全国137事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

覚せい剤事件!都道府県別、無料相談「可」の弁護士探し特集2020

  • 覚せい剤,弁護士

覚せい剤事件!都道府県別、無料相談「可」の弁護士探し特集2020

覚せい剤の容疑で大切な家族が逮捕された…

こんな事件が起こると、戸惑いと不安とで困惑すると思います。

刑事事件の専門家に相談して、一日も早く解決したいですよね。

今回の特集は「覚せい剤事件にくわしい弁護士特集」をお届けします。

少しでもみなさんの不安解消のお手伝いができればと思います!

【覚せい剤事件】ご希望の弁護士を一瞬で検索!47都道府県の厳選弁護士はコチラ

【覚せい剤事件】ご希望の弁護士を一瞬で検索!47都道府県の厳選弁護士はコチラ

覚せい剤事件にくわしい弁護士はどう探せばいい?

大切な家族が覚せい剤事件で逮捕されてしまったら…

まずは弁護士探しを始めなければいけません。

ただ、自分で弁護士を探すとなると、

  • 地元で覚せい剤にくわしい弁護士がいるかわからない
  • 弁護士費用がいくらになるか不安

など、疑問や不安が浮かんでくると思います。

近くの弁護士を一瞬で検索する方法

地元の弁護士がすぐみつかるように、全国の弁護士を厳選し地域別にまとめてみました。

東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の大都市圏はもちろん掲載しています。

それ以外も含め、47都道府県全域で、お近くの弁護士を検索することが可能です。

では一度全国弁護士検索をお試しください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

どうでしょうか?

これなら苦労せずにたくさんの弁護士の中から自分にあった弁護士を見つけることができますね。

さて、ここで興味深い資料をご覧いただきたいと思います。

みなさんは、現在日本には何人の弁護士がいるかご存知ですか?

これは日本弁護士連合会が公表しているデータです。

2019年3月1日現在、41,159人の弁護士が登録しています。

この約4万人の中から、覚せい剤事件にくわしい弁護士をどのように探せばよいでしょうか。

ネットで検索しても、電話帳で探しても、かなり時間がかかります。

気になる厳選基準

この全国弁護士検索では、

  1. 覚せい剤事件などの刑事事件にくわしい弁護士であること
  2. 弁護士費用を明確にホームページに掲載している弁護士であること

この2点を基準に厳選した弁護士を掲載しています。

すぐに必要だからこそ、この弁護士検索が役に立ちます。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

覚せい剤事件の弁護士費用エッセンス解説(3つのポイント)

覚せい剤事件の弁護士費用エッセンス解説(3つのポイント)

弁護士に事件を依頼するとき、気になるのが弁護士費用ですよね。

  • 弁護士費用はいくらかかるの?
  • どんな名目があるの?
  • いつ支払うものなの?

など多くの疑問があると思います。

ここでは弁護士費用のエッセンスについて解説を進めていきたいと思います。

以前は、弁護士会の報酬規定によって弁護士費用が統一されていました。

しかし、弁護士法の改正に伴いそのルールは撤廃されています。

現在、弁護士費用を弁護士が自由に設定することが可能です。

1.弁護士費用のエッセンス、「着手金」とは?

着手金(ちゃくしゅきん)という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

まずは着手金のお話から順番にしていきましょう。

着手金とは、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

こちらは不成功だった場合でも、結果に関係なく支払うお金です。

着手金は返ってきませんので注意が必要です。

調べたところ、「20万円~」や「30万円~」としている弁護士もいるようです。

覚せい剤事件などの刑事事件では「60万円~」を基本設定としている法律事務所が多く見つかりました。

2.弁護士費用のエッセンス、「成功報酬」とは?

続いて成功報酬についてです。

成功報酬は、弁護活動の成果の対価として支払うお金のことです。

覚せい剤事件での成功報酬は、その刑事処分の内容によって変わるのが一般的です。

これで考えると、懲役実刑になるケースと執行猶予獲得のケースでは違う料金設定になります。

ホームページで費用情報を公開している法律事務所も多いので、そちらも参考にするとよいですね。

3.弁護士費用のエッセンス、「実費・日当」とは?

弁護士費用は弁護士・法律事務所によってバラバラです。

ホームページで明確に「実費・日当」について記している法律事務所は信頼できますね。

特に、日当の算出基準には違いがあります。

具体例で示してもらうことが大事です。

無料相談の中で、不明な点はしっかり聞いておきましょう。

【弁護士実務レポート】覚せい剤事件の解決事例3選

【弁護士実務レポート】覚せい剤事件の解決事例3選

ここからは、覚せい剤事件を実際に弁護士がどのように解決していくのかみていきます。

本日は、解説者として、テレビでもおなじみの弁護士、岡野武志先生にお越しいただきました。

岡野先生は刑事弁護の最前線でご活躍中の刑事事件の専門家です。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

薬物事件の中でも覚せい剤事件はとてもたくさん扱ってきました。

今日は実務の場面を想定し裁判事例を交えて覚せい剤事件の弁護活動を解説します。

1.覚せい剤事件で釈放を目指すには?

