全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

痴漢冤罪事件は弁護士にお任せを!弁護士の痴漢冤罪対策ベスト版

  • 痴漢冤罪
  • 12100

今日は、痴漢冤罪事件をテーマに、徹底的に調査した結果をみなさんにお届けしたいと思います。

痴漢冤罪は、映画でも題材に取り上げられたように、電車の中で起こる事件というイメージが強いと思います。

実際のところ、どのようにして痴漢冤罪が発生するのか、そしてその痴漢冤罪に最も有効な対策は何なのか、レポートしたいと思います。

今日はその痴漢冤罪事件を何度も解決に導いてきた、テレビでお馴染みの弁護士、岡野武志先生にお話を伺いたいと思います。

岡野先生、解説をよろしくお願いします。

こんにちは。弁護士の岡野です。

今日は痴漢冤罪がテーマということで、私がこれまで担当した実際の事件や、裁判例をもとに、痴漢冤罪事件についてわかりやすく説明していきたいと思います。

弁護士から見た痴漢冤罪事件の実態を現場から生中継

弁護士から見た痴漢冤罪事件の実態を現場から生中継

事件の発生件数から見える、痴漢冤罪の実態とは?

痴漢冤罪はこういう事件をいいます

そもそも、痴漢冤罪というのは、どういう事件のことを言うのでしょうか。

思いつくのは、電車内で乗客の男性が女性に痴漢をしたと、被害者の女性または周囲の人に間違われるというパターンなのですが…あっていますか?

冤罪というのは、「無実の罪」として広辞苑などで紹介されていますが、ここでは「真実は犯罪を行っていないにも関わらず、犯罪の容疑をかけられてしまったケース」を冤罪として考えていきたいと思います。

いわゆる無罪というのは、刑事裁判を経て出される結論のことを言いますが、一般的には犯罪を犯していないのに犯人として疑われると、その時点ですでに冤罪だと感じるものだと思います。

ですから、この解説の中では冤罪の意味をより一般的な目線で少し広く捉えたいと思います。

やはり日常生活の中で、痴漢冤罪が発生しやすいのは満員電車の中だと思います。

真実は、男性が手に持っていたカバンが女性の足に当たったのにもかかわらず、女性は男性に足を触られたと勘違いして男性を痴漢の犯人として駅員に通報するというケースが実際に多くあります。

裁判までいかなくても、犯人に間違われたことで冤罪だと感じるのは感覚としてわかります。

電車通勤している男性は特に敏感になっていることではないでしょうか。

痴漢冤罪事件の法律上のリスク

痴漢冤罪の事件が起こると、一体どんな不利益が考えられるのでしょうか?

法律上、考えられるリスクにはどのようなものがありますか?

痴漢冤罪の恐ろしい点は、痴漢として間違われてしまったときのリスクが極めて高い点にあります。

痴漢は犯罪で、その行為態様や程度によって、適用される法律が異なります。

各都道府県が定める条例に違反したとされる場合には、多くの場合その刑罰は「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」となっています。

また、刑法に定められた強制わいせつ罪だとされる場合には、その刑罰は「6月以上10年以下の懲役」となっています。

痴漢冤罪は疑いが晴れないと大変なことになってしまうわけですね。

そのまま痴漢の犯人に間違われて処罰されるようなことになれば、名誉棄損されるどころか、人生が狂ってしまいます。

知られざる痴漢冤罪事件の裏側とは?

復讐、自殺、そして悲しみの裁判

痴漢冤罪の事件はニュースでも耳にしますし、それほど珍しくないという印象があります。

実際に痴漢冤罪事件に巻き込まれてしまったら、裁判になってしまうのでしょうか。

痴漢冤罪事件には、実は多くの裏話が隠れています。

痴漢の犯人として疑われ、社会的に傷ついた名誉を回復させることが困難であるため、最終的に自殺に追い込まれてしまうケースもあります。

痴漢冤罪の自殺率、自殺件数は決して少ないとはいえませんし、痴漢冤罪というのは本当に深刻な問題です。

痴漢犯人を間違えた女性に復讐をしても自分の名誉回復には何の意味もありませんし、むしろ罪を重ねる恐れすらありますので、疑われている側としては復讐より、いかに自分の身の潔白を晴らすかを考えることのほうがとても重要だと言えます。

自殺に追い込まれるケースもあるんですね。

社会問題になるくらい、痴漢冤罪は見過ごせない話ですね。

痴漢冤罪で逮捕された「その後」

では、ここで実際に痴漢と間違われて逮捕されてしまった場合には、その後どのような展開になっていくのか、お話を伺いたいと思います。

例えば、電車内で痴漢の犯人と間違われ、駅員さんに突き出されてしまった場合には、どうなってしまうのでしょうか。

痴漢冤罪は、刑事手続きのレールに乗ってしまうと、どんどん先に進んでしまうことがあります。

仮に痴漢の疑いで逮捕されたとしましょう。

すると、逮捕後すぐに警察署で取り調べが行われ、痴漢冤罪を主張すればさらに身体拘束の時間が長くなることがあります。

逮捕後、検察庁と裁判所に連れて行かれ、裁判官に勾留の決定が出されてしまえば、少なくとも10日間、延長されるとさらに10日間の合計20日間もの期間、警察署内の留置場で生活しなければならなくなります。

