全国137事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

万引き逮捕は弁護士にお任せ!弁護士費用・弁護士無料相談窓口をご紹介!

  • 万引き,弁護士

ご家族が万引き(窃盗罪)で逮捕されてしまった…

「1回の万引きくらいで…」

と思うかもしれませんが万引きは紛れもない犯罪です。

逮捕後、起訴され、裁判で有罪判決を受けてしまうと前科がついてしまいます。

裁判が進み、前科がついてしまうと進学・就職・転職など大切な家族・子供さんの将来に関わります!

そんなことを考えると不安で食事も喉を通りませんよね。

「十分、反省しているし、前科をつけずに元の生活に戻してあげたい…」

大丈夫です、ご安心ください。

弁護士に弁護活動を依頼することで前科を回避し、日常生活に早く戻れる可能性が非常に高くなります。

  • 万引き事件で弁護士に依頼したほうがいいワケ
  • 万引き事件での弁護士の選び方
  • 弁護士費用はいったいいくらくらい?

などなど、弁護士を選ぶうえでお役立ちの情報をレポートしていきたいと思います!

ということで今回のテーマは「万引き事件の弁護士の選び方」です!

日本には現在なんと約4万人もの弁護士がいます。

その中から弁護士を自分で探そうと思うとめまいがしますね…

弁護士探しは事件解決への近道であり、弁護士の選任が事件結果を決めるといっても過言ではないかもしれません…

そう考えるとうかつには選べなくなりそうです。

ツイッターではこんなつぶやきを発見しました。

やはりみなさん弁護士探しにはたいへん骨が折れるようですね…

しかし、ここで失敗している時間はないのです。

事件解決のためには早急に弁護士を選任する必要があります。

自分の希望に沿った頼れる弁護士を見つけましょう!

こちらの記事を読めばきっと探している弁護士と出会えます。

まずはそもそも万引き事件とはどのような時間か、というところから順番に学んでいきましょう。

法律の部分など専門的な部分は刑事事件の専門家、弁護士の岡野先生にくわしく解説していただきます。

事件解決には対応のスピードが命です。

万引き事件に巻き込まれた際はまず、弁護士に相談することをおすすめします。

そして、弁護士選びも事件解決にむけてたいへん重要です。

万引き事件や、万引き事件での弁護士の選び方についてくわしく解説していきたいと思います。

よろしくお願い致します。

では、万引き事件や弁護士選びについてくわしく知っていきましょう!

万引き逮捕で弁護士をお探しならコチラ!

万引き逮捕で弁護士をお探しならコチラ!

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

全国から厳選弁護士を検索

「よし!弁護士を選任しよう!」

と思い立ったとき、あなたは全国から頼れる弁護士を探すことができるでしょうか。

これまでに弁護士に依頼したことがなければなかなか弁護士を探すことは難しいかもしれません。

何せ弁護士は日本全国に約4万人もいるのですから…

そのなかから自分の思う条件にぴったりの弁護士を見つけるのは至難の業です。

そこで!

こちらに地域別に厳選した弁護士を集めました!

自分の地域を選択すると一定の基準で選ばれた弁護士の一覧をみることができます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

こちらから検索すれば、すぐに弁護士を選任することができそうですよね。

刑事事件解決は時間との勝負です。

一刻も早く弁護士を選任し、弁護活動を行ってもらいましょう。

迅速な弁護士の選任があなたのこれからの人生を左右するかもしれません。

万引き事件の「弁護士費用」徹底解説!

万引き事件の「弁護士費用」徹底解説!

①万引き事件、弁護士費用の内訳とは?

実際に弁護士に依頼する際、どのような名目でどれくらいの費用が必要なのか…

つまり弁護士費用をしっかり把握しておく必要があります。

弁護士費用はいくつかの項目にわかれていて、それぞれ費用が異なります。

知識がないと項目が4種類存在する、ということもわかりませんね。

弁護士費用の内訳を理解しておかないと依頼するのも不安になります。

また、弁護士費用や預り金の着服などのニュースも相次いでいて何も知らずに依頼するのは怖いですね…

最近ではこんなニュースもありました。こちらをご覧ください。

依頼者からの預かり金約5700万円を横領したなどとして、東京弁護士会は24日、菅谷公彦弁護士(51)を12日付で除名処分にしたと発表した。(略)

