全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【加害者】交通死亡事故は弁護士に相談!|弁護士費用は?大阪・名古屋・福岡の弁護士も紹介!

  • 死亡事故,弁護士
  • 70

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

【加害者】交通死亡事故は弁護士に相談!|弁護士費用は?大阪・名古屋・福岡の弁護士も紹介!

交通死亡事故は誰しもが加害者になる可能性がある事故です。

死亡事故は取り返しがつきません。

ご自身やご家族が加害者になると、頭が真っ白になると思います。

交通死亡事故の当事者になった場合は、まず弁護士に相談することをお勧めします。

交通死亡事故で弁護士に依頼するとなると、

  • 交通死亡事故の弁護士費用はいくらか
  • 大阪・名古屋・福岡など全国の交通死亡事故で頼れる弁護士は?

など、気になることがたくさんあると思います。

今回は、死亡事故弁護士についてくわしくみていきましょう。

交通死亡事故の当事者になると様々な責任を負うことになります。

ご自身だけでは対処しきれません。

刑事上の責任だけでなく、民事の側面でも責任追及されることが想定されます。

今回は、死亡事故と弁護士についてくわしく解説していきます。

【弁護士が解答】交通死亡事故の弁護士費用とは?

【弁護士が解答】交通死亡事故の弁護士費用とは?

交通死亡事故を弁護士に依頼する際、「弁護士費用」が非常に気になりますよね。

交通死亡事故の弁護士費用は状況により、大きく異なります。

まず、交通死亡事故を起こすと加害者は3つの責任を負うことになります。

  1. 民事責任:被害者に対して損害賠償金を支払う責任のこと
  2. 刑事責任:罰金を支払ったり、禁錮刑になったりすること
  3. 行政責任:運転免許を取り消されたり、停止されたりすること

加害者が任意保険に加入している場合、民事上の損害賠償責任については心配いりません。

保険会社の担当者または保険会社についている弁護士に対応してもらえます。

しかし、保険会社だけでは、刑事処分や行政処分には対応してもらえません。

交通死亡事故は、自動車運転過失致死罪として刑事事件になることが多いです。

刑事処分については、刑事事件の弁護士を選任して弁護活動を行うことになります。

物損事故と異なり、被害者が亡くなっている場合、弁護士費用が高額になることもあります。

  • 遺族に対する慰謝料の支払い対応
  • 刑事処分への対応

についても弁護士にサポートしてもらうことがあるからです。

弁護士費用についてくわしくみていきましょう。

交通死亡事故の弁護士費用の内訳は?

ここからは、死亡事故の刑事責任について弁護士に依頼した時の弁護士費用をみてみましょう。

交通死亡事故の弁護士費用の内訳はどのような項目にわかれているのでしょうか。

交通事故の加害者が独自に弁護士に依頼する場合、弁護士費用内訳は

  • 着手金
  • 成功報酬
  • 日当
  • 実費

の4種類に分かれるのが一般的です。

「着手金」など聞きなれない項目がありましたね。

それぞれの項目の意味を確認していきましょう。

まとめ

弁護士費用内訳

  内容
着手金 弁護活動の着手にともない発生する費用
成功報酬 成果に応じて生じる費用
日当 弁護士の事務所外活動に対して発生する費用
実費 弁護士に立て替えてもらった費用。交通費や切手代など。

ここで気になるのが、弁護士費用の相場です。

加害者側の私選弁護を専門で取り扱う法律事務所は多くありません。

依頼した弁護士が採用する報酬基準により、弁護士費用は大きく異なります。

弁護活動の範囲や緊急対応の必要性などによって変動します。

交通死亡事故を取り扱う弁護士事務所に直接問い合わせましょう。

交通死亡事故加害者でも弁護士特約は使える?

自動車を運転する方なら「弁護士特約」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

弁護士特約とは、被害者側が治療費や慰謝料等の金額を加害者側に請求する際に利用できる制度です。

損害賠償請求を弁護士に依頼することでかかる弁護士費用を被害者が加入する任意保険会社に負担してもらえます。

弁護士特約は主に被害者が利用する制度に見えますが…加害者側も利用できる制度なのでしょうか。

被害者が利用できる弁護士特約の制度は保険会社ごとに定められています。

加害者向けの弁護士特約は、基本的にありません。

そのため、加害者側で発生する弁護士費用に関しては、基本的に加害者の自己負担となります。

死亡事故を起こした加害者が飲酒運転していた場合などでは、刑事事件として扱わます。

民事事件と違い、捜査機関対加害者という構図で事件は進行します。

刑事事件の弁護活動を依頼するのにかかる弁護士費用に関しては、弁護士特約を利用することはできません。

【Q&A】交通死亡事故は弁護士に相談するべき?示談できる?など

【Q&A】交通死亡事故は弁護士に相談するべき?示談できる?など

そもそも、交通死亡事故の当事者になってしまったとき、弁護士は必要なのでしょうか。

他にも交通死亡事故の弁護士についてさまざまな疑問を持っていると思います。

ここからは、交通死亡事故と弁護士についての疑問を解消していきましょう。

Q1.交通死亡事故は弁護士に相談するべき?

