全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

麻薬事件、無料相談できる弁護士選びは電話?ネット?

  • 麻薬,弁護士
  • 10

麻薬事件、無料相談できる弁護士選びは電話?ネット?

家族が麻薬、コカインの所持容疑で逮捕されたとしたら…

「息子を早く釈放してやりたい…」

「夫に前科がつくのは避けたい…」

「妻の無罪を証明したい…」

そんな思いの中、弁護士を探すと思います。

ところが、弁護士は日本全国47都道府県、本当にたくさんいるわけで….

  • ネット無料相談をしている弁護士を見つけたい
  • 日曜日に相談にのってくれる弁護士を探したい
  • 24時間夜中でも電話でサクッと相談予約をしたい

どうやって弁護士を探すか。

「これまで弁護士に相談なんかしたことがない!」

であれば、どうやって弁護士を見つけるかわからなくて当然です!

今回のテーマは、そんなお悩みを解消します。

題して、「弁護士探し特集~麻薬、コカイン等の所持事件編~」です。

24時間ネットで検索!麻薬事件の弁護士探しは地元で!電話・メール予約受付中!

24時間ネットで検索!麻薬事件の弁護士探しは地元で!電話・メール予約受付中!

地元で弁護士を探したい

大切な家族が麻薬、コカイン等の所持事件で逮捕されたら、どうすればよいのでしょう。

一にも二にも、弁護士探しが大切なんです。

目の前に人が倒れていたら、救急車を呼びますよね?

目の前で犯罪の容疑をかけられて苦しんでいる人がいたら?

この場合の専門家は、弁護士なんです。

だから、早く弁護士にアクセスしましょう!

47都道府県の厳選弁護士はここで検索

ネットで弁護士を探してみると、まず目に飛び込んでくるのは大都市圏の弁護士。

東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋などなど。

でも、「私の住んでいる場所が出てこない!」なんてことはありませんか?

困りますよね。

地元ですぐに足を運べる弁護士を探しているのに。

というわけで、こちらの全国弁護士検索ではその他の地域もカバーしました!

北は北海道、南は沖縄まで、47都道府県全国を対象に、弁護士を厳選しました。

この全国弁護士検索、お住いの地域をタップするだけで厳選弁護士をご覧いただけます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

お近くの弁護士を探すのにかかる時間、なんと5秒!

一度、検索していただけるとおわかりいただけると思います。

手間いらずで弁護士にたどりつけます。

  • 24時間受付している?
  • ネットで無料相談している?
  • 日曜日に相談に行っても大丈夫?

そんな視点でくらべてみてください。

ところで、みなさんは今、日本に弁護士は何人いるかご存知でしょうか?

ここに興味深いデータがあります。

こちらは、日本弁護士連合会が発表している弁護士の人数を示したデータです。

これによると、現在日本にいる弁護士の数は、約4万人です。(2016年3月現在)

さて、この中から、麻薬、コカイン等の所持事件を扱っている弁護士は何人いるでしょう?

どうやったら、そんな弁護士にたどりつけるのか。

電話帳やネット検索でも、手がかりがないと膨大な時間がかかります。

そんなときに役立つのがこの弁護士検索なのです。

「厳選」の基準はこれ!

この全国弁護士検索に掲載している弁護士はどれも厳選された弁護士ばかり。

その「厳選」基準をご説明しましょう。

麻薬、コカイン等の所持事件など刑事事件に注力している弁護士であること

ホームページに弁護士費用をわかりやすく掲載している弁護士であること

この基準をクリアしているから安心してお選びいただけます。

LINEでお手軽にスマホで弁護士相談するなら

LINEでお手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

麻薬、コカイン等の所持で逮捕、弁護士費用のギモンTOP3!

麻薬、コカイン等の所持で逮捕、弁護士費用のギモンTOP3!

弁護士に相談するとなったとき、こんなことを考えませんか?