同会によると、菅谷氏は2014~16年、依頼者からの預かり金を管理する口座から計約3880万円を無断で引き出し、自分が当事者となった事件の和解金などに使った。

このほか代理人を務めた事件で相手方から示談金など計約1850万円を受け取りながら、依頼者に支払わなかった。

このような報道もたまにニュースでみかけますよね。

余計に弁護士選びが大切だと思い知らされます…

どんな名目で弁護士に費用を支払ったり、預けたりしているのかの把握を疎かにせず、自分自身できちんと把握しておく必要があります。

弁護士費用の内訳をしっかりと理解しておくことが大切です。

現在、弁護士費用は各弁護士で自由に設定できます。

なので、各弁護士事務所によって費用が異なるのでホームページなどで事前に確認するとよいでしょう。

では弁護士費用の内訳はどのようになっているか具体的にみていきましょう!

①相談料とは

相談料は、法律相談の対価として支払う費用です。

初回相談無料、という事務所もありますが、基本的には有料です。

有料の場合は、時間あたりの計算になることが多いようです。

また、相談の上依頼となれば、法律相談料が無料となる弁護士事務所も多いようです。

なお、法律相談料が無料なのは初回のみで、二回目以降は有料となる場合もあるので、よく確認が必要です。

こちらは各事務所によって様々です。

②着手金とは

「着手金」とは、弁護活動に着手する対価として支払う費用です。

着手金は、「弁護活動に着手する対価」になります。

したがって、契約を締結したとしても、着手金を支払わなければ、弁護活動に着手してもらえない

いうこともありえます。

刑事事件の弁護活動を依頼する際は、最低限、着手金は用意しておきましょう。

着手金の相場は約21万円〜約42万円などが多いようです。

③成功報酬とは

成功報酬は、「弁護活動の成果の対価」として支払う費用です。

なので

  • 弁護活動の成果がなければ、成功報酬の支払いもない
  • 弁護活動の成果の程度に応じて、成功報酬の金額も変動する

ということになります。

成功報酬を支払うのは、通常は事件が終了した時です。

成功報酬は後払いなので、事件終了時までに用意ができれば大丈夫です。

このあたりは、着手金との大きな違いといえます。

④日当・実費とは

出張日当は、弁護士の出張に対する実費日当として支払う弁護士費用です。

実費とは、弁護士が弁護活動を行う上で、実際に支出を伴った費用のことをいいます。

実費は「交通費」「郵送費」「コピー代」などが当てはまります。

実費についてもどの範囲まで請求するか事務所によってかなり異なるので、しっかりと確認し、不明な部分は問い合わせましょう。

このように弁護士費用は4つの名目に分かれています。

どのような名目でいくらの費用がかかるのか、依頼する前にあらかじめ知っておくのが安心ですね。

弁護士費用内訳一覧
  名称 内容
相談料 法律相談の対価
着手金 弁護活動に着手する対価
成功報酬 弁護活動の成果の対価
日当・実費 日当は弁護士の事務所外活動に対する費用

刑事事件の弁護士費用は、

  • 刑事処分が軽くなったことによって得られる経済的利益
  • 事案が難しいか、易しいか
  • 弁護活動に必要な時間や労力

などを考慮して、適切かつ妥当な報酬でなければなりません。

もし、法外な額を請求されたらまずは他の弁護士事務所と検証してみましょう。

不適正または不当な弁護士報酬に関しては、そもそも契約をしないという選択肢も必要です。

②一括で払えない…分割は可能?

刑事事件は弁護士に相談するべき!

とわかっていても、これだけ様々な費用がかかると知ったら依頼するのを躊躇してしまいます…

弁護士費用を分割払いにできたらありがたいですよね。

一概には言えませんが、分割払いが可能な事務所もあります。

弁護士に実際に依頼する前に問い合わせてみると安心ですね。

万引きで逮捕!弁護士は必要?

万引きで逮捕!弁護士は必要?

弁護士を選任しないと…

万引き(窃盗罪)の刑罰

先に、万引き事件を起こしてしまった際、どのような刑罰が科されるのかをみていきたいと思います。

万引きは窃盗罪にあたります。

なので、万引きで刑罰を科される際は窃盗罪の刑罰になります。

窃盗罪の刑罰は刑法でこのように記されています。

他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

ご覧の通り窃盗罪の刑罰は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金と定められています。

逮捕され、事件が進んでいってしまうとかなり重い処罰がくだされるのですね…

万引き事件において、初犯の場合はよほど犯行が悪質でないと見なさればたいてい不起訴になる可能性が高いです。

もしも、起訴されてしまったとしても懲役刑になることはあまりありません。

重くても罰金刑に処されることが多いといえます。

懲役刑を逃れたとしても、裁判で有罪判決を受けてしまうと前科がついてしまいます。

前科は一度ついてしまうと二度と取り消せません。

みなさんの将来に、良い影響は及ぼしません。

なので、前科を回避できるように早期に対応しましょう。

逮捕後の弁護士の弁護活動とは

「万引き事件で弁護士は必要?大げさじゃない?」

そう感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実はそうでもありません。

むしろ、万引きで逮捕され、弁護士を選任せずどんどん事件が進んでしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。

