全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

痴漢で逮捕?逮捕されない?痴漢その後の流れから逮捕の可能性を診断!

  • 痴漢,逮捕
  • 1300

連日、テレビや新聞をにぎわす痴漢逮捕ニュース

なぜ痴漢犯ってこんなに多いのでしょうか^^;

ニュースによると、最近は逃走などして、

逮捕されない痴漢犯

というのも多いと聞きます。

逮捕された場合でも、逮捕された場合でも、その後どうなるのか?

痴漢の逮捕の流れや、逮捕の期間など気になりますよね。

このページでは、

痴漢の逮捕に関する全トピックを完全網羅

した上で、

・逮捕から釈放の流れは?

・逮捕されても示談すれば大丈夫?

といった、痴漢の逮捕に関するよくあるQAを掲載しています。

専門的な部分の解説は、テレビや雑誌でおなじみの岡野武志弁護士にお願いしています。

よろしくお願いします。

痴漢事件と逮捕の関係について、最新の動向過去の実例を交えながら、具体的に解説していきたいと思います。

このページでは、編集部の方と一緒に、痴漢と逮捕の関係を徹底して深掘りしたいと考えています。

少し長くなりますが、ここでしか読めないトピックが満載なので、最後までお付き合いください。

それでは、まずは痴漢の逮捕に関する最新動向をみていきましょう。

痴漢の逮捕に関する最新動向まとめ

痴漢の逮捕に関する最新動向まとめ

弁護士が解説する痴漢事件の動向

昔から数多く起きている痴漢事件ですが。

最近の動向というのは何かありますか?

・悪質な痴漢が増えた?

・未成年者の痴漢が増えた?

・逆に痴漢が減った??

何かトレンドのようなものがあるのか、気になりますよね。

痴漢それ自体では、特に感じるものはありません。

以前として、満員電車内の痴漢が一番多く、また痴漢だけでなく痴漢なども数が多いです。

捜査機関や裁判所側の傾向としては、

今年になってというわけではありませんが、

ここ数年は、逮捕のあとの10日間の勾留が認められにくくなっています。

つまり、昔よりも早めに釈放される傾向にあるということですね。

昔は条例違反の痴漢事件でも10日間の勾留が安易に認められるケースが多かったですが、

最近はかなり減ってきています。

強制わいせつ罪の痴漢は、悪質で刑事裁判になる可能性も高く、まだ勾留が認められやすいですが、

条例違反の痴漢は、基本的に当日〜数日で釈放されることも多いです。

ここ数年の傾向ですね。

昔に比べて釈放されやすくなっている、ということですね。

社会にとって良いことか、悪いことかは分かりませんが…

被害者にとっては残念な、加害者にとってはラッキーなことですね。

ところで、そもそも逮捕それ自体されないということもあるのでしょうか?

逮捕されても早めに釈放される傾向にあることは分かったのですが、

そもそも逮捕されないケースというのもあるのか、いろいろと調査してみたいと思います。

そもそも逮捕されない痴漢事件ってあるの?

そもそも逮捕されない痴漢事件ってあるの?

痴漢は何罪になるの?

ところで。

そもそも、痴漢って法律的にはどのような犯罪になるのでしょうか!?

「逮捕」されるということは、「犯罪」ということは間違いないですよね。

ただ、どのような犯罪が成立するのか、

正式な犯罪の名前がよく分からない…

先ほどの新聞では迷惑行為防止条例違反というケースが多いようですが…

痴漢は大きく2つに分類されます。

迷惑行為防止条例違反が成立する痴漢

強制わいせつ罪が成立する痴漢

の2つです。

①②の見分け方は、簡単に言えば、

服の上からお尻などを触った場合

は迷惑行為防止条例違反が成立し、

下着の下に手を入れるなどのわいせつ行為をした場合

は強制わいせつ罪が成立する言うことができます。

逮捕されない痴漢の特徴は?

そもそも、

痴漢事件を犯したのに逮捕されないケースってあるのでしょうか?

あります。

実は、逮捕されない痴漢事件というのも、思った以上に数が多い

というのが私の印象です。

実際に痴漢をしたかどうかは分かりませんが、逮捕まで至らない痴漢トラブルというのは多くあります。

具体的に、何か特徴のようなものはありますか?

