全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

不起訴を目指すなら弁護士へ!無実主張、示談成立、告訴取消しに向けて

  • 不起訴,弁護士
  • 10

不起訴を目指すなら弁護士へ!無実主張、示談成立、告訴取消しに向けて

刑事事件・逮捕についてお悩みの方へ。

このページでは、「容疑者(被疑者)になってしまった場合に、不起訴を獲得するためのポイント」について調査した結果を報告しています。

弁護士の無料相談情報も掲載中です。

容疑者になるとどうなるの!?

先生!警察から容疑をかけられた場合、どうなりますか!?
いったん犯罪の容疑をかけられてしまうと、有罪か無罪かにかかわらず、逮捕、家宅捜索、取調べ、起訴などの不利益を受ける可能性が高まるよ。
やはり、容疑をかけられると大変ですね!

容疑者とは、捜査機関から犯罪を犯したという嫌疑をかけられる人のことをいう。法律上は「被疑者」と呼ばれ、強制的に逮捕や家宅捜索を受けるなどの不利益を被る可能性が一気に高まる。

これは冤罪・無実の場合であっても同様だ。刑事手続きには「無罪推定の原則」というものがあるが、警察から一度犯罪の嫌疑をかけられた以上、犯人であるとの前提で捜査を受けるのだ。

また、被疑者は起訴されると、「被告人」と呼ばれ、有罪判決を受けると「前科」が付くことになる。一度前科が付くと、次回から刑が重くなったり、会社を解雇され再就職が困難になったりと、様々な不利益を受ける可能性が高まる。

(まとめ表)

有罪の容疑者 無実の容疑者
逮捕・家宅捜索 受ける可能性大 無実でも、受ける可能性大
警察の取調べ 犯人である前提 無実を主張しても犯人である前提にされる
起訴された場合 被告人となる 無実でも、被告人となる

前科をつけずに事件を終わらせるには!?

容疑者になった場合、前科をつけないためにはどうすればいいですか!?
前科をつけないために大切なことは、捜査の初期段階から弁護士に依頼して、被害者との示談交渉などをしてもらうことだよ。
なるほど、起訴されてしまってから本格的に動いても、もう遅いということですね!

容疑者となってしまった場合に、「前科」が付くのは、起訴され有罪判決が確定した時点である。

言い換えれば、

  • ●被害届を出されても起訴されなければ前科はつかない
  • ●逮捕されても起訴されなければ前科は付かない
  • ●起訴されても無罪判決になれば前科は付かない

ということだ。

ただし、日本の刑事裁判では、有罪率が99%であり、無罪判決を獲得するのはとても難しい点に注意が必要だ。前科が付くのを避けたいのであれば、捜査の早い段階で弁護士を選任し、被害者と示談してもらえれば不起訴になり前科を阻止できる可能性を高めることができる。

(まとめ表)

被害届が出された 不起訴獲得前科を阻止できる
逮捕された 不起訴獲得前科を阻止できる
起訴された 無罪獲得前科を阻止できる

不起訴を獲得するポイントは!?

不起訴になるには、どうすればいいですか!?
無実の場合は、不利な供述をせず自分の言い分を押し通すことが大切だよ。犯罪をしてしまった場合も、被害者と示談できれば不起訴の可能性が高まるね。
よく分かりました!知っておけば、いざという時に慌てずすみますね!

何も犯罪をしていないのに犯罪の嫌疑をかけられてしまうことは、捜査の初期段階では珍しいことではない。共犯者や被害者の嘘の供述勘違いの供述によって、無実の罪で容疑者にされてしまうことがあるのだ。

捜査の早い段階で弁護士を選任して、取調べ対策のアドバイスを受けながら、無実を主張して不起訴の獲得を目指そう。

一切の供述を拒否できるという黙秘権や書類への署名を拒否できるという署名押印拒否権などの権利を最大限に活用しながら、弁護士を通じて正々堂々と言い分を主張することが有効だ。

(まとめ表)<無実の罪について不起訴になるには>

弁護人の早期選任 家族などを通じて刑事専門の弁護士に依頼
取調べ対策 弁護士による接見を受けて、自白してしまわないようアドバイスを受ける
黙秘権の活用 無実の場合、供述を拒否できる。
署名押印拒否権の活用 調書が間違っている場合、署名押印を拒否できる

実際は犯罪をしてしまった場合であっても、必ず起訴されるわけではない。検察官に自分の有利な事情をアピールできれば、不起訴を獲得できる可能性が高まるのだ。

有利な事情としては、被害者がいる犯罪では、被害者との示談成立が大きな意味を持つ。示談交渉の時間を十分に確保するため、捜査の早い段階で弁護士を選任し、弁護士を通じて被害者に謝罪賠償を十分に尽くすという弁護活動が有効だ。

逮捕されていない事件であれば、余裕を持って示談交渉にあたることができるが、逮捕・勾留されている事件の場合は、勾留満期までに示談を成立させる必要があるため、早急に活動に着手する必要がある。

(まとめ表)<示談交渉の緊急性>

逮捕あり 逮捕なし
被害者あり 緊急性大 緊急性中
被害者なし 緊急性中 緊急性小

器物損壊罪、名誉棄損罪などの親告罪と呼ばれる事件では、被害者から告訴の取消しをしてもらえれば、事件は必ず不起訴になり前科を阻止できる。事件の性質上、公開の裁判にかけるにあたって、被害者の意思を尊重する必要があると考えられているからだ。

告訴の取消しは、事件の起訴前に行われる必要があるため、示談交渉の時間をどれだけ確保できるかが勝負の分かれ目になる。示談を希望する場合は、一日でも早く刑事専門の弁護士に依頼して交渉に着手してもらう必要があるのだ。

(まとめ表)<器物損壊罪・名誉毀損罪などの親告罪>

告訴取消しあり 告訴取消しなし
示談あり 必ず不起訴 不起訴の可能性大
示談なし 不起訴の可能性小

なお、その他の示談金の相場もこちらからかんたんに確認できるようにしておきました!

不起訴獲得の相談なら弁護士にお任せ!

不起訴獲得の相談なら弁護士にお任せ!

ここまでで、不起訴獲得の一般的なことはカバーできました。

でもできれば、自分の事件に即した具体的なアドバイスも欲しいですよね?

…ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士にじっくり相談するなら

なおコチラから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

使い方は簡単!

お住まいの地域をタップするだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

相談してみたい弁護士は見つかりましたか?

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

きっと、お困りごとを相談できる先生が見つかるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?不起訴獲得について、編集部の徹底調査の結果をお届けしてまいりました。

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

を活用してください。

弁護士への相談は、早いに越したことはありません。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみましょう。