全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【痴漢相談受付中】痴漢事件の無料相談窓口、頼れる弁護士大特集

  • 痴漢,弁護士
  • 720

「主人が痴漢の容疑で逮捕されてしまいました…」

こんな事件が起こると、穏やかな日常生活が一変して、大きな不安に襲われます。

「逮捕された主人を一日でも早く釈放してほしい…」

「主人に前科をつけたくない…」

「主人の無罪を証明したい…」

弁護士を探して解決しようとするけれど、それもまた簡単ではありません。

なぜなら、全国47都道府県にいる弁護士の数は、とても多いのです!

  • 地元で無料相談できる弁護士はいるの?
  • スマホやネットですぐ無料相談したい!
  • 24時間、365日、有人対応のフリーダイヤルって、ある?

たくさんいる弁護士の中から自分のケースに適した弁護士を選ぶのは容易ではありません。

そこで今回、そんな悩みにお答えする弁護士特集を組むことになりました!

テーマは、「痴漢事件を解決に導いてくれる弁護士特集」です。

では、さっそくご覧ください。

日曜日も「可」電話やメールで予約OK!全国各地の弁護士まとめ

日曜日も「可」電話やメールでスグ予約!全国各地の弁護士まとめ

はじめて弁護士を探すんですが…

大切な家族が痴漢事件で逮捕された…

そんなとき、どうやって弁護士を探しますか?

「どんな方法で、痴漢にくわしい弁護士を探せばいいの?」

地元無料相談をしている弁護士を探し出したい」

いざというとき、すぐに弁護士を探せたらいいのに、と思うことありますよね。

47都道府県の弁護士から厳選しました

私たち編集部は、弁護士探しでお困りの方のために、全国の弁護士を地域別にまとめました。

東京、大阪、福岡、横浜、名古屋などの都市部はもちろん、それだけではありません!

全国47都道府県の中から、独自の厳しい基準で厳選した弁護士をまとめてみました。

瞬く間にお住いの近くの弁護士をみつけることができると思います。

試しに一度、お住いの地域をタップして進んでみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

どうでしたか?

地元の弁護士を探すのにかかる時間は、たったの5秒

ご覧になっておわかりいただけたかと思います。

地域ごとに弁護士を厳選してまとめています。

では、ちょっとここで、現実をご覧いただきましょう。

こちらをご覧ください。

日本弁護士連合会(通称:日弁連)はこんなデータを公表しています。

弁護士の数、なんと正会員37,680人!(2016年3月現在)

日本には弁護士がこんなにいるんですね。

約4万人の中から痴漢事件にくわしい弁護士を探すのは大変なことです。

・タウンページを使って、片っ端から電話する?

・ネットで「弁護士」と検索し、出てきた順に法律事務所に問い合せてみる?

そんなことすれば、どれだけ時間があっても足りませんね。

厳しい基準をクリアしているから安心

この全国弁護士検索は、全国47都道府県の中から厳選した弁護士のみを掲載しています。

どんな基準で選ばれているかというと…

痴漢事件などの刑事事件に注力している弁護士であること

②ホームページに弁護士費用を明確に掲載している弁護士であること

今すぐに必要だからこそ、この検索機能であなたにマッチした弁護士を短時間でお探しいただきたいと思います。

LINEやネットで無料相談!24時間、365日有人対応の予約専用フリーダイヤル?

24時間、365日有人対応のフリーダイヤル?LINEやネットで無料相談!

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

痴漢の逮捕事件、着手金、報酬…弁護士費用の総額は、いくら!?

痴漢の逮捕事件、着手金、報酬…弁護士費用の総額は、いくら!?

弁護士に事件を依頼する際、弁護士費用はどくらいかかるか、気になる点ですよね。

正しく理解していただくために、ここで弁護士費用についてまとめてみたいと思います。

実は、以前は弁護士会の報酬規定により弁護士費用が統一されていました。

ところが、弁護士法の改正により、そのルールは撤廃されました。

今では、弁護士費用は弁護士が自由に設定できることになっています。

1.弁護士費用の基礎!「痴漢事件の着手金」いくら?

はじめに着手金についてご説明します。

着手金とは、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

事件結果に関係なく、不成功でも返還はされません。

編集部調べによれば、着手金を20万円〜としている弁護士もいるようです。

ただ、痴漢事件などの刑事事件では60万円〜を基本とする法律事務所も多くありました。

2.弁護士費用の疑問!「痴漢事件の成功報酬」その実態は?

