全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

死亡事故(交通事故)の示談金相場はいくら?慰謝料との違いは?

  • 死亡事故,示談金
  • 10

死亡事故(交通事故)の示談金相場はいくら?慰謝料との違いは?

死亡事故(交通事故)の示談金に、相場はあるのでしょうか。

お金のことはどんな時でも、しっかりおさえておきたいと思います。

  • 死亡事故での示談金支払いの流れ
  • 示談金と慰謝料の違い
  • 死亡事故の示談金相場を調査

「死亡事故の示談金相場」について、調査結果をレポートします。

交通事故などにくわしい法律の専門家に解説をお願いしています。

弁護士の岡野武志先生です。

死亡事故(交通事故)の示談金支払いまでの流れ

死亡事故(交通事故)の示談金支払いまでの流れ

死亡事故(交通事故)の示談金は保険会社が払う?

死亡事故(交通事故)の示談金が支払われるまでのおおまかな流れは次のとおりです。

交通事故の流れ

事故発生から示談成立まで、このような流れですすんでいきます。

死亡事故(交通事故)をおこしたとしても、任意保険に加入していれば示談金は保険会社が払うことになります。

また、示談交渉自体も保険会社がおこないます。

自動車保険には、示談交渉サービスがつく保険商品が一般的です。

示談交渉サービスとは

被保険者である加害者に代わって、保険会社が被害者と示談交渉をおこなう

保険会社は、ただ示談金を支払うわけではありません。

示談交渉サービスが保険についていれば、保険会社の担当者が示談交渉をおこないます。

交通事故の当事者同士による話し合いは、ときに感情的になってしまったりしてうまくいかないことがあります。

示談交渉では、時間や労力も必要となります。

そのような場合に、保険会社が間に入って交渉を請け負ってくれるのは心強いサービスだと思います。

ただ、保険会社にご遺族への対応をすべて任せておくと、ご自身の謝罪や反省が十分にご遺族まで伝わらない可能性があります。

それによって、ご遺族の怒りがおさまらなかったり、怒りが増したりする原因となることもあります。

ご遺族の悲しみは、はかり知ることができません。

示談交渉サービスによって示談交渉がおこなわれている場合でも、ご遺族に対する謝罪や反省を伝える努力が必要です。

加害者本人が直接、ご遺族に接触することを拒否されるというケースも考えられます。

このような場合でも謝罪することは大切ですが、無理にご自身でおこなうことはさまざまなリスクがともないます。

謝罪のことなどをふくめて事故に関するお悩みは、弁護士に相談することをおすすめします。

死亡事故の示談金とは慰謝料のこと?示談金内訳を確認

死亡事故の示談金とは慰謝料のこと?示談金内訳を確認

交通事故の慰謝料と示談金の意味とは

交通事故における示談金の項目は、大きく4つで構成されています。

示談金

=積極損害+消極損害+慰謝料+物損

交通事故で被害者に支払うお金の名称というと、「慰謝料」がイメージされやすいかもしれません。

この慰謝料は、示談金の一部になります。

示談金とは、いったい何なのでしょうか。

示談金とは、民事上の争いごとを当事者同士による話し合いで終結させるための合意で決められたお金のことをいいます。

慰謝料という言葉が一人歩きしているだけで、示談金の一部として慰謝料はふくまれます。

示談金はおおきく4つの項目で構成されているとのことでした。

  1. 積極損害
  2. 消極損害
  3. 慰謝料
  4. 物損

それぞれ、解説していきたいと思います。

①積極損害
実際に出費された損害のこと

交通事故によって怪我をした場合の通院費用などが該当します。

②消極損害
本来得られたはずの利益が得られなくなったことによる損害のこと

消極損害はさらに、

  • 休業損害:入院などで仕事を休まざるを得なくなったことによって得られなかった収入の損害
  • 逸失利益:交通事故にあわなければ得られたはずの将来的な収入や利益のこと

