刑事事件の裁判とは?|裁判の流れ・裁判費用・裁判所についてなど徹底解説!

  • 刑事事件,裁判
  • 70

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

身近な人が刑事事件を起こし、裁判を受けることになった…

刑事裁判の風景はニュースやゲームなどでは目にしたことがあるかもしれませんね。

しかし、実際にご自身や身近な人が裁判を受けるとなると

刑事裁判の流れは?

刑事裁判に費用はかかる?

など、たくさん疑問が浮かびますよね。

今回は「刑事事件の裁判」をくわしく見ていきたいと思います!

刑事裁判は裁判所で行われます。

刑事裁判といえばどんな光景を思い浮かべますか?

弁護人が「異議あり!」と立ち上がり、被告人を熱く弁護する…

そんな場面を思い浮かべませんか?

実は刑事裁判は決められた流れに沿って、粛々と事務的に進むことが多いです。

実際の裁判はどのように進行していくのでしょうか。

刑事裁判の流れや、手続きなどもくわしく見ていきましょう。

専門的な部分の解説は刑事事件の専門家、弁護士の先生にお願いします。

弁護士の岡野です。

実際の裁判の流れを知っていきましょう。

これまでの経験などを踏まえ、詳しく解説していきます。

よろしくお願いします。

ではさっそく、刑事事件の裁判の流れから見ていきましょう!

【解説】刑事事件の裁判の流れとは?

【解説】刑事事件の裁判の流れとは?

逮捕後、検察官は事件を捜査し、被疑者に刑罰を与える必要があるかどうか判断します。

刑罰を与える必要があると判断した場合は裁判所に裁判を行うように求めます。

これを「起訴」といいます。

事件が起訴されると、刑事裁判が行われることになります。

裁判に至るまでの流れはこちらの記事を参考にしてください。

刑事事件の裁判の流れは?

実際に刑事事件裁判を受けたり、見たりした経験がある人は稀かもしれません。

もし、実際にご自身や身近な人が刑事裁判を受けるとなると、裁判の流れは知っておきたいですよね。

裁判は検察官に「起訴」されてからどれくらい経って始まるのでしょうか。

事件が起訴されると、裁判所から被告人に起訴状の写しが送られてきます。

裁判は、起訴状が送られてきてから約1か月後に開催されます。

争いのない事件であれば、1回の公判で終了します。

事実に争いがあるなど複雑な事件の場合は、公判の時間や回数が増え、判決までに長い時間がかかることがあります。

事件によって判決が出るまでの時間は異なるのですね。

細かい部分を見ていく前にまずは刑事裁判の流れの大枠を掴みましょう。

刑事裁判の流れは通常以下の通りになっています。

刑事裁判の流れ

▼第一回公判

① 冒頭手続

人定質問、起訴状朗読、黙秘権告知、罪状認否

② 証拠調べ手続

検察官の冒頭陳述、証拠調べ請求、検察官の立証、被告人・弁護人の立証

③ 弁論手続

検察官の論告求刑、弁護人の最終弁論、被告人の意見陳述

▼第二回公判(約10日後 )

判決、判決言い渡し

基本的に、被告人は裁判に毎回出席することになります。

逮捕・勾留されている場合は留置場や拘置所から出席します。

逮捕されていない場合や保釈されている場合などは、自宅などから法廷に向かうことになります。

ところで、法廷の中の様子をご覧になったことはありますか?

