全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

立替アリ!保釈保証金の納付方法は?没収されずに還付手続できる?相場金額から返還まで

  • 保釈保証金
  • 320

保釈保証金を払えば自由になれる。

でも、実際には、どうやって納付するのでしょうか?

そして、いくらくらい納付しないといけないのか。

このようなことについて不安ですよね。

そこで、今日は、

  • 保釈保証金の納付方法
  • 返還してもらうための還付手続
  • 保釈保証金の相場

などについて、確認していきましょう!

法律の解説は、岡野武志先生にお願いしています。

今回は、保釈保証金の納付や還付手続について理解を深めましょう。

実例を参考にしながら解説を進めていきます。

よろしくお願いします。

保釈保証金の相場や、立替システムについて

保釈保証金の相場や、立替システムについて

保釈保証金の相場は?金額に基準はある?

保釈保証金とは、保釈が許された場合に、裁判所へ預けるお金のことです。

保釈保証金の相場・・・。

あったら教えてほしいですね!

保釈保証金は何を基準に定められるのか。

金額の基準は何でしょう。

保釈金の金額は、「犯罪の性質及び情状、証拠の証明力並びに被告人の性格及び資産」を考慮して決定されます。

具体的には次のような事情が考慮されます。

  • 被告人が逃亡する蓋然性
  • 被告人が現実に利用しうる財産
  • 被告人の就労状況
  • 身元引受人の有無など諸般の事情

などです。

このような事情を考慮して、被告人の、逃亡や罪証隠滅の防止に必要な金額が決定されます。

保釈保証金の相場として、150万円前後といわれています。

でも、あくまでケースバイケースです。

どのくらいのお金を担保にすれば逃亡しないのか

これは、その人の経済状況に左右されます。

たとえば、下記の表をご覧ください。

これは、覚せい剤取締法違反について、保釈保証金の金額をまとめています。

有名人の中でも、若手芸能人より野球選手のほうが、金額が多額になります。

また、次のような場合には、一般人でも金額が多額です。

覚せい剤を売って利益をあげるために所持していた

このような場合には、多額の保釈保証金が見込まれます。

参考

覚せい剤取締法違反の保釈保証金

  態様 職業 保釈保証金
自己使用 元アイドル 100
自己使用 若手俳優 150
自己使用 タレント 200
自己使用 元野球選手 500
営利目的所持 一般人 600

覚せい剤取締法違反以外のケースでは、どのくらいの保釈保証金が必要なのでしょうか。

たとえば、詐欺罪。

知人に対する詐欺と、医療報酬の不正受給。

どちらも同じ詐欺罪の部類に属します。

でも、保釈保証金の金額は異なっています。

このことがよくわかる事例をご紹介します。

知人から約3億7千万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた石材会社社長(略)被告(略)は24日、保釈保証金400万円を東京地裁に納付した。

病院(略)が診療報酬を不正に受給した事件で、大阪高裁は18日、詐欺の罪に問われ、実刑判決が言い渡されて控訴した法人理事長(略)の保釈を認めた。(略)被告側は保釈保証金1800万円を納付した。

ほかにも、

  • サイバー犯罪では1000万円
  • 活動家の公務執行妨害では700万円
  • 公職選挙法違反では600万円

など。

このような多額の保釈保証金が必要になるケースもあるようです。

「用意できない・・・」そんなときに立替システム!

保釈保証金を用意するのは、

  • 被告人本人
  • 被告人の家族

このような方たちです。

でも、お金が用意できない。

そのようなケースもあります。

用意できない場合にどうすれば・・・。

そんなときには、立替システムを利用することが考えられます。

たとえば、保釈保証金支援協会に立替てもらう

立替システムとはどのようなものなのでしょうか。

日本保釈支援協会?

いったいどんな団体なのでしょう。

保釈保証金を用意できない人のために立替を行っている団体です。

そのような団体は、いくつかあるようです。

今回は、日本保釈支援協会という団体を取り上げて、サービスの概要を説明していきます。

日本保釈支援協会は、以下のような活動をしています。

かねてより刑事被告人の保釈について、保釈保証金の準備ができないため、困っている方々が大勢おられるということを聞き、保釈保証金に困っている方々の支援をすることを目的に集まった有志の団体です。

この団体は、保釈保証金の立替をしています。

  • 被告人本人以外の者が申し込み
  • 限度額500万円
  • 還付時に一括返還

立替にあたっては別途手数料がかかります。

日本保釈支援協会の立替システムについて、表にまとめてみました。

日本保釈支援協会の立替システム
申込み

契約

日本保釈支援協会から弁護人へ
立替金を送金

弁護人から立替金の返還

保釈金の保証をサポートする機関は、複数あります。

手数料やサービスの内容はさまざまです。

どの機関を利用すべきか?

