全国137事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【無料相談可の弁護士検索】児童ポルノ事件を弁護士に相談する

  • 児童ポルノ,弁護士

【無料相談可の弁護士検索】児童ポルノ事件を弁護士に相談する

「息子が児童ポルノ事件逮捕された…」

突然の事で頭が真っ白になりますね。

こんなときこそ、落ち着いてください。

弁護士を選任することが解決への第一歩です!

今回は、そんなハテナを解決するべく「児童ポルノ事件で頼れる弁護士特集」をお届けします。

数多くの弁護士の中から、あなたに合った弁護士をここで見つけて下さい。

では、さっそく、その特集内容をご覧いただきましょう。

【5秒で発見】児童ポルノ事件を厳選弁護士に無料相談しよう!

【5秒で発見】児童ポルノ事件を厳選弁護士に無料相談しよう!

希望の弁護士をすぐ見つけたい…

児童ポルノ事件で逮捕されたら自力で弁護士を探せますか?

「どうやって児童ポルノ事件にくわしい弁護士を見つければいいの…」

無料相談をしている弁護士が地元にいるのか知りたい…」

いざというとき、どうやって弁護士を見つければいいのかわからないですよね。

全国の厳選弁護士まとめ

一瞬で地元の弁護士を絞り込めたら便利だと思いませんか?

私たち取材チームは、そんな希望に応えるべく、全国の弁護士を地域別にまとめました。

東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の大都市圏や「北海道~沖縄」まで。

47都道府県すべての中から、弁護士を厳選してみました。

こちらの全国弁護士検索をご覧ください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いかがですか?

一瞬で検索できたと思います。

これならすぐに地元の弁護士を絞り込めますね!

今、日本にはたくさんの弁護士がいますが、みなさんはその現状をご存知でしょうか?

少しこちらをご覧ください。

これは日本弁護士連合会(いわゆる、ニチベンレン)が発表しているデータです。

現在、弁護士は37,680人が正会員として登録しています。(2016年3月現在)

この中から希望に沿う弁護士を自力で見つけようと思うと苦労しそうです…

全国弁護士検索を使えば最小限の労力で検索できますね!

2つの基準をクリアした弁護士のみを掲載!

この全国弁護士検索は、47都道府県の全弁護士の中から厳選した弁護士のみを掲載しています。

  1. 児童ポルノ事件などの刑事事件に力を入れている弁護士であること
  2. ホームページに弁護士費用をハッキリ明記している弁護士であること

以上2点を基準に弁護士を選んでいます。

早い段階で弁護士を選定することが事件解決の大きな一歩!

今すぐ必要だからこそ、検索に時間はかけていられません。

なお、児童ポルノに強い弁護士は『児童ポルノに強い弁護士の選び方|東京・大阪・名古屋の相談先も紹介』でも解説しているので、あわせてご覧ください!

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

【注目!】弁護士費用はいくら?児童ポルノ事件の実態を知る3つの解説!

【注目!】弁護士費用はいくら?児童ポルノ事件の実態を知る3つの解説!

いざ、弁護士に事件を依頼するとなると、気がかりなのは弁護士費用

費用が明らかにならないと、不安が募りますよね。

けれど、正しい知識を持って、しっかり調べておけば大丈夫です。

以前は、弁護士会の報酬規定により、弁護士費用が定められていました。

現在は法改正に伴い、そのルールは撤廃されています。

つまり、今では弁護士は弁護士費用を自由に設定できるのです。

自分でしっかり弁護士費用を把握しておきましょう。

ここでは、弁護士費用についての最新情報をレポートしていきます。

1.児童ポルノ事件の「着手金」とは?

着手金(ちゃくしゅきん)という言葉をご存知ですか?

着手金とは、弁護士に事件を依頼した段階で支払う費用のことです。

不成功に終わった場合でも、事件の結果に関係なく返還はされませんので注意が必要です。

調べによると、「20万円~」や「30万円~」としている弁護士もいるようです。

児童ポルノ事件などの刑事事件では、「60万円~」を基本設定としている法律事務所も多数見つかりました。

2.児童ポルノ事件の「成功報酬」とは?

「成功報酬」はみなさんもよく耳にすると思います。

成功報酬とは、弁護活動の成果の対価として支払うお金です。

なので、その刑事処分の内容によって児童ポルノ事件の成功報酬は異なるとお考え下さい。

どの法律事務所もホームページで料金設定を公開していることが多いので参考にするとよいと思います。

3.児童ポルノ事件の「実費・日当」とは?

