【徹底取材】ネットで無料相談できる弁護士探し(未公開株詐欺事件編)

  • 未公開株詐欺,弁護士
  • 10

【徹底取材】ネットで無料相談できる弁護士探し(未公開株詐欺事件編)

高齢者を狙った、詐欺事件が急増しているようです。

もし、自分の夫が未公開株詐欺の容疑で逮捕されたら、どうしますか?

そんなとき、実は一番悩ましいのが、「弁護士探し」なんです。

なぜなら、47都道府県、全国に弁護士はとてもたくさんいるのです。

  • 地元で無料相談をしている弁護士を見つけたい
  • スマホ・ネットですぐ無料相談ができる弁護士を教えてほしい
  • 24時間、日曜日や休日も有人対応しているフリーダイヤルを知りたい

私たち編集部は、そのようなことでお悩みのあなたにこちらをお届け!

「未公開株詐欺事件を解決に導いてくれる弁護士特集」です!

きっと、あなたに合った弁護士を見つけるヒントが得られるでしょう。

では、さっそくその特集内容をご覧いただきましょう。

【ワザを公開】東京、大阪、福岡…47都道府県で弁護士探し!未公開株詐欺で逮捕されたら…

【ワザを公開】東京、大阪、福岡...47都道府県で弁護士探し!未公開株詐欺で逮捕されたら...

弁護士の探し方がわからない…

大切な家族が未公開株詐欺事件で逮捕されたら、どうやって弁護士を探しますか?

「未公開株詐欺、株価操作にくわしい弁護士の見つけ方が分からない…」

無料相談をしている弁護士が地元にいるのか知りたい…」

弁護士が見つからないことには、何も始めることができません。

47都道府県の弁護士をまとめ

そんな、弁護士探しでお困りの方のために、全国の弁護士を地域別にご紹介いたします。

北は北海道、南は沖縄まで。

東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の大都市圏はもちろん!

47都道府県すべての弁護士を見やすく整理しました。

それだけではありません!

刑事事件に力を入れている弁護士を厳選して掲載しています。

なので、ここで見つけた弁護士なら全員刑事事件のプロフェッショナルです。

全国弁護士検索はこちらからお進みください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いかがでしょうか?

弁護士を探すのにかかる時間は・・・5秒

あとは表示された弁護士を選んでいただくだけ。

ちなみに、日本には何人の弁護士がいるかご存知ですか?

その数なんと、約4万人

日本弁護士連合会(いわゆる、ニチベンレン)が発表しています。(2016年3月現在)

こんなにいるなんて…

この約4万人の中から、未公開株詐欺、株価操作事件に力を入れている弁護士をどうやって探しますか?

とりあえず、ネットで「弁護士」と検索?

ネットは便利ですが、情報量も多いです。

時間をかけずに弁護士を見つけるのは、なかなか至難の技ではないでしょうか。

2つの基準で厳選しています

この全国弁護士検索は、47都道府県の全弁護士の中から厳選した弁護士だけを掲載しております。

その基準とは?

  1. 未公開株詐欺事件などの刑事事件に力を入れている弁護士であること
  2. ホームページに弁護士費用をハッキリと掲載している弁護士であること

すでに厳選しているから選ぶのに時間がかからないんです。

ネット(LINE)で弁護士無料相談!24時間・日曜日も予約可能なフリーダイヤル!

ネット(LINE)で弁護士無料相談!24時間・日曜日も予約可能なフリーダイヤル!

弁護士が見つかれば、さっそく相談ですね!

でも…

「家事や仕事がいそがしくて弁護士に相談に行く時間がない…!」

そんなとき、スマホで手軽に弁護士に相談できたらいいですよね。

  • 仕事の休憩時間に
  • 家事の合間に

しかも、無料相談できる窓口があれば…

ネットで無料相談はできないの?

そんな方のために、オススメしたいのがこちらです!

