【スマホで受付】ひき逃げの弁護士無料相談は電話1本で即予約

  • ひき逃げ,弁護士
  • 70

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

【スマホで受付】ひき逃げの弁護士無料相談は電話1本で即予約

「先日、私の息子がひき逃げの容疑で逮捕されました…」

こんなとき、家族には何ができるのでしょうか。

息子に代わってあげたい…でも、現実はそうはいきません。

一呼吸おいて冷静に考えてみましょう。

家族には、家族にしかできないことがあると思いませんか?

それは、「弁護士を探して家族のために選任すること」です。

家族だからこそ、早く弁護士をみつけて力強くサポートしてあげてください。

オススメ弁護士検索の3基準

① 地元で弁護士無料相談が受けられる

② ネットでスピーディーに無料相談が受けられる

日曜日・夜間でも有人受付につながる電話番号がある

今回のテーマ「ひき逃げ事件にくわしい弁護士特集」は、弁護士探しの決定版です。

では、さっそく最速で弁護士にたどりつく方法をご覧ください。

これが弁護士検索の決定版、ひき逃げ事件を地元で無料相談したい!

これが弁護士検索の決定版、ひき逃げ事件を地元で無料相談したい!

本当の悩み、それは弁護士探しです

もし、大切な家族がひき逃げ事件を起こして逮捕されたとしたら…?

「早く釈放されるように弁護士をつけてあげたい」

「前科がつかないように弁護士に相談したい」

「息子の主張を信じ、無罪を争いたい」

ただ、どうやって弁護士を探せばいいのか、それが問題なのです。

実は初期対応のところで困ってしまうことがよくあります。

47都道府県、全国各地から弁護士を集めました

弁護士探しでお困りの方のために、日本全国の弁護士を整理してみました。

大都市(東京、大阪、福岡、横浜、名古屋)の弁護士だけではありません。

47都道府県全域を対象にしています。

しかも、ただ整理しただけではなく、全弁護士の中から厳選した弁護士のみを掲載しました。

大切なのは、すぐに地元で弁護士を見つけることができるか、です。

こちらの全国弁護士検索を一度お試しください。

地元の弁護士をくらべて、納得のいく弁護士選びをしてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

この弁護士検索の特徴は、なんといっても「厳選弁護士をスグに探せる」ところにあります。

検索にかかる時間は、たったの5秒。

驚きの速さで弁護士にたどりつくことができるのです。

さて、こちらに興味深い資料があります。

ちょっとご覧いただきましょう。

これは、日本弁護士連合会(いわゆる、ニチベンレン)が公表している資料です。

これによると、今日本で弁護士として登録している人数は、およそ4万人だそうです。(2016年3月現在)

ご存知でしたか?

この中から、ひき逃げ事件に力を入れている弁護士を探すのには、どうすればよいのでしょうか。

―電話帳を使って地道に探す?

―ネットで検索して順番にあたってみる?

これでは時間がいくらあっても足りません。

2つの基準を満たしているから安心です

この全国弁護士検索は、47都道府県の全弁護士の中から厳選した弁護士のみを掲載しています。

その基準はこちら。

ひき逃げ事件などの刑事事件に力を入れている弁護士であること

② ホームページに弁護士費用をハッキリと掲載している弁護士であること

これを利用すると、時間をかけずに安心して弁護士探しをしていただけます。

そうだ!ネットで無料相談だ!

そうだ!ネットで無料相談だ!

地元の弁護士に相談に行きたいけれど、それができないこともありますよね。

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

「無料相談に行く前に…」ひき逃げ事件の弁護士費用3大内訳とは?

「無料相談に行く前に...」ひき逃げ事件の弁護士費用3大内訳とは?

弁護士に事件を依頼すると、弁護士費用がかかります。

実際、どのくらいの金額になるのかギモンではありませんか?

内訳が不明瞭だと、とても不安ですよね。

そこで、3つの大きな内訳について、これからご説明したいと思います。

少し前は、弁護士会の報酬規定によって弁護士費用が定められていました。

ところが、今では、弁護士は弁護士費用を自分で自由に設定できるようにルールが改正されました。

1.弁護士費用の内訳、その1「着手金」

「着手金」という言葉、耳にしたことありませんか?

着手金とは一体何なのでしょうか。

着手金は、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

事件の結果に関係なく、不成功に終わった場合でも支払うのが特徴的です。

20万円~」や「30万円~」と設定している弁護士が多いようです。

ひき逃げ事件などの刑事事件では「60万円~」としている弁護士が多く見られました。

2.弁護士費用の内訳、その2「成功報酬」

もう一つ、よく耳にする言葉「成功報酬」について確認していきましょう。

成功報酬は、弁護活動の成果の対価として支払うものです。

ひき逃げ事件での成功報酬は、その刑事処分がどうであったかで決まります。

各法律事務所のホームページで料金設定を公開しているところが多いです。

ですので、弁護士に依頼する前に、一度そちらをご覧になってみてください。

3.弁護士費用の内訳、その3「実費・日当」

弁護士費用は弁護士や法律事務所によって異なります。

あまり注目されませんが「実費・日当」についても、独自の基準が採用されています。

詳細にホームページに明記している法律事務所は安心できますね。

不明な点は遠慮せずに問い合わせてみましょう。

「なるほど!」ひき逃げ事件を解決する3つの弁護士活用法

「なるほど!」ひき逃げ事件を解決する3つの弁護士活用法

では、ひき逃げ事件の具体的な弁護士の活動について迫っていきたいと思います。

そもそも弁護士は、どのように事件を解決に導いてくれるのか。

今回は、専門家の先生をお招きしています。

刑事弁護の最前線で活躍されている、テレビでもおなじみの弁護士、岡野武志先生です。

現場で何が起こっているのか、くわしくお話を伺います。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

私はこれまでにひき逃げや当て逃げ事件を数多く取り扱ってきました。

その中から、実例裁判事例をベースに、わかりやすく解説していきます。

刑事事件の流れ(逮捕・勾留された場合)

