全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【法律相談】万引き事件を無料相談できる弁護士特集2020

  • 万引き,弁護士
  • 70

スーパー、本屋、デパートなどで多発する事件といえば、万引きです。

万引き事件はよくニュースでも取り上げられますが、実は深刻な犯罪なのです。

万引きは刑法の中で「窃盗罪」として規定されており、軽いものではありません。

「息子が本屋で万引きをして逮捕されてしまいました」

そんなとき、家族はどうするべきか、一緒に考えてみたいと思います。

刑事事件の専門家といえば、弁護士です。

さて、どんな弁護士が頼りになるのでしょう。

ポイントを整理すると、こうです。

弁護士探しの3つのポイント

① 地元で無料相談をしている弁護士かどうか

② ネットで無料相談に対応している弁護士かどうか

24時間・日曜日でもつながる電話窓口があるかどうか

今回は「万引き事件にくわしい弁護士特集」がテーマです。

さっそくご覧いただきたいと思います。

【厳選弁護士】地域別「万引き事件」無料相談所(ネット検索の完全版)

【厳選弁護士】地域別「万引き事件」無料相談所(ネット検索の完全版)

弁護士探しが一番大変

弁護士を早く探したいけど、どうやって探せばいいかわからない…

たまたま検索でヒットした弁護士。

本当にこの弁護士でいいの?

万引き事件にくわしい弁護士なの?

弁護士費用は明朗なの?

もっと近くに弁護士いないのかな?

考えれば考えるほど、ハテナがたくさん浮かんできますよね。

47都道府県の全弁護士から厳選!

そんなみなさんの悩みに応えるべく、全国の弁護士を地域別にまとめました。

東京、大阪、福岡、横浜、名古屋はもちろん、北は北海道、南は沖縄まで。

しかも、全弁護士の中から厳選した弁護士のみを掲載することにしました。

百聞は一見にしかず、です。

こちらの全国弁護士検索から検索してみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

どうでしょうか?

地元の弁護士にたどりつくまで、全然時間がかかりませんでしたよね。

掲載された弁護士はすでに厳選されているので、安心してお選びいただけます。

さらに、日曜日でも対応してくれるのか、24時間受付しているのかなど、知りたい情報が満載!

検索結果に表示された弁護士を一気に検証できるところもこの弁護士検索の魅力なんですよ。

実は、ここにこんな資料があります。

これは、日本弁護士連合会(いわゆる、ニチベンレン)が発表している資料です。

これによると、現在日本で登録している弁護士は、41,159人です。(2019年3月1日現在)

万引きなどの刑事事件で困ったとき、私たちはこの約4万人の中から弁護士を探すことになります。

気が遠くなる話ですね。

というわけで、緊急事態のとき、すぐに使える弁護士検索をご利用いただきたいと思います。

厳選された安心の弁護士たち

この全国弁護士検索は、47都道府県の全弁護士の中から選抜された弁護士のみを載せています。

気になる、その選抜基準とは…

万引き事件などの刑事事件に力を入れている弁護士であること

弁護士費用がわかりやすくホームページに掲載されている弁護士であること

ここであなたに合った弁護士をお探しください。

ついに登場!ネットで弁護士無料相談!

ついに登場!ネットで弁護士無料相談!

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

万引き事件の弁護士費用はいくら?知っておくべき3つのポイント

万引き事件の弁護士費用はいくら?知っておくべき3つのポイント

弁護士費用はいくらかかるの?

はじめて弁護士に相談する方、想像つかないと不安ですよね。

ここでは、弁護士費用について、知っておくべきポイントを3つご紹介します。

まず、前提として、大事なお話をします。

かつて、弁護士費用は弁護士会の報酬規程によって統一されていました。

ところが、法の改正によりそのルールは無くなりました。

今では、弁護士は自分で自由に弁護士費用を設定できるようになりました。

1.「着手金」の特徴を知っておこう

まずは、弁護士費用の基本、「着手金」についてです。

着手金とは何でしょうか?

着手金とは、弁護士に事件を依頼した段階で支払うお金のことをいいます。

事件の結果に関係なく、不成功に終わった場合でも返還されることはありません。

編集部の調べでは、「20万円~」としている弁護士もいることがわかりました。

ただ、万引きなどの刑事事件では「60万円~」を基本設定としている法律事務所が目立ちました。

2.「成功報酬」はどうやって決まる?

次は、「成功報酬」という弁護士費用についてです。

これは聞いたことがある方も多いのでは?

成功報酬とは、弁護活動の成果に対する対価として支払うお金のことです。

ですので、万引き事件の成功報酬は、不起訴処分で終結したか罰金で終わったかで異なることがあります。

どの法律事務所もホームページで公開していることが多いので、料金設定を見てみるといいかもしれませんね。

3.「実費・日当」の基準は?

弁護士費用は弁護士によって、法律事務所によってさまざまです。

実費・日当の基準についても弁護士が自由に設定することができます。

何を基準に日当が発生するのか、しっかり説明してくれる弁護士は信頼できると思います。

ホームページに基準が明記されている場合もありますので、チェックしてみましょう。

無料相談の中で聞いておきたい「3つの弁護活動」万引き事件編

無料相談の中で聞いておきたい「3つの弁護活動」万引き事件編

万引き事件で逮捕されたとき、弁護士がどんな活動をしてくれるかご存知でしょうか?

