全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

万引き示談ガイド|示談金相場は?示談書の書き方は?被害届取下は?

  • 万引き,示談
  • 70
  • 万引き示談金相場はいくらくらいか知りたい…
  • 被害届を出されてからでも示談は間に合う…?
  • 示談書の書き方がさっぱり分からない…

このようなお悩みは、当サイトにも大変多く寄せられています。

こんな疑問や不安を解消していただくために、当サイトの調査員が万引きの示談について徹底調査した内容を、ここに公開しちゃいます!

『万引きの示談金相場』『万引き示談の流れ』『示談書の書き方』このようなコンテンツを揃えていますので、下の目次から気になるところをチェックしてくださいね。

専門的な部分の監修は、テレビや雑誌でお馴染みの岡野武志弁護士にお願いしています。

よろしくお願いします。

万引きの示談について、過去の実例を踏まえながら、要点や注意すべき点を解説していきます。

万引き示談と被害届

万引き示談と被害届

万引きと言う呼び名は通称として一般的に使われていますが、法律的に言えば窃盗罪に当たる行為です。

「お店から商品を盗むこと」を万引きと呼んで区別することがありますが、あくまで窃盗の一種であり、条文や罰則などで法的に区別されているわけではありません。

せっとうざい(窃盗罪) 他人の財物を窃取する罪(刑二三五)。法定刑は一〇年以下の懲役又は五〇万円以下の罰金。窃取とは、不法領得の意思で、占有者の意思に反してその占有を侵害し、目的物を自己(場合によっては第三者)の占有に移すことをいう。「窃」は、ひそかにの意であるが、窃盗罪の場合、ひそかである必要はない。

当然ながら万引きは刑法に条文がある犯罪行為です。

不起訴で済む場合もあれば、罰金刑で前科がついたり、懲役刑で刑務所に入れられる場合もあります。

  • 不起訴で済ませて欲しい
  • せめて実刑は避けたい

そんな時に有効な手段となるのが、被害者と示談を結ぶことです。

まずは、「なぜ示談が有効なのか」「どうすれば被害者と示談できるのか」について、詳しく解説していきます。

万引き示談の流れは?

示談とは当事者間の合意に基づき紛争を法的に解決することを言います。

万引きの場合でいう当事者とは、被害者=お店側加害者=万引き犯のことです。

示談交渉に警察や検察は介入しませんし、弁護士以外の者が対価を得て交渉を肩代わりする、といったことは法律で禁止されています。

なので、示談の交渉は基本的に、加害者本人または本人代理人の弁護士が、お店またはお店代理人の弁護士と行う、という流れになります。

万引き示談に関する話は、上のページにも詳しく載っていますから、併せてご参照ください。

被害届を出されてからも示談できる?

被害届を出されるという事は、つまり警察が事件に介入する可能性が高い、あるいは既に介入している、ということになりますね。

このような場合でも、もちろん示談は可能です。

正しい示談を結ぶことの効力・メリットについては後で詳しく述べますが、示談によって被害届を取り下げて貰うことが可能です。

「被害届の取下げ」という項目を盛り込んだ示談が結べれば、被害者側には被害届を取下げるべき法的義務が発生します。

実際問題、万引き事件の多くは、現行犯逮捕ですが、ほとんどの場合、被害届はすぐに出されてしまうでしょう。

そのような短い期間に示談を結ぶというのは現実的ではありませんし、実際に、被害届を出されて警察で取り調べを受けた後から示談交渉を開始する、というケースが多いようです。

示談金はいつ払う?

「示談金をいつまでにいくら払うか」という点は、示談を結ぶ際に示談書に明記しておくべき事項です。

示談の取り決めは必ず守らなくてはいけませんので、示談金の支払期限は厳守してください。

もし示談書に記載した支払期限を守れなかった場合、こちらが先に約束を反故にしたということで、被害者側から示談の無効を主張されてしまう可能性があります。

そうなると後述する示談のメリットも得られませんので、示談金支払期限は必ず守りましょう。

示談をするメリットは?

ここまで示談の大まかな流れを見てきましたが、「示談交渉に警察や検察は介入しない」とありました。

一方で、「不起訴や実刑回避など、刑事処分を軽くするためには示談が有効」ともありました。

これはどういうことなんでしょうか?

示談自体はあくまで民事での話し合いですから、刑事の分野とは別物です。

ただし、刑事処分の判断において捜査機関や裁判所が、示談の有無やその内容を考慮することは十分にあることです。

  • 被害者が加害者を許しているか
  • 被害の弁償がしっかりなされているか
  • 加害者が犯罪事実を素直に認めているか
  • 加害者に反省と更生の意思が見られるか

検察が起訴か不起訴か判断する際、また裁判官が判決で量刑を決める際には、これらの要素が重要視されます。

なるほど!

