事件を近所の弁護士に依頼するならこれ!

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

全国の弁護士を検索して相談

といっても、実際に誰に依頼するか迷ってしまうのではないでしょうか。

  • 料金体系は明確なのか。
  • 刑事事件に注力しているのか。

など、外からはわかりませんよね。

そのような場合は、下から検索してみて下さい!

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ここに掲載されているのはどれも信頼できる弁護士ばかり。

  • 料金体系がホームページで明確に示されているか。
  • ネット上に刑事事件の特設ページを有し、刑事事件に注力しているといえるか。

といった点から厳選しました。

地域ごとに検索することができるので、お近くの弁護士を探してみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

痴漢事件は冤罪か否かにかかわらず、素早い対応が大切。

証拠を集めることが大変難しい事件ですから、迅速に動かないと重大な不利益を負うこともあるでしょう。

痴漢事件の当事者となったら、まずはスマホで無料相談を受けてみて下さい。

お近くの弁護士に依頼を検討しているなら、全国弁護士検索が有効でしょう。

それ以外にも痴漢事件について関連記事をまとめましたので、ぜひご覧ください。