全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

留置場面会の予約Q&A|予約方法は?混雑時の面会は?

  • 留置場面会,予約
  • 10
  • 留置場面会予約できる…?
  • 混雑してる時の面会はどうすればいいの…?

こういった疑問や悩みをお抱えの方、大変多くいらっしゃいますね。

そんな疑問や悩みを解決すべく、当サイトの調査員が『留置場面会の予約』『混雑に備える面会方法』について調査してきました!

専門的な部分の監修は、テレビや雑誌でお馴染みの岡野武志弁護士にお願いしています。

よろしくお願いします。

当日留置場まで行ってみないと面会できるか分からないのは不便を感じますよね。

面会の予約などに関して、分かりやすく情報をまとめてみました。

面会予約しようにも、上手くいくとは限らないようです。

留置場面会の予約方法は?

留置場面会の予約方法は?

そもそも留置場面会は予約できるのでしょうか?

『警察の留置係』に問合せ

留置場面会に関する問合せ全般は、逮捕された方が留置されている警察署の留置係に尋ねることになります。

各警察署のサイトなどに載っている代表電話番号から総合受付に電話をし、留置係につなげてもらいましょう。

ただし、留置されている警察署が不明の場合は、留置されている可能性が高い警察署の留置係に直接問合せて確認する必要があります。

その場合、電話の問合せだと、本人確認ができないので、問合せに応じてくれない場合も多いようです。

面会の予約は基本不可

留置場面会は、原則的に事前の予約を受け付けてはいません。

当日に留置管理課の窓口で受付をした順に面会を行うのが基本ルールです。

ただ、一部では場合によって予約を受け付けている留置場もあるようです。

各留置場や担当者によって予約を受け付けるかどうかは異なるので、事前に直接留置場に問い合わせて、予約が可能かどうか確認しておくと良いです。

確実に面会をしたければ、できるだけ朝早い時間帯に警察署で面会受付を行うようにしましょう。

警察署の留置場に行っても面会できない可能性があるので要注意です。

  • 面会は、逮捕・勾留されている本人を基準として1日1組まで(すでに1組目が面会ている場合、同日に2組目の面会は不可)
  • 本人が取調べ中で留置場にいない場合がある
  • 他の面会希望者で混雑し、面会室と面会時間に空きがない

などの事情によりその日の面会ができない場合があります。

そのような事態に備えて、事前に留置場に問合せをし、逮捕・勾留されているご本人に連絡を伝えてもらう方法があります(各留置場により運用は異なります)。

ご本人に対し、当日面会を受けるかどうか、当日面会が可能かどうかを確認しましょう。

混雑に備える

一般の方だと面会時間が限られているため、混雑している日だと順番が来る前に、時間切れで面会できなくなる可能性があります。

留置場の面会時間は8:30~17:15ですが、17:15までに面会を終了させるために、16:00前後にその日の面会受付が終了する場合が多いです。

また、午後の遅い時間では面会室が混雑する可能性が高いです。

そこで、午前中のなるべく早い時間に受付を済ませることで、留置場面会をより確実に実現できるようになります。

急ぎの用事で当日面会する必要がある場合や、午前中に都合が付かない場合は、弁護士の面会代行を検討してください。

弁護士は、夜間早朝の受付時間外であっても面会することができ、混雑の影響もなく一般の方に優先して面会を行うことができます。

したがって、弁護士に面会の代行を依頼して、ご本人に対して急ぎのご用件を伝言することはとても有効な手段です。

また、逮捕されているご本人から伝言を預かることも可能です。

なお、ご家族の方などが面会される場合よりも、弁護士が面会する方が長時間かつ、専門的な内容に踏み込んで話をすることが可能です。

留置場面会検証
  一般の方 弁護士
通常時 当日窓口受付 いつでも面会可能
混雑時 順番待ちに長時間
時間切れで面会できないことも
いつでも面会可能

留置場面会予約と混雑対応を弁護士に無料相談

留置場面会予約と混雑対応を弁護士に無料相談

ここまで、留置場面会の予約と混雑に備える手段について見てきました。

「自分の場合は留置場が予約対応していなかった」「混雑しそうな時間帯しか面会に行けない」なんてお悩みの方も多いことでしょう。

そんな方にぜひご覧いただきたいのが、これから紹介する弁護士無料相談窓口全国弁護士検索です。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

全国から地元の弁護士相談窓口を検索

こちらは日本全国の刑事事件に力を入れている法律事務所から、地元の法律事務所を検索し、検証できる優れものです。

気になる評判もカバーしているので、地元の弁護士を探している方は、ぜひ参考にしてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いずれも刑事事件に力を入れている法律事務所なので、面会の相談もしやすいでしょう。

最後に一言アドバイス

最後に一言、岡野弁護士からアドバイスがあるそうです。

留置場の面会は、「混雑してるから明日でいいや」といって先延ばしにしている内に、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

手遅れになる前に、まずは無料相談で弁護士に相談してください。

弁護士は逮捕直後からいつでも、混雑に関係なく優先的に面会が可能です。

面会代行で、ご本人と弁護士が面会をするのは、取り調べ前の早い段階であるほど効果的です。

まとめ

このページのまとめです。

  • 留置場面会は原則的に予約不可
  • 混雑していると、その日のうちに面会できない恐れあり
  • 弁護士であれば、混雑に関係なくいつでも面会可能

このサイトには他にも留置場面会に関するコンテンツが沢山ありますから、もっと詳しく知りたい方は関連記事から探してみてくださいね。

弁護士にスマホで無料相談できる窓口はデメリットなしで利用可能です。

やっぱり直接会って話を聞きたいという方は全国弁護士検索を上手く活用してみてください。

それでは、悩める皆さんの問題が無事に解決しますように。