もし、逮捕されたら逮捕後はどんな流れになってしまうのか…

テレビやニュースでは逮捕後の流れなどはあまりみかけませんよね。

まず、逮捕されるとその後どのような流れになり、弁護士はどのような弁護活動を目指すのかを順番にみていきましょう。

万引き事件逮捕後の流れ

被疑者は、逮捕された翌日または翌々日に検察庁に連れて行かれ「釈放の有無」が検討されます。

まず弁護士は逮捕されてしまった被疑者の釈放へむけた弁護活動を行います。

検察官・裁判官により「釈放なし」と判断されてしまった場合、合計20日間近くも留置場で生活を送ることになります。

これを勾留(こうりゅう)といいます。

この時点で弁護士はまず検察官や裁判官に勾留を避けるよう訴えます。

訴えの内容としては

  • 被疑者は前科がなく身分が安定していること
  • 被疑者の家族が今後の監督を誓約していること

などを説明し、早期釈放を求めます。

仮に勾留決定が出されても、裁判所に対し不服申し立ての手続きをとります。

逮捕後、勾留がつき、しばらく日常生活に戻れないとなると、学校に通えなかったり、会社を何日も休んでしまったりと社会的信用を失うかもしれません。

そうならないために、早い段階で弁護士に相談し、弁護活動を行ってもらうことをオススメします。

勾留されてしまったとしても、引き続き前科を付けない弁護活動を行います。

  1. ① 刑事裁判で無罪判決を獲得
  2. ② 検察官から不起訴処分を獲得

以上の2点を目指した弁護活動を行います。

しかし、現在の日本での刑事事件における裁判有罪率は99.9%と言われています。

ドラマのタイトルにもなっていましたね。

なので、裁判になってしまうと無罪判決を勝ち取るのは非常に難しくなります。

ですので、不起訴処分を目指すことが一般的には多いといえます。

不起訴には、

  • 嫌疑なし
  • 嫌疑不十分
  • 起訴猶予処分

の3種類があります。

「起訴猶予処分」とは、証拠により犯行が認定される場合でも、検察官が起訴しないことです。

なぜ起訴しないかというと被疑者の「性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況」が考慮されるからです。

こうなると、前科はつきません。

こちらに逮捕から判決までの刑事事件の流れの図がありますのでご確認ください。

示談で前科を回避

万引き(窃盗罪)の示談とは、万引きによって生じた賠償金をめぐるトラブルを、万引きの加害者と被害者の合意をもって解決することをいいます。

なので、示談が成立したということは、万引きによって生じた賠償金のトラブルが当事者間の合意によって解決したということを意味します。

示談が成立すれば、窃盗罪の加害者は、被害者に対して、示談金を支払い、その他の示談の条件を実行する義務を負います。

示談において、示談書の作成は、示談の成立の必要条件ではありません。

しかし、その後のトラブル(示談が成立した、しないの言い合い)を防ぐためにも、示談書を作成することが大切です。

窃盗罪の被害者は、加害者が示談の条件を実際に行わない場合は、成立した示談書を証拠として、その後の民事手続きを有利に進めることができます。

万引きの示談が成立すれば、万引きの加害者は、その後の刑事手続きにおいて、示談が成立しなかった場合と比べて有利に取り扱われます。

具体的には、刑事裁判にならない可能性や、不起訴で前科がつかない可能性が高まります。

示談が成立したことで、軽微な万引き事件であれば不起訴になることも多く、加害者側にとって、万引きの前科がつかないメリットは大きいです。

逆に被害者側の示談のメリットはあるのでしょうか。

被害者側の利点を挙げるとすれば示談が成立すれば、窃盗罪の被害者は、民事裁判などの面倒な手続きを経ることなく、賠償金を受け取ることができるという点です。

しかし、その後に加害者に逃げられてしまうリスクもあるため、示談の成立と同時に賠償金を受け取るべきです。

加害者に逃げられてしまった場合は、賠償金を受け取るためには、示談書を証拠として民事裁判などの手続きを取る必要が出てきます。

以上が加害者側・被害者側にとっても示談の特長になります。

ところで、万引き事件の示談の際に必要となる示談金は具体的にいくらでしょうか。

以下から、具体例で示談金相場を確認できますのでぜひお試しください。

示談金が一括で払えない!分割は可能?

