強姦・婦女暴行の示談を100%特集!示談金、示談書、示談交渉も早わかり

  • 強姦,示談
  • 390

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

2017年7月13日に改正刑法が施行され、旧強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

息子が、だんなが、強姦・婦女暴行事件で逮捕されてしまった…。

これから先どうなる?

前科は一度ついたら消えない?

学校は退学?

職場はクビに?再就職はできるの?

…色々と不安が尽きないことでしょう。

このページを最後までしっかり読んで、

強姦・婦女暴行の示談の基礎知識

強姦・婦女暴行の示談金

強姦・婦女暴行の示談書

強姦・婦女暴行の示談交渉

について押さえていきましょう。

重要なポイントについては、強姦・婦女暴行の示談に詳しい岡野武志弁護士に解説をお願いします。

こんにちは、弁護士の岡野です。

今回は「強姦・婦女暴行」ですね。

弁護活動の現場での経験を生かして、

過去の実例

最新の動向

を踏まえながら、分かりやすい解説を心がけます。

強姦・婦女暴行の示談とは?はじめてでも分かる示談の基礎知識

強姦・婦女暴行の示談とは?はじめてでも分かる示談の基礎知識

旧強姦罪・婦女暴行の基礎知識まとめ

そもそも旧強姦罪とは?婦女暴行の意味は?

強姦とは一般に、同意なく暴力や脅しによって女性と性行する犯罪をいいます。

婦女暴行も、強姦とほぼ同じ意味で使われています。

ここで、法律の条文を見てみましょう。

強姦は改正前の刑法の177条に規定されています。

暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、3年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

被害者の年齢によって、何をしたら強姦になるのかが変わってくるようです。

先生に詳しい解説をいただきましょう。

強姦は、法律的に、

13歳以上の女性に対しては、承諾なく、反抗を著しく困難にする暴行又は脅迫を用いて性交する行為

13歳未満の女性に対しては、性交する行為

とされています。

「反抗を著しく困難にする暴行又は脅迫」の典型的なものとしては、

羽交い絞めにしたり

危害を加えると告げたり

といったことが考えられます。

13歳未満に対しては、暴行や脅迫をしていなくても、性交をしただけで強姦になるとされています。

これは、13歳未満は性的な知識が乏しく、

無抵抗な場合

よく理解できずに同意してしまう場合

にも、保護される必要があるからです。

なるほど。

被害者が13歳未満の場合、いくら本人の承諾があっても強姦になるんですね。

まとめ

強姦・婦女暴行が成立する条件

被害者が13歳以上 被害者が13歳未満
被害者の承諾 なし
暴行・脅迫 必要 不要

旧強姦罪の懲役の長さは?

先ほど旧強姦罪の条文を引用しました。

そこにもあったとおり、強姦で有罪になると、原則3年以上20年以下の懲役刑が科せられます。

(※2017年7月13日の改正刑法施行にともない、強制性交等罪(旧強姦罪)の刑罰は5年以上20年以下の懲役となりました。)

前科がある場合

被害者が複数の場合

は、例外的に刑が重くなることもあります。

強姦では、初犯でも実刑になることが珍しくありません。

同じ強姦でも、

前科がある場合

被害者が複数いる場合

などは、懲役が長くなるんだそうです。

強姦・婦女暴行の示談の基礎知識まとめ

そもそも強姦・婦女暴行の示談とは?強姦・婦女暴行の示談の意味は?

「示談」とは、事件を当事者間の話合いで解決することです。

話し合われる内容は、主に、

事件の慰謝料損害賠償金

被害者が加害者を許すかどうか

についてですが、それ以外のことについて話し合うこともできます。

強姦で示談をするときは、告訴の取り消しを盛り込むことが不可欠です。

強姦の示談で告訴が取り消されると、不起訴になる可能性が高くなるからです。

強姦の示談金は高額になるケースが多いですが、その分示談の効力も大きいのです。

また、強姦では被害者が加害者との今後の接触回避を希望することが多いです。

その場合、今後の接触回避のための遵守事項などを示談書に盛り込むこともあります。

強姦・婦女暴行事件では、示談を成立させることが非常に大切ですね。

強姦・婦女暴行の示談の効果は?強姦・婦女暴行を示談するとどうなる?