成功報酬も気になるところですね。

成功報酬とは、弁護活動の成果に対して支払うものです。

そのため、痴漢事件での成功報酬は、その刑事処分の結果によって異なります。

ホームページで料金を掲載している法律事務所が多いですので、参考にするとよいですね。

3.弁護士費用の教えて!「実費・日当」痴漢事件でも必要?

実費・日当の基準も、弁護士によってさまざまです。

ですので、ホームページなどで実費・日当の基準が明記されていると信頼がおけますね。

この点についても、実際に電話で問い合わせるなどして、事前に説明を聞いておくことをオススメします。

特に、事件を依頼するとき、契約時には、その基準で最終的に発生が予想される金額も確認しておくとよいと思います。

3つの実例、痴漢で逮捕…その後どうなる?弁護士の活動とは?

3つの実例、痴漢で逮捕...その後どうなる?弁護士の活動とは?

それでは、痴漢事件を弁護士がどのような方法で解決していくのか、実例をみていくことにしましょう。

本日は特別ゲストとして、刑事弁護活動で多数の実績をあげられている専門家の先生をお呼びしました。

テレビや雑誌など様々なメディアでおなじみの弁護士、岡野武志先生です。

今回は岡野先生からくわしく痴漢事件の弁護活動について解説していただきます。

弁護士の岡野です。

私はこれまで、数多くの刑事事件の弁護活動をしてきました。

本日は、その中でも痴漢事件にフォーカスをしぼり、実例裁判事例をベースに、わかりやすく解説していきたいと思います。

1.一日でも早い釈放を!弁護士のワザを紹介

痴漢事件で逮捕された際、まず、どのような流れで進んでいくのでしょうか?

ニュースでは、事件の一部が切り取られて報道されることがしばしばです。

逮捕後の流れがわかりにくく、結局、事件がどのように進んでいくのかがわかりにくいこともあります。

そして、一番関心の高い釈放のタイミングについても、はっきり聞いたことがありません…

弁護士を選任して、弁護活動をしてもらうとなれば、どのような流れになっていくのか気になりますよね!

逮捕されると、その翌日か翌々日に検察庁に連れていかれます。

そして、その後、検察官・裁判官によって釈放の有無が検討されます。

「釈放すべきでない」と判断された場合には、勾留(こうりゅう)という手続きに入ることになります。

勾留されると、しばらくの間は留置場で生活をしていくことになります。

このとき、弁護士を選任すれば、勾留を阻止するための弁護活動をしてもらうことが可能です。

まずは、勾留されないように、検察官と裁判官に対して面談書面で早期釈放を訴えることになります。

それでも勾留が決定されてしまうと、別の方法で釈放を求めます。

勾留が決まった場合には、準抗告(じゅんこうこく)という不服申し立ての手続きをとることができます。

迷惑行為防止条例違反の痴漢事件では、

  • 身元が安定している
  • 執行猶予期間中でない

などの事情があれば、釈放が認められることは十分にありえます。

実際に痴漢を行ったのであれば、罪を認め早期釈放を目指すことも積極的な解決策と言えます。

まずは、弁護士を選任し、一日も早く弁護活動を開始してもらうことが大切です。

弁護士をつけることで、勾留の阻止を求める弁護活動ができるわけですね。

やはり専門家のアドバイスのもと、刑事事件に向き合わなければ、何をしたらよいかもわかりません。

早く学校に復帰したい、早く仕事に戻ってダメージ修復を急ぎたいというのが本音ではないでしょうか。

2.前科をつけたくない!弁護活動でできること

では次に、前科をつけないで済む方法について、考えてみたいと思います。

「前科をつけたくない」という要望もかなり多いと思います。

不起訴処分を得ることができれば、前科を避けられるようですが…

前科と不起訴処分との関係は次のようになっています。

Q.前科とは…?

A.前科とは、以前に有罪判決を受けた、その履歴のことをいいます。

Q.不起訴処分とは…?

