【最新の弁護士検索】人身事故の無料相談がネットから!

  • 人身事故,弁護士
  • 140

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

【最新の弁護士検索】人身事故の無料相談がネットから!

普段何気なく運転する車。

その車の運転はキケンな事故といつも隣り合わせです。

「息子が人身事故を起こして逮捕されてしまった」

そんなとき、大切な家族のために何ができるでしょうか。

まず考えるべきことは、弁護士探しです。

交通事故の加害者側を弁護してくれる弁護士を探しましょう。

お悩みの例

人身事故をネットで弁護士に相談したい!

地元で無料相談をしている弁護士を見つけたい!

24時間日曜日でもつながる電話があれば…

このような不安が尽きませんね…

でも、ご安心ください!

今回の特集テーマは「人身事故事件にくわしい弁護士特集」なのです。

日本全国の弁護士の中から、一瞬であなたに合った弁護士を探す方法をお伝えします。

無料相談、ネットで簡単検索!人身事故にくわしい厳選弁護士特集!

無料相談、ネットで簡単検索!人身事故にくわしい厳選弁護士特集!

一番の悩みは、弁護士の探し方なんです

大切な家族が人身事故を起こして逮捕されたら、どうすればよいのでしょうか。

まずは法律の専門家に相談したいところですね。

ただ、身近に人身事故の加害者弁護をしている弁護士がいるのかどうか…

どうやって弁護士を探せばよいのか、そこが一番の悩みだったりします。

全国47都道府県の中から厳選した弁護士たち

そんな悩みを抱える方のために、日本全国から厳選弁護士をまとめて掲載しました。

それがこの全国弁護士検索です。

東京、大阪、名古屋、福岡など、よくネット検索で出てくる弁護士だけではありません。

47都道府県すべてを対象に、選りすぐりの弁護士を集めました。

使い方は簡単。

お住いの地域をタップして進むだけです。

一瞬でお近くの弁護士を探すことができますよ。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

身内が逮捕されるというトラブル。

とにかく早くなんとかしたい。

そんなときにこの弁護士検索があれば、いろんな条件から弁護士を探すことができます。

日曜日も対応している弁護士は?

24時間ネットでも無料相談ができる?

夜間でも有人対応しているフリーダイヤルはある?

そんな視点でくらべてみてください。

ところで、みなさんは今、日本には何人の弁護士がいるかご存知でしょうか?

こちらに、それを示すデータがあります。

これは日本弁護士連合会が出しているデータです。

これによれば、現在日本で正式に登録している弁護士は約4万人いることがわかります。(2016年3月現在)

この約4万人の中から、人身事故の加害者弁護に注力している弁護士を探すわけです。

「どうしよう…」

本音がこぼれそうですね。

そんな声に応えるために全国の厳選弁護士をここに集めてみました!

2つの基準を満たしています

この全国弁護士検索は、全国47都道府県から厳選した弁護士のみを掲載しています。

その基準はこうです。

① 人身事故を起こしたケースなど、刑事事件に熱心な弁護士であること

② ホームページに弁護士費用をハッキリ掲載している弁護士であること

今すぐ必要だからこそ、この検索機能であなたに合った弁護士をお探しください。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

人身事故の弁護士費用「いろは」相場の疑問はここで解決!

人身事故の弁護士費用「いろは」相場の疑問はここで解決!

弁護士に事件を依頼するときの弁護士費用はいくらかかるんでしょうか。

費用についてのギモンを解消していきましょう!

実は、以前は、弁護士会の報酬規定によって弁護士費用が統一されていました。

しかし、弁護士法の改正に伴い、そのルールは撤廃されたのです。

今、弁護士は弁護士費用を自由に設定できるようになりました。

ここでは、弁護士費用についての最新情報を紹介したいと思います。

1.弁護士費用まとめ、人身事故事件の「着手金」

まずは、「着手金」のお話から進めましょう。

着手金という言葉は聞いたことありませんか?

これは、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

事件の結果に関係なく、不成功に終わった場合でも返還はされないのが特徴です。

調べでは「20万円~」「30万円~」「60万円~」を基本設定にしている弁護士が多く見受けられました。

2.弁護士費用まとめ、人身事故事件の「成功報酬」

次に、「成功報酬」についてです。

成功報酬とは、弁護活動の成果の対価として支払うお金です。

よって、人身事故事件での成功報酬は、その刑事処分の内容ごとに異なるのが一般的です。

どの法律事務所もホームページで料金設定を公開しているのところが多いので、そちらを参考にしてみてください。

3.弁護士費用まとめ、人身事故事件の「実費・日当」

弁護士費用は弁護士や法律事務所によって異なります。

だからこそ、「実費・日当」の取り扱いについてもホームページなどで明記している法律事務所は信頼できますね。

どのくらいの弁護士費用が必要になるのか、相談する前に調べておくと安心できます。

まずは問い合わせてみるところから始めましょう。

3つの弁護方針を公開、人身事故を早期解決に導く加害者弁護とは?

3つの弁護方針を公開、人身事故を早期解決に導く加害者弁護とは?

