【無料相談】弁護士の探し方特集!車上荒らしの弁護士費用も同時に解説!

  • RMO
  • 車上荒らし,弁護士
  • 1 | 5410文字

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

【無料相談】弁護士の探し方特集!車上荒らしの弁護士費用も同時に解説!

「車上荒らし」はよくニュースで聞く事件ですね。

私たちのすぐ身近で起こり得る事件です。

しかし、自分が実際に事件に巻き込まれるとは思いもしません。

自分の家族が当事者になるなんて誰も想像しませんよね。

「息子さんが車上荒らしをしたので逮捕しました」

そんな電話があったら、あなたはどうしますか?

この緊急事態、あなたがまずするべきなのは「弁護士探し」です。

弁護士に活動してもらうことが事件解決への第一歩です!

今回は「窃盗・車上荒らしの事件にくわしい弁護士特集」をお届けします。

即相談!東京、大阪、名古屋、福岡…地元で車上荒らしにくわしい弁護士を検索しよう!

即相談!東京、大阪、名古屋、福岡...地元で車上荒らしにくわしい弁護士を検索しよう!

希望の弁護士はどこにいる?

突然、身内が車上荒らしをして逮捕…

すぐに「窃盗事件にくわしく」かつ「地元の」弁護士を探し出せますか?

なかなか自力で探すのは難しいですよね。

こうしている間にも時間は過ぎていきます。

すぐに弁護士探しを開始しましょう!

全国弁護士検索でサクッと検索

弁護士を探そうとネット検索すると、大都市圏の弁護士が多くヒットします。

毎日の仕事の関係もあり、遠方まで弁護士相談に出向くのは難しいのではないでしょうか。

できれば住んでいる地域で頼れる弁護士を見つけたいですよね!

そこで、東京、大阪、名古屋、福岡だけでなく、全国より弁護士を厳選しました!

そしてその厳選した弁護士を地域ごとに整理して探しやすくしてみました。

車上荒らしのような刑事事件に注力している弁護士ばかりを掲載しています。

一度この全国弁護士検索をお試しください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

瞬時に刑事事件に注力している地元の弁護士が見つかりましたね。

これなら数多くの弁護士の中から苦労せず検索できそうです。

ところで、日本では現在何人の弁護士が活躍しているかご存知ですか?

こちらは日本弁護士連合会(いわゆる、ニチベンレン)が発表しているデータです。

なんと37,680人が正会員として登録しているのです。(2016年3月現在)

この約4万人の中から弁護士を探そうと思うと…何時間かかるのやら。

更に、弁護士をただやみくもに探すだけではいけません。

「車上荒らしにくわしい弁護士」を探すことが重要です。

人間誰しも得意分野、苦手分野があるように、弁護士にも得手・不得手があります。

車上荒らしは刑事事件の一種ですから、刑事事件にくわしい弁護士に相談したいですね。

こちらの全国弁護士検索なら、すぐにあなたにぴったりの弁護士が見つかるでしょう。

全国の弁護士を2つの基準を元に厳選

ご紹介した全国弁護士検索は、全国から2つの基準を満たす弁護士のみを掲載しています。

厳選基準

車上荒らしなど刑事事件にくわしい弁護士であること

弁護士費用をホームページに明記している弁護士であること

この2つの基準をクリアした弁護士なので安心してご利用いただけます。

時間との勝負だからこそ、この検索機能ですぐに頼れる弁護士を見つけてくださいね。

スマホ1台で解決!ネット(LINE)で弁護士無料相談!24時間予約受付中

スマホ1台で解決!ネット(LINE)で弁護士無料相談!24時間予約受付中

「今すぐに弁護士に相談したい!」

そう思っても、なかなか時間が取れずに行動に移せない。

日曜日しか仕事の休みがとれない…

子供を預けられないから外出は厳しい…

高齢の親を家に残して外に出られない…

さまざまなお悩みがあると思います。

でも、ご安心ください。

スマホ1台で場所を選ばずネット(SNS)で相談できる方法があります。

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

Can’t speak Japanese? Search English-speaking lawyers on Callmart to find the right professional for you.

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

【3大解説】車上荒らし事件の弁護士費用(無料相談する前に…)

【3大解説】車上荒らし事件の弁護士費用(無料相談する前に...)

無料相談の窓口はみつかりましたか?

ただ、弁護士にいざ依頼するとなった時、不安なのが弁護士費用だと思います。

実際にどのくらい費用がかかるのか、事前に把握できれば安心ですね。

以前は、弁護士費用は弁護士会の報酬規定によって統一されていました。

その後、報酬規程は見直され、今では弁護士費用は弁護士が自由に設定できるようになりました。

また、民事事件と刑事事件でも少し扱いが違う部分もあります。

きちんと費用を自分で知っておく事が大事ですね。

ここでは意外と知られていない弁護士費用のことについて説明しておきます。

1.車上荒らし事件の「着手金」は?

まず弁護士費用の基本、「着手金」についてです。

「着手金」はご存知でしょうか?

簡単にいうと、弁護士に事件を依頼した時点で支払うお金です。

着手金は事件の結果に影響しない費用なので、良い結果が出なくても発生します。

着手金は法律事務所(弁護士)によって設定がさまざまです。

着手金の設定例

20万円~

30万円~

60万円~

車上荒らし事件などの刑事事件では「60万円~」という設定をしている弁護士が多いようです。

2.車上荒らし事件の「成功報酬」は?

つづいては「成功報酬」についてです。

こちらは聞いたことのある費用なのではないでしょうか。

「成功報酬」は、その名の通り弁護活動の成果の対価として支払うお金です。

ですので、車上荒らし事件での成功報酬は、その刑事処分の内容によって異なるのが一般的です。

成功報酬の費用設定も、弁護士によってさまざまです。

ホームページで料金設定を公開していることもありますので参考にするとよいですね。

3.車上荒らし事件の「実費・日当」は?

