全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【限定公開】強姦事件の無料相談、ネットなら24時間弁護士へアクセス!

  • 強姦,弁護士
  • 170

2017年7月13日に改正刑法が施行され、旧強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更がありました。詳しくはこちらをご覧ください。

「ご主人を強姦の容疑で逮捕しました」

警察からの電話は突然です。

「まさか夫が…そんなはずはない…」

そう思うのも無理はありません。

しかし、この緊急事態に悩んでいる時間はありません。

これからどうするか、初期対応を考えることが先決です。

一番必要なこと、それは「弁護士探し」です。

今回のテーマは「強姦事件にくわしい弁護士特集」です。

【強姦事件の無料相談】24時間瞬時に検索!47都道府県から弁護士を厳選!

【強姦事件の無料相談】24時間瞬時に検索!47都道府県から弁護士を厳選!

手掛かりがほしい…

身内が強姦事件で逮捕されたら、どうやって弁護士を探しますか?

「強姦事件を無料相談できる弁護士はどこにいるのか…」

「地元で強姦事件にくわしい弁護士をさがしたい!」

こうして考えている時間が惜しいと感じます。

全国47都道府県から弁護士を厳選

ネットで弁護士を検索すると、多くは大都市圏の弁護士がヒットしますね。

例えば、東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の弁護士です。

私たちは、47都道府県各地で活動する全弁護士を対象に、弁護士を厳選しました。

しかも、強姦事件などの刑事事件にくわしい弁護士を選び掲載しています。

一度、こちらの全国弁護士検索で地元の弁護士を検索してみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ところで、今、日本で活躍する弁護士は何人いるかご存知でしょうか?

すぐに探したいのは「近くにいる弁護士」で「強姦事件をよく知る弁護士」です。

ちょっとこちらの資料をご覧ください。

これは日本弁護士連合会が公開している資料です。

現在、日本で活躍する弁護士は総勢37,680人です。(2016年3月現在)

弁護士はみんな法律の専門家です。

と、いうことは「弁護士なら誰でも何でも相談できる!」

と思う方も多いでしょう。

ところが、実際はそういうわけにはいきません。

重要なのは、今回の場合「強姦事件にくわしい弁護士」かどうかなのです。

実は、弁護士には得手・不得手があります。

労働問題を得意とする弁護士もいれば、行政事件を得意とする弁護士もいます。

強姦事件は刑事事件の一種ですから、刑事事件にくわしい弁護士に相談したいです。

この全国弁護士検索なら、今あなたに必要な弁護士を見つけ出すことができます。

厳選の基準は?

この全国弁護士検索では、47都道府県全国から厳選した弁護士を集め掲載しています。

どのような基準で選んでいるかというと…

厳選基準
  1. 強姦事件など刑事事件にくわしい弁護士であること
  2. 弁護士費用をホームページに明記している弁護士であること

この基準を満たした弁護士だから、安心してご利用いただけるのです。

【強姦事件の弁護士無料相談】日曜日にネット相談する?それとも電話で安心予約?

【強姦事件の弁護士無料相談】日曜日にネット相談する?それとも電話で安心予約?

「今すぐ弁護士に相談に行きたい…」

そんな声をたくさん耳にします。

でも、実際にはこんな悩みも多いのです。

  • 日曜日しか仕事の休みがとれない…
  • 子供を預けられないから外出は厳しい…
  • 高齢の親を家に残して外に出られない…

でも、ご安心ください。

スマホ1台で解決できる方法があります。

それがネット(SNS)を使った法律相談です。

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

「無料相談」の前に知っておきたい3つのこと(強姦事件の弁護士費用)

「無料相談」の前に知っておきたい3つのこと(強姦事件の弁護士費用)

