【痴漢】迷惑防止条例違反の刑罰、罰則の内容を紹介|初犯でも罰金刑や懲役刑は科せられる?

  • 迷惑防止条例,痴漢
  • 1

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

【痴漢】迷惑防止条例違反の刑罰、罰則の内容を紹介|初犯でも罰金刑や懲役刑は科せられる?

痴漢犯罪は迷惑防止条例違反になるの?それとも強制わいせつになるの?」

「迷惑防止条例違反で捕まった!一発実刑になる?」

このような疑問、お悩みをお持ちの方はいませんか?

とくに痴漢の事案は気軽に人に相談できるものでもなく、精神的な負担になっているケースも多いかと思います。

今回は、

痴漢における迷惑防止条例違反の内容、後日逮捕の可能性

痴漢における迷惑防止条例違反の刑罰

痴漢における迷惑防止条例と強制わいせつの違い

について徹底解説していきます。

なお専門的な解説は刑事事件を数多くとり扱い、痴漢事案にもくわしい岡野弁護士にお願いしています。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

痴漢で捕まってしまったとき、捜査機関は一般的に、その後の流れや科される刑罰の見込みなどについてくわしく説明してくれません。

この記事で迷惑防止条例違反における痴漢事案についてしっかりと確認し、もしものときに備えてください。

痴漢における迷惑防止条例違反とは?後日逮捕の可能性は?

痴漢における迷惑防止条例違反とは?後日逮捕の可能性は?

注意

迷惑防止条例は各都道府県それぞれ制定している法令です。

おおむねどの都道府県も禁止している事項は共通しているのですが、細かい部分で差異がある場合もあります。

以下、特別なただし書きがない場合、東京都の迷惑防止条例を参照しているものとお考え下さい。

いじめに「いじめ罪」という罪がないように、痴漢においても「痴漢罪」はありません。

しかし痴漢行為を取り締まる法律はあり、多くは「迷惑防止条例」と「強制わいせつ」のどちらかに問われます。

まずは迷惑防止条例の構成要件について解説していきましょう。

痴漢における迷惑防止条例の構成要件

東京都の迷惑防止条例ですが、正式名称は、

「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」

と言います。

迷惑防止条例違反となる痴漢行為について、それを規定している条文を参照してみます。

何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。

一 公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること。

公共の場所や公共の乗り物において

人の身体に触れる

迷惑防止条例違反となります。

どのような痴漢行為が迷惑防止条例違反になるか

迷惑防止条例違反となる痴漢について、項目を分けてさらに具体的に解説していきましょう。

場所

痴漢、というと一般には電車内駅構内で行われるものといった印象があります。

ただ迷惑防止条例では

公共の場所や公共の乗り物

における痴漢行為すべてを禁じています。

路上、ショッピングセンター内、店舗内で痴漢行為をはたらいたときにも、迷惑防止条例違反として検挙される可能性はあります。

実際に、東京都で迷惑防止条例違反となった痴漢行為について、それが発生した場所の割合をしめす統計データを見てみましょう。

迷惑防止条例違反(痴漢)の場所(H29)
場所 割合
電車 51.3
駅構内 20.0
店舗内 11.5
路上 7.8
商業施設 2.6
バス 0.8
その他 5.9

*警視庁公式HP(http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/koramu2/koramu8.html)
都内における性犯罪(強制性交等・強制わいせつ・痴漢)の発生状況(平成29年中)より

やはり割合としては電車内、駅構内が多いですが、それ以外の場所においても迷惑防止条例違反となる痴漢が発生していることがわかります。

犯行態様

迷惑防止条例の条文内では

「人の身体に触れる」

ことを禁じています。

しかし、人の身体に直接触れなくても痴漢とみなされて迷惑防止条例違反となることもあります。

迷惑防止条例においては、公共の場所や公共の乗り物内で、人に対して「卑わいな言動」をすることも禁じています。

「卑わいな言動」について禁じている、その条文を引用してみましょう。

前二号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること。

この「卑わいな言動」ですが、判例上の定義は以下の通りです。

卑わいな言動の定義

社会通念上、性的道義観念に反する下品でみだらな言語または動作

この定義にあてはまりさえすれば、たとえ人の身体に触れなくても迷惑防止条例違反となって有罪となる可能性はあるのです。

実際にこの卑わいな言動によって検挙された痴漢行為の実例を紹介してみましょう。

実際の事例

市職員が路上で女子高生に「性欲処理したいよ」などと声をかけた

という事案について、卑わいな言動にあたるとして県迷惑防止条例違反で逮捕されたという事例があります。

女子高校生に約20分間にわたって下品な言葉を掛けたとして、神奈川県警相模原署は8日、県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、(略)逮捕した。