被害者と示談を結ぶこと、また示談の内容にこれらの要素が含まれていることで、捜査機関や裁判所から有利な判断を得やすくなるということですね。

不起訴になれば前科はつきませんし、実刑が回避できれば刑務所に行かずに済みますから、示談は大いにメリットがあると言えそうです。

示談のメリット
  示談あり 示談なし
刑事 ・不起訴になる
・処分が軽くなる
可能性上がる
・起訴される
・処分が重くなる
可能性上がる
民事 賠償問題が解決する 民事訴訟を起こされる可能性がある

最新実例7選から見る万引きの示談金相場

最新実例7選から見る万引きの示談金相場

万引き示談の基本的な話は以上です。

ここからは、みんなが気になるお金の話。

万引きで示談する時の示談金相場について見ていきましょう。

ネット上にはいろいろな意見がありますが、実際のところはいくらくらいなんでしょうか?

万引き示談金計算機

こちらは、どなたでも自力で万引きの示談金相場を調べられる示談金計算機です。

当サイトが法律事務所の協力を得て集めた、万引き示談の実例から、示談金相場を割り出してしまおうという画期的なツールです。

万引きの項目を見たい方は、まず「窃盗」を押してみてください。

万引き示談実例7選

今すぐ示談金相場を知りたい、実例をもっと詳しく見たい、という方のために、万引き示談の実例を表にまとめておきました!

こちらも法律事務所の協力を得て判明した、最新の実例です。

まさに生きた情報ですね。

万引き示談の実例7選
  概要 結果
書店で、書籍8冊(販売価格合計7000円程度)を万引き 示談金7150円
罰金40万円
書店で、コミック本2冊(販売価格合計7000円程度)を万引き 示談金1万3636円
懲役10か月・執行猶予3年
スーパーマーケットで、食パンなど合計40点(販売価格合計4万5000円程度)を万引き 示談金4万4538円
不起訴
ホームセンターで、未成年の友人2人と共にレインウェアなど80点(販売価格合計8万5000円程度)を万引き 示談金8万5591円
懲役1年2か月実刑
コンビニエンスストアで、おにぎり1個(販売価格150円)を万引き 示談金10万5000円
罰金30万円
百貨店内で、婦人靴3点(税込約9万円)を万引き 示談金11万円
不起訴
コンビニエンスストアで、トレーディングカード約100枚と惣菜など(販売価格合計約1万円)を、1か月のうちに4回にわたって万引き 示談金12万円
不起訴

この表を見る限りは示談金≒被害額のケースが多いように感じますね。

お店側も被害額以上の慰謝料を受け取ると、収支などの計算が煩雑になってしまうので避けるのでしょうか?

そんな中でひときわ目を引くのが150円のおにぎりを万引きして示談金10万円以上を払ったという事例です。

何か特殊な事情があったのでしょうか?