まずは、「痴漢した」「痴漢していない」と言い合いになっているような場合だと、

痴漢を疑われた現場からそのまま立ち去ったケース

では、逮捕されずに終わることが多いです。

その場を立ち去った以上、現行犯逮捕はできません。

その場合、相手を逮捕するためには、逮捕状を取得し、後日逮捕する必要がありますが、

  • 後日逮捕するだけの十分な証拠がそろわなかったケース
  • 事件が軽微で、逮捕の必要性が認められなかったケース

として、結局は逮捕されずに終わることも多いからです。

なるほど。

逮捕されない痴漢事件というのは、そのような特徴があるのですね。

では、次の章では、運悪く(?)痴漢で逮捕されてしまった場合のその後の流れについて確認してみましょう。

痴漢で逮捕された場合のその後の流れ

痴漢で逮捕された場合のその後の流れ

痴漢で逮捕される条件とは?

痴漢で逮捕されるケースはニュースなおでよく見かけますよね。

実際に逮捕されるのは、

どのような条件がそろった時

なのでしょうか?

・法律的な解説と

・専門家の意見

を聞いてみましょう。

痴漢で逮捕されるのは、2つのパターンがあります。

現行犯逮捕される場合と、②後日逮捕場合です。

現行犯逮捕される場合の条件は、痴漢の犯行現場を目撃されていることです。

現行犯逮捕は、

犯行の直後に、犯行を目撃された人から、犯行現場で逮捕される場合に限られる

点に特徴があります。

これに対して、後日逮捕される場合の条件は、逮捕状が発行されていることです。

逮捕状は、一定の証拠にもとづき、捜査機関が発行を請求し、裁判官がこれを発行します。

後日逮捕は、

逮捕状をもった警察官(捜査官)によって逮捕される

点に特徴があります。

痴漢事件の場合も、

・現行犯逮捕のパターン

・後日逮捕のパターン

の両方があるのですね。

それぞれの場合で、逮捕の条件が異なってくるのですね。

以下で詳しくみていきましょう!

現行犯逮捕と後日逮捕の検証
  現行犯逮捕 後日逮捕
逮捕できる人 事件を目撃した人 逮捕状を持っている人
逮捕状の有無 逮捕状なし 逮捕状あり
逮捕できる時期 事件当日限り 後日

痴漢の現行犯逮捕の条件は?その後の流れは…

現行犯逮捕の条件

まずは、痴漢事件の現行犯逮捕の条件が知りたいですよね。

ニュースなどでも、現行犯逮捕が一番多いように感じるので^^;

痴漢の現行犯で逮捕されるのは、どのようなケースなのでしょうか。

現行犯で逮捕されるのは、基本的には犯行を目撃された時に限られます。

現行犯は私人でも可能です。

そのため、実際の現行犯逮捕は、

犯行を目撃した被害者本人や通行人にとって現行犯逮捕されるケースが多い

といえます。

現行犯の場合は逮捕状は必要ないので、犯行の直後に逮捕されることになります。

現行犯逮捕その後の流れ

現行犯逮捕されたあとはどうなりますか。

もしかして、そのまま罰金を支払う必要があるのでしょうか?

財布を持っていない場合はどうすれば…^^;

私人である目撃者によって現行犯逮捕された場合は、その後に駆けつけた警察官に身柄が引き渡されます。

警察官に身柄が引き継がれたあとは、

・現行犯逮捕の現場から警察署に連れて行かれ、

・警察署の取調室で簡単な取り調べを受ける

ことになります。

当日釈放されることは珍しく、ほとんどのケースでは、

そのまま、警察署内の牢屋(留置場)に収監される

ことになります。

そして、翌日以降、警察の車両に乗って検察庁と裁判所に連れて行かれ、10日間の勾留を続行すべきか審査されることになります。

なお、

直ちに罰金を支払う必要はありません。

罰金を支払うのは、

・示談などの不起訴を狙う活動が失敗し

・刑事裁判(略式裁判)を受けたあと

に限られます。

10日は長い!