さて、それでは無料相談を試してみましょう。

でも、その前に…

意外と知られていない弁護士費用のことについて説明しておきます。

これまで弁護士とかかわったことのない方は、あまりご存じないかもしれません。

また、民事事件と刑事事件でも少し扱いが違う部分もあります。

不安を解消するためにここで整理しておきたいと思います。

弁護士費用は、以前は弁護士会の報酬規定によって統一されていました。

その後、報酬規程は見直され、弁護士費用は弁護士が自由に設定できるようになりました。

1.強姦事件の着手金

まず「着手金」についてみていきましょう。

これは耳にしたことがあるかもしれませんね。

着手金は、弁護士に事件を依頼した時に支払うお金です。

特徴は、「事件の結果に関係なく発生する」という点です。

結果に影響しない費用ですので、良い結果が出なかったとしても返金されません。

編集部の調査では、法律事務所(弁護士)によってさまざまであることがわかりました。

着手金の設定例
  • 20万円~
  • 30万円~
  • 60万円~

強姦事件などの刑事事件では「60万円~」という設定をしている弁護士が多く見つかりました。

2.強姦事件の成功報酬

次に「成功報酬」についてまとめてみましょう。

成功報酬は、弁護活動の成果の対価として支払うお金のことです。

ですので、最終的に得られた結果によって、費用が決まることになります。

一般的には、良い結果が得られると成功報酬は高くなります。

良い結果が出なかった場合には、成功報酬は低くなるのが通例です。

強姦事件の成功報酬も、刑事処分の内容によって変わります。

3.強姦事件の実費・日当

最後に「実費・日当」のお話です。

実費は、その名のとおり、実際にかかった費用という意味です。

留置場にいる被疑者への差し入れで購入した「書籍代」や書類発送時の「郵便代」がそれにあたります。

日当は、どのような基準を用いるかで費用が変わります。

調べてみると、日当は所要時間をもとに算出することも多いようです。

例えば、犯行現場の状況を確認するため、現場に足を運んだ場合はどうでしょう。

弁護士が往復に要した時間を特定のサイトを利用するなどして算出します。

そして、その弁護士が独自に設定している料金設定に基づき日当を割り出します。

日当の計算方法は、事前に確認しておきましょう。

【調査結果×3例】強姦事件を弁護士はどう解決するのか

【調査結果×3例】強姦事件を弁護士はどう解決するのか

強姦事件の解決方法について、弁護士がどんな活動をしてくれるのかみていきましょう。

本日は、強姦事件に詳しい刑事事件の専門家、岡野武志先生にお話をうかがいます。

強姦事件の弁護活動について、わかりやすく教えてください。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

私がこれまでに扱った事件の中でも、強姦事件はとても多かったです。

刑事事件は私の得意分野ですので、弁護活動の実際について解説ができると思います。

過去に取り扱った事例裁判例をおりまぜながら話を進めます。

1.強姦事件は釈放されるの?

強姦事件は新聞などでもよく取り上げられます。

社会的にも関心の高い事件だと思います。

報道の中で、意外とふれられていないのが「逮捕の後」の話です。

今回は逮捕後の流れ、事件の裏側で起こっていることにも注目していきたいと思います。

警察に逮捕された被疑者は、逮捕の翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれます。

その後、釈放の有無が検討されます。

強姦事件の場合は、その容疑の性質上、勾留(こうりゅう)を請求されることが多いです。

勾留が決まると、およそ20日間、留置場での生活を強いられることになるのが通例です。

一度勾留が決定されてしまった場合でも、釈放への望みが全くなくなるわけではありません。

弁護士を選任すれば、弁護士は早期釈放に向けた弁護活動をしてくれます。

例えば、このような活動が考えられます。

被害者に謝罪賠償を尽くして示談に応じてもらうことができれば、留置場から釈放される可能性が高くなります。

そのため、弁護士は被害者の方との示談を視野に入れた活動を行うことになります。

強姦事件の場合は、起訴され有罪になると3年以上20年以下の懲役に処せられる重大な罪質です。※

ですので、ほとんど全ての事件で勾留が決定されてしまいます。

強姦事件の場合は、初犯であっても実刑で刑務所に収監されてしまう可能性が高いものです。

このことからも、起訴前の示談が持つ意味合いはとても大きいといえます。

※2017年7月13日の改正刑法施行にともない、強制性交等罪(旧強姦罪)の刑罰は5年以上20年以下の懲役となりました。

逮捕に続き、勾留されると日常生活に大きな支障をきたします。

身体拘束が1日、2日の話ではありませんので、社会生活にも大きな影響が出てきます。

よくあることとしては、学校退学会社解雇に追い込まれてしまうケースです。

一日も早く弁護士を選任して、社会復帰に向けどう取り組んでいくかを考える必要があります。

2.強姦事件で前科を回避するには?