A.不起訴処分とは、検察官が事件を「起訴しない」という処分をすることです。

つまり、刑事裁判を行わないという処分をすることをいいます。

前科というと、やはり自分の経歴に傷がつくというイメージが強いです。

なので、何としても不起訴処分を獲得したいというニーズが高いのですね。

前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得する必要があります。

または、刑事裁判で無罪判決を獲得する必要があります。

日本の刑事裁判での無罪判決の獲得率は、およそ0.1%と極めて低く、不起訴処分の獲得を目指したほうが現実的といえる場面が多いです。

容疑を否認するときには、次のようなことを訴えることになります。

  • 被害者の供述が信用できない
  • 被疑者の供述の方が合理的である

などです。

これにより、不起訴処分の獲得を目指します。

また、証拠により犯行が認定された場合でも、検察官は被疑者の「性格や境遇など」を考慮してくれることがあります。

それによっては、不起訴処分になることもあるのです。

これを、不起訴処分の中でも、「起訴猶予処分」といいます。

痴漢の罪を認める場合には、まず被害者に謝罪を尽くし、示談をすることが大切です。

被害者と示談を締結することで、起訴猶予処分を獲得することができる可能性が出てきます。

痴漢で前科をつけないために、早めに弁護士に相談して今後の方針を検討してください。

前科を回避するためには、不起訴処分を勝ち取るという方法があるんですね。

証拠もあり、罪を認めていても、起訴猶予処分になれば不起訴処分として事件は終わるのですね。

どういう方向性でいくか、専門家の弁護士のアドバイスをよく聞いて結論を出したいところです。

3.無実を証明したい!そんなときは弁護士へ!

無実の罪で痴漢の犯人とされる場合も考えられます。

そうです、冤罪(えんざい)事件です。

痴漢のえん罪を題材にした映画もありましたが、これは実際に満員電車などで起こりそうなことです。

どうやって警察や検察官の取り調べを乗り切ったらよいのか…

えん罪は、誰にでも起こりうることだからこそ、知っておきたいですね。

警察から一度犯罪の容疑をかけられると、疑いを晴らすのはとても大変なことです。

警察の取り調べでは、犯人と決めつけられたうえで行われます。

取り調べについて正しい知識がないと、知らない間に不利な立場に追いやられてしまいます。

このようなとき、弁護士を選任しておけば、次のようなアドバイスしてくれます。

  • 痴漢事件の取り調べで黙秘権を適切に行使する方法
  • 調書にサインすることを拒否する権利があること
  • 調書内容に誤りがあった場合に変更を申し立てる権利があること

さらに、選任された弁護士は、無罪を獲得するために有利な証拠を集めます。

集めた証拠は書面にし、関係当局へ提出します。

早い段階から無罪を裏づける証拠を提出することが大事です。

こうした取り組みによって、取り調べから解放され、名誉を回復することができます。

早く弁護士を選任し、痴漢事件の取り調べへの適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

「事実無根です!」

「痴漢の犯人ではありません!」

胸を張って声をあげたくても、そんな簡単にはできないものです。

取調室の中では明らかに弱い立場だと思いますし…

勇気を振り絞っても、言いたいことが簡単に言える環境ではありません!

だからこそ、弁護士の存在が大きな支えになるんですよね。

弁護士を選任しておけば、堂々と言いたいことを主張することができます。

最後にワンポイントアドバイス

最後に、ワンポイントアドバイスを、岡野先生お願いします。

大事な家族、友人が、ある日突然、痴漢事件で逮捕されたらどうすべきでしょうか。

一言助言させていただくとすれば、こうです。

「とにかくすぐに、弁護士に相談を!」

痴漢事件はよく耳にしますが、軽い犯罪ではありません。

早く適切な対応をすれば、元の平穏な生活を取り戻すことができます。

迷わず、恐れずに、私たち弁護士に、まずご相談ください。

まとめ

今回の特集「痴漢事件に力を注ぐ弁護士特集」いかがでしたでしょうか

痴漢は身近に起こる犯罪だからこそ、知っておきたいですね。

弁護士検索を使えば、お近くで弁護士を探すことができます。

ひとりで悩まずに「弁護士無料相談」を利用して、少しでも早く解決策をみつけてほしいと思います!

さらに痴漢事件について詳しく知りたい方は、関連記事をご覧ください。

以上、編集部から特別企画をお届けしました。

痴漢の逮捕事件の弁護士費用についてのQ&A

痴漢事件の着手金はいくら?

着手金とは、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。事件結果に関係なく、不成功でも返還はされません。編集部調べによれば、着手金を20万円〜としている弁護士もいるようです。ただ、痴漢事件などの刑事事件では60万円〜を基本とする法律事務所も多くありました。 痴漢事件の着手金

痴漢事件の成功報酬の実態は?

成功報酬とは、弁護活動の成果に対して支払うものです。そのため、痴漢事件での成功報酬は、その刑事処分の結果によって異なります。ホームページで料金を掲載している法律事務所が多いですので、参考にするといいです。 痴漢事件の成功報酬

弁護士費用の実費や日当は痴漢事件でも必要?

実費・日当の基準も、弁護士によってさまざまです。ホームページなどで実費・日当の基準が明記されていると信頼がおけますね。この点についても、実際に電話で問い合わせるなどして、事前に説明を聞いておくことをオススメします。特に事件を依頼するとき、契約時には、その基準で最終的に発生が予想される金額も確認しておくといいと思います。 弁護士費用の実費や日当