交通死亡事故の弁護士費用についてよくわかりました。

弁護士費用は決して安くはありませんよね。

「交通死亡事故に弁護士って本当に必要?」

と考える方もいらっしゃるかもしれません。

弁護活動により、刑事処分を軽減できる可能性があります。

もっとも、

  • 交通事故による被害者の怪我の程度
  • 加害者の過失の程度

により、処分が決められるので弁護活動によって大きく軽減されるケースはそれほど多くありません。

自力で対応する場合と比べると、刑事処分について有利な方向に進んでいくことが期待できます。

裁判で懲役実刑がくだされれば、交通刑務所に収容されることになります。

刑事処分については弁護士を立てて、弁護活動を行ってもらうことをオススメします。

交通刑務所については以下の記事をご覧ください。

Q2.交通死亡事故を示談することは可能?

示談とは、簡単に言えば事件の加害者と被害者の間で合意により解決することです。

主に弁償金等を支払うことを内容とします。

示談書などの書面内容によってはその後の刑事手続きで有利になることもあります。

私選弁護士が代わりに示談交渉することで示談がスムーズに締結することもあります。

交通死亡事故でも、示談することは可能なのでしょうか。

示談交渉すること自体は可能ですが、実際に示談を進めるべきかは状況によります。

死亡事故を起こした場合、まずは、遺族の自宅に出向いて謝罪する対応を行います。

その際に、示談書や嘆願書の作成を依頼することは「不謹慎」と受け取られることもあります。

示談を提案することで、さらに遺族感情を悪化させるおそれがあります。

あえて積極的には示談の話を持ち出さないという消極的な対応のほうが適切なこともあるのです。

もっとも、弁護士に示談交渉を依頼していれば、弁護士はケースバイケースで最善策を判断することができます。

場合によっては、示談を進める対応のほうが適切なこともあります。

確かに、不躾に示談交渉を提案するのは良案ではありません。

しかし、今後のことを考えると示談を進めた方が良い場合もあるのですね…

ご自身だけでは判断がつかない場合は一度、弁護士に相談してみましょう。

また、加害者が加入している任意保険にも示談代行のサービスがあります。

弁護士ではなく、任意保険の示談代行に任せても良いのでしょうか。

示談代行では、示談金の額が大きいため交渉が難航するケースも多いです。

刑事事件が終わるまでに示談が成立しないこともあります。

交通死亡事故の示談では金銭的な示談の成立に加え、他に被害者側の宥恕の意思が重要です。

示談の代行を任せる場合でも、加害者を許すかどうかだけは弁護士が担当し、嘆願書を獲得するケースもあるようです。

被害者側の遺族に示談を提案するかどうかは慎重に判断するべきですね。

示談の際は、加害者を許すかどうか、という点まで含めて示談をすることが重要です。

死亡事故では、任意保険の示談代行に頼りきらず、弁護士への依頼を検討してもよいかもしれません。

Q3.被害者のご遺族への謝罪は弁護士に依頼するべき?

交通死亡事故は取り返しのつかない事故です。

ご遺族の方も加害者に対して非常に強い処罰感情を持っていることがほとんどです。

死亡事故の遺族への謝罪は、遺族感情を逆なでしないよう慎重に対応する必要があります。

遺族の立場にとしては、加害者と関わりたくない感情がある一方、死亡事故を起こしたのに謝罪が一切ないのも許せません。

加害者としては、何らかの方法で遺族に連絡をとり、謝罪をしておく必要があります。

謝罪の手段
✔手紙
✔メール
✔電話
✔自宅訪問

謝罪する方法は様々ですが、事故の内容や遺族の立場を考慮し、慎重に謝罪方法を検討しましょう。

一般的に、最初は手紙による謝罪が推奨されます。

遺族によっては、そもそも面会を拒否されることも多いです。

手紙で精一杯の謝罪をして、後日面会したうえで正式に謝罪の気持ちを伝えたいという一言を加えておきましょう。

謝罪する気持ちは十分にあるけれど、手紙の書き方が全く分からない方は以下の記事を参考にしてください。

あくまで参考ですので、自分の言葉でしっかりご遺族に謝罪の気持ちを伝えましょう。

【大阪・名古屋・福岡】交通死亡事故を相談できる弁護士を紹介

【大阪・名古屋・福岡】交通死亡事故を相談できる弁護士を紹介

「交通死亡事故を起こしたけど任意保険に入っているから大丈夫」

と思われている方もいるかもしれません。

しかし、任意保険だけでは刑事処分には対応できません。

私選の弁護士を選任することによって受けられる恩恵は非常に大きいです。

弁護士の探し方がわからないという方もたくさんいらっしゃると思います。

こちらでは、大阪・名古屋・福岡の交通死亡事故で頼れる弁護士をご紹介します!

