法学修士の就職セオリー|法学修士が不安を超え、内定を獲得するまでの最短ルール!

  • 法学修士,就職
  • 20

法学修士の就職セオリー|法学修士が不安を超え、内定を獲得するまでの最短ルール!

※この記事はアトム法律事務所弁護士法人の提供で制作されています。

とりあえず大学院法学研究科を出た…

法学修士の学位は持ってるけど、就職に有利になるの?

文系の大学院卒って、むしろ就職に不利とも聞くから不安…

そんなお悩みをお持ちのアナタへ。

ここでは、法学修士の就職に役立つ情報を大公開します。

最後に法学修士にオススメの就職先もご紹介しますので、是非チェックしてくださいね!

私と一緒に話を進めてくださるゲストとして、Iさんにお越しいただきました。

Iさんは大学院で法律を学び、修士論文を書きましたが、研究の世界から一転、昨年IT企業に就職しました。

現在は、大学院で掘り下げて勉強してきた法律の知識を活かし、新たな世界で活躍中です。

はじめまして。

大学院の法学研究科で修士論文を執筆した後、あるIT系ベンチャーに就職しました。

現在はリーガルライターとして、法律事務所に集客をはかるWebマーケティングの仕事をしています。

今日は私の経験談を含め、有意義な情報を提供できたらと思います。

法律をしっかり学んで、修士論文を書いたけれど…

博士課程に進学しないで就職したい

学部卒と比べて社会人デビューが遅いので、なんとなく不安

文系の大学院卒は就職に不利と聞くけど、本当?

就職にあたり、とっておくと有利な資格はある?

法学修士を積極的に採用してくれる業界ってどんなところ?

などなど、皆さん色々と不安があると思います。

ここでは、そんな皆様のお悩みに答えるべく、法学修士の就職事情を徹底調査してお届けします!

法学修士、就職が決まらない…みんなが持ってる悩み・不安を一発解消!

法学修士、就職が決まらない…みんなが持ってる悩み・不安を一発解消!

法学修士/大学院法学研究科卒の就職事情

法学修士のキビシイ就職事情

大学院法学研究科を出たけれども、就職できる気がしない…。

自分はこのままニート…?

無職・バイトのまま30代を迎えたら、その後ずっと就職できないのではないか…。

考え始めると、なんともいえない悲惨な気持ちになりますね。

実際、法学修士の学位を持っていても、就職に苦労する人は少なくないようです。

修士課程の学生は、修士1年のときにその後の進路を決めることが多いですが、

修士を出たあと博士課程に進学するか

民間就職を考えるか

公務員試験を受けるか

など、みんな色々と悩んでいました。

中には、はじめから「修士を出たあとは就職する」と決めている人もいますよね。

でも他方で、

どこまでいけるか、自分の実力を試してみたい

研究の世界でやっていけそうだったら、博士課程に進学したい

文系の修士に来てしまった時点で、民間就職の可能性はだいぶ閉ざされてしまった

学部を出る時点で就職活動をしていないので、今さらできるか自信がない

と悩んでいる人も少なくありません。

では、就職するにはどうしたらいいのか?

それも、培ってきた法律知識を活かした就職先を見つけるには?