その間は仕事は行けないのですよね…

それは困りますね。

痴漢の後日逮捕の条件は?その後の流れは…

後日逮捕の条件

では、後日逮捕の場合はどうでしょう。

後日逮捕の条件についても知りたいです。

後日逮捕ということは、逮捕状が発行される…ということですよね^^;

後日逮捕は、現行犯逮捕と異なり、必ず逮捕状にもとづく必要があります。

そのため、後日逮捕の条件では、

逮捕状の発行を正当化できるだけの証拠がそろっているか否か

が一番問題となります。

逮捕状を請求・発行するだけの証拠がそろっている場合は、あとは逮捕の必要性の問題となります。

裁判官によって「逮捕の必要性がある」と判断されれば、逮捕状が発行され、後日逮捕されることになります。

被害者・目撃者の証言や防犯カメラの映像などが証拠となります。

後日逮捕その後の流れ

後日逮捕の流れはどのようになっているのでしょうか。

後日逮捕の場合は、逮捕状を持ってきた警察官によって逮捕されることになります。

警察官は、

朝の時間帯に自宅にやってくるケースが多い

と言われています。

朝だと被疑者も自宅にいることが多いからです。

逮捕状を示されて逮捕されたあとは、警察署に連れて行かれて、警察署の取調室で簡単な取り調べを受けます。

その後の流れは現行犯逮捕の場合と同じです。

一点違うとすれば、

現行犯逮捕の方が早期に釈放されやすく、後日逮捕の方が釈放のタイミングが遅れやすい

という点です。

後日逮捕の方が、わざわざ逮捕状が請求されるだけあって、悪質な痴漢事件が多いからです。

逮捕されない場合はどうなる?

痴漢をしたけれども逮捕されなかった場合はどうなるのでしょうか。

基本的には、その後の流れは、被害届が受理されているか否かによります。

被害届が受理されている場合は、

捜査機関としては、引き続き痴漢事件の捜査を行う

ことになります。

これに対して、被害届が受理されていない場合は、

実は、その段階で捜査が打ち切られるケースがほとんど

といえます。

逮捕されなかった場合のその後は、被害届が受理されているか否かによって変わります。

痴漢の逮捕に関するよくあるQA

痴漢の逮捕に関するよくあるQA

逮捕されたその後はニュース報道になる?

痴漢で逮捕されたら、その後は必ずニュース報道になるのでしょうか。

必ずニュース報道になるわけではありません。

捜査機関からマスコミへの情報リークは、事件の性質を考慮して行われます。

犯人が公務員や教師、専門家などの場合は、社会的関心の観点から報道される可能性が高いです。

ニュース報道になるタイミングは逮捕の翌日が多いです。

また、事件の内容的には、

悪質な強制わいせつ痴漢の方が、軽微な条例違反の痴漢よりもニュースになる可能性が高い

といえます。

ニュース報道はのちのちまでネットに残るので困りますよね。

報道されないために、何かできることはあるのでしょうか。

個人的にできることはありません。

弁護士に依頼すれば、警察署に対して、

マスコミへの情報リークを控える旨の意見書を提出する

ことができます。

この意見書に、直ちに法的な効果がありませんが、一定の抑止効果を期待することができます。

特に、

最近のネット社会では、実名報道により被る風評被害は甚大

なので、警察にこの点を十分考慮してもらう必要があります。

むやみに実名報道が拡散することは、更生の観点からも望ましくないと考えています。

痴漢で後日逮捕される可能性はある?