「いったい、いくら弁護士費用はかかるんだろう…」

「着手金は、いったい何のお金なんだろう…」

「報酬金のほかに、かかるものはあるのかな…」

そう、弁護士費用のこと、気になりますよね。

本当は弁護士に聞きたいけれど、面と向かっては聞きづらい。

というわけで、編集部がかわってお答えしたいと思います!

今までは、弁護士会の報酬規定によって弁護士費用は統一されていました。

ところがルールが改められ、弁護士は弁護士費用を自由に設定できるようになりました。

これを前提に、具体的にかかる費用の中身について見ていきたいと思います。

1.弁護士費用STEP①麻薬、コカイン等の所持事件の「着手金」

まずは「着手金」のお話から始めましょう。

言葉は聞いたことあるけど、着手金の意味がよくわからない…

着手金は、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

事件の結果には左右されず、不成功に終わった場合でも支払うお金となります。

リサーチしたところ、

  • 20万円~
  • 30万円~
  • 60万円~

このあたりを基本着手金としている弁護士が多いように思いました。

麻薬事件などの刑事事件では「60万円~」を標準にしている弁護士が多い印象を受けます。

2.弁護士費用STEP②麻薬、コカイン等の所持事件の「成功報酬」

次に「成功報酬」についてです。

これも耳にしたことありますよね。

「成功報酬」とは、弁護活動の成果の対価として支払うお金のことです。

その事件の刑事処分がどうだったか、内容によって金額が異なるのが一般的です。

例えば、不起訴処分と罰金刑では料金が異なるように設定している場合があります。

3.弁護士費用STEP③麻薬、コカイン等の所持事件の「実費・日当」

弁護士費用は弁護士によってさまざまだという話をしてきました。

「実費・日当」についても、どのような基準を採用するか、弁護士によって異なります。

多くの法律事務所はホームページで基準を明記していますので、そちらを参考にしてみましょう。

実費日当が具体的にどんなときに発生するのか、イメージできる説明書きがあるとなおよいですね。

【必読】麻薬、コカイン等の所持事件の弁護士3大活動

【必読】麻薬、コカイン等の所持事件の弁護士3大活動

ここからは、麻薬、コカイン等の所持事件を弁護士がどう解決していくかをみていきましょう。

本日は、解説者として、テレビでもおなじみの弁護士、岡野武志先生をお招きしています。

麻薬、コカイン所持事件の弁護活動について、くわしく解説していただきたいと思います。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

これまで多くの麻薬事件を扱ってきました。

その経験から、実際の弁護活動の様子や裁判例をもとに、わかりやすく解説していきたいと思います。

1.釈放して!弁護士の強味とは?

まず、刑事事件の気になる流れについて、整理しておきたいと思います。

麻薬、コカイン等の所持事件で逮捕されたら、その後の流れはどう進行していくのか。

ニュース報道では読めない「逮捕の後」の世界はどうなっているのでしょうか。

逮捕されると、被疑者は、逮捕翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれます。

そして、釈放するか、さらに身体拘束を続けるべきかが検討されます。

検察官と裁判官により、「釈放なし」と判断された場合は「勾留(こうりゅう)」されることになります。

勾留が決定すると、しばらく留置場で生活をしなければなりません。

コカイン所持の場合、関係当局は罪証隠滅逃亡を疑い、勾留(こうりゅう)を決定するのが実務の運用です。

弁護士としては、有罪にする証拠が不十分な場合は、公訴の提起を阻止する弁護活動を行います。

つまり、不起訴処分による早期釈放を目指すわけです。

本人と第三者が一緒にいたような共同所持事件の場合、違法薬物所持の認識はなかったと主張するケースも多いです。

最後まで諦めず、不起訴処分の獲得を目指した弁護活動を行うことが大切です。

勾留となると、まず心配なのが学校や会社への対応ですね。

何日間も欠席、欠勤するとなれば、事情を説明せざるを得ないでしょう。

そうなれば、退学解雇に追いやられる可能性が大きいです。

その点についても、どうすべきか弁護士に相談して決めたいところですね。

2.前科回避の方法は?弁護士のノウハウを公開

前科を回避したい!」

これに対しては、弁護士はどう対応してくれるのでしょうか?