…以下では、このような観点から掘り下げていきましょう。

就職に有利な資格はある?保険でとっておくべき資格とは

大学院法学研究科を出たので、法学修士の学位は持っている。

でも、修士論文を書いたたった一つの法律に詳しいだけだし、ロースクール生のように色々な法律を万遍なく勉強してきたわけじゃない。

そもそも法学研究科でやる研究ってすごくマニアックだから、企業受けするとは思えない。

法学修士の方々には、こんな不安を抱えている人も少なくないと思いますが、就職にあたり、保険でとっておくといい資格はあるのでしょうか。

大学院にいた友人で、法学部の学部生時代に行政書士試験に合格していた人がいました。

法学修士というのは、ロースクール生と違って、専攻した法律に多少詳しいだけ。

なので、いざ研究の世界を出てしまうと、自分をものすごく頼りなく感じます。

資格を持っているこの友人は、本当に羨ましかったです。

だって資格があれば、履歴書に書けるじゃないですか。

力と資金があれば、行政書士として独立開業することもできますし。

…行政書士試験の試験科目は、どれも法学部生のときに勉強できる科目

今思えば、学部生時代にしっかり勉強して、行政書士試験に挑戦しておけばよかったですね。

行政書士試験といえば、難関試験の一つ。

学部生で合格するのはなかなか難しいイメージがありますが、中にはコツコツと勉強して合格してしまう人、いますよね。

行政書士試験の試験科目は、

憲法

民法

行政法

商法

会社法

基礎法学

一般知識

で、どれも法学部の学部生なら必修科目や選択科目として勉強するものです。

修士課程に入ってしまった後だと、日々の研究や修士論文の準備で忙しいので、やはり学部生のうちに行政書士試験にチャレンジしておくと良さそうですね。

行政書士の他には、

簿記

ファイナンシャル・プランナー(FP)

の資格をとる人もいるみたいですよ。

法学修士、とっておくべき資格はある?
行政書士 簿記 FP
試験科目 全科目、法学部時代に勉強できる 法律とはまったく異なる勉強が必要
資格の効果 就職がしやすくなる可能性も

中退組の就職はどうなる?!法学修士の学位がなくても就職できる?

大学院の法学研究科に進学したものの、中退する人もいます。

せめて学部卒の段階で就職活動しておけばよかった…

修士課程中退なんて中途半端な経歴で、就職できるんだろうか…

と不安になりますよね。

修士課程中退組、いますね。

私の友人にも、修士課程に入ったはいいが、修士論文がなかなか書けず、結局中退した人がいました。

でもその人はその後就職活動をして、ちゃんと企業に就職していきましたよ。

結論からいえば、大学院を中退していても、ご縁のある会社には就職できるのだと思います。

そのご縁がどこにあるかわからないから、就職活動が怖いのですが…^^;

でも、言わんとしていることはわかります。

やはり就職活動はご縁なので、へこたれずに続けていくことが大切ですね。

重要

最終学歴が大学院中退でも、ご縁のある会社には就職できる!

修士課程中退、就職はどうする?!
中退 修了
法学修士の学位 なし あり
就職 会社とのご縁次第

就業経験なし・職歴なしの法学修士は就職難?

大学院法学研究科を出て、法学修士の学位を得た。

在学中たくさん勉強してきたから専攻した法律の知識は豊富だけど、実務経験がない…

これは、多くの法学修士に共通する悩みです。

そもそも法学研究科で学ぶ法律というのは、実務とは少し離れているものですが…

実務経験がなくても、法律の分野で就職することはできるのでしょうか?

はじめは誰でも、実務経験はありません。

実務のプロである弁護士の先生だって、実際の弁護活動は未経験の状態で、業務をスタートします。

ですからその点は、心配いらないというか、心配しても仕方がないです。

就職してからOJTでどんどん成長していけば、大丈夫ではないでしょうか。

なるほど、実務経験はなくても、仕事をしながら学んでいけばいいんですね。

「OJT」とは、「On-The-Job Training」の略称です。実際の職務現場において、業務を通して行う教育訓練のことをいいます。

習うより慣れろ、ってやつですね。

法学修士に人気の職種とは…やっぱり法務?それとも新分野に挑戦?