逮捕容疑は(略)約20分間、(略)帰宅途中の私立高2年の女子生徒(17)に「性欲を処理したい」などと言ったとしている。

署によると、「ナンパ目的で『ハグだけさせて』と言った。それ以外は言っていない」と供述しているという。

(略)

また、

男子大学生がマンション敷地内で、女子中学生のスカートをめくった

警部補が電車内で約20分間にわたり女性の目の前で服の上から自身の股間付近を触った

これらの行為について、卑わいな言動をしたとして実際に検挙が行われたこともあります。

迷惑防止条例(痴漢)のまとめ
迷惑防止条例違反(痴漢)
行為 ・人の身体に触れる
・卑わいな言動をする
場所 ・公共の場所や乗り物

*東京都の条例を参照

迷惑防止条例で後日逮捕される可能性|時効は5年?10年?

「最近、迷惑防止条例に問われるような痴漢行為をしたことがある…」

この記事をご覧になっている方の中には、そのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

迷惑防止条例違反で後日逮捕が行われる可能性について確認していきましょう。

逮捕の要件と後日逮捕の可能性

警察官が後日逮捕を行うためには、逮捕状が必須となります。

逮捕状の請求・発布の流れ

誤解されがちなことなのですが、警察が把握したすべての刑事事件について、必ず逮捕が行われるというわけではありません。

逮捕は、被疑者について犯行を行ったという合理的な嫌疑がかかっている状況で、

逮捕の必要性があるとき

にのみ行われます。

逮捕の必要性の要件

被疑者について、逃亡するおそれがある

被疑者が証拠隠滅するおそれがある

このどちらかの要件にあてはまっていないと逮捕は行われません。

実は統計上、逮捕が行われる刑事事件よりも、逮捕が行われず在宅のまま手続きが進んでいく刑事事件のほうが、数としては多いのです。

結論

一般的に、よほど悪質な態様の痴漢事件を引き起こしていない限りは、迷惑防止条例で後日逮捕が行われる可能性は低いとみていいでしょう。

逮捕について、また痴漢の後日逮捕の可能性についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

痴漢における迷惑防止条例の時効

「そういえば大昔、迷惑防止条例に違反するようなことをした覚えがある…」

そういった事情で、迷惑防止条例の時効について気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

時効は色々な種類があるのですが、今回は公訴時効について、その年数を見ていくことにしましょう。

公訴時効とは

犯行が行われた日から一定の年数が過ぎると、検察が起訴することができなくなるという時効です。

公訴時効を過ぎればかならず不起訴になります。

世間一般、マスメディアなどで刑事事件の時効というときには、たいていこの公訴時効を指します。

公訴時効の年数は、その罪の法定刑の重さによって、それぞれ段階的に年数が規定されています。

迷惑防止条例違反の時効

迷惑防止条例における痴漢行為の法定刑

6か月以下の懲役または50万円以下の罰金

常習の場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金

です。

これにかかる刑事訴訟法の公訴時効の条文を参照してみましょう。

時効は、人を死亡させた罪であつて禁錮以上の刑に当たるもの以外の罪については、次に掲げる期間を経過することによつて完成する。

(略)

六 長期五年未満の懲役若しくは禁錮又は罰金に当たる罪については三年

(略)

迷惑防止条例の公訴時効は、犯行が行われたその日から数えて3年です。

痴漢行為における迷惑防止条例違反の刑罰|初犯でも裁判になる?

痴漢行為における迷惑防止条例違反の刑罰|初犯でも裁判になる?

「痴漢は捕まったら有罪確実!刑罰が科されて前科がつく!」

巷ではそのような誤解がひろまっているようです。

実際のところはどうなのか、解説していきましょう。

迷惑防止条例の刑罰

痴漢行為によって迷惑防止条例に違反したときの刑事罰について、いまいちど確認しておきましょう。

迷惑防止条例違反(痴漢)の法定刑

6か月以下の懲役または50万円以下の罰金

常習の場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金

初犯でも罰金、懲役になり得る?