強姦事件で前科を回避するにはどうすればよいでしょうか。

何か策はあるのでしょうか。

強姦事件で前科を付けないためには、次の2つの道を考える必要があります。

  1. ① 検察官から不起訴処分を獲得する
  2. ② 裁判官から無罪判決を獲得する

ここで、日本の刑事司法の現実が立ちはだかります。

無罪判決の獲得は統計上0.1パーセントと極めて困難です。

そのため、不起訴処分を獲得する方が現実的だと判断することが多いです。

検察官が事件を起訴に踏み切るのは、証拠によって犯罪行為が認定できる場合に限られます。

つまり、証拠によって犯罪行為が認定できない場合、事件は不起訴処分で終了するのです。

これを「嫌疑なし」「嫌疑不十分」による不起訴といいます。

被害者と示談が成立して告訴が取り消されれば、事件は不起訴処分で終了する可能性が高まります。

不起訴になれば、前科はつきません。

勝負は「起訴されるまでの間」ということになります。

その間に、弁護士を選任し、被害者の方に謝罪賠償を尽くして示談していただくことが大切です。

そして、告訴取消書をいただければ、不起訴処分がぐっと近づきます。

刑事裁判で無罪判決を獲得することはとても困難です。

刑事裁判を選択して有罪のリスクをとるより、不起訴処分を目指す方が安全です。

そのためにも、逮捕された直後から弁護士と打合せをしていく必要があります。

3.強姦事件で無罪を獲得したい!

最後は、無罪・冤罪についてです。

「冤罪(えんざい)」という言葉はどこかで聞いたことはありませんか?

少し前の話ですが、痴漢の冤罪事件を題材にした映画が話題になりました。

冤罪は、「やってもいないのに犯人と疑われてしまうこと」です。

その状況から脱しようとしても、なかなか身動きが取れないのです。

捜査機関から犯罪の容疑をかけられてしまうと、無罪を証明することは想像以上に大変です。

警察は被疑者が犯人だという前提で取り調べを行います。

ですので、真実を説明しても、まったく聞く耳を持ってもらえないのです。

連日のように過酷な取り調べが続いても、真実には目を向けてもらえません。

これが冤罪事件のつらいところです。

この状況を脱するためには、次の3つのポイントを押さえて取り調べにのぞむ必要があります。

知っておくべき3つのポイント
  1. 黙秘権が保障されている
  2. ② 供述調書へのサイン拒否権が保障されている
  3. ③ 供述調書の内容変更申立権が保障されている

一度作成された調書は二度と取り消すことができません。

供述調書にサインしてよいかどうかは慎重な判断が求められます。

冤罪事件は明らかに不利な立場になります。

「捜査機関」対「一般市民」です。

こんな対立構造ですから、一人で戦うことほど無謀なことはありません。

窮地に立たされているからこそ、冷静かつ適切な対応が求められます。

取り調べでパニックになり、誤った判断をしないように気を付けましょう。

冤罪主張を貫くために、専門家の力は必須です。

最後に一言アドバイス

それでは最後に、一言アドバイスをお願いします。

強姦事件はテレビの中だけで起きている事件ではありません。

家族がもし強姦事件の容疑で逮捕されたら?

これだけは覚えておいてください。

強姦事件にくわしい弁護士に相談すること。

一人で悩んでいる時間が不利にはたらくこともあります。

弁護士には守秘義務がありますので、是非安心してなんでもお話しください。

まとめ

今回は強姦事件にくわしい弁護士特集をお送りしました。

「今すぐ弁護士からアドバイスがほしい!」

そんなときこそ、スマホ1台で手軽にできる弁護士無料相談をご利用下さい。

地元の弁護士を見つけるなら全国弁護士検索があなたの強い味方になります。

強姦事件について、さらに知りたい方は関連記事を参考にしてみてください。

以上、編集部からでした。