弁護士は弁護士費用を自由に設定できます。

これは「実費・日当」の基準についてもいえます。

実費は「実際にかかった費用」という意味ですのでイメージがつきやすいと思います。

書類を関係当局に発送する場合の「郵送費」が具体例になります。

日当は、弁護士によって設けている基準が違いますので、こちらは個別に確認が必要です。

細かな費用ですが、取り扱いについてはホームページなどで事前に見ておきたい点です。

疑問に思うことがあれば問い合わせてみることも大切ですね。

【徹底調査】児童ポルノ事件の弁護士相談、解決への近道(実例3選)

【徹底調査】児童ポルノ事件の弁護士相談、解決への近道(実例3選)

児童ポルノ事件で弁護士がどのような弁護活動をするのか気になりますよね。

実例を交え、児童ポルノ事件の流れを見てみましょう。

本日は、刑事弁護の最前線で活躍されている、テレビでもおなじみの弁護士、岡野武志先生に解説していただきます。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

これまで刑事弁護をする中で、多くの児童ポルノ事件を取り扱ってきました。

私の弁護活動の経験と実際の裁判例をもとに、丁寧に解説していきたいと思います。

1.児童ポルノ事件で逮捕された…逮捕後の流れは?

まず、一番気になるのは児童ポルノ事件で逮捕されたときの、その後の流れです。

逮捕されてしまったら、いったいどうなってしまうのでしょうか。

逮捕後、翌日か翌々日には検察庁に連れて行かれます。

そして、釈放するかどうかが検討されます。

検察官・裁判官に「釈放なし」と判断された場合、被疑者はしばらくの間、留置場で生活することになります。

これがいわゆる「勾留(こうりゅう)」という手続きです。

弁護士を選任すると、勾留しないように求める意見書を提出することができます。

検察官や裁判官に訴えるわけです。

誤って勾留が決定しても、弁護士は準抗告(じゅんこうこく)という不服申し立てを行うことができます。

早く弁護士を選任することで、弁護士がとりうる手段の幅が広がります。

勾留の段階まで進むと、長期間にわたり身動きが取れなくなります。

そうすると、学校退学会社解雇の可能性も浮上してきます。

いかにして早く釈放を勝ち取るか、これは深刻な問題なのです。

社会的ダメージを最小限にすることを考えていきましょう。

2.前科は回避したい!どうすればいい?

「どうにか前科だけは回避したい!」

前科がつくかどうか、これは切実な悩みになります。

これに対して弁護士はどのような弁護活動を行うのでしょうか?

前科をつけないためには、次の方法をとる必要があります。

  1. 検察官から不起訴処分を獲得する
  2. 裁判官から無罪判決を獲得する

無罪判決を得ることは極めて困難ですが、不起訴処分の獲得は比較的容易です。

ですので、多くの場合、目標は不起訴処分の獲得に絞ります。

検察官は犯行の認定を「証拠」により行います。

証拠により犯行が認定できなければ、「嫌疑なし」または「嫌疑不十分」として不起訴処分になります。

また、証拠により犯行が認定できる場合でも不起訴処分になることがあります。

検察官は被疑者の性別、年齢、境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯行後の情況を考慮します。

この種の不起訴処分を「起訴猶予」といいます。

この場合でも前科はつきません。

無罪判決は困難でも、不起訴処分の獲得は可能かもしれません。

重要なのは、早い段階で弁護士と方針をかためておくことです。

ゴールの設定によっては弁護活動も変わってきます。

3.「私は無実だ!」弁護士があなたの代弁者!

無実の罪で犯人にされてしまうということも考えられます。

いわゆる冤罪事件です。

よくドラマなどでも見かけますが、実際にこんなことが起こると深刻な問題です。

冤罪が発生してしまった場合、一体どうすればよいのでしょうか。

冤罪事件を解決することは、想像以上に労力がいります。

警察は逮捕した容疑者を取り調べる際、「犯人である」ことを前提に取り調べます。

過酷な取り調べを乗り切るためにも、以下の3つのポイントを覚えておきましょう。

3つのポイント
  1. ① 被疑者には黙秘権がある
  2. ② 被疑者には供述調書へのサイン拒否権がある
  3. ③ 被疑者には供述調書の内容変更申立権がある

弁護士を選任すれば、これらの権利を適切に行使するためのアドバイスを受けることができます。

無罪の証明は専門家のサポートなしでは厳しいものです。

早く取り調べのストレスから解放され、社会に復帰するためにも弁護士の選任を急ぎたいところです。

冤罪事件を一人で抱え込むとパニックになりそうです…

狭い取り調べ室で誤った対応をしないように慎重に対応をしなければいけませんね。

最後にワンポイントアドバイス

それでは最後に、岡野先生からワンポイントアドバイスをお願いします。

刑事事件はある日突然起こるものです。

家族が児童ポルノ事件で逮捕されたら、どうすべきなのでしょうか。

一言でいうと、こうです。

「とにかくスグに、弁護士にご相談ください。」

児童ポルノ事件は決して軽い犯罪ではありません。

どうか迷わずに、私たち弁護士にご事情をお聞かせください。

まとめ

今回は「児童ポルノ事件で頼れる弁護士特集」をお届けしました。

児童ポルノ事件はよくニュースで報道されている犯罪です。

逮捕されると報道のリスクもあります。

一人で抱え込まず、積極的に弁護士無料相談を利用して、早期解決を考えましょう。

全国弁護士検索を使っていただくと、近くに頼れる弁護士がいることがおわかりいただけると思います。

迅速な対応が、事件解決への鍵です!

もっと児童ポルノ事件のことを詳しく知りたい方は下の関連記事もご覧ください。

以上、編集部から特別企画をお届けしました!