3つ目は「実費・日当」についてです。

「実費」は、細かい部分も含め実際にかかった費用です。

例をあげると、

留置場にいる被疑者への差し入れで購入した「書籍代」

書類発送時の「郵便代」

などがそれにあたります。

「日当」は所要時間をもとに算出したりと、算出基準はさまざまです。

例えば、犯行現場の状況を確認するため、現場に足を運んだ場合。

弁護士が往復に要した時間を特定のサイトを利用するなどして算出します。

そして、その弁護士が独自に設定している料金設定に基づき日当を割り出します。

日当の計算方法は、事前によくチェックしておきましょう。

【実例3選】車上荒らし事件、前科は回避可能?無罪を視野にいれた活動とは?

【実例3選】車上荒らし事件、前科は回避可能?無罪を視野にいれた活動とは?

では実例を用いて車上荒らし事件の弁護活動がどのようなものかみていきましょう。

ここでは、車上荒らしに詳しい刑事事件の専門家、岡野武志先生にお話をうかがいます。

弁護士の岡野です。

私がこれまでに取り扱った窃盗事件の弁護活動から車上荒らしの事件を解説していきたいと思います。

実例裁判事例をまじえ、話を進めていきましょう。

1.車上荒らしですぐに釈放されることはあり得る?

車上荒らしは身近で起こりうる犯罪で、世間からの関心も高いです。

おそらく多くの人が車上荒らしで逮捕されると、その後どうなるかは知らないでしょう。

まずは逮捕後の流れを追いながら、弁護士の活動をチェックしていきましょう

被疑者は、逮捕の翌日または翌々日に検察庁に連行されます。

そのあと、釈放に関する有無が検討されます。

検察官と裁判官に「釈放なし」と判断された場合、10日〜20日間は留置所で生活することになります。

これを勾留(こうりゅう)といいます。

身元が安定していて容疑を認めていても、勾留がつくことがあります。

関係当局が「罪証隠滅逃亡のおそれあり」と判断するとすぐには釈放されません。

弁護士がいれば、関係当局に対し被疑者に有利な事情を説明して早期釈放を要求します。

証拠が不十分な場合、公訴の提起を阻止することで不起訴処分による早期釈放も検討することになります。

不起訴になれば、前科は付きません。

もちろん、懲役などの刑罰を受けることもありません。

勾留がつくとすぐに自宅には帰れなくなります。

その場合、学校への説明や会社対応をどうするかの問題が出てきます。

家族でも勝手に判断できない点も多いですので、専門家に相談しながら進めたいですね。

2.車上荒らしで前科を回避することは可能?

前科だけは避けたい!」

これは逮捕された本人だけでなく家族の思いでもあります。

就職、結婚、海外渡航など、マイナスの影響を考えてしまいます。

前科を付けないためには2つの方法があります。

不起訴処分の獲得

無罪判決の獲得

実際には、無罪の獲得は極めて難しいため、まずは不起訴処分の獲得を検討することになります。

検察官が事件を起訴するには、証拠がある場合のみです。

証拠がなければ不起訴処分で終了します。

「嫌疑なし」や「嫌疑不十分」での不起訴処分で前科を回避する方法が考えられます。

一方、証拠から犯罪行為が認定されると、不起訴処分の獲得が難しくなります。

その時には更生の意欲を示して、少しでも刑事罰が重くならないようにする必要があります。

前科をつけないための弁護活動も、状況により異なることがわかりました。

早めに弁護士に相談すれば、弁護士の活動範囲も広がります。

手遅れにならないよう、弁護士探しは急がないといけませんね。

3.車上荒らしで無罪を証明する方法は?

実際は事件に関与していないのに無実の罪で車上荒らしの犯人にされる場合もあります。

これはいわゆる冤罪です。

この場合、どのように対処していったらよいのでしょうか。

一度犯罪の容疑をかけられると、無罪を獲得するのはとても困難です。

過酷な取り調べを乗り切るためには、正しい知識をもち、正しく振る舞うことが大切です。

このような場合、弁護士は次の3点アドバイスをすることになります。

黙秘権の適切な行使

② 供述調書へのサイン拒否権の適切な行使

③ 供述調書の内容変更申立権の適切な行使

弁護士がいれば、黙秘権の使い方や調書への対応方法などを相談をすることができます。

調書は一度作成されると二度と取り消すことができないので特に注意が必要です。

社会的にも名誉を十分に回復するため、まずは弁護士へ相談することをおすすめします。

一人で誤った判断をして、取り返しのつかないことになる可能性もあります。

事実無根であることを主張するためにも専門家のサポートは重要ですね。

最後にワンポイントアドバイス

車上荒らし事件の逮捕後の流れや弁護活動についてよくわかりました。

では最後に、一言アドバイスをお願いします。

車上荒らしは警察も特に警戒を強めている刑事事件です。

罪は決して軽いものではありません。

もし家族が車上荒らしの容疑で逮捕されたら、まずは専門家にご相談ください。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密厳守でお話をうかがいます。

まとめ

今回は「窃盗・車上荒らしの事件にくわしい弁護士特集」をお届けしました。

全国弁護士検索で意外と近くにも弁護士がいることがおわかりいただけたと思います。

家族の緊急事態だからこそ、まずは弁護士を選ぶところから行動しましょう。

時間がない方でも大丈夫です。

弁護士無料相談ならスマホ1台で手軽に弁護士とつながれます。

もっと車上荒らしのことを詳しく知りたい方は、下の関連記事もご覧ください。

以上、編集部からお送りしました!

目次に
戻る
TOPに
戻る