注意点
  • こちらに掲載している情報は2021年4月27日時点での情報です
  • 抜粋した弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量は無関係です
  • 具体的事案や事務所の状況によっては、受任してもらえない場合があるので、ご確認ください
  • 費用も事案によって変動する可能性がありますので、ご確認ください

大阪で交通死亡事故を相談できる弁護士

まずは、大阪で交通死亡事故など刑事事件を相談できる弁護士事務所を紹介します。

弁護士法人古川・片田総合法律事務所大阪事務所

まずご紹介するのは弁護士法人古川・片田総合法律事務所大阪事務所です。

元・刑事裁判官による最良の刑事弁護を受けることができます。

家族が逮捕・勾留されている場合の相談は、初回相談無料(30分まで)です。

代表弁護士は片田 真志弁護士(大阪弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒5300012

大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16階

阪急「梅田駅」直結ですので、訪れやすいですね。

初回無料相談の予約は下記からお問い合わせください。(平日9時~18時)

0120-86-3410
まとめ
  • 元・刑事裁判官による最良の刑事弁護が受けられる
  • 家族が逮捕・勾留中の相談は初回無料(30分)
  • 大阪駅・梅田駅から近く好立地
弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 5万5000円(税込)~
(※弁護人に選任後は無料)
成功報酬 11万円(税込)~

※現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

ベリーベスト法律事務所大阪オフィス

次に、ご紹介するのはベリーベスト法律事務所大阪オフィスです。

元検事の所属する弁護士事務所です。

本人、もしくはその家族の方からの弁護士との初回相談無料です。

さらにくわしい情報は以下のホームページをご覧ください。

代表弁護士は酒井 将弁護士(東京弁護士会)です。

事務所は、地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅より徒歩7分となっています。

所在地は以下の通りです。

〒5300003

大阪府大阪市北区堂島1-1-5 ザイマックス梅田新道ビル2階

具体的な相談は来所相談になるようです。

本人、又は家族の方が初めてご相談いただいた場合、30分の相談が無料になります。

無料相談予約は、平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00まで可能です。

メールでの問い合わせは24時間可能です。

以下の電話番号から所定の時間帯なら、60分以内に弁護士からの折り返しがもらえ、受任などに関する基本的な事項などを聞けるようです。

0120-359-186
  • 元検事による弁護活動が受けられる
  • 本人、もしくはその家族の方からの弁護士との初回相談が無料
弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 3万3000円(税込)
成功報酬 22万円(税込)~
※保釈請求のみなら11万円(税込)

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

名古屋で交通死亡事故を相談できる弁護士

次に、名古屋で交通死亡事故など刑事事件を相談できる弁護士事務所を紹介します。

ベリーベスト法律事務所名古屋オフィス

まず、ご紹介するのは、ベリーベスト法律事務所名古屋オフィスです。

元検事が所属している弁護士事務所です。

無料相談としては、本人・家族の方から初回相談は無料のようです。

HPにて解決事例を確認でき、参考になります。

事務所のホームページは以下の通りです。

代表弁護士は、酒井 将弁護士(東京弁護士会)です。

事務所の所在地は以下の通りです。

〒4500003

愛知県名古屋市中村区名駅南1-17-29 広小路ESビル3階

近鉄・名鉄名古屋駅より徒歩5分なので訪れやすいですね。

具体的な相談は来所相談になるようです。

本人、又は家族の方が初めてご相談いただいた場合、30分の相談が無料になります。

無料相談の受付は平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00まで可能です。

メールでの問い合わせは24時間可能です。

問い合わせの番号はこちらです。

0120-359-186
弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 3万3000円(税込)
成功報酬 22万円(税込)~
※保釈請求だけであれば11万円(税込)

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

かもめ法律事務所

次に、ご紹介するのがかもめ法律事務所です。

刑事事件の逮捕や示談に注力している弁護士事務所です。

道路交通法違反の取り扱いもあります。

電話相談窓口

から問い合わせが可能です。

HP内の問い合わせ・相談フォーム

から相談することができるようです。

具体的事案についての法律相談は30分5500円(税込)です。

さらにくわしい情報は以下のホームページに記載しています。

代表弁護士は宮本 大祐弁護士(愛知県弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒4600022

愛知県名古屋市中区金山1-8-20 シャローナビル7階北側

金山駅より徒歩3分の好立地です。

相談の受付時間は平日9:00~18:00です。

予約することで土日や夜間でも相談可能なようです。

緊急の際に非常にありがたいですよね。

以下の電話番号から問い合わせが可能です。

052-684-7895
  • 金山駅より徒歩すぐの好立地
  • 予約をすれば土日・夜間も対応可能
  • 法律相談は30分5500円(税込)~
弁護士費用
法律相談料 5500円(税込)~
初回接見費用 3万3000円(税込)~
(依頼した場合、着手金より減額)
成功報酬 22万円(税込)~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