被害者と加害者の話し合いである示談。

示談をすることで、どんな効果があるのでしょうか?

…まず、示談をすることで事件のお金に関する争いが解決します。

それによって、被害者は加害者にそれ以上の賠償金を請求できなくなります

また、刑事事件はその途中で示談が成立しても進行し続けますが、処分の決定の段階で示談の成立が考慮されます

強姦では、示談によって告訴の取消しがされると、当該事件が不起訴になる可能性が高くなります。

そのため、強姦では示談によって告訴の取消しをする効果が極めて大きいといえるでしょう。

告訴取消しの内容を含む示談を成立させて、不起訴を獲得したいところですね。

強姦・婦女暴行の示談について、加害者・被害者それぞれのメリット・デメリットを知りたい方は、以下の記事をどうそ。

まとめ

強姦・婦女暴行の示談とは?

民事 刑事
意味 強姦・婦女暴行事件を当事者間の話合いで解決すること
効果 賠償金問題が解決する 告訴が取り消されたら不起訴になる可能性が高くなる

強姦・婦女暴行の「示談金」に関する疑問を解消しよう

強姦・婦女暴行の「示談金」に関する疑問を解消しよう

強姦・婦女暴行の示談金の基礎知識まとめ

そもそも強姦・婦女暴行の示談金とは?

示談の意味と効果を押さえたところで、次は示談金について見ていきましょう。

強姦・婦女暴行の「示談金」とは、事件を話合いで解決するにあたり、当事者間で支払うと決めたお金のことです。

示談をすると、

加害者側には示談金を支払う義務

被害者側には示談金を受け取る権利

が生じます。

強姦の場合、

行為の内容

被害者の処罰感情

などを考慮して、当事者間で話し合い、示談金の金額が決められます。

強姦の示談金は、基本的に被害者の精神的苦痛に対する対価の性質を有します。

そのため、強姦の示談金の額は、被害者の精神的苦痛の大きさに比例して決まるといえそうです。

そして強姦事件では、被害者が受ける精神的苦痛が大きいことが多いため、示談金の額も高額になるケースが多いです。

被害者の精神的苦痛が大きければ大きいほど、示談金が高額になるんですね。

強姦・婦女暴行の示談金と慰謝料の違いは?

ところで、示談金とは別に慰謝料という言葉もあります。

この二つの違いはなんでしょう?

…実は、示談金は慰謝料よりも大きな概念です。

示談金は、慰謝料にその他の損害を加えた金額といえます。

わかりやすく整理すると、

示談金は、示談の際に支払われるお金の全体

慰謝料は、精神的苦痛に対して支払われるお金

ということになります。

強姦では、被害者に生じる主な損害は精神的苦痛です。

そのため、強姦では「示談金」に対する「慰謝料」の割合が高くなる傾向があります。

強姦の示談金の額は、被害者の精神的苦痛の大きさに連動するといえるでしょう。

慰謝料というのは、精神的苦痛に対する金銭的補償。

強姦・婦女暴行事件では、被害者の受ける精神的苦痛が大きいので、示談金に占める慰謝料の割合も大きくなるようです。

まとめ

強姦・婦女暴行の示談金とは?

示談金 慰謝料
意味 慰謝料にその他の損害を加えた金額 精神的苦痛に対し支払われるお金
受領の効果 必ず示談が成立する 示談が成立しない場合もある

強姦・婦女暴行の示談金の相場をチェック

強姦・婦女暴行の示談金の相場はいくら?

強姦・婦女暴行事件の示談金の意味がわかりましたね。

今度は、示談金の相場を見ていきたいと思います。

先生、強姦・婦女暴行の示談金の金額は、どうやって決まるんですか?