覚せい剤事件で逮捕されるとどうなるのでしょうか。

すぐに裁判になるのでしょうか。

逮捕後の流れはニュースなどではわからないことが多いです。

ここでは、覚せい剤事件で逮捕された場合の流れを確認しつつ弁護士の活動を整理したいと思います。

逮捕後の流れとしては、逮捕された被疑者は、その翌日か翌々日に検察庁に連れていかれます。

そして釈放の有無が検討され、裁判官の判断により釈放するかどうかの判断が行われます。

「釈放なし」とされた場合、しばらくの間、留置場生活を強いられます。

これが逮捕に続く「勾留(こうりゅう)」というものです。

覚せい剤の譲り受けを疑われている場合、身元が安定し、逮捕の容疑を素直に認めている場合でも、勾留されるのが実務の運用です。

関係当局から「罪証隠滅と逃亡のおそれがある」と判断されるからです。

弁護士を選任すると、関係当局に対し、被疑者に有利な事情を伝え、起訴後の保釈請求を検討します。

また、有罪にする証拠が不十分だと思われる事件の場合は、公訴の提起を阻止する弁護活動を行います。

不起訴処分による早期釈放を目指す活動をしていきます。

覚せい剤事件のような薬物事件はすぐには釈放されないイメージがあります。

長期間、勾留されると社会生活に支障をきたします。

例えば、学校退学会社解雇の可能性も十分に出てきます。

どのタイミングで釈放されるか、どんな活動をすべきか弁護士は活動プランを立てます。

取り調べの対応方法についても、予め弁護士からアドバイスを受けておくことが大切ですね。

2.覚せい剤事件で前科を回避するには?

「覚せい剤事件で前科を付けたくない!」

これに対して、弁護士はどんな活動をしてくれるのでしょうか。

覚せい剤事件で前科を付けないためには、大きく次の2つの方法があります。

  1. 検察官から不起訴処分を獲得する
  2. 裁判官から無罪判決を獲得する

の2つです。

日本の刑事司法では、無罪判決の獲得は統計上0.1パーセントです。

不起訴処分を獲得する方が容易であるため、不起訴処分の獲得を目標とする弁護活動になることが多いといえます。

検察官が事件を起訴するのは、証拠によって犯罪行為が認定できる場合に限られます。

つまり、証拠によって犯罪行為が認定できない場合、事件は不起訴処分で終了します。

この不起訴処分を「嫌疑なし」または「嫌疑不十分」といいます。

証拠によって犯罪行為が認定できる場合でも、検察官は不起訴処分をすることがあります。

被疑者の「性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況」を考慮して起訴しないという結論を出すのです。

これを「起訴猶予」による不起訴処分といいます。

不起訴処分ですので、前科はつかないことになります。

無罪判決を求めて最初から刑事裁判を前提に話を進めるのはリスクが高いですね。

捜査段階でいかに不起訴処分を獲得するかを検討するほうが現実的といえます。

前科回避の方法を考えるなら、まずは無料相談で弁護士の意見を聞いておきましょう。

3.覚せい剤事件で無罪を主張するには?

冤罪と呼ばれる事件をご存知ですか?

無実の罪で犯人にされてしまう事件のことです。

覚せい剤事件の犯人にされてしまうと、その状況から脱するのはとても困難です。

警察から一度犯罪の容疑をかけられると、無罪を獲得するのはとても大変なことです。

犯人と決めつけられたうえで取り調べが行われます。

こうなると、被疑者が真実を説明しても、まったく聞いてもらえません。

このような過酷な取り調べを無事に乗り切るためには、次の3点がとても重要です。

3つのポイント
  1. 黙秘権の行使
  2. 供述調書へのサイン拒否権の行使
  3. 供述調書の内容変更申立権の行使

取り調べは正しい知識を持ち、適切に振る舞うことが大切です。

この3つの権利を適切に行使できるよう、弁護士と十分な打合せをしておくことが大切です。

特に、一度作成された調書は二度と取り消すことができません。

無罪獲得のためにはその場その場の判断がきわめて重要です。

誤った選択をして取り返しがつかないことにならないよう、事前に弁護士からアドバイスをもらっておきましょう。

無罪を主張することは容易ではありません。

捜査機関に犯人扱いされると、ひとりで立ち向かうには無理があります。

こんなときこそ刑事事件にくわしい専門家にサポートを求めるべきです。

最後にワンポイントアドバイス

それでは最後に、ワンポイントアドバイスをお願いします。

覚せい剤事件で大切な家族が逮捕されたら、まず何をするべきか。

それは、刑事事件にくわしい弁護士を探すことです。

初期対応を早く適切に行い、不利益を最小限に抑えられるようにしてください。

大切な家族を守るために、私たち弁護士を頼っていただきたいと思います。

まとめ

以上「覚せい剤事件にくわしい弁護士特集」をお届けしました。

迷ったらすぐ全国弁護士検索で弁護士を探してみてください。

地元の弁護士を確認すると答えが見えてくるかもしれません。

時間がない方には弁護士無料相談が便利です。

無理なく相談ができる、これが新しいカタチの法律相談です。

さらに覚せい剤事件のことを知りたい方は関連記事をご覧ください。

編集部から特別企画でした!