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

特徴をおさらいすると…

  1. 24時間、休日でも相談予約ができる安心のフリーダイヤル
  2. 5分の隙間時間を有効活用!LINE無料相談

忙しいあなたに、ぴったりではないでしょうか?

【弁護士費用3本解説】未公開株詐欺事件の弁護士費用、ここだけの話…

【弁護士費用3本解説】未公開株詐欺事件の弁護士費用、ここだけの話...

弁護士に事件を依頼すると決まれば、次に気になるのが弁護士費用です。

費用のことはなかなか聞きづらかったりしますよね。

実は、弁護士費用は弁護士が自由に設定できるんです。

ここでは弁護士費用の最新情報についてレポートしていきたいと思います。

1.弁護士費用のキホン!「未公開株詐欺事件の着手金」

まずは、「着手金」のお話からしていきます。

着手金という言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

着手金は、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

事件の結果に関係なく、不成功に終わった場合でも支払う必要があります。

調べてみると「20万円~」や「30万円~」としている弁護士もいるようです。

未公開株詐欺事件などの刑事事件では、基本設定が「60万円~」としている法律事務所が多く見つかりました。

2.弁護士費用のナゾ?「未公開株詐欺事件の成功報酬」

次に「成功報酬」のお話です。

「成功報酬」は、弁護活動の成果の対価として支払うものです。

ですので、通常は結果によって報酬額は異なります。

例えば、有罪判決の中でも懲役実刑と執行猶予付きの判決とでは結果が違います。

このとき報酬額にも差が出るのが一般的です。

弁護士に事件を依頼する前に、詳細は弁護士に確認しておくとよいでしょう。

3.弁護士費用、そんなのあるの?「未公開株詐欺事件の実費・日当」

最後に「実費・日当」についてです。

実費は「実際に支出した金額」になりますのでイメージがしやすいですね。

日当については例えば、所要時間をベースに考える算出方法があります。

裁判に行った際に、裁判所までの往復所要時間を基礎に日当を算出する方法です。

算出基準については各弁護士によって違いがありますので、この点は個別に確認しておく必要があります。

不明な点は遠慮なく弁護士に問い合せてみましょう。

【3つの典型例】未公開株詐欺事件の弁護士相談、刑事事件の流れと弁護士の活動とは?

【3つの典型例】未公開株詐欺事件の弁護士相談、刑事事件の流れと弁護士の活動とは?

未公開株詐欺事件を弁護士はどのように解決してくれるのか。

ここからは刑事事件の流れにそって、弁護士の具体的な活動をみていきたいと思います。

本日は、刑事弁護の最前線で活躍中の専門家、弁護士の岡野武志先生に解説をお願いします。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

未公開株詐欺事件はテレビや新聞でニュース報道されるほど社会の関心が高い事件です。

今回は弁護士の活動について実例裁判事例をもとに、わかりやすく解説していきたいと思います。

刑事事件の流れ(逮捕・勾留された場合)

1.未公開株詐欺事件で逮捕…釈放の可能性は?

ではまず、未公開株詐欺事件の捜査がどのような流れで進められていくかをみていきましょう。

その中で、釈放に向けた弁護士の動きを確認します。

逮捕された被疑者は、逮捕翌日か翌々日、検察庁に連れて行かれます。

いわゆる、「送致」という手続きです。

その後、釈放の有無が検討されます。

未公開株詐欺事件の場合、合計20日間勾留が決定されてしまうのが実務の流れです。

  • 身元が安定している
  • 容疑を認めている

この2つを満たしていても、関係当局は「罪証隠滅、逃亡のおそれあり」と判断するためです。

組織的に繰り返し行われている未公開株詐欺事件の場合、再逮捕の可能性もあります。

20日間の勾留の後、さらに別の被害者との関係で再逮捕が繰り返されることが多いです。

最終的に起訴がすべて完了しても、保釈による釈放や執行猶予判決を獲得することは簡単ではありません。

弁護士は、捜査段階で有罪の証拠が不十分だと思われる点を指摘します。

これにより、不起訴処分による早期釈放を目指すことになります。

組織的、継続的に行われている詐欺事件の場合、長期にわたり勾留されてしまうようですね。

そうなると社会生活に与えるマイナスの影響もとても大きいです。

もちろん家族にも大きな負担をしいることになります。

複数の共犯者がいる場合には、勾留中、家族であっても面会が禁止されることが多いと聞きます。

家族との橋渡しの意味でも、弁護士が果たす役割は大きいといえます。

2.未公開株詐欺事件で逮捕…前科はつけたくない!