強姦の示談金は、被害者の精神的苦痛の程度に応じて算定することが一般的です。

強姦の

態様が悪質で

被害者が恐怖や不安を強く感じた場合

の示談金は、高額になるでしょう。

とはいえ、精神的苦痛を具体的な金額で表すことは困難です。

そのため、加害者から被害者に一定の金額を示し、被害者がその金額で示談に応じるかどうかを決めるという方法をとることが多いです。

提示する金額は、

加害者の資力

強姦の態様

によって大きく変わりますが、数十万円以上となるケースが多いです。

被害者がどの程度の苦痛を感じたか

加害者がどれだけ支払えるか

とう点を考慮して、示談金の金額を決めていくんですね。

とはいえ具体例を見てみないと、なかなかイメージしにくいでしょう。

…というわけで、今回は特別に、実際にあった強姦・婦女暴行事件の示談金相場を公開します。

岡野弁護士の事務所で今までに取り扱うってきたケースを、一部提供していただきました。

他では入手不可能な超貴重データ

しっかりチェックしていってください。

強姦・婦女暴行の示談金の相場をまとめてみた

強姦・婦女暴行の示談金一覧
事件の概要 示談金
ホテルで、飲食店で一緒に飲酒していた女性に対し、酔いつぶれたことから介抱と称してホテルに連れ込み、女性のズボンおよびパンティーを引き下げて強姦した事件。 20万円
ラブホテルで、ホテヘル業者から呼び寄せたコンパニオンに対し、素股プレイ中に女性の意思に反して性器を挿入して強姦した事件。 20万円
整体医院内で、女性に対し「1回だけでいいから」などと言い、押し倒してその乳房を舐め、ショーツの中に右手を入れ、膣内に指を挿入するなどしたが、女性に抵抗されたため強姦未遂に終わった事件。 60万円
自宅で、大学生の女性に酒を飲ませ、反抗できないようにした上で強姦した事件。 100万円
自宅を訪れた訪問販売員の女性を部屋に招き入れ、背後から抱きついて女性の乳房を揉むなどし、抵抗する女性をベッドに押し倒して乳房を舐め回し、その下着を引き下げて陰部をもてあそぶなどした強姦事件。 100万円
ホテル客室内で、デリバリーヘルス嬢に対し、性的サービスでは満足できず、性行為を拒否する女性の両腕を押さえつけるなどして強姦した事件。 200万円
歩道を通行中の女性に対し、背後から髪の毛をつかんで駐車場まで引きずって行き、押し倒して服の上から乳房をもてあそび、口淫させ、ズボンを下ろすなどしたが、女性が叫んで抵抗したため、強姦未遂に終わった事件。 300万円
大学構内で、未成年の女子大学生を強姦した事件。 350万円
自宅で、同級生の女性に対し、腕を掴み背後から抱きついて、帰宅しようとするのを妨害し、反抗できないようにした上で女性を全裸にし、友人と共に強姦した事件。 500万円
自宅で、酔いつぶれて意識不明の状態になっている女性に対し、自分の陰茎を露出し、女性に覆い被さって強姦しようとしたが、女性の友人に発見されたため強姦未遂に終わった事件。 1000万円

強姦・婦女暴行事件を10個、見てきました。

20万円のものから1000万円のものまで、金額にずいぶんと開きがありました。

精神的苦痛の大きさは被害者によって違うとはいえ、ここまで違うんですね。

さて、これらのケースをご覧になって、他の犯罪の示談金と比べたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には、以下の機能がおすすめです。

興味ある罪名をタップしていただきますと、示談金の相場をチェックできますので、ぜひご活用ください↓

示談金の相場を押さえたところで、以下では示談書について見ていきます。

強姦・婦女暴行の「示談書」に関する疑問を解消しよう

強姦・婦女暴行の「示談書」に関する疑問を解消しよう

強姦・婦女暴行の示談書の基礎知識まとめ

そもそも強姦・婦女暴行の示談書とは?

示談書とは、示談をする際にその証明として作成する書面です。

示談書は、加害者と被害者がその書面にサインすることで成立します。

手書きで作成

パソコンで作成したものを印刷

いずれもOKですが、最近はパソコンのほうが一般的です。

強姦では、示談書に被害者が告訴を取り消すという内容を盛り込む必要があります。

強姦は、被害者が告訴を取り消すことによって事件が不起訴になる可能性が高くなる犯罪だからです。

強姦で示談が成立すると、その示談書によって被害者が告訴を取り消してくれたという証明ができるのです。

不起訴になる可能性が高まるのであれば、加害者としては、必ず告訴取消しの内容を含んだ示談書にしたいところですね。

強姦・婦女暴行の示談書の効力は?