法廷の様子はニュースなどでなんとなく目にしたことはあるかもしれません。

法廷の真ん中に証言台があり、椅子が用意されています。

被告人や、証人はそこで質問に答えたり、発言したりします。

被告人が証言台に座った際の目の前に書記官、その一段高いところに裁判官がいます。

左右には検察官、弁護人がおり、被告人の背中側には傍聴席があり一般の人でも傍聴できます。

事件によっては裁判官の人数なども変動するのであくまで基本的な形です。

被告人や証人は厳かな雰囲気の中、大勢の注目を浴びることになるので萎縮してしまうかもしれません。

①冒頭手続

裁判は定刻通りに始まります。

まずは、冒頭手続きを行います。

冒頭手続きでは

人定質問

起訴状の朗読

黙秘権などの被告人が有する権利の告知

起訴された公訴事実に対する罪状認否

などが行われます。

「人定質問」は被告人の住所・氏名・生年月日・本籍地などが聞かれ、人違いでないかを確かめます。

人違いで無いことが確認できたら、検察官が起訴状の朗読を行います。

起訴状の朗読で、

どのような事実を立証しようとしているのか

犯罪名

などを明らかにします。

被告人は、裁判官から「黙秘権」があることの説明を受け、事実に認めるか否認するかを答えます。

この刑事裁判の手続きが始まってから証拠調べに入るまでの手続きを「冒頭手続」といいます

人定質問での本籍地については忘れている人も多いです。

しかし、番地まで詳細に答えられなくても特に問題はありません。

手続が終わった後に、被告人と弁護人が、起訴状記載の罪を認めるかどうか、また、こちら側の言い分を主張する機会があります。

ここで罪を認めてしまうと後で覆すことはほぼ不可能になります。

否認している場合はこの時に主張しなければいけません。

②証拠調べ手続

冒頭手続きが終わると、次は「証拠調べ手続」です。

証拠調べ手続とは、検察官と弁護人が裁判官に対して、各証拠を示す手続きのことです。

裁判官は、証拠調べ手続において初めて証拠を目にします。

これは裁判官の予断を排除するためです。

では証拠調べ手続の内容をみていきましょう。

①[検察官の冒頭陳述]
検察官がどのような犯罪事実を立証しようとしているのかをくわしく説明します。
②[証拠調べ請求]
検察官と弁護人が裁判官に対し、立証活動の予定を説明します。
刑事事件では、検察官が事件についての証明責任を負っています。
検察官側の証拠から調べ、検察官の立証が終わった後、弁護側の証拠を調べます。
③[裁判官の証拠調べ]
裁判官が証拠調べ請求により、取り調べる必要があると決定した証拠については、証拠の取調べが行われます。

立証活動で無罪か有罪か、有罪であればその量刑が決まることになります。

弁護人の弁護活動において、証拠調べ手続は極めて重要な手続となります。

証拠の提示の方法は証拠により様々です。

「書類」を調べるときは法廷で読み上げる方法

「証拠物」についてはその場にいる人たちに見てもらう方法

「証人」の場合には証人尋問を行う方法

と、証拠の種類に応じたそれぞれの方法で証拠を調べます。

③被告人質問

証人尋問などが終ると、「被告人質問」が行われます。

どの裁判でも裁判の中で、必ず被告人本人に話をする機会が与えられます。

事実に争いのある事件においては、被告人質問で被告人は裁判官に直接自分の言い分を説明します。

また、事実に争いが無い場合は事件についての謝罪や反省の気持ちを話す機会でもあります。

④弁論手続

被告人質問は裁判の中でも極めて大切な手続きといえます。

被告人質問が終ると「弁論手続き」に入ります。

弁論手続では「論告→弁論→最終陳述」と進んで行きます。

①[検察官による論告・求刑]
論告とは証拠調べが全て終わり、検察官が今回の事件についての意見を述べる手続です。
検察官は
✔検察官の提出した証拠で事実が認められること
✔どのような刑罰を与えるべきか
などについての意見を述べます。
どのような刑罰をあたえるべきかについての意見を述べた部分を「求刑(きゅうけい)」といいます。
②[弁護人による最終弁論]
弁護人は事実に争いがある場合は検察官の論告・求刑に対する意見を述べます。
無罪(一部無罪)であることの主張や、被告人に考慮すべき情状があることなどを主張していきます。
事実に争いのない場合は、被告人に出来る限り軽い刑が言い渡されるように意見を述べます。
③[被告人による最終陳述]
論告と最終弁論が終ると、最後に被告人も意見を述べることができます。

最終弁論は弁護人が被告人に有利な意見を述べることができる最後の機会になります。

この最終陳述で全ての審理が終わります。

これを「結審」といいます。

最終弁論が終わると、裁判官が判決宣告期日を指定し、法廷は閉廷となります。

⑤判決言い渡し

結審すると、裁判官は証拠を検討し、後日「判決の言い渡し」を行います。

判決の言い渡しがされることで裁判が終わります。

判決の言い渡しでは、

有罪か無罪か

有罪の場合はどのような刑にするのかという結論である「主文」

そのように判断した「理由」

が述べられます。

判決の言い渡しも、誰でも傍聴できる公開の法廷にて行われます。

主文において、無罪(一部無罪)、有罪(懲役○年、執行猶予○年など)が言い渡されます。

単純な事件の場合は、5分程度で公判が終わります。

現在の日本では三審制がとられています。

第一審の判決の内容に納得できない場合は、高等裁判所に審理してもらうために2週間以内に控訴する必要があります。

控訴すれば、控訴審でもう一度審理を受け直すことができます。

三審制の意味を確認しておきましょう。

訴訟事件について、審級を異にする裁判所の審理を三回受けることを認める裁判制度。判決手続において控訴、上告を認め、決定手続において抗告、再抗告を認めるのが、これに当たる。

以上が裁判の流れです。

実際の裁判の流れについて知らないこともたくさんあったかもしれませんね。

裁判の流れを知っていれば、もしご自身やご家族が刑事裁判を受けることになったときも心構えができます。

刑事裁判が行われる期間は?