もっとも大きな活動として、ここでは3つ弁護士の活動をご紹介します。

本日は、特別に解説者として専門家の先生をお呼びしています。

刑事事件の専門家として連日メディアに登場されている弁護士、岡野武志先生です。

万引き事件の弁護活動の現場について、くわしく解説していただきたいと思います。

弁護士の岡野です。

今日はよろしくお願いします。

これまで万引き事件や置き引き事件など、いわゆる窃盗事件はとてもたくさん取り扱ってきました。

もちろん、弁護活動も事件によって千差万別ですので、ひとことで説明するのは難しいと思います。

今回は、私の経験裁判例をふまえ、一般的な万引き事件の弁護活動について解説したいと思います。

1.勾留阻止、そして釈放へ

まず、釈放に向けた弁護活動に目を向けてみたいと思います。

これを理解するうえで、刑事手続きの流れも押さえておく必要があります。

逮捕されるとどうなるのか。

実はあまり知られていない逮捕後の流れがとても重要なのです。

被疑者は、逮捕の翌日または翌々日に検察庁に連れて行かれます。

そこで「釈放の有無」が検討されます。

検察官・裁判官により「釈放なし」と判断された場合、合計20日間近くも留置場で生活を送ることになります。

これを勾留(こうりゅう)といいます。

弁護士を選任することで、弁護士は検察官や裁判官に勾留を避けるよう訴える活動をします。

仮に間違って勾留決定が出されても、裁判所に対し不服申し立ての手続きをとることができます。

このとき、弁護士は

  • 被疑者は前科がなく身分が安定していること
  • 被疑者の家族が今後の監督を誓約していること

などを説明し、早期釈放を求めます。

逮捕されると、それだけで社会的な信用を失ったり名誉が傷つけられるなどダメージは大きいです。

さらに勾留がつき、しばらく日常生活に戻れないとなると、さらに深刻な事態を招きます。

場合によっては学校を退学したり、仕事を辞めざるを得なくなることも考えられます。

そうならないために、早い段階で弁護士に相談することが賢明といえます。

2.前科回避のための2つの方法

では、前科が付くのを避けたい!

という要望に弁護士はどう応えてくれるかをみていきたいと思います。

果たして、前科を回避する道はあるのでしょうか。

前科を付けないためには、次の2つの方法が考えられます。

刑事裁判で無罪判決を獲得する

検察官から不起訴処分を獲得する

現実的な話をすると、無罪の獲得は極めて難しく、大きなリスクを伴います。

ですので、不起訴処分を目指すことが一般的には多いといえます。

不起訴には、「嫌疑なし」「嫌疑不十分」「起訴猶予」の3種類があります。

証拠により犯行が認定される場合でも、検察官は起訴しないことがあります。

それは、被疑者の「性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況」が考慮されるからです。

これを起訴猶予処分といいます。

こうなると、前科はつきません。

捜査の段階、しかもできるだけ早い段階で方向性をしっかり決めておいたほうがよさそうですね。

万引きなどの刑事事件にくわしい弁護士に相談してみましょう。

3.冤罪を乗り切るために注意すべきこと

無実の罪で万引きの犯人にされてしまうということも考えられます。

いわゆる冤罪ですね。

犯人と間違われ、誤認逮捕されるという事件もありました。

そんなとき、注意しなければならないことはなんでしょう?

身に覚えがなくても容疑をかけられると、無罪を獲得するのは大変困難です。

捜査機関が犯人だと疑えば、それを覆すのは想像以上にエネルギーがいります。

過酷な取り調べを乗り切るためにも、正しい知識を持ち、適切に振る舞うことが大切です。

取り調べ時に注意すべき点を整理しておきます。

取り調べに応じる際のポイント3つ

黙秘権を適切に行使すること

② 供述調書へのサイン拒否権を適切に行使すること

③ 供述調書への内容変更申立権を適切に行使すること

これらの権利をどう使っていくかが大事です。

一日も早く取り調べから解放されるために、弁護士のサポートをお受けください。

誤認逮捕も含め、ひとたび冤罪事件が起こると、そこから脱するのは極めて困難です。

自分ひとりの力ではどうにもならなくても、専門家のアドバイスで乗り切れることがあります。

被疑者に認められている権利をうまく使いながら、過酷な取り調べを乗り切らなくてはなりません。

最後にひとことアドバイス

それでは、最後にひとことアドバイスをお願いします。

万引き事件はよく発生するからといって、決して軽い事件ではありません。

万引きは窃盗罪を構成します。

刑事事件は時間が命です。

気づかないうちにどんどん手続きが進んでいってしまいます。

最後にひとことお伝えしたいことは、すぐに弁護士にご相談ください」ということです。

早く適切に対応して、解決の糸口を見つけていただきたいと思います。

まとめ

今回の特集は「万引き事件にくわしい弁護士特集」でした。

万引き事件を無料相談できる弁護士は『万引き事件を無料相談できる弁護士の探し方|気になる費用や口コミ』でも案内しているので、良かったらご覧くださいね。

万引き事件は身近にある犯罪なので、みなさんの関心も高いのだと思います。

もし、家族が万引きで逮捕されたら、一人で悩まず弁護士無料相談をご利用ください。

そして、少しでも早く悩みから解放されてください。

弁護士検索を使うと、近所に頼れる弁護士がいることがわかると思います。

万引き事件のことをもっと詳しく知りたい方は、関連記事も参考にしてみてくださいね。

以上、編集部による特集でした。