前科をつけないためには、次の2つが方法として有効です。

不起訴処分を獲得する

②刑事裁判で無罪判決を獲得する

無罪判決の獲得率はおよそ0.1%と困難なため、不起訴処分の獲得を目指すケースが多いと言えます。

嫌疑不十分により事件が不起訴処分で終わる場合もあります。

その場合には、例えば「違法薬物の所持は故意ではない」ことを主張します。

故意がないまま所持に至った経緯を合理的に説明します。

主張と説明を具体的にすることで、不起訴処分を獲得していく流れになります。

また、犯行が認定できる場合も検察官は被疑者の境遇や犯罪の軽重と情状、犯罪後の情況などを考慮してくれます。

それによって、事件を不起訴処分で終わらせることがあります。

これを起訴猶予といいます。

まずは、不起訴を獲得するノウハウのある弁護士を選任し、法律相談をすることが重要です。

無罪判決のほかに、不起訴処分を獲得すると前科は回避できるわけですね。

事案にもよりますが、無罪判決を目指すのはけっこうリスクが高いように思います。

不起訴処分をいかに獲得するかが前科回避のカギになるようですね。

3.「私、無罪です」弁護士が全力でサポートします。

無実の罪で麻薬、コカイン等の所持の犯人にされてしまったらどうしますか?

いわゆる冤罪事件です。

どこで事件に巻き込まれるかもわかりません。

「まさか自分が巻き込まれるなんて…」と思う前に、正しい知識を得ておきましょう。

一度、警察から容疑をかけられると、無罪の証明にはかなりの労力を要します。

その人が犯人だと仮定した上で、警察は取り調べを行うのです。

「刑事さんも、話せばわかってくれるはず」

現実はそんな甘いものではありません。

過酷な取り調べに精神的にも疲弊し、最後はやってもいない罪を認める。

そんな結末になることは絶対に避けなければいけません!

取り調べを乗り切るためのポイントを3つ、ご紹介します。

黙秘権を行使します

② 内容に疑問がある調書へのサインは拒否します

③ 調書内容の変更を申し立てる権利を行使します

弁護士を選任しておけば、内容の相談、弁護士の了解を得た上でサインができます。

コトが大きくなる前に弁護士を選任しましょう。

そして、取り調べからの早期解放、名誉の回復を目指すことが大切です。

黙秘権は刑事ドラマでも出てきますよね。

聞いたことがある方も多いと思います。

しかし、実際にはその権利を適切に行使できるかは、そう簡単ではありません。

取り調べを受ける立場というのは、圧倒的に弱い立場になりますので。

堂々と立ち向かうためにも、弁護士のサポートは必須といえますね。

最後にひとことアドバイス

それでは最後に、ひとことアドバイスをお願いします。

ある日突然、麻薬、コカイン等の所持事件で逮捕されたら…

家族の逮捕ほどショッキングなことはありません。

この緊急事態を切り抜ける方法は、

「弁護士にすぐ相談する」

これに尽きると思います。

麻薬、コカイン等の所持事件は決して軽いものではありません。

むしろ、共犯者がいるなどの事情があれば事件解決までかなり長引くかもしれません。

早く適切な対応をとることが、傷口を最小限におさえられる方法だといえます。

どうか一人で悩まずに、私たち弁護士にご相談ください。

まとめ

今回の特集は「弁護士特集~麻薬、コカイン等の所持事件編~」でした。

いかがでしたでしょうか?

一人で悩まずに、まず弁護士無料相談を利用してみることをオススメします。

弁護士と対面で相談したい方には弁護士検索が便利だと思います。

時間をかけず、地元で頼れる弁護士を探すことができますよ。

麻薬、コカイン等の所持事件のことをもっと知りたい方は、下の関連記事を参考にしてくださいね。

以上、編集部からの特集記事でした。