「痴漢行為で迷惑防止条例に違反したとき、初犯なら6か月以下の懲役または50万円以下の罰金に科される可能性がある。」

ですがこれはあくまで「可能性」があるというだけの話であり、実際にはお咎めなしとなるケースも多数あります。

刑事事件の流れ

「なぜ犯罪を犯したのにお咎めなしとなる可能性があるのか」

これを紐解いていくために、日本の刑事事件の流れについて簡単に確認しておきましょう。

刑事事件の流れ

刑事事件の流れはこうなっています。

刑事事件の被疑者となったとき、とくに重要なのは検察による起訴不起訴の判断です。

起訴とは

検察官が、

「犯罪の被疑者を裁判にかけたいと思います。裁判を開いてください

と裁判官に訴えることを言います。

不起訴とは

被疑者について起訴せず、お咎めなしとすることを言います。

日本の刑事手続きにおいては、検察官によって

裁判にかける者

裁判にかけずお咎めなしとする者

仕分けが行われます。

刑事事件の被疑者全員が裁判にかけられるわけではありません。

起訴、不起訴について、また刑事事件の流れについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

痴漢における不起訴の可能性

統計データを見てみると、実は起訴される被疑者よりも不起訴となってお咎めなしとなる被疑者のほうが数としては多いです。

H28年の不起訴率
人数や割合
起訴 352,669
不起訴 701,719
起訴率 33.4
不起訴率 66.6

*平成29年版犯罪白書第2編第2章第3節を参照

このデータは検察庁の把握したあらゆる刑事事件を合わせた統計データですから、痴漢による迷惑防止条例違反の実測値とは差異があることが予想されます。

しかし、そうした不正確性を考慮したとしても、不起訴となる確率は高いと見込まれることでしょう。

また不起訴は必ずしも、「証拠がないこと」「証拠不十分であること」だけを理由に行われるわけではありません。

たとえ被疑者が犯行事実を認めている態様の事件であっても、

犯人の性格年齢境遇

犯罪の軽重情状

犯罪後の情況

に応じ、検察官が「今回は勘弁してやろう」と判断すれば、起訴猶予として不起訴処分を獲得できる場合もあります。

統計データを見てみると、不起訴処分がとなった事件について、およそ7割がこの起訴猶予を理由としています。

初犯で

犯行態様が悪質ではなく

被害者への賠償が尽くされている

ような状況のとき、不起訴となる見込みはかなり高いと言えます。

迷惑防止条例は非親告罪!

起訴、不起訴の話題と密接に関わりのある事柄としては、

親告罪

非親告罪

が挙げられます。

親告罪、非親告罪とは?

親告罪とは、起訴するには告訴が必要であると法的に定められた刑事罰を言います。

告訴というのは、被害者やその関係者が、捜査機関に対して

「事件の加害者について、処罰を求めます」

と意思表示することを言います。

告訴についてさらにくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ここでは告訴について、「被害届のより強い版」と解釈していただければそれで結構です。

親告罪の一例としては、以下のような刑事罰があります。

親告罪の一例

名誉棄損罪

過失傷害罪

器物損壊罪

では痴漢は親告罪なのでしょうか?

巷では、痴漢は親告罪であるといった誤解が広まっているようです。

ですが痴漢は非親告罪です。

痴漢において問われる罪、

迷惑防止条例違反

強制わいせつ罪

は、告訴がなくても起訴することができます。

非親告罪が意味すること

第三者の目撃者からの通報でも、逮捕、起訴される可能性があります。

被害者が告訴をとり消したとしても起訴される可能性は残ります。

痴漢における迷惑防止条例と強制わいせつの違い

痴漢における迷惑防止条例と強制わいせつの違い

痴漢事件においては、迷惑防止条例違反だけでなく、

強制わいせつ罪

に問われる可能性もあります。

迷惑防止条例と強制わいせつ、それぞれの定義

強制わいせつ罪は、刑法に規定されている刑罰です。

十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

条文内には、「暴行又は脅迫を用いて」という文言があります。

暴行と言えば一般には殴る蹴るといった行為が想像されるでしょうし、脅迫も大声で恫喝したり弱みを握って無理強いする、といったイメージが浮かぶかと思います。

しかし判例上、「暴行又は脅迫」というのは必ずしも字義通りの意味にはなりません。

暴行または脅迫とは

最高裁判所の判例では、「暴行又は脅迫」について

抵抗を著しく困難にする程度のもの

と示されています。

また、この

「抵抗を著しく困難にする程度」

という条件について、必ずしも「押さえつける」「拘束する」といった物理的な行動だけを対象とするというわけでもありません。

判例上は、

相手方の年齢性別素行経歴

犯行が行われた時間場所環境

その他、具体的な事情

これらを勘案して、「抵抗が著しく困難になる」と認められれば、「暴行又は脅迫」が用いられたと解釈されます。

電車内の痴漢について、その環境などを考慮すれば抵抗が著しく困難になるという点について疑いはないため、強制わいせつ罪該当し得ます。

実際の判例、事例から読み解く|迷惑防止条例と強制わいせつの違い

痴漢行為は、

「迷惑防止条例にも強制わいせつにも該当し得る」

わけですが、ではその使い分けは一体どのようにされているのでしょうか?