長く法律を学んできた法学修士にとって、研究の世界を出るとなると、次に頭に浮かぶのは、

企業で法務の仕事

法律事務所でパラリーガル

あたりではないでしょうか。

採用する側としても、豊富な専門知識を備えた人材は貴重です。

ところでIさんは、就職活動の際に、業界や職種のことで悩んだことはあったのでしょうか。

法学修士の就職先としては、やはり企業の法務部や法律事務所が自然な流れなのでしょうか。

こちらとしては法律の仕事にこだわるつもりはなくても、あまりにも業界が違うとなかなか採ってもらえないなという実感はありました。

そもそも、悲しいかな文系大学院卒は、理論が先走り、柔軟に行動できない”頭でっかち”と思われがち…

大学を出たての新卒者のようには、柔軟に見てもらえないという現実がありますね。

たしかに、法学修士の就職先として企業法務やパラリーガルが浮かぶのは、ごく自然なことでしょう。

でも、せっかく就職という新たな一歩を踏み出すのに、そこまで選択肢を狭める必要はありません

法律知識をガンガン使って仕事をしたいなら、たしかに企業法務やパラリーガルはいいかもしれません。

しかし法律というのは、社会人になるとなんらかの形で必ず接点が出てくるもの。

必ずしもどんぴしゃ法律に関する仕事でなくても、今まで勉強してきた知識は大いに役立つのです。

私は現在IT企業に勤めていますが、自分がIT業界で働くことになるとは夢にも思いませんでした

でも今は、そもそも選択肢にもなかった業界で日々新たな挑戦をしていますし、法律知識もフル活用できています。

はじめから自分で選択の幅を狭めてしまうことなく、視野を広くもって、色々な業界にチャレンジする姿勢が大切ですね。

ただ、「それでもやっぱり法律関係の仕事がしたい!」という法学修士に、ひとことアドバイス。

聞くところによると、少しでも契約書の審査の経験があると、法務の仕事に採ってもらいやすいんだそうです。

具体的には、法務部でのアルバイトや、派遣経験があると役立つでしょう。

こうした経験がない場合、インターンなど何らかの研修を受けておくと、全くの未経験者に差をつけることができます。

法学修士の就職活動はいつから?キニナル時期から探し方、面接・内定の流れまで大公開!

法学修士の就職活動はいつから?キニナル時期から探し方、面接・内定の流れまで大公開!

法学修士の就職先の探し方|就活開始~入りたい企業に出会うまで

そもそも就職先はどう探す?求人サイト?人材紹介活用もオススメ

ここまで、法学修士の就職にまつわる不安や悩みを見てきました。

ある程度、不安は晴れた…。

でも、そもそも就職先ってどうやって探すの?

就職活動はいつ始めたらいい?法学修士の就活時期は?

そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、そんなギモンにお答えします!

まず、就職先を探すには、主に以下の方法があります。

求人サイト

人材紹介

法科大学院のキャリアセンター

求人サイトの活用法|リクナビ、マイナビ、エン転職などに複数登録しよう

求人サイトから見ていきましょう。

求人サイトというのは、いわゆる

リクナビ

マイナビ

エン転職

など、企業の求人情報が掲載されていて、求職者がアクセスできるサイトのことです。

この他にも、

@type

DODA

Indeed

など、世の中にはたくさんの求人サイトがあります。

私は、就職活動を始めるときに複数の求人サイトに登録しました

求人サイトによって、載っている求人が異なります。

つまり、A社の求人は、リクナビさんにもエン転職さんにも載っている、というわけではないのです。

選択肢を広げるために、求人サイトは複数に登録することが大切です。

求人サイトには、「○○転職」「新卒向け」といった名前がついているものもあります。

こういうのを見ると、

法学修士の就職って新卒枠?中途採用枠?

という悩みが出てくるでしょう。

修士課程に在学中に就職活動を始めるなら、新卒枠でいいでしょう。

では修士課程を修了済み、既卒の人たちは?中途枠になるのでしょうか。

中途では即戦力になることを期待されるが、就業経験がないので即戦力にはなれない

新卒も中途もダメなら、どういう枠で応募すればいいのか…

と困り果ててしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一体、どれに登録したら良いのでしょう?

結論からいうと、採用さえしてもらえればいいわけで、どんな枠で応募するかは大きな問題ではありません

大切なのは、とにかく職を得られそうな場所には積極的に登録し、チャンネル数を増やしておくことです。

新卒の学生用でも、中途転職サイトでもなんでもいいので、とにかく登録してみましょう。

Iさんは転職サイトを通して、現在のお勤め先に出会ったそうです。

経験者の語る言葉は力強くて、勇気付けられますね。

ここまでは、求人サイトの紹介でした。

法学修士の就職活動、新卒枠?中途枠?
新卒枠 中途枠
主な対象者 学部・修士課程の新卒者
※既卒を対象としているところもある
すでに働いていて転職を考えている人
法学修士 採用される可能性がある

人材紹介の活用法|エージェントを使っても0円で就職できるという真実

さて、次に紹介するのは、人材紹介を活用する方法です。

人材紹介とは、厚生労働大臣の認可を受けた職業紹介事業者(人材会社)が、採用ニーズのある企業からの依頼を受けて、該当する人材を紹介するサービスです。求職者はサービスに登録し、専任のキャリアコンサルタントと相談しながら、応募先を決めていきます。

人材紹介では、求職者と企業のあいだに、プロのエージェントさんが入ってくれるんですね。

でも、エージェントって費用が高そう…

と心配ですか?

その点は、心配ご無用!