示談金を分割払いした、という例もあります。

しかし、示談金は、即時に一括払いが基本です。

刑事事件への影響を考えると、一括払いをするのが一番良いです。

起訴・不起訴、または、刑事裁判の量刑判断では、被害回復の実現が重視されます。

検察官や裁判官が、支払いの見込みが少ないと判断すれば、一括払いのときと比べて示談の効果が弱まります。

分割払いの場合、刑事裁判終了後に支払わなくなる可能性があると判断するためです。

分割払いが可能かどうかは、被害者との示談の条件次第です。

もちろん、被害者の同意が必要です。

分割払いでも、確かな支払いの見込みがあれば、刑事裁判への影響は良くなります。

  • 定職に就いており、給料で支払える
  • 担保や連帯保証人が付いている

このような場合であれば、支払いの見込みは高いといえるでしょう。

また、支払期間が短い場合も、分割払いに応じてくれる可能性は高くなります。

分割払いの場合、最初にある程度まとまった金額を支払い、支払えない金額だけ分割にしてもらうと良いでしょう。

示談金の支払い方法についても、もちろん双方の合意のもと、決定する必要があります。

作成する示談書にもきちんと明記するように気をつけましょう。

弁護士選び方のコツを分析!

刑事事件において、弁護士選びはたいへん重要です。

弁護士選びが事件を左右すると言っても過言ではありません。

早めに弁護士を選任し、弁護活動を開始してもらうのがよさそうです。

しかし、どのような基準で弁護士を探せばよいのでしょうか。

弁護士選びのポイントをいくつか伝授したいと思います!

弁護士選びの注意点
  1. ① 刑事事件(窃盗事件)に注力している弁護士か
  2. ② 万引き事件の弁護活動経験は豊富か
  3. ② 弁護士費用などが明確に記載されているか
  4. ③ 事件の経過など、細やかに連絡がとれるか
  5. ④ 依頼者の意見にちゃんと耳を傾けてくれるか

などの点を頭に置きながら弁護士を選ぶことをオススメします。

便利な弁護士無料相談窓口などご紹介!

便利な弁護士無料相談窓口などご紹介!

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

全国から地元の弁護士を探すには

実際に弁護士を探す際、やっぱり地元頼れる弁護士に依頼したいですよね。

「色々な事務所を見比べたいけど、数が多すぎて…」

なんて考えて弁護士探しを後回しにしてませんか?

そこで!こちらに全国から一定の基準で厳選した弁護士を集めました!

約4万人もいる弁護士の中から自分に合う弁護士を探すとなると…大変ですもんね。

厳選基準
  1. ① 刑事事件の専門サイトまたは専用ページがある
  2. ② 弁護士費用が明瞭である

こちらの2点をクリアしている弁護士だけを掲載しているので安心です!

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

自分のお住まいのページを開くと、弁護士事務所がズラリとでてきます。

それぞれに説明や実際の利用者の口コミも載っていてわかりやすいですね。

実際の依頼した人の意見を確認できるのはたいへん貴重です。

最後にひとこと

では、最後に岡野先生からひとことお願いします。

もしも、万引き(窃盗罪)で逮捕されてしまったらすぐに弁護士を選任しましょう。

刑事事件解決はスピードが命です。

いきなり、弁護士に依頼するのは気が引けるという方はスマホで無料相談を利用して弁護士無料相談を受けましょう。

頼りになる弁護士があなたの将来を守ってくれます。

まとめ

今回は「万引き事件の弁護士の選び方」について特集しました。

記事を通して弁護士選びはたいへん重要だとわかりましたね。

刑事事件の結果は弁護士選びが左右すると言っても過言ではありません。

全国弁護士検索を利用して頼れる弁護士を見つけてくださいね。

また、先に弁護士無料相談を受けてみたいかたはスマホで無料相談から相談してみましょう。

万引き事件解決はスピードが大切です。

事件に巻き込まれたら早めに対処することをオススメします。

他にも関連記事がありますのであわせてご覧ください。