では、ここからは、人身事故を弁護士がどのように解決に導いていくのか、見ていきましょう。

本日は、解説者として、法律の専門家である弁護士の岡野武志先生にお越しいただいています。

弁護活動の具体例について、くわしく解説いただきたいと思います。

よろしくお願いします。

弁護士の岡野です。

私はこれまでに多くの人身事故加害者の事件を取り扱ってきました。

今日はその経験から、弁護活動の実例裁判事例をもとに、わかりやすく解説したいと思います。

1.釈放を望むなら、まずは弁護士へ!

まず、基本的なところから押さえていきます。

人身事故を起こして逮捕されたとき、その後の流れはどうなっていくのでしょうか?

ニュースでみていても、実際のところ、逮捕されたその後の流れはわからないですよね。

逮捕された被疑者は、逮捕翌日か翌々日には検察庁に連れて行かれます。

そして、釈放の有無について検討されます。

「釈放なし」と判断された場合、被疑者は一定期間、留置場での生活を送ることになります。

これを勾留(こうりゅう)といいます。

留置場生活を回避するためにも弁護士を選任し、勾留を阻止する弁護活動をしてもらいましょう。

弁護士は、直接検察官や裁判官に意見を出して勾留を回避するよう訴えることができます。

勾留が決まっても、事件が略式罰金の処分で終われば、罰金の納付と引き換えに留置場から出ることができます。

勾留の段階まで進むと、学校退学会社解雇の可能性が出てきますね。

社会生活へのダメージがかなり大きいです。

一日も早く日常生活を取り戻すために、弁護士には釈放までの最短ルートを検討してもらいましょう。

2.前科ナシ!弁護士の活動とは

前科がつくのを避けたい!

この要望に弁護士はどう対応してくれるのでしょうか?

これも深刻な悩みですよね。

警察に人身事故の被害が受理されると、被疑者という法的立場となります。

前科をつけないためには、不起訴処分か無罪判決を獲得する必要があります。

ところが、無罪判決の獲得は非常に難しいです。

一方で、不起訴処分の獲得は比較的容易であるため、これを目標とした弁護活動を行うことになります。

嫌疑不十分として事件が不起訴処分で終了することもあります。

その場合、

① 自分に不注意はなかったこと

② 相手側の不注意で引き起こったもの

この2点を説明し、不起訴処分を求めていくことになります。

証拠により犯行が認定できる場合を考えてみましょう。

検察官は被疑者の境遇や犯罪の軽量と情状、犯罪後の情況を考慮します。

この考慮により不起訴処分で終わることがあり、これを起訴猶予といいます。

また、被害者と示談を締結し、示談書の取得を目指す活動もあります。

これにより、「あえて起訴するまでの必要はない」とする起訴猶予処分を目指します。

まずは、交通事故に詳しい弁護士を選任し、今後の弁護プランについて話し合いましょう。

無罪判決を獲得することで前科を回避する方法は、とても大きなリスクを伴いますね。

それであれば、捜査の段階が勝負です。

不起訴処分を獲得すれば、前科をつけずに事件を終結させることができますね。

示談についても、弁護士がいれば安心してお任せできますね!

3.無罪を証明して!弁護士の強力バックアップ

無実の罪で人身事故の犯人にされてしまうことも考えられます。

冤罪(えんざい)という事件、怖いですよね。

映画でも冤罪事件が取り上げられていました。

日常生活の中で、突然身に覚えのない事件に巻き込まれたら…

法律は国民に不可能を強いるものではありません。

注意しても事故を回避できなかったと認められる場合もあります。

そのとき、事故は犯罪を構成せず刑罰は科されません。

相手方の飛び出し行為があった場合を考えてみます。

この場合は、運転手の過失は認められず犯罪は成立しません。

ただし、一度容疑をかけられると、無罪獲得には多大な労力を要します。

警察は取り調べを進めるにあたり、運転手を犯人として扱います。

過酷な取り調べを乗り切るために、次の3点が重要なポイントです。

黙秘権を適切に行使すること

供述調書へのサイン拒否権を適切に行使すること

供述調書の内容変更申立権を適切に行使すること

被疑者に認められた権利を適切に行使すれば、不利益を最小限にすることができるかもしれませんね。

とはいえ、狭い取調室。

圧倒的に弱い立場に置かれて取り調べを受けるので、精神的にはつらいです。

いつでも弁護士に相談できる環境を整えておきたいところですね。

最後にひとこと

それでは最後にひとことお願いします。

大切な家族がある日突然、人身事故の加害者になってしまったら…

普段、車を運転する方なら誰もがその可能性を秘めていると思います。

慎重に運転していても、予期せぬところで事故に巻き込まれてしまうこともあります。

そんなときは、迷わずすぐに弁護士にご相談ください。

状況によって、一番よい策をご提案させていただきます。

まとめ

今回の特集は「人身事故事件にくわしい弁護士特集」でした。

交通事故(人身事故)は身近にあるものだからこそ、知っておきたいですね。

一人で悩まずに弁護士無料相談を利用して、少しでも早く解決への道をみつけてほしいと思います。

弁護士検索をご利用になれば、お住まいの近くで弁護士を探すことができます。

人身事故事件のことをもっとくわしく知りたい方は、関連記事もご覧ください。

以上、編集部がお届けしました!

目次に
戻る
TOPに
戻る