痴漢の現場から逃げて帰ってきた場合、後日逮捕される可能性はあるのでしょうか。

理論的には後日逮捕される可能性があるので注意が必要です。

問題は、逮捕状の発行を正当化するだけの証拠があるか否かです。

痴漢の現場から逃げて帰ってきた以上、警察は逮捕状を入手しての後日逮捕しかできません。

証拠がなければ逮捕状を請求することができないので、後日逮捕されることもありません。

反対に、十分な証拠があれば、理論的には後日逮捕される可能性が出てきます。

事件の内容的には、

強制わいせつの痴漢の方が条例違反の痴漢よりも後日逮捕される可能性が高い

ということができます。

後日逮捕されるのは怖いですね…

いきなり警察官が家にやって来るわけですよね。

何か、後日逮捕されないためにできることはあるのでしょうか。

警察署に自ら出頭するのは一つの方法です。

自ら出頭することで、逃亡や証拠隠滅の可能性がないことを主張するわけです。

出頭の際に、弁護士と一緒に出頭すれば、より安心です。

もっとも、

自ら出頭したとしても、最終的に後日逮捕されてしまうケースもある

のでリスク判断が大切です。

後日逮捕するか否かを決めるのは、捜査機関や裁判所だからです。

捜査機関と裁判所の方で「逮捕の必要性あり」と判断されれば、出頭後でも後日逮捕される可能性が出てきます。

後日逮捕を絶対的に防ぐ方法というのはありません。

夫が痴漢で逮捕されたらどうすれば良い?

夫が痴漢で逮捕された場合、まずは何をどうするのが良いのでしょう。

まずは逮捕案件に詳しい弁護士に相談してみてください。

具体的な対応方法は、個別の事件によって異なるので、あなたの事件に関する意見を聞くことが大切です。

今は弁護士の無料相談窓口も多いので、相談先を見つけるのは簡単です。

自分勝手に判断することなく、専門家の意見を聞いてから今後の方針を判断するようにしましょう。

弁護士に早めに相談したことで、

  • すぐに釈放された
  • 刑事処罰なしで済んだ
  • 前科がつかなかった

という結果につながることも多いです。

弁護士に相談するだけでなく、実際に弁護活動を依頼することで得られるメリットもあるのでしょうか。

弁護士に弁護活動を依頼することで、

釈放に向けた弁護活動

示談成立に向けた弁護士活動

を受けることができます。

弁護士が検察庁や裁判所に意見書を提出することで、釈放のタイミングが早まるケースも多いです。

釈放が早まれば、釈放後は会社に出勤するなど、日常生活を取り戻すことができます。

また、被害者との示談が成立すれば、痴漢事件の場合は、

実は、不起訴になり前科がつかないケースがほとんど

なのです。

被害者と示談の話し合いを進めるにあたって、被害者の連絡先を入手するためには、弁護士に弁護活動を依頼する必要があります。

被害者の側としても、「弁護士限りであれば連絡先を教えてもよい」という人が多いからです。

痴漢未遂でも逮捕される?

痴漢事件って、そもそも女性のお尻にタッチしなかったような未遂の場合でも逮捕されるものでしょうか?

条例違反の痴漢の場合は、未遂の規定がないため、相手の身体に触っていない場合は逮捕されることはありません。

盗撮の場合は、下着の中にカメラを差し込んだだけで、撮影や画像がなくても逮捕されますが、痴漢の場合はタッチがなければ逮捕されません。

痴漢と盗撮の検証
  タッチなしの痴漢 撮影なしの盗撮
逮捕 逮捕なし 逮捕あり
刑罰 刑罰なし 罰金

そうなんですね。

痴漢と盗撮は、そのような細かな点が異なってくるのですね。

防犯カメラの証拠があれば逮捕される?

痴漢の現場を防犯カメラで撮られていた場合、防犯カメラの証拠で逮捕されるのでしょうか。

防犯カメラの証拠があれば、理論的には逮捕される可能性があります。

ただ、

実際問題としては、防犯カメラの証拠だけで逮捕される可能性は低い

でしょう。

警察としても、痴漢という比較的軽微な犯罪(条例違反)で、防犯カメラの映像を解析することは稀です。

また、防犯カメラの映像だけでは、犯人の名前や住所が分からず、逮捕状を請求できないケースも多いからです。

夫が痴漢で逮捕されたら離婚できる?

痴漢事件を起こして夫が逮捕された場合、夫と離婚することはできるのでしょうか。

逮捕された夫と離婚についての合意がある場合は、もちろん離婚することが可能です。

問題は、夫が離婚に反対している場合です。

その場合は、夫が釈放後に離婚調停を申し立てる必要があります。

離婚調停が成立しない場合は、訴訟に移行しますが、一度の逮捕だけでは離婚が認められる可能性は低いでしょう。

一度の逮捕だけでは、通常は「婚姻し難い重大な事由がある」とは判断されにくいからです。

痴漢で逮捕されたら仕事は解雇される?