示談書の効力は、示談書の内容通りの示談が行われたことを証明することです。

たとえば、被害者側が後日追加で賠償金を請求してきたとします。

それでも加害者は、示談金が支払い済みであることを理由に、被害者への支払いを拒むことができます。

刑事の面でいうと、強姦の示談書に、被害者が告訴を取り消すという内容が入っていれば、強姦事件が必ず不起訴になるという大きな効力もあります。

また強姦では、被害者から今後の加害者との接触を回避したいという要望が出され、それを示談書に盛り込むことがあります。

具体的には、過去に取り扱ったケースでは、

加害者の事件現場付近への接近禁止

被害者の引越費用を加害者が負担すること

などが盛り込まれたことがあります。

そのような内容が盛り込まれると、加害者にはその示談書の内容を守る義務が発生します

強姦・婦女暴行の示談書の効力を整理すると、以下の3つです。

お金関係の問題が解決

事件が不起訴になる可能性が高くなる

示談書に書かれた内容を守る義務が発生

では以下のコーナーで、このような示談書を作るにはどうしたらいいのかを確認しましょう。

強姦・婦女暴行の示談書の書き方をチェック

強姦・婦女暴行の示談書の書き方は?

強姦・婦女暴行の示談書には、示談に必要な事項を記入したうえで当事者が署名します。

示談書には、

事件の当事者

事件の日時・場所

など事件の特定に必要な内容や、

示談金の金額

示談金の支払い方法

など諸々の示談の条件を記載するのが一般的です。

話し合いで合意が得られれば、分割払いの条項などを盛り込むことも可能です。

強姦の示談書で不可欠なのは、被害者が告訴を取り消すという内容を盛り込むことです。

この内容があることによって、強姦は不起訴になる可能性が高くなるからです。

また強姦では、被害者が今後の加害者との接触を回避できるようにするための内容を盛り込むことがあります。

このような内容を盛り込むと、加害者にはその内容を守る義務が発生し、その内容に反すると契約違反となります。

なお示談書ですが、

書き方によっては、実効性がなかったり

違反すると多額の違約金を請求されてしまったり

といった可能性もあります。

示談書は、可能な限り法律の専門家のチェックを受けて、作成すべきでしょう。

まとめ

強姦・婦女暴行の示談書の書き方は?

書き方 要否
事件の内容 強姦・婦女暴行事件が起きた日時、場所、加害者と被害者の氏名などを記載する 一般的によく盛り込まれる
示談金の記載 示談金の金額と支払い方法を記載する
清算条項 示談書に記載されたもの以外の賠償義務がないことを記載する
署名 被害者と加害者双方がサインする
告訴取消 被害者が告訴を取り下げる旨の文言を書く 任意だが、加害者としては必須!
接触回避 被害者が今後加害者と接触を回避できるようにするための内容を書く 任意

強姦・婦女暴行の示談書の書式、テンプレートはこちら

強姦・婦女暴行の示談書、イメージがわいてきましたか?

実際の示談書を見れば、もっとイメージしやすいと思います。

以下のページには、強姦の示談書のテンプレートが載っていますので、ぜひ参考にしてください。

強姦・婦女暴行の「示談交渉」に関する疑問を解消しよう

強姦・婦女暴行の「示談交渉」に関する疑問を解消しよう

そもそも強姦・婦女暴行の示談交渉とは?

最後に、強姦の示談交渉について見ていきましょう。

示談交渉とは一般に、

事件を当事者の話合いで解決するための話合いそれ自体や

その話合いの申込み

をいいます。

強姦では、弁護士に示談を依頼し、弁護士を通して示談交渉をする必要があります。

というのも、強姦のような性犯罪では、捜査機関は加害者本人に被害者の連絡先を教えてくれないからです。

仮に連絡先を知っていても、接触拒否されてしまいます。

二次被害の防止

再犯予防

の観点からも、示談交渉を弁護士に依頼するのが無難でしょう。

また、強姦の示談交渉では、被害者が加害者との今後の接触回避を希望することが多いです。

そのため、接触回避のためにとりうる手段の内容や範囲について、示談交渉の前にしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

示談交渉は、犯罪ごとに違います。

強姦・婦女暴行ならではのポイントをしっかり押さえて、示談交渉をしたいですね。

強姦・婦女暴行の示談交渉のポイントは?