迷ったら、弁護士に相談してみてください。

全国弁護士共同組合を利用する

全国弁護士協同組合では、保釈保証書発行事業を行っています。

全国弁護士協同組合とはどのような団体なのでしょうか。

全国弁護士協同組合連合会(以下「全弁協」と言います。)は、昭和59年に中小企業等協同組合法に基づき、全国各地にあります単位弁護士協同組合(以下「単協」と言います。)を会員として設立された組合で47組合が加入しております。

これは全国の52弁護士会が組織し、所属組合員は総数3万6100余名、加入率93%の団体です。

では、全国弁護士協同組合が発行する保釈保証書とは、どのようなものなのでしょうか。

全弁協は、平成25年7月1日以降、刑事手続きに関連して日本弁護士連合会とともに刑事被告事件の保釈保証金につき、保釈保証書発行事業を始めました。

これは、刑事被告事件につき裁判所が保証書の方法により保釈を認めた場合、保釈金額の一定額を全弁協に払うことにより、全弁協は申請人に代わって保証書を発行し、これを裁判所に提出することによって保釈を実現するという制度です。

刑事被告事件において全弁協が手助けをするというもので「人質司法」と呼ばれる日本の刑事裁判制度の改善に大きく寄与するものと確信しております。

平成28年度(平成29年3月31日現在)におきましては、全国で927件の申し込みがあり、うち保証書発行は596件となっております。

現金の代わりに保証書でも、保釈は可能です。

その場合の保証書発行を、全国弁護士協同組合は行っています。

刑事訴訟法での根拠条文はこちらになります。

裁判所は、有価証券又は裁判所の適当と認める被告人以外の者の差し出した保証書を以て保証金に代えることを許すことができる。

保証書を使って、保釈請求をしたい。

その場合には、次のような流れになります。

身元引受人など最終的に保証金納付の責任を負う人が、保証委託者です。

まず、保証委託者が、担当弁護士に連絡します。

そして、担当弁護士を経由して、全国弁護士協同組合に保証を申し込みます。

その後、全国弁護士協同組合が、保釈保証書を発行します。

利用の際は、手数料や自己負担金を、全国弁護士協同組合に納付する必要があります。

全弁連の仕組み
保証委託者が担当弁護士に連絡

担当弁護士等を経由して申込み

保釈保証書を発行

保釈が没取された場合には
保証委託者が全弁連に返済

被告人の保釈が取り消されると、保釈金が没取されます。

その場合、全国弁護士協同組合が、保釈金を立替えます。

そして、保証委託者は、立替えてもらった保証金を、全国弁護士協同組合に返済していくことになります。

保釈保証金を返還してもらおう!還付手続とは?

保釈保証金を返還してもらおう!還付手続とは?

「還付して!」返還手続どうするの?

次に、保釈金の返還について見てみましょう。

保釈保証金の納付方法や金額に次いで気になるのが、「返還」されるかどうかという点です。

正式には、保釈金が返還されることを「還付」といいます。

保釈金は無罪判決を得ないと還付されないと思っている方もいます。

どのような場合に還付されるのでしょうか。

裁判所に納付した保釈保証金は、判決が出て裁判が終われば、還付されます。

有罪判決が出たとしても、還付してもらえます。

ただし、被告人が逃亡した場合など、保釈金が没取されるときもあります。

没取された場合、保釈金は還付されません。

関係する条文を見てみましょう。

保釈を取り消す場合には、裁判所は、決定で保証金の全部又は一部を没取することができる。

保釈された者が、刑の言渡を受けその判決が確定した後、執行のため呼出を受け正当な理由がなく出頭しないとき、又は逃亡したときは、検察官の請求により、決定で保証金の全部又は一部を没取しなければならない。

判決が有罪でも保釈金は還付されます。

保釈金を返してもらうには、保釈の条件に反しないことが重要ですね!

では、実際に還付手続はどのようにすればよいのでしょう。

保釈金は、保釈を請求し、保釈金を納付した人の口座に戻ってきます。

弁護士を通じて保釈を請求した場合は、保釈金は弁護士の口座に還付されることになります。

その場合、ご家族としては、特に還付のための手続きを取る必要はありません。

保釈金の返還を受けた弁護士から、預けた保釈金を返してもらうようにしましょう。

保釈金を納付する際、弁護士は保管金受領証書を受け取っています。

その書面に必要事項を記載し、裁判所の出納課に提出。

その後、指定口座への振り込み等の方法で保釈金が還付されます。

保証金、没収されたらどうなるの?

保釈の条件に違反してしまった・・・。

この場合、保釈金を還付してもらえません。

保釈金は没収です。

法律用語としては、「没取」といいます。

「没収」と区別して、「ぼっとり」とも言われます。

没取された保釈保証金は、その後どうなるのか。

没取とは、どのようなものなのでしょう?