エージェントの費用は採用する企業側が払ってくれるので、求職者側が支払うお金は0円です。

管理職の転職ならまだしも、初めて社会人になる人がエージェントなんて使うものなの??

と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、これも要らぬ心配です。

職を得るにあたり、この方法はダメ、これはいい、というものはないのです。

就職するためなら、ありとあらゆる方法を活用することが大切。

中でも、人材紹介のエージェントは人と仕事をマッチングするプロ

優秀なエージェントさんに会えれば、ぴったりの就職先を見つけてもらえるんです。

ただ、一つ押さえておきたいのは、

エージェントが間に入る場合、採用する企業側にとっては、採用コストが高くつく

ということです。

求人サイト経由の場合、企業にとっては、何人採用しても一定の費用しかかかりません。

しかしエージェントによる人材紹介の場合、一般的に、採用した人の年収の30~35%を、企業がエージェントに支払うことになります。

ですから企業としては、エージェントによる人材紹介で応募してきた人を

「この人を採用するとコストが高くつくぞ」

「この人は、高いコストに見合うだけの候補だろうか」

という目で見ています。

この点、悲しいかな求職者側にできることは特にありません。

しかし実態を知っておくことは就職に役立つので、こういう事情も頭の片隅においておきましょう。

要は、自分は高いコストに見合うだけの人材であるとアピールできればいいわけです。

人材紹介経由の応募者は、企業にとっては「採用コストの高い人物」!

法学修士、人材紹介で就職?
求職者 企業
費用 0 採用した人の年収の30~35%
メリット ぴったりの就職先に出会える ぴったりの人材を得られる
デメリット 企業の見る目が厳しくなる 採用コストが高い

キャリアセンターの活用法|まずは自分の所属/出身大学を頼ろう

ここまでは、人材紹介の活用法を見てきました。

最後に、法科大学院のキャリアセンターについて見てみましょう。

皆さん、就職活動をする際に、大学や法科大学院の

キャリアセンター

就職支援課

に行ってみたことはありますか?

案外忘れてしまっているかもしれませんが、これらは学生の就職を支援する専門機関です。

大学のキャリアセンターに求人票を出している企業は数多くありますから、相談しない手はありません。

キャリアセンターに行くと、

企業が出している様々な求人票を見られる

就職活動に際し、いろいろなアドバイスを受けられる

というメリットがあります。

求人サイトへの登録

人材紹介エージェントの活用

と並行して、所属している、あるいは卒業した法科大学院の、キャリアセンターに行ってみましょう。

いきなり足を踏み入れるのが怖かったら、まずはキャリアセンターのホームページを見てみる、という手もあります。

その大学の学生や卒業生なら、求人情報にアクセスできるようにしている大学も多いので、まずはチェックしてみましょう!

重要

ひとまず自分の出身大学に相談してみよう。

ここまで、就職先の見つけ方について見てきました。

学部や院の新卒者の就職活動には、時期というものがありますが、既卒の法学修士の就職活動には、特に決まった開始時期はありません

いつでも、就職したいと思ったときに就職活動を始めればよいのです。

あなたが就職したいと思ったときが、シューカツの開始時期。

応募する企業が決まったら|法学修士の履歴書・職務経歴書・志望動機の書き方チェック!

興味のある企業が見つかったら…応募に際し必要な書類3点

ここからは、実際に就職したい企業が見つかったらどうしたらいいのかを見ていきましょう。

興味のある企業が見つかったら、まず応募するわけですが、応募の際は、一般的に3種類の書類提出が求められます。

履歴書

職務経歴書

志望動機書

の3種類です。

以下では、法学修士が特に迷いやすい、「職務経歴書」と「志望動機書」について見ていきましょう。

職務経歴書の書き方|職歴ないけど、どうしよう…

まず職務経歴書です。

これは、職歴のない法学修士にとっては一番の悩みどころ。

何を書いたらよいのかわからず、途方にくれてしまう人も少なくありません。

「職歴」に含まれるのは、正社員としての就業経験だけ?

学生時代のアルバイトは「職歴」になる?

アルバイト経験を書くと、かえって逆効果??