痴漢で逮捕されたら、今の仕事は解雇されてしまうのでしょうか?

解雇の可否は、勤めている会社の就業規則によります。

逮捕の時点で本人が容疑を認めていれば、その段階で解雇されることも多いです。

有罪判決が下されるのを待ってから解雇されることもあります。

これに対して、示談が成立して不起訴になれば、

実は「解雇されない」ケースも多い

です。

今の仕事を解雇されたくないということであれば、弁護士に相談の上、被害者と示談の話し合いを進めるのが良いでしょう。

逮捕の期間は?

痴漢で逮捕されたら、どれくらいの期間、留置場に入れられる可能性があるのでしょう。

逮捕の制限時間は72時間です。

つまり、逮捕されても、裁判所から勾留の決定が出なければ、2,3日で釈放されることが多いです。

偶然、勾留の決定が出ないケースもありますが、

実は「弁護士の活動によって」勾留の決定が出ないケースも多い

です。

勾留の決定が出た場合は、引き続き、まずは10日間の留置場生活が続きます。

また、さらに10日間延長され、最大で20日間の留置場生活が続く可能性があります。

痴漢で逮捕された方限定、弁護士に相談して助かる方法とは

痴漢で逮捕された方限定、弁護士に相談して助かる方法とは

弁護士相談で「釈放」と「処罰なし」を勝ち取る!

痴漢事件で逮捕されても、早めに釈放することは可能ですか?

ケースによっては可能です

弁護活動によって検察庁や裁判所に意見書を提出する

ことで、早期の釈放が決定される場合があるからです。

早期の釈放を希望されている場合は、まずはお近くの弁護士に相談してみてください。

では、痴漢で逮捕されても処罰なしで終わることは可能ですか?

これも可能です

痴漢事件で逮捕されても、

最終的に不起訴処分になれば、処罰されず、前科もつきません。

容疑を認めているケースでは、被害者と示談することで、不起訴処分になることが多いです。

示談交渉は弁護士が代理するのがベストです。

この点についても、お近くの弁護士に相談してみてください。

そういうことなんですね。

弁護士に相談する方法はいろいろあると思いますが…

このページでは、便利に無料相談できる弁護士を中心にピックアップしてみました。

このページのすぐ下の方に案内を掲載してあります!

罰金と不起訴を検証
  痴漢で罰金 痴漢で不起訴
刑事処罰 刑事処罰あり
罰金数十万円
刑事処罰なし
罰金0円
前科 前科がつく 前科がつかない

痴漢で逮捕されても、前科がつかなければ、

罰金を支払わなくても済む

だけでなく、

  • 仕事や結婚生活で支障が生じない
  • 会社を懲戒解雇されない

ケースも多いので安心ですよね。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

あなたの地元の弁護士に直接相談したい場合はこちら

あなたの地元刑事事件に注力している弁護士を見つけたい方はこちらが便利です。

お住いの都道府県をタップして、弁護士を探すことができます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

こちらに掲載されている弁護士は、

刑事事件の専用ページを持っている弁護士に限定されている

ので、非常に心強いですね。

最後に一言アドバイス

それでは、最後にひとこと、アドバイスをお願いします。

痴漢事件を起こしてしまったお悩みの方は、勇気を出して早めに相談してください

痴漢事件の解決は、タイミングが大切です。

特に、

前科をつけたくないという方は、被害者との示談の話し合いをスピーディーに進める必要があります。

一度ついた前科は消えません。

取り返しがつかなくなる前に、勇気を出して専門家に相談することが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

痴漢で逮捕された人のニュースを中心に、

痴漢で現行犯逮捕・後日逮捕された場合の流れや条件

についてまとめてみました。

痴漢で逮捕されたお困りの方は、ぜひスマホで無料相談全国弁護士検索を使ってお悩みを解決してください。

痴漢に関してより詳しく知りたい方は、下の関連記事が参考になるかもしれません!

弁護士カタログ編集部より痴漢の逮捕に関する記事をお送りしました。