特定物件の所有権を剥奪して国庫に帰属させる行政処分。刑法上の付加刑である没収と区別するために、実務上「ぼっとり」と呼ばれることがある。

保釈保証金は、国庫に帰属します。

国庫とは

財産権の主体としてとらえた場合の国のことです。

没取された保釈保証金は、国のお金となります。

そして、行政活動に用いられることになるようです。

【確認】保釈保証金とは何?保証金を支払う意味

【確認】保釈保証金とは何?保証金を支払う意味

保釈とは?「保証金の還付はアメ、没収はムチ」

ここからは、保釈の基本を確認していきましょう。

まず、保釈とはどのようなものなのでしょうか?

保証金を納付させて未決勾留中の被告人を釈放すること

勾留されたまま起訴された被告人は、起訴後もずっと勾留されたままになります。

そのような場合、裁判所に一定のお金を預けることで、留置場から釈放される制度が保釈です。

保釈保証金は、裁判が終われば返還してくれます。

保証金の還付という、いわばアメが用意されています。

還付目当てに被告人の出頭を確保できるのです。

でも、保釈条件に違反すれば、保釈保証金は没収

保釈保証金の没取という特別なムチも用意されています。

では、ここで、保釈申請が許可されるまでの流れを見てみましょう。

保釈請求の流れ
保釈請求

検察官の意見

弁護人の意見

保釈保証金の金額の決定

保釈許可決定

保釈保証金の納付

釈放

まず、検察官によって、保釈が相当がどうか意見が述べられます。

弁護人も意見を述べます。

それらの意見を参考に裁判官が、保釈を許可するかどうかを決めます。

保釈が許可されたときは、あわせて保釈保証金の金額も決定されます。

保釈保証金の納付方法、納付期限

保釈保証金の金額が決定した。

いざ、納付です。

でも、どこに納付するのでしょうか。

保釈金は、裁判所に納付します。

クレジットカードは利用できません。

現金で納めることがほとんどです。

裁判所に現金で保釈保証金を納付。

そうすると、裁判所から「保管金受領証書」が交付されます。

納付期限については、定めは特にありません。

ですが、納付しない限り、勾留され続けます。

早めの納付が望ましいでしょう。

納付した・・・すぐに釈放されるのか?

納付したのだから、すぐに釈放してほしい。

このような希望は通るのでしょうか。

保釈金が納付されると、裁判所から検察官に納付完了通知がなされ、検察官はただちに釈放指揮をとります。

警察が釈放指揮書を受け取ると、被告人は釈放されます。

保釈保証金の納付は被告人の身柄解放という重要な場面です。

裁判所によっては、18時以降でも納付を待って職員の方が待機してくれることもあります。

保釈保証金の納付、還付についての不安は弁護士に相談しよう!

保釈保証金の納付、還付についての不安は弁護士に相談しよう!

保釈保証金の納付に向けて不安がある・・・。

そのような方に、手軽に弁護士にご相談いただけるサービスをご紹介します。

まずは、手軽に相談したい方はスマホで相談できます!

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を実施しています。

24時間365日予約を受け付ける窓口を設置しています。

いつでも相談予約できるとは便利ですね。

「保釈保証金の立替を考えているので、適切な方法がないか相談したい。」

「保釈請求を許可してもらうための弁護策を講じてほしい。」

そんな願いをかなえる糸口を無料相談でつかみ取ってください。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

LINE相談は匿名でも可能です。

名前を知られるのは抵抗がある・・・。

そのような方でも気軽に利用可能ですよ。

タップすればすぐに地元の弁護士を探せます!

保釈についての悩みをすぐにでも弁護士に解決してほしい。

でも、弁護士事務所を自分で探すのは大変。

このような方にお勧めなのが、全国弁護士検索サービスです。

お住まいの地域をタップすれば、すぐに弁護士事務所が検索できますよ。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

刑事事件に力を入れている弁護士事務所をピックアップしています。

ぜひ、ご活用くださいね。

さいごに一言

多額の保釈保証金を納付しなければいけないのに、準備ができない。

こんな悩みのある方は、すぐに弁護士に相談しましょう。

保釈されるためには、保釈保証金を納付しなければなりません。

ですが、大金はすぐに用意できるものではありません。

保証協会などを利用するとしても、手数料などが異なるため、どの保証協会を利用すればよいか吟味する時間が必要です。

また、保証協会に保釈保証金の立替などを申し込むにしても、審査に時間を要します。

保釈の準備には時間を要するのです。

勾留されてそのまま裁判になりそうな方は、保釈請求の準備について、お早めに弁護士にご相談されることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

保釈保証金の納付方法や、還付手続について、ご理解いただけたでしょうか?

「もっと詳しく知りたいことがある!」

「保釈保証金の工面について、さっそく弁護士に相談したくなった!」

そのような方は、ぜひご紹介したサービスをご利用ください。

もっと「保釈」について知りたい方は関連記事もチェックしてみてくださいね。