そうすると、学校や会社など、生活面で様々な支障が出てくることは容易に想像できます。

場合によっては、刑事訴訟(刑事裁判)にまで発展し、自分に有利な証拠を用意できずに厳しい判決になることも十分あり得ます。

逮捕されたその後は、そのまま刑事手続きが進行していってしまうわけですね。

そうなると自分ではもうどうしようもありませんね。

今、弁護士が明かす痴漢冤罪事件の最強対処法「3つの秘策」

今、弁護士が明かす痴漢冤罪事件の最強対処法「3つの秘策」

痴漢冤罪の鉄則、正しい初期対応とは?

さて、それでは、痴漢冤罪事件に巻き込まれた場合の、最も有効な対処法について教えていただきたいと思います。

これまでの痴漢冤罪の弁護活動を振り返っていただき、弁護士が勧める対策をわかりやすく解説してください。

巷で聞く痴漢冤罪の対処法としては、名刺や身分証を被害者または駅員の方に差し出せば丸く収まる、という話があります。

しかし、それは決して鵜呑みにはできない情報です。

確かに、駅員室に連れて行かれてしまうと、そこに警察官が臨場すればもう話を聞いてもらえる状況ではなくなります。

とすると、被害を訴える方に誠意をもって説明し、その場を穏やかに立ち去ることが重要だと考えられます。

なるべくなら事を荒立てずに済ませたい。

誠意ある行動が一番だということですね。

弁護士による不起訴解決法とは?

弁護士に助けてもらうには、どのタイミングが一番よいのでしょうか。

痴漢冤罪事件が発生したとき、最も有効なのは、弁護士にサポートを求めることです。

法律の専門家でる弁護士から適切なアドバイスをもらって対応することが何より重要です。

刑事事件のレールに乗って手続が進んでいたとしても、最終的に不起訴処分で終結させることができるかもしれませんし、弁護士の弁護活動によってダメージを最小限にする方法をお考えいただくことはとても大切です。

自分で何とかしようとして結果が悪くなるより、早期に弁護士に相談することのほうが大切ということですね。

被害者の女性に、代わりに事情を説明してもらうのも、弁護士のほうが中立的な立場で話せますし、そのほうが説得力がありますね。

痴漢冤罪の裁判を乗り切るためには?

冤罪だと主張しても、結局、刑事裁判にかけられてしまうこともありますよね?

そうなったら、どう対処したらよいのでしょうか。

痴漢冤罪で警察に逮捕され、そのまま刑事手続きが進んでしまった場合、刑事裁判になることも考えておかなければいけません。

裁判になったときには、弁護士とその裁判をどう進めていくか、方針をしっかり話し合っておく必要があります。

一番望ましいのは、裁判を回避することですので、裁判になる手前で不起訴処分として事件が解決すると安心です。

しかし、痴漢冤罪が裁判にまで発展したのであれば、弁護士と綿密な打合せをして、冤罪を主張したときの展開をよく理解しておく必要があります。

痴漢冤罪では、やはり弁護士の役割がとても大きいですね。

裁判では自分の主張がどのような展開、結論になるのか、法律の専門家である弁護士にしっかり確認をしておくべきですね。

ここで、痴漢冤罪事件に巻き込まれたとき、弁護士に相談するとどのような効果があるかまとめておきましたので、こちらのサイトをご覧ください。

弁護士保険による痴漢冤罪対策

弁護士にすぐに相談する、これは痴漢冤罪事件の鉄則といえますね。

他に普段から気を付けておくことはありますか?

弁護士にすぐに依頼できるシステムとして、最近では弁護士保険という保険も出てきたようです。

弁護士保険に入っていることで、いざというとき、すぐに弁護士費用や法律相談料のことを気にせず相談できるものです。

弁護士に相談するときには、やはり費用のことが気になりますし、このような保険は助かりますね。

痴漢冤罪事件に精通した弁護士はここにいる!調査レポート完結編

痴漢冤罪事件に精通した弁護士はここにいる!調査レポート完結編

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

痴漢冤罪事件に注力している弁護士を地元で見つけるには?

地元で弁護士を探したい、、、でもどうやって探せばいいかわからない、、、

そんな方にはこちらの弁護士検索が便利です。

お住まいの地域をタップして進むだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

弁護士から最後に一言

では、最後に一言アドバイスをお願いします。

痴漢冤罪事件は人生を揺るがす大きな事件です。

困ったら、迷わず弁護士にご相談ください。

素早い判断がダメージを最小限にします。

まずは、無料相談窓口からあなたの未来を切り開きましょう。

まとめ

どうでしたか?

痴漢冤罪という難しい事件も、これで解決策が見えてきましたね。

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

を活用してください。