強姦・婦女暴行の示談のポイントは、まず事件を反省して深く詫びることです。

そのうえで相手の要求を整理して示談書に盛り込み、示談の内容に納得してもらうことが必要でしょう。

強姦の示談交渉では、被害者の告訴の取消しを示談書に盛り込む交渉が必須です。

この内容を盛り込むことで、事件が不起訴になるからです。

また、強姦の被害者は、加害者と今後「接触する可能性」があることを気にしていることが多いです。

示談を穏便に成立させるためには、被害者のこの不安を解消する必要があります。

そのため、示談書に

被害者への接近禁止

特定の施設の利用禁止

被害者の引越費用の負担

などを提案して交渉することもあります。

強姦・婦女暴行の示談交渉のポイントは、

告訴取消を含む示談書にしてもらうこと

被害者の不安を解消するよう努めること

の2点です。

相手から強姦・婦女暴行の示談を拒否された場合、できる弁護士ならどうする?

強姦・婦女暴行の加害者にとって、告訴取消し付きの示談書を作れて不起訴になったら理想的です。

しかし強姦・婦女暴行の被害者は、大きなショックを受けています。

示談を拒否する被害者も、きっといるでしょう。

そんな時、加害者はどうしたらよいのでしょうか?

示談に強い弁護士に頼むと、どんな対応をしてくれるのでしょう?

一度示談を拒否されてしまっても、相手に対する謝罪と反省の気持ちを持ち続けることです。

相手が受け入れてくれるのであれば、謝罪を継続することで示談に応じてもらえるかもしれません。

相手が告訴を取り消すことに抵抗があるようだったら、告訴取消のない示談にどれほどの効力があるのかという点を検討し直す必要があります。

告訴を取り消さない示談でも大きな効力がある場合、告訴取消を盛り込まないで示談をする選択肢もあるでしょう。

また、強姦被害者は今後の加害者との接触の可能性を気にしていることが多いです。

そのような場合、被害者の不安を可能な限り解消できるように示談交渉を進めるべきです。

被害者が、示談によって今後加害者と接触することがなくなると確信してくれれば、改めて示談に応じてくれる可能性もあるでしょう。

どうしても示談に応じてもらえない場合、「供託」という法律的な手続を採ることも考えられます。

どうしても示談を拒否する被害者に対しては、

真摯に謝罪を継続

被害者の不安を和らげるよう努める

このような示談交渉が大切です。

示談できない場合は「供託」という手段もあるということでした。

供託については、以下の法務省のページに詳しいので参考にしてください。

強姦・婦女暴行の示談を弁護士に相談しよう

強姦・婦女暴行の示談を弁護士に相談しよう

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

弁護士検索のご案内

スマホを持っていない

地元の安心感ある弁護士を探したい

そんなあなたには、以下の弁護士検索機能がおすすめです。

日本全国47都道府県で刑事事件を取り扱う弁護士たちを、厳選して紹介しています。

まずはお住まいの都道府県をタップしてみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

相談したい弁護士は見つかりそうですか?

いきなり弁護士に相談するのは少し怖いかもしれません。

しかし勇気ある一歩が、平穏な未来を導きます。

まずは相談できる弁護士を見つけましょう。

最後に弁護士からアドバイス

最後に岡野弁護士からアドバイスをいただきましょう。

刑事事件の解決は、スピードタイミングが何より大切です。

早い段階での弁護士相談が、事件の早期解決を導きます。

「…でも、どのタイミングで相談したらいいのかわからない。」

そんなあなたも、このページをご覧になっている今がまさに、相談のタイミングです。

無料相談弁護士検索を活用して、頼れる弁護士を見つけてください。

まとめ

いかがでしたか?

強姦・婦女暴行の示談について、岡野弁護士と一緒に見てまいりました。

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にも役立つコンテンツが満載です。

下の関連記事で情報をしっかりチェック

便利な無料相談の活用

日本全国の弁護士検索の活用

この3点がポイントです。

告訴取消の内容の盛り込まれた示談書を作成して、不起訴を目指したいところです。

あなたの事件、まずは弁護士に相談してみませんか?

目次に
戻る
TOPに
戻る