刑事裁判の大体の流れはわかりましたね。

裁判が始まって、判決がでるまでの期間はどれくらいなのでしょうか。

なかなか判決がでないと被告人自身も被告人の家族も不安で仕方ありませんよね。

事実関係が明白な事件の多くは、事件が起訴されてから1ヶ月~1ヶ月半程度程度で第一回公判が行われます。

第一公判期日から第二公判期日(判決)までが2週間程度で、起訴から1ヶ月半ほどで終了します。

否認事件、共犯事件、経済犯罪などの複雑な事件では、裁判は長期化します。

事実に争いがあるなど複雑な事件の場合は、公判の時間や回数が増えます。

よって、判決がでるまでに長い時間を要することがあります。

比較的簡単な事件なら最短で2ヶ月程で全行程が終了します。

刑事裁判の流れ

裁判の日程はどのように決まる?公判期日とは?

公判期日」とは、端的に言うと、裁判の日のことです。

公判期日に、公開の法廷で裁判所が事実関係や法律関係を調べ、判決などを行います。

公判期日はどのようにして決められるのでしょうか。

公判期日は被告人の希望に沿う訳ではありません。

裁判長が、検察官と弁護人から予定等を聞いた上で、調整します。

保釈中のケースでは裁判日に指定された日が他に大切な用事が重なる場合もあるかもしれません。

裁判の日程を調整したいときは事前に弁護人に相談するとある程度の調整が可能です。

なお、保釈されており、社会生活を送っている状態でも、被告人は公判期日に出席しなければなりません。

裁判に欠席すれば、保釈が取り消され、高額な保釈保証金が没収されることがあります。

公判期日が一度決定されてしまうと、変更することは難しくなります。

調整したい場合はあらかじめ弁護人に伝えておきましょう。

刑事事件の裁判費用とは?|刑事裁判の費用は誰が負担する?相場は?

刑事事件の裁判費用とは?|刑事裁判の費用は誰が負担する?相場は?

刑事事件の裁判費用とは?いくら負担すればいいの?

刑事事件の裁判を受ける際、裁判費用はかかるのでしょうか…

被告人や被告人の家族としてはとても気になるところです。

負担しなければならない場合はどれだけの費用を負担することになるのでしょうか…

そもそも、裁判にどのような費用がかかるかわかりませんよね。

裁判の費用には「裁判費用」「訴訟費用」「弁護士費用」という言葉が登場します。

それぞれ、の言葉の意味を確認ておきましょう。

①裁判費用
主に民事裁判で用いられる言葉。
訴訟を追行する際に当事者が裁判所に納めなければならない費用をいいます。
②訴訟費用
民事裁判における訴訟費用と、刑事裁判における訴訟費用があります。
民事裁判での訴訟費用は、訴状などに貼付される収入印紙や、証人の旅費日当等がこれにあたります。
刑事裁判での訴訟費用は、証人に支払う旅費日当や、公判期日に要した通訳人への通訳料がこれにあたります。
③弁護士費用
弁護士に事件を依頼するのに必要となる費用をいいます。
一般的には、着手金、報酬金などの費用項目があります。

特に、刑事事件での訴訟費用については刑事訴訟法にこう書かれています。

刑の言渡をしたときは、被告人に訴訟費用の全部又は一部を負担させなければならない。(略)

裁判には色々な費用がかかってくるのですね。

もし、これらを支払えなかった場合はどうなってしまうのでしょうか…

こんなニュースもありました。

刑事裁判で有罪判決を受けた被告人が、裁判にかかった訴訟費用の支払いを免れ、結果的に徴収不能となるケースが過去5年間で約5900件、総額約5億3100万円に上っていることが16日、分かった。(略)