…などなど、ここも色々と迷うところですよね。

私は、修士課程在学中も修了後も、アルバイトしか経験がありませんでした。

多くの法学修士の方が、私と同じような状況ではないでしょうか。

恐れることはありません。

アルバイトでも、職務経歴書に書くべきです。

何も書かなかったら、今まで働いたことのない人と思われてしまっても仕方ありません。

少しでも自分を知ってもらうために、事実を正直に伝えましょう。

応募書類は、採用担当者にあなたを知ってもらうための大切な情報源

面接で直接会うまでは、履歴書や職務経歴書に書いてある情報を通してしか、あなたのことを知ってもらいようが無いのです。

それに、そもそも応募書類が良くなければ、面接に呼んでもらうこともできません。

履歴書だけでなく、職務経歴書を書くときも、

採用担当者という読み手をイメージして

採用担当者にとって読みやすいものを作る

ことを意識しましょう。

職務経歴書を見たときに、あなたが

いつからいつまで、どこの会社でどんな仕事をしていたのか

が、手に取るようにわかる書き方をすることが、良い職務経歴書の条件です!

重要

学生時代のアルバイト経験も、職務経歴書に書ける貴重なネタ。

志望動機書の書き方|会社へのお手紙と思って書こう!

次に志望動機についてです。

よく、応募の際に志望動機を書かせる企業があります。

求職者からしたら、まだ企業のことをよく知りもしないのに、志望動機なんて書けるかよ…というのが正直なところだと思います^^;

でもなぜか、企業は応募者に志望動機を書かせる。

一体なぜでしょう…?

「志望理由・志望動機」は、企業が応募者の入社への本気度や強い意志を測り、アンマッチな人材かどうかを見分けるための大事な判断材料。

うーん、こういうわけなんですね。

企業側だって、誰もが知る大企業でもない限り、自社のことを応募者がよく知らないのは百も承知。

その上で、なぜウチで働きたいのかを聞きたいのが、採用担当者のホンネというものです。

…というわけで、志望動機は書かなくてはならないわけですが、書くときに気をつけたいNGポイントはあるのでしょうか。

調べてみたら、こんなページが出てきました。

採用担当者にとってNGな志望動機トップ5が紹介されています。

このページの内容を、表にしてみました。

採用担当者に嫌われる?!NGな志望動機トップ5
求職者 採用担当者
NGその1 とにかく御社で働きたいんです! 漠然としすぎて入社意思をはかりかねる
NGその2 未経験OKですよね?研修ありますよね? 会社は学校じゃありません…
NGその3 給与や待遇の面で惹かれました ウチじゃなきゃいけない理由が見えない
NGその4 私が入れば御社も成長できるでしょう なんて上から目線なんだ…
NGその5 彼女を追って東京に来ました! 転勤になったらどうするの?

志望動機書を書くときには、こんな内容にならないように、十分に気をつけましょう。

ただ注意したいのは、これはあくまでも一般論だということ。

ここでNGの例に挙げられているものでも、場合によってはかえって採用担当者の心に刺さって、採用に至った…!

ということもあり得ますので、あまり気にしすぎないほうが良いかもしれません。

応募書類は、相手企業へのお手紙と思って、誠実に、素直な心で書きましょう

その熱意が伝われば、必ずや採用担当者の心に響くはずです。

重要

志望動機書は、あなたから企業へのラブレター。

法学修士の就職活動|面接~内定が決まる時期まで

面接に呼ばれた!服装・髪型・持ち物まで徹底検証

ここまでは、就職先の探し方や、応募書類の書き方を見てきました。

就職したい企業を見つけ、応募書類を送ったら、あとは

①書類選考で落ちるか

②面接に呼ばれるか

の二つに一つ。

書類選考で落ちてしまっても、落ち込むことはありません。

その企業とはご縁がなかった、というだけのこと。

別の企業には面接に呼ばれるかもしれません。

というわけで、以下では、面接に関する大切な点を押さえていきます。

まずは形式面から、とりあえず押さえておきたい

服装

髪型

持ち物

を見ていきましょう。

▼服装

スーツが無難です

スーツはきちんとした印象を与えるので、どんな業界を受けるにも最適ではないかと思います。

業界によっては、採用担当者側がラフな格好で出てくることもあります。

でも求職者側は、きちんとしてしすぎることはありません。

気にせずスーツでしゃきっと行きましょう!