福岡で交通死亡事故を相談できる弁護士

次に、福岡で交通死亡事故など刑事事件を相談できる弁護士事務所を紹介します。

弁護士法人ALG&ASSOCIATES福岡支部

まずは、弁護士法人ALG&ASSOCIATES福岡支部です。

20年のキャリアを誇る弁護士が率いる弁護士事務所です。

弁護士選任権がある方は60分無料法律相談が受けられるようです。

(※内容によっては有料)

代表弁護士は金﨑 浩之弁護士(東京弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒8100001

福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡4階

地下鉄空港線天神駅の16番出口より徒歩約3分です。

駅近で、仕事帰りなどに訪れやすい好立地ですね。

24時間受付中の電話番号はこちらです。

0120-773-405
まとめ
  • 刑事事件に注力している事務所
  • 天神駅から徒歩3分
  • 60分無料法律相談(※内容により有料)
弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 1万1000円(税込)~
成功報酬 22万円(税込)~

ベリーベスト法律事務所福岡オフィス

最後に、ベリーベスト法律事務所福岡オフィスをご紹介します。

盗撮事件など、刑事事件に注力している事務所です。

ベリーベストは全国に支部があり、駅からもアクセスが良いので訪れやすいですね。

被疑者、被告人本人、またはそのご家族からの初回相談は無料のようです。

博多駅より徒歩6分です。

首都圏や主要都市に多くの事務所があるので、自宅からでも職場からでも相談しやすいのが魅力ですね!

〒8120011

福岡県福岡市博多区博多駅前1-14-16 博多駅前センタービル8階

電話番号は以下の通りです。

電話の受付は平日9:30~21:00/土日祝日9:30~18:00となっています。

メールでのお問い合わせは24時間365日可能なようです。

0120-359-186
  • 刑事事件に注力している事務所
  • 被疑者、被告人、その家族からの初回相談無料
弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 3万3000円(税込)
成功報酬 22万円(税込)~
保釈請求のみなら11万円(税込)

【弁護士無料相談】交通死亡事故で頼れる弁護士を探す

【弁護士無料相談】交通死亡事故で頼れる弁護士を探す

無料相談|スマホでも交通死亡事故を弁護士に相談可能

ご自身やご家族が交通死亡事故を起こしてしまったら…

あまりのショックでどうすればいいかわからず途方にくれるかもしれません。

そんな時はまず、弁護士に相談することをオススメします。

(※電話窓口は対面相談の予約窓口です)

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

「いきなり弁護士事務所に行って相談するのはハードルが高い…」

と思われる方でもスマホから相談できれば気軽に相談できますよね。

交通死亡事故の当事者になり、不安になっている方はまず弁護士に無料相談することをオススメします。

交通死亡事故で頼れる弁護士検索~大阪・名古屋・福岡以外も検索~

交通死亡事故の当事者になったらすぐに弁護士を選任することをオススメします。

しかし、交通死亡事故を取り扱う弁護士は全国にたくさんいます。

その中から頼れる弁護士を見つけるのはなかなか難しいですよね。

そこで、こちらに

  • 交通死亡事故など刑事事件に注力している
  • 弁護士費用が明瞭である

という条件を満たす弁護士を地域別に集めました。

さっそく以下から弁護士を差探したい地域を選択してください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼れそうな弁護士は見つかりましたか?

弁護士の選任は早ければ早いほど良いです。

事件の当事者になってしまったらすぐに弁護士を選任しましょう。

最後に一言アドバイス

最後に一言アドバイスをお願いします。

交通死亡事故は日常に潜む事件であり、誰しもが加害者になる可能性があります。

民事的な責任だけではなく、刑事責任を負うこともあります。

早い段階で弁護士を選任すれば、その後の刑事手続きが有利になることもあります。

また、お一人で様々な問題に対処していくのも非常に心細いと思います。

専門家である弁護士に相談すれば弁護士が全力であなたをサポートします。

まとめ

今回は、「交通死亡事故弁護士」の特集でした。

交通死亡事故は誰もが加害者になる可能性のある事件です。

もし、ご自身や身近な方が交通死亡事故の加害者になってしまったら、

を利用してすぐに弁護士に相談しましょう。

他にも関連記事がありますのでぜひご覧ください。