実際に、被告人が訴訟費用の支払いができていないケースも多くあるようです。

先程ご紹介した刑事訴訟法第181条にはこのようにも書かれていました。

(略)但し、被告人が貧困のため訴訟費用を納付することのできないことが明らかであるときは、この限りでない。

被告人が貧困の場合は、必ずしも訴訟費用を請求されるわけではありません。

さらに、訴訟費用をもっと詳しく定めている法律に「刑事訴訟費用等に関する法律」があります。

「刑事訴訟費用等に関する法律」第2条に「訴訟費用の範囲」が明記されています。

訴訟費用とは、次の3つを指しています。

証人などに支給する旅費・日当・宿泊料

鑑定、通訳、翻訳をさせたときの鑑定人、通訳人、翻訳人に支給する鑑定料、通訳料、翻訳料など

国選弁護人に支給する旅費・日当・宿泊料・報酬

刑事訴訟法では、訴訟費用は原則として被告人に負担させることとなっています。

しかし、実務上は、刑事事件で、訴訟費用を被告人に負担させるケースはごくまれです。

訴訟費用を被告人に負担させる事例は極めて少ないようです。

これとは別に、弁護士費用は、私選弁護士を選任するときに必要になります。

この費用は裁判所に納めるものではなく、弁護士に支払うものです。

ただし、国選弁護士を選んだ時には、弁護士費用はかかりません。

【Q&A】刑事事件における裁判|裁判記録や判例は閲覧可能?裁判って傍聴できる?

【Q&A】刑事事件における裁判|裁判記録や判例は閲覧可能?裁判って傍聴できる?

①刑事事件の裁判はどの裁判所で行われる?

ところで、裁判所って様々な種類があることをご存じですか?

各裁判所がどういう意味を持った施設で、どのような種類があるのか見てみましょう。

司法権を行使する国家機関。個々の紛争に対して裁断を下す権限を有する。

広義には、官署としての裁判所(最高裁判所、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所)のほか、国家機関としての裁判所(「国法上の裁判所」)を指すが、狭義には、各個の事件について裁判権を行使する合議制又は一人制の裁判官を指す。後者を「訴訟法上の裁判所」ともいう。

裁判所はいくつかの種類が存在するのですね。

刑事事件を起こし、事件が起訴されると刑事裁判を受けることになります。

その際、第一審はどの裁判所で開廷されるのでしょうか。

刑事事件の通常の第一審裁判所は、簡易裁判所と地方裁判所です。

簡易裁判所で裁判できるのは

罰金以下の刑に当たる罪

「懲役又は罰金」というように選択的に罰金が定められている罪

窃盗罪・横領罪など裁判所法33条2項が定める罪

です。

また、簡易裁判所では原則として禁錮以上の刑を科すことができません。

例外的に住居侵入罪・窃盗罪・横領罪など一定の罪について懲役3年以下の刑を科すことができるにとどまります。

地方裁判所は、簡易裁判所が裁判すべき事件を含め、すべての事件について裁判することができます。

各裁判所が持つ役割が違うのですね。

②刑事事件の裁判記録は閲覧できる?

これまでの裁判記録判例は閲覧することは可能なのでしょうか。

もし、これから自分や身近な人が裁判を受けるなら過去の似たような事件の記録を閲覧したいですよね。

やはり、個人情報などに関わるので閲覧することは難しいのでしょうか…

刑事訴訟が終結した後は、関係のない第三者でも、原則として訴訟記録を閲覧することが可能です。

許されているのは閲覧のみで、謄写することはできません。

訴訟が終結するまでの間の訴訟記録の閲覧は、一般の市民はできません。

閲覧ができるのはその事件の訴訟関係人のみです。

その事件の被害者や同種余罪の被害者は、一定の範囲で、訴訟記録を閲覧し、さらに謄写することができます。

こちらは犯罪被害者保護法によって認められます。

この訴訟記録とは、判決が確定するまでの間に、裁判所が事件を記録したすべての書類をいいます。

具体的には、起訴状、判決書、当事者の各種の申し立て書類、公判手続きの調書、身柄関係の書類などです。

これに対し、捜査段階で作成された書類であっても、検察官が公判廷で証拠調べを請求しなかった証拠などは、事件記録としてまとめられていません。

なのでこちらは訴訟記録に当たりません。

一般市民も訴訟記憶を閲覧することは可能ですが、捜査段階からの全ての証拠などがみられるわけではありません。

裁判所のホームページにアクセスすると過去の裁判例なども閲覧することが可能です。

③刑事裁判は傍聴できる?