▼髪型

髪型も清潔にしていきましょう

長すぎてだらしない印象にならないよう、髪の長い人はきちんと結んでおくのが良いでしょう。

また、お辞儀したときに前髪が額にかかってしまうと邪魔です。

前髪の長い女性はピンを活用するなど、清潔を心がけましょう。

▼持ち物

持ち物は、企業次第です。

面接当日に何か持参するように言われる場合もありますので、その場合は決して忘れないよう気をつけましょう。

企業側から何も言われていなくても、

その企業に出した応募書類のコピー

筆記用具

スケジュール帳

を持参すると良いでしょう。

面接では企業に質問する時間をもらえることもありますし、次回の面接日時を相談されることもあるからです。

Iさんは就職活動をしたのが8月だったので、とても暑くてスーツ姿で動くのが大変だったとか…^^

そんなエピソードも聞かせてくださいました。

ちなみに、服装や髪型についてはこちらのページが詳しいです。

面接当日に気を付けるコトとは?

さて、次は面接当日に気をつけたいことを見てみましょう。

面接だから特別気をつけなくてはならないことがある、というわけではありません。

むしろ、普段どおり丁寧に振舞えば良いのです。

…とはいえ、立ち居振る舞いも合否に反映されるとなると、そうも言っていられませんよね。

あまり気にしすぎても仕方のないことですが、マナーある振る舞いをできるよう、以下のページでチェックしておきましょう。

椅子の座り方からお辞儀の角度まで、動画付きで丁寧に紹介されていますので、参考になると思います。

いかがでしたか?

お辞儀をするタイミングやNG例など、参考になることばかりでしたね。

あとは緊張しすぎず、ある程度リラックスして臨むことです。

面接当日は、ありのままのアナタを見せることができたら良いですね。

修士論文を書いた後の口頭試問なども乗り越えてきたのですから、面接で怖いことなんてありません。

落ち着いて、平常心で臨みましょう^^

面接終了…人事を尽くしたら天命を待つのみ

面接が終わったら、あとは結果を待つのみ。

くよくよ心配しても仕方がありません。

人事は尽くしたのですから、あとは結果通知を待ちましょう。

結果の通知方法は会社によって異なります。

メールをくれるところもあれば、電話で連絡がくるところもあります。

採用の場合のみ連絡をくれて、不採用の場合は連絡をくれないところも少なくないです。

結果通知日はドキドキしますが、どのような結果であっても落ち着いて受け止める覚悟が大切です。

重要

もし選考に落ちても、その会社とはご縁がなかっただけ。

内定が出てから入社するまで

晴れて内定が出たら、入社に向けて忙しくなります。

既卒の法学修士は、アルバイトをしている方も少なくないでしょう。

バイト先へ退職の連絡をし、入社する会社に言われた書類を色々と準備しなくてはなりません。

入社に際し、

市役所に行ったり

健康診断を受けたり

する場合もありますが、役所や病院は非常に混雑していることが多いです。

入社までに必要書類が間に合わなかった、ということにならないよう早め早めに動きましょう

必要書類の準備はもちろんですが、入社までに少しでも、入ってからやることになる業務の予習をしておくと良いでしょう。

たとえば私は、現在の勤め先に入って初めてWebライティングの仕事をすることになったので、入社までに、Webライティングの基本的なことが書いてある本を読んだりしていました。

少しでも準備しておくと、入社後にスムーズになじめるので、これは正解だったと思います。

入社前にお仕事の予習…すばらしい就業姿勢ですね!

実に大切なことだと思います。

法学修士、内定~入社までにやっておきたい3つのこと
詳細 ポイント
退職 就業中の人は退職手続きをしよう 今までお世話になった感謝を忘れずに
入社準備 内定先に言われた書類を速やかに準備しよう 市役所や健康診断は混雑も予想されるので注意!
予習 入社後に担当する業務の予習をしよう 少しでも予習しておくとスムーズに会社になじめる

法学修士にオススメの就職先を大公開!

法学修士にオススメの就職先を大公開!

この記事のまとめ

さて、この記事では、大学院法学研究科を出た法学修士の方々に向けて、就職活動のポイントを紹介してきました。

法学修士の就職事情

就職先の見つけ方

応募書類の書き方

面接の注意点

などを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

さてこの後はいよいよ、お待ちかねの法学修士にオススメの就職先をご紹介します。

乞うご期待ください!