未公開株詐欺事件で逮捕された場合、前科のことも気になりますね。

今後の生活、将来のことを考えると前科がつくのは避けたいものです。

前科を付けないためには、大きくは次の2つの方法があります。

  1. 裁判官から無罪判決を獲得する
  2. 検察官から不起訴処分を獲得する

無罪判決の獲得は困難ですので、現実的には多くの場合、不起訴処分の獲得を目指すことになります。

弁護士は不起訴を求めるために次のような主張を考えます。

  • そもそも詐欺罪に該当しないこと
  • 被疑者が詐欺グループに属していないこと
  • 被疑者の供述が状況証拠等に照らして合理的であること

これに対して、証拠により犯罪行為が認定されてしまうと、不起訴処分を獲得することは困難です。

すべての被害者と示談を締結しても、起訴される可能性は高いです。

その場合は、二度と同じ過ちを繰り返さないという更生意欲を示すことが大切です。

罪を認める場合は、被疑者の立場が従属的であったことの証拠を集めることも大切です。

また、被害者に対する慰謝の措置を十分に講じることが大切です。

どういう方向性ですすめていくか、早い段階で決める必要があります。

それによっては弁護士の主張することが変わります。

専門家のアドバイスをもとに、今後の方向性を考えましょう。

3.未公開株詐欺事件で逮捕…無罪を主張するには?

無実の罪で未公開株詐欺事件の犯人にされてしまった場合を考えてみましょう。

これは、いわゆる冤罪事件です。

ニュースでも取り上げられますが、こうなると一人で戦うのは無理があります。

圧倒的に不利な立場におかれますので、専門家のサポートは必須です。

一度犯罪の容疑をかけられると、無罪獲得には大変な労力を必要とします。

過酷な取り調べを乗り切るには、取り調べについての正しい知識が必要です。

知っておきたい3つの権利
  1. 黙秘権
  2. 供述調書へのサイン拒否権
  3. 供述調書の内容変更申立権

特に調書は、一度作成されると取り消すことができませんので慎重な対応が求められます。

黙秘権を適切に行使することも無罪獲得には欠かせません。

捜査機関に真実を話しても聞く耳をもってもらえないのはとても辛いことです。

誤った判断をして取り返しのつかない結論になる前に、専門家としっかり打合せをしておきたいものです。

最後にひとこと

それでは最後にひとことお願いします。

未公開株詐欺事件で家族が逮捕されたら、どうすべきなのでしょうか。

まず、刑事事件にくわしい弁護士に相談することが大切です。

刑事事件は時間が命です。

悩んでいる間にも手続きは進行してしまいます。

不利益を最小限におさえるためには、弁護士による応急措置が必須だと心得ておきましょう。

まとめ

今回の特集は「未公開株詐欺事件を解決に導いてくれる弁護士特集」でした。

いかがでしたでしょうか?

未公開株詐欺事件で家族が逮捕されたなら、一人で悩まないでください。

まずは全国弁護士検索で地元にいる刑事事件にくわしい弁護士を探しましょう。

すぐに時間がつくれなくてもあきらめないでください。

弁護士無料相談なら少しの時間で、スマホが1台あれば相談が受けられます。

未公開株詐欺事件のことをもっとくわしく知りたい方は下の関連記事もご覧ください。

以上、編集部からお届けしました!

目次に
戻る
TOPに
戻る