今回の記事で刑事事件の裁判の流れについて理解できました。

しかし、手続きを知るだけでなく、実際に裁判が行われる様子をみてみたいですよね。

ニュースやドラマで法廷の様子や、裁判の流れはなんとなくわかりますが…

できれば実際に裁判を傍聴してみたいですよね。

刑事裁判を傍聴することは可能なのでしょうか?

公開の法廷で行われる裁判であれば民事・刑事問わず傍聴することができます。

特に予約の必要もなく、誰でも無料で傍聴できます。

しかし、テレビで報道されるような有名な事件などは傍聴を希望する人が多数いることもあります。

傍聴を希望する人が多い場合は、事前に抽選が行われ、当選した人でないと傍聴できない場合もあります。

予約もいらないし、無料で傍聴できるのですね!

刑事裁判に興味を持った方は一度傍聴しに行ってもいいかもしれませんね。

どんな裁判が開廷されているかは裁判所の入口や 法廷の入口に掲示されている開廷表を確認してみましょう。

刑事事件の裁判には弁護士が必須?|弁護士の無料検索窓口

刑事事件の裁判には弁護士が必須?|弁護士の無料検索窓口

刑事裁判の流れを追っていくと被告人にとって、弁護人はとても大切な存在だとわかりました。

事件内容が、

「死刑及び、無期懲役または長期3年以上の懲役、禁錮刑」

に値する場合、事件内容によっては弁護人がいないと裁判を開廷できません。

自分に有利になるように動いてくれる弁護人を選任したいですよね。

こちらでは

弁護士の無料相談窓口

全国弁護士検索窓口

をご紹介したいと思います!

もし、自分やご家族が刑事事件の加害者になってしまったら…

今すぐこちらから頼れる弁護士を探しましょう。

【弁護士無料相談】刑事事件の当事者になってしまったら…

もし、ご自身やご家族が刑事事件の当事者になってしまったら…

まずは事件が起訴され、刑事裁判になってしまうのを回避するように努めるのが得策です。

事件が起訴され、裁判で有罪になると前科がついてしまいます。

「そんなこと言われてもどうすればいいの…?」

と途方に暮れてしまうかもしれません。

そこで、まずは刑事事件のプロの弁護士無料相談してみましょう。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

24時間有人対応で相談予約が取れる電話窓口を利用して弁護士と対面相談

LINE無料相談窓口Facebook相談窓口を利用して今すぐ相談を送信する

以上のようにご自身の希望に合わせて相談窓口を選ぶことができます。

刑事事件解決の鍵は対応の速さです。

もし、刑事事件の当事者になってしまたら…今すぐ弁護士に相談してみましょう!

【弁護士検索】弁護士が今すぐに見つかる検索窓口はこちら

刑事裁判では被告人には弁護人が必要となります。

弁護人を選任する際、自分が信頼できる弁護士を選びたいですよね。

しかし、全国には約4万人もの弁護士が存在します。

そこから自分に合う弁護士を選び出すのは至難の業です。

そこで!

私たち編集部が全国から頼れる弁護士を地域別に集めました!

下記から自分の地域を選択すればすぐに希望に沿った弁護士と出会うことが可能です。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いかがですか?

自分の地域を選択すると、すぐにたくさんの弁護士が見つかりましたね。

また、実際の利用者の口コミもとても参考になります。

刑事事件はぼんやりしているとすぐ進んで行ってしまいます。

早めに弁護士を選任して、まずは刑事裁判にならないように弁護活動を行ってもらいましょう。

最後にひとこと

刑事事件の裁判についてくわしく解説してきました。

みなさんの思う刑事裁判とは大きく違っていたのではないでしょうか。

考えていたよりも事務的な流れにそって行われることがわかりましたね。

刑事裁判は予め決められた流れに沿って進行します。

なので、事前に弁護士と綿密に打ち合わせておくことが大切です。

弁護士に刑事裁判での振る舞い方のアドバイスも受けることが可能です。

早めに弁護士に依頼することで刑事裁判を回避する弁護活動も行えます。

どんな事件でもまずは弁護士に相談することをオススメします。

まとめ

今回は「刑事事件の裁判」についてくわしくレポートしました。

刑事裁判において、弁護人の役割は大きかったですね。

もし、ご自身やご家族が刑事裁判を受けることになったら、信頼のおける弁護士を選任したいですね。

スマホで無料相談

全国弁護士検索

を利用すれば、弁護士に直接相談したり、自分に合う弁護士を探すことができます。

こちらの記事や関連記事を参考にして、刑事裁判に備えましょう。

目次に
戻る
TOPに
戻る