【法律×IT】という新分野に挑戦したいアナタへ

最後になりましたが、ここで法学修士にオススメの就職先2つご紹介します。

まずは、法律×ITという新分野に挑戦したいアナタにオススメのWeb制作会社です。

ここでは、今まで勉強してきた法律知識を存分に活かしながら、Web業界で活躍できます。

今までの経験を活かしつつ、新たな分野に挑戦したい人にオススメです。

はい。実はここ、私の勤め先です^^

募集しているのは、刑事事件の加害者と弁護士をつなげるWebライターという職種。

Webの記事を作成して、弁護士が必要で困っている人に、刑事司法の基礎知識をわかりやすく届けるお仕事です。

学部、大学院を通して刑法刑事訴訟法を勉強してこられた方は、その知識をフル活用することができますね。

Webライター | レインメーカー株式会社 (Rainmaker Inc.)
rainmakers.co.jp

何を隠そう、当サイトを運営するレインメーカー株式会社の求人でした^^

手前味噌ですが、

服装自由

髪型自由

髪色自由

というあたりがいいですね。

今まで私服で学生生活をしていたところ、社会人になったとたん毎日スーツかぁ…と憂鬱になっているあなた!

ここでは、そんな心配も不要ですよ!

興味を持って下さった方は、ぜひ当サイトの他のページも見てみてください。

このサイトを埋め尽くしている、刑事事件の加害者向けに書かれた数々の記事…。

この会社に入ると、あなたにもこういった記事を書いてご活躍いただくことになります

就業後のイメージを膨らませるのに、お役立て下さい。

【パラリーガル】として活躍したいアナタへ

もう一つ、法学修士にオススメの就職先をご紹介します。

こちらはパラリーガルとして働きたい方にオススメの弁護士法人です。

ここでは、今まで勉強してきた法律知識を存分に活かして弁護士を支え、活躍することができます。

パラリーガルの求人には、「未経験歓迎」と書いている場合もありますが、法律知識のバッチリ備わったパラリーガルなら、弁護士もより助かるんです。

長い学生生活で培ってきた豊富な知識を活かして、弁護士の真横で働きたい方は、ぜひチェックしてください!

法律事務所でパラリーガルというのは、私も考えましたね。

研究の世界にいたので、実務のことは全然わかりませんが、せっかく法律を勉強してきたのだから、弁護士の近くで、バリバリ実務の世界で働けるというのは魅力的です。

さて、もう一つ求人をご紹介しましょう。

同じくアトム法律事務所弁護士法人で、永田町にある本社での求人でした。

それでもまだ心配なあなたへ

3つの求人情報を紹介しましたが、いかがでしたか?

興味はある

でも応募となると尻込みしてしまう…

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

大学院の友人には、

「勉強ばかりしてきたので、コミュニケーション能力に自信がない…」

と心配している人もいました。

私自身はよくしゃべるほうなので、コミュニケーションの心配はしていませんでしたが、

「社会的な常識がないので、自分が気付かないところで失礼をしてしまわないか」

という不安がありました。

正直いって、これは社会人になって数年経った今でも、まだ少し心配です。

なるほど。

社会人としての常識は、はじめは誰しも持ち合わせていないもの。

でも素直な心があれば、働きながらどんどん成長することができるので、心配は無用ではないでしょうか。

そうですね。

実際に働き出した今思うのは、あまりはじめから色々と心配しても仕方がないということです。

就職前に抱えていた不安が、今ではすっかり晴れているのですから、不思議なものです。

やはり、まずは応募してみることが大切なのではないかと思います。

Iさんが実体験を通して語ってくださった通り、まずは応募してみないと、何も始まりません。

応募して面接に行ってみないと、応募先がどんな会社なのかもよくわからないままですし、自分がどんな業界、どんな会社に受けがいいのかもわからないまま。

それでは就職活動もはかどりません。

上でご紹介した3つでも、他の会社でも、とにかくまずは応募してみましょう!

千里の道も一歩から。

あなたの充実した就職活動と、幸せな就職を祈り、心から応援しています!!

最後までお読みいただき、誠にありがとうございましたm(__)m

法律に関するWebライターに興味のあるアナタはこちら↓

Webライター | レインメーカー株式会社 (Rainmaker Inc.)
rainmakers.co.jp

法律事務所でパラリーガルをやりたいアナタはこちら↓

弁護士法人の本社で弁護士業務を支えたいアナタはこちら↓

目次に
戻る
TOPに
戻る