1.時間が勝負!どうやって釈放を勝ち取るか

ひき逃げ事件で逮捕されたとき、その後の流れはどうなっていくのでしょうか。

刑事事件の流れと、釈放にいたるまでの弁護士の活動にスポットを当てたいと思います。

ニュースでは取り上げられない事件の裏側をここで解説していただきます。

警察に逮捕されると、逮捕の翌日または翌々日に検察庁に連行されます。

そして、釈放するかどうかが検討されます。

検察官・裁判官により釈放「なし」と判断されると、被疑者は勾留という手続きをとられます。

勾留が始まると、留置所で生活を送り、身体拘束されたまま取り調べに応じることになります。

弁護士をつけると、勾留決定されないように検察官・裁判官に働きかけることができます。

釈放に有利にはたらく事情として、弁護士は次のようなことを主張します。

被疑者には前科がなく身分が安定していること

被疑者の家族が身元引受人であること

などがプラスになります。

仮に間違って勾留決定がされた場合でも、その判断が誤りであることを主張することができます。

これを準抗告(じゅんこうこく)といい、弁護士は裁判所に対し不服を申し立てます。

逮捕されると、とたんに社会生活がストップしてしまいます。

学校に行けなくなる、会社を欠勤しなければならなくなる。

さまざまなところに支障が生じます。

さらに勾留までつくと、学校や会社を辞めざるを得ない状況に追い込まれます。

一刻も早く弁護士に相談し、釈放に向けた活動を開始してもらいましょう。

2.前科を避けるための2つの方法

なんとしても前科は避けたい。

家族が逮捕されたのであれば、特にそう思うのも当然です。

経歴に傷がつき、就職活動に問題がでたり、海外出張に影響がでることも考えられます。

前科回避のために、弁護士は何をしてくれるのでしょうか?

前科が付かないようにするためには、2つの方法があります。

① 検察官から不起訴処分を獲得する

② 裁判官から無罪判決を獲得する

この2つです。

無罪判決の獲得は、統計上0.1%と非常に困難です。

一方で、不起訴処分の獲得は比較的容易にできる場合があります。

まずは不起訴処分を目指して活動方針を組み立てることになると思います。

しかし、証拠により犯罪行為が認定されてしまうと、不起訴処分を獲得することは簡単ではありません。

証拠により犯罪行為が認定される場合は、容疑を素直に認めて反省することが大切です。

不起訴処分が無罪判決獲得より容易だとはいえ、必ず不起訴になるとはいえません。

むしろ、犯罪行為が認定された場合に、どれだけ更生意欲があるか、反省しているかが重要になってきます。

どういう方向でいくのか、早い段階でしっかり弁護士と相談しておくべきです。

3.無罪獲得のために重要な3つの権利

無実の罪でひき逃げの犯人に仕立て上げられる可能性もあります。

いわゆる冤罪という事件です。

映画にもありましたが、冤罪事件が起こると、その渦から抜け出すのは容易ではありません。

疑いを解くのは大変なエネルギーがいります。

犯罪の容疑を一度かけられると、無罪獲得には大変な労力を要します。

厳しい取り調べを乗り越えるには、取り調べに関する正しい知識を持つことが大切です。

特に、取り調べを受ける際には、次の3点に注意する必要があります。

黙秘権を行使する

黙秘権とは、取り調べの際、話したいことだけを話し、黙りたい時は黙ることができる権利です。

調書へのサインを拒否する

供述調書にサインを求められたとき、拒否する権利が被疑者にはあります。

調書内容の変更を申し立てる

供述調書の内容がおかしい場合、内容を変更するよう申し立てる権利があります。

これらの権利を適切に行使するためにも、弁護士に相談しながら進められたほうが安全と言えます。

冤罪事件で疑いが晴れない間は、過酷な取り調べに耐えなければいけません。

それは精神力も体力もいりますので、相当つらい日々になります。

一人で対応しようとせず、専門家の力を借りて乗り切るようにしましょう。

最後に専門家より一言

では最後に、一言お願いします。

ある日突然、家族がひき逃げ事件を起こして逮捕されたら、家族を救うために何をすべきなのでしょうか。

地元で弁護士を探し、すぐに相談に行く。

無料相談など、すぐ活用できる相談窓口を利用する。

家族だからこそ、すぐにできることがあります。

刑事事件はとにかく時間が勝負です。

どうか迷わずに、私たち弁護士にご事情をお聞かせください。

まとめ

今回は「ひき逃げ事件にくわしい弁護士特集」をお送りしました。

大切な人を救えるかどうかは、あなたの行動次第です。

少しの勇気が大切な人の人生を救います。

弁護士検索を使って弁護士を探すこともできます。

LINEやFacebookの無料相談窓口を利用するのも手です。

少しでも早く事件解決の糸口を見つけていただけることを願っています。

さらにひき逃げ事件のことを詳しく知りたい方は、関連記事もご覧ください。

以上、編集部から特別企画をお届けしました。

目次に
戻る
TOPに
戻る