示談の内容は当事者間の合意によって決められるものであり、示談金の額についても例外ではありません。

たしかに万引きの場合は「示談金≒被害額」となる事例が多いですが、必ずそうなるとは限らないわけです。

特に示談金が高くなりうるのは、以下の様な事情があり、「事件態様が悪質である」とみなされる場合です。

① 再犯・常習的

② 集団・組織的

万引きや窃盗の示談金相場については、下のリンク先でも詳しく解説していますから、ぜひ合わせてご覧くださいね。

万引きの示談書の書き方

万引きの示談書の書き方

お次は万引きの示談書の書き方について見ていきます。

「示談書なんて書いたことないから、書き方分からない…」なんて方もご安心を。

これから紹介する示談書の雛形・テンプレートを使えば、誰でも簡単に示談書が作成できちゃいます。

示談書の雛形

示談書については、記載すべき内容というのが決まっていますので、雛形を流用したもので間に合います。

示談書の雛形・テンプレートは下のリンクからどうぞ。

文面をコピーして、自分のケースに合うように名称などを修正し、プリントアウトしてご利用ください。

示談書を書く時の注意点

示談書を有効にするために必要な項目がいくつかあります。

  • 日付
  • 当事者双方の署名捺印
  • 対象となる事件を特定するための情報

それらに加えて、有益な示談にするための項目もあります。

  • 示談金の支払いと清算条項
  • 宥恕条項
  • 守秘義務条項

…など

これらの項目は、冒頭で説明した「示談をするメリット」を有効にするための内容です。

示談書に清算条項や宥恕条項の記載がないと、効果の薄い(効果の無い)示談になってしまいます。

記載の有無自体は任意なので、相手方は拒否することも可能ですが、できるだけこれらの項目が網羅された示談を結ぶようにしたいところです。

示談書は、所定のフォーマットに沿ってご自分で作成することが可能です。

ただし、一度結んだ示談の内容を、後から変更したり無効にするということは、極めて困難です。

ご自分で示談書を作成した場合でも、法律事務所や法テラスで弁護士のチェックを受けておいた方が、後々のことを考えると安心と言えます。

自分でいちから作成した示談書や、相手方から提示された示談書の内容は、必ず一度は弁護士のチェックを受けておくべきですね。

手遅れになってから後悔しないように、事前の準備が大事です。

謝罪文を書く時の注意点

示談の際に謝罪文が必要になる場面もあるでしょう。

謝罪文というのは『加害者が被害者に謝罪の意思を伝えること』を目的とした書面のことです。

様式がある程度決まっている示談書と違い、謝罪文はご自身の言葉で誠実に書くようにしてください。

仮に自分が受け取る立場になったらと考えたら、テンプレをコピペした謝罪文なんて貰っても神経を逆なでされるだけですよね。

とは言え、「万引きの謝罪文なんて書いたことないから、何を書けばいいやら…」という方も多いことでしょう。

下のリンク先ページには、万引きの謝罪文の一例があります。

何を書けばいいか全く分からないという方は、「最終的には自分の言葉で書く」ことを前提にした上で、参考にしてみてください。

示談の際に、示談書だけでなく謝罪文が必要になる場合は多々あります。

私の事務所では、依頼者の方に謝罪文を書いてもらう際に、以下の4点を心構えとして伝えています。

  1. 被害者側がその事件で感じたであろう嫌な気持ちや負担を、被害者側の立場になって具体的にイメージする。
  2. イメージしながら誠実に、率直に謝罪や反省、後悔の気持ちを書く。
  3. 言い訳がましいと思われるようなことは書かず、とにかく謝る。
  4. 反省し二度と過ちを繰り返さないという、更生に対する強い決意を書く。

 

示談書と謝罪文の違い
  示談書 謝罪文
目的 当事者間で法的な紛争の解決について合意する 被害者に謝罪の意思を伝える
書き方 雛形・テンプレート使用推奨 自分の言葉で書く

なお、万引きの示談書の書き方については『万引きの示談金の相場は?示談書の書き方は?被害届は示談すれば取下?弁護士が回答!』でも解説しているので、よろしかったらご覧ください!

万引きの示談を弁護士に無料相談

万引きの示談を弁護士に無料相談

どうでしたか?

ここまで駆け足で万引きの示談に関する話を見てきました。

今まさに示談をしたくて困っているという方の助けになれたら幸いです。

「自力で示談できるのか不安…」「被害者が示談交渉に応じてくれない…」

こんなお悩みを抱えたアナタ!

そんなアナタに朗報なのが、これから紹介する弁護士無料相談窓口全国弁護士検索です。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士に相談できる窓口を探したい方はこちら

地元で相談できる弁護士事務所を探している、という方に向けたコンテンツがこちら。

お住まいの都道府県を指定するだけで、地元の刑事事件に強い弁護士事務所が調べられちゃう代物です。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

どこも万引き事件、刑事事件に力を入れている事務所なので、この中から自分に合いそうな事務所を選んでみてくださいね!

最後に一言アドバイス

最後に一言、岡野弁護士からアドバイスがあるようです。

刑事事件は時間との勝負であり、万引き事件も例外ではありません。

捜査機関が判断を決める前に示談を結んだおかげで、不起訴にもっていけたという事例は多々あります。

しかし、焦って結んだ中途半端な示談が、重要な条項が抜けていて無意味だった、という相談も多く受けてきました。

そういった落とし穴に陥ってしまう方を少しでも減らすために、弁護士に無料相談できる窓口が多数用意されています。

すぐに弁護士に相談すれば助かったはずなのに、相談が遅れたせいで重い処分が避けられなかったというケースも今まで多く見てきました。

いま万引きや刑事事件の示談で悩んでいる方は、手遅れにならないよう、すぐに弁護士に相談をしてください。

まとめ

このページのまとめです。

  • 万引き示談で刑事処分が軽くなる可能性が高くなる
  • 示談金は被害額とほぼ同額の場合が多いがケースバイケース
  • 示談書は外せない項目があるのでテンプレート推奨

いかがでしたでしょうか?

当サイトでは、万引きや示談に関するコンテンツを他にも沢山用意しています。

万引きについてもっと知りたいという方はこの後の関連記事を参照してください。

弁護士にスマホで無料相談できる窓口はデメリットなしで利用可能です。

やっぱり直接会って話を聞きたいという方は全国弁護士検索を上手く活用してみてください。

それでは、悩める皆さんの問題が無事に解決しますように。