全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

留置場面会のQ&A|毎日面会に行ける?弁護士に毎日面会依頼できる?

  • 留置場面会
  • 20
  • 留置場面会で家族に毎日会いたい…
  • 弁護士に毎日面会依頼したら嫌がられる…?

捕まってしまったご家族に毎日会いたいというのは、よくいただくご相談です。

そんなお悩みを解消するために『留置場面会は毎日いけるか』というテーマで、情報をまとめてみました!

専門的な部分の監修は、テレビや雑誌でお馴染みの岡野武志弁護士にお願いしています。

よろしくお願いします。

私の事務所でも、毎日面会に行きたい、弁護士に行って欲しいという相談は多くいただいています。

留置場面会に毎日行けるかについて、しっかり解説していきます。

家族が捕まってしまったら、毎日でも様子を知りたいと思うのは自然な心理でしょうね。

留置場面会は毎日行ける?

留置場面会は毎日行ける?

それでは、毎日留置場面会に行けるのかどうかについて、確認していきます。

面会は平日毎日行ける

留置場面会は毎日行っても問題ありません。

ただし、土日や祝日、年末年始は一般の方の面会は不可です。

また、留置場面会は、逮捕された方一人につき1日1回までなので、他の方が留置場面会されたら、同日に面会することはできません。

面会は1日1回まで

留置場面会は、逮捕・勾留中のご本人を基準として1日1回までに制限されています。

例えば、午前中に面会をして、午後に再度同じ人と面会をするということもできません。

午前か午後のどちらか1回だけの面会になります。

ご家族の方でも1日1回しか面会ができないですし、他の方に先に面会をされていると、その日は面会することができません。

誰と面会をするかは、逮捕・勾留中のご本人が選べるので、あらかじめご本人に面会に行く旨伝えておくことで、面会をスムーズに行いやすくなります。

弁護士に毎日面会に行ってもらうには…

弁護士に、毎日面会に行ってもらうよう依頼することは可能です。

しかし、一般的な法律事務所の弁護士だと、他の民事案件を多数抱えているなどの事情で、毎日の面会を受けて貰える可能性は下がります。

その点、刑事事件に力を入れている法律事務所であれば、それだけ時間を割ける期待も高まりますので、依頼するなら刑事事件に熱心な事務所がいいでしょう。

刑事事件専門の法律事務所であったり、刑事事件専門弁護士チームがある事務所であれば、毎日の面会依頼にも、可能な限り応えてくれるでしょう。

面会を依頼する際は、面会1回当たりの日当がホームページに記載されている事務所であれば、事前に弁護士費用の概算を把握できますから、安心して依頼ができます。

法律事務所の傾向
  刑事専門事務所 民事も扱う事務所
面会 フットワーク良く対応可能 時間を割きづらい
費用 明確に記載 不明確

留置場面会と毎日の面会について弁護士に無料相談

留置場面会と毎日の面会について弁護士に無料相談

毎日留置場面会に行きたいという方の参考になったでしょうか。

「1日1回だと不安かも…」とお悩みの方は下の案内もご覧ください。

面会の悩みを解決するための、弁護士無料相談窓口全国弁護士検索です。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

全国から地元の弁護士相談窓口を検索

こちらは日本全国を対象とし、刑事事件に力を入れている法律事務所から、地元の法律事務所を検索し、検証できます。

地元の弁護士を探している方は、こちらの検索をぜひ参考にしてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いずれも刑事事件に力を入れている法律事務所なので、面会の相談もしやすいでしょう。

最後に一言アドバイス

最後に一言、岡野弁護士からのアドバイスです。

逮捕・勾留されている方は非常に心細く不安な思いをしているので、毎日でも面会に来て欲しいと考えているでしょう。

一方で、面会に行く側も日常生活がありますので、毎日留置場の空いてる時間に面会に行くのはなかなか都合が難しいものです。

弁護士であれば、留置場の受付時間外や土日であっても柔軟に対応可能です。

面会代行で、ご本人と弁護士が面会をするのは、取り調べ前の早い段階であるほど効果的です。

まとめ

このページのまとめです。

  • 平日毎日留置場面会に行くことは可能
  • 留置場面会は1日1回まで
  • 毎日面会依頼するなら刑事専門弁護士がよい

このサイトには他にも留置場面会のよくある疑問に関するコンテンツが沢山ありますから、もっと詳しく知りたい方は関連記事から探してみてください。

弁護士にスマホで無料相談できる窓口はデメリットなしで利用可能です。

やっぱり直接会って話を聞きたいという方は全国弁護士検索を上手く活用してみてください。

それでは、悩める皆さんの問題が無事に解決しますように。