迷惑防止条例と強制わいせつの分水嶺

強制わいせつとなる一例①

迷惑防止条例は公共の場所公共の乗り物における痴漢行為について禁じています。

公共の場所以外、たとえば

家の中

ホテル内

自家用車の中

などで痴漢をはたらいた場合には、強制わいせつ罪に問われる可能性が高いでしょう。

強制わいせつとなる一例②

たとえば電車内の痴漢行為について、実務上は、

着衣の上から触った場合は迷惑防止条例に問い

着衣の下に手を入れて触った場合は強制わいせつに問う

といった運用がなされています。

強制わいせつ罪には罰金刑の規定がありません。

起訴され有罪となった場合には、確実に執行猶予付きの懲役刑か、懲役の実刑になります。

つまり、強制わいせつのほうが迷惑防止条例よりも罪科としては重いわけです。

服の上からの痴漢行為であっても、その犯行態様のより重いものについては、強制わいせつ罪として検挙される可能性もあります。

こちらのニュースをご覧ください。

電車内で隣に座っていた高校2年の女子生徒(17)に「かわいいな」などと声をかけ、キスをしたり胸を触ったりしたとして、兵庫県警は28日、強制わいせつ容疑で(略)逮捕した。

逮捕容疑は27日午後8時50分~9時25分ごろまでの間、JR姫路-播州赤穂間を走行中の普通電車内で、左隣に座っていた女子生徒の唇に2回キスをした後、左手を腰に回して胸を1回触ったとしている。

(略)

胸を触る

キスをする

などの行為により、服の上からの痴漢行為について強制わいせつとして検挙された実例です。

強制わいせつとなるか、迷惑防止条例となるかについて、明確な基準はなく、事件を担当する警察官、検察官の采配が大きく影響するのです。

結論

一般論として、

公共の場所、公共の乗り物内において

服の上から触る等、比較的犯行態様の悪質でない痴漢行為

については、迷惑防止条例違反として検挙される。

強制わいせつと迷惑防止条例の違いなどについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

痴漢における迷惑防止条例についてお悩みの方は弁護士に相談!

痴漢における迷惑防止条例についてお悩みの方は弁護士に相談!

ここまで岡野弁護士とともにお送りしました。

痴漢による迷惑防止条例違反について、かなり深いところまで知ることができたのではないでしょうか?

この記事をご覧になっている方の中には、自分の事件に即して具体的なアドバイスが欲しい! という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ここからは弁護士に相談できる様々なサービスについてご紹介します。

スマホ一台でお手軽に相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談予約を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の予約案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談予約受付ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのは魅力的です!

地元の弁護士とじっくり相談したいときは

「対面でしっかり弁護士と相談したい!」

そのようなときはこちらから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

相談してみたい弁護士をぜひ見つけてみてください。

最後に弁護士からメッセージ

では岡野弁護士、最後に一言お願いします。

痴漢による迷惑防止条例違反についてお悩みの皆さん。

迷惑防止条例違反の事案では、なるべく早く弁護士に相談していただくことで、事件を判断する検察官、裁判官に対しさまざまな働きかけをすることができます。

示談の締結や、嘆願書の入手などの活動によって

逮捕の阻止

勾留の阻止

不起訴処分の獲得

について可能性が高まります。

少しでも気がかりなことがあれば、まずはとにかく弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

今回は痴漢による迷惑防止条例違反について解説してきました。

痴漢による迷惑防止条例違反のまとめ

公共の場所や乗り物で、人の身体に触れたり卑わいな言動をしたとき、迷惑防止条例に問われる可能性がある

迷惑防止条例違反として検挙されたとしても不起訴になる可能性はある

痴漢においては、強制わいせつ罪のほうに該当する可能性もある

当サイト「刑事事件の弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で情報をしっかり押さえて

緊急時も安心なスマホで無料相談

全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用してください。

痴漢による迷惑防止条例違反についてお悩みなら、まずは頼れる弁護士を見つけましょう!

目次に
戻る
TOPに
戻る