に分けられます。

③慰謝料
交通事故によって与えた精神的な損害のこと

精神的な損害に対して支払われる賠償金のことを慰謝料といいます。

④物損
交通事故によって、物が破損したりした場合に請求されるもの

交通事故では、自動車や自転車が壊れたり、家の塀が壊れることがあります。

このような物の修理費用や買い替え費用に充てられます。

怪我など:通院費用など総称して示談金

怪我をした場合の積極損害の具体例としては、つぎのとおりです。

積極損害の具体例

怪我の場合

入院費
通院費
通院交通費

など、このような医療関係の費用が積極損害となります。

怪我をした場合の慰謝料の具体例としては、つぎのとおりです。

慰謝料の具体例

怪我の場合

傷害慰謝料
後遺障害慰謝料

などが、慰謝料となります。

死亡事故:ご遺族への慰謝料

死亡事故にいたった場合の積極損害の具体例としては、つぎのとおりです。

積極損害の具体例

死亡事故の場合

葬儀費用

こちらが積極損害に該当します。

死亡事故にいたった場合の慰謝料の具体例としては、つぎのとおりです。

慰謝料の具体例

死亡事故の場合

死亡慰謝料

などが、慰謝料となります。

示談金の内訳
具体例
積極損害 医療関係費用、葬儀費
消極損害 休業損害、逸失利益
慰謝料 死亡慰謝料、傷害慰謝料、後遺症慰謝料
物損 修理代等

死亡事故(交通事故)の示談金相場はどのくらい?

死亡事故(交通事故)の示談金相場はどのくらい?

死亡事故(交通事故)の示談金の相場はどのくらいなのでしょうか。

実際にあったニュースをもとに、示談金の例を確認してみましょう。

死亡事故:車の追突事故の示談金相場

車の追突事故による死亡事故のニュースを見つけました。

こちらをごらんください。

福井市の北陸自動車道下り線で24日未明、大型トラックが乗用車に追突した事故で福井県警は24日、乗用車を運転していた富山県上市町西町、会社役員(略)さん(78)の死亡が同日夕、搬送先の病院で確認されたと発表した。(略)

大型トラックが、乗用車に追突した事故で78歳の男性が亡くなられています。

このようなケースでは、どのくらいの示談金が予想されることになるのでしょうか。

会社役員という職業から、事故前の年収を600万円程度と仮定してみました。

こちらをごらんください。

示談金例

78歳男性のケース

性別・年齢
男性・78
年収
600万円
示談金(慰謝料)
4289万円以上

示談金は、「4289万円以上」の可能性があります。

もし、任意保険に入っていなければご自身で示談金を支払う必要があります。

死亡事故における示談金がもつ意味をご理解いただけたでしょうか。

任意保険加入の大切さを実感できます。

死亡事故:ロードバイクの示談金相場

ロードバイクの死亡事故についてのニュースを見つけました。

こちらをごらんください。

京都市上京区の府道で1月8日、ロードバイクタイプの自転車に乗っていた同市中京区の無職男性=当時(59)=が大型観光バスにひかれ、搬送先の病院で亡くなった。

観光バスが車道脇を走る自転車を追い越す際に接触したとみられる。(略)

観光バスとロードバイクが接触し、ロードバイクを運転していた59歳の男性が亡くなられたとのことです。

このようなケースでは、どのくらいの示談金が予想されることになるのでしょうか。

こちらのニュースの情報だけでは、事故前の年収が分かりません。

さきほどの追突事故のケースと同様に、事故前の年収を600万円程度と仮定してみました。

年齢による差はあるのでしょうか。

こちらをごらんください。

示談金例

59歳男性のケース

性別・年齢
男性・59
年収
600万円
示談金(慰謝料)
6522万円以上

示談金は、「6522万円以上」の可能性があります。

78歳男性のケースとは2000万円以上の金額の差があります。

年齢による示談金の金額の違いはあるようです。

いずれにせよ…

やはり任意保険に入っていなければ、簡単に払える金額ではないと思います。

死亡事故の示談については弁護士に相談

死亡事故の示談については弁護士に相談

スマホを使って死亡事故について相談

死亡事故の示談金については、保険会社に任せておけば基本的には大丈夫ですが…

刑事事件における示談交渉については、弁護士に相談しておきたいという方もいらっしゃるでしょう。

  • 「残業続きで、平日に時間が取れない」
  • 「土日も家事など、家を留守にできない」

時間がなくて弁護士に相談できないとお悩みの方が多いようです。

そんなときでも24時間365日、専属スタッフが受付中の窓口ならいつでもご利用いただけると思います。

こちらからお使いください。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

電話窓口では、対面相談の「予約」を取ることができます。

いつでも電話で問い合わせができるので、まずは専属スタッフによるヒアリングをお受けください。

弁護士と会って相談したくても、そんなまとまった時間を用意できないという方もいらっしゃるでしょう。

そんなかたは、LINEを使って気になることを聞いてみましょう。

随時、対応中とのことです。

困ったと思ったタイミングで使える便利な窓口です。

ぜひご活用ください。

地元の弁護士に示談について相談

死亡事故の示談金については保険会社が支払ってくれると安心していたけど…

「刑事上の示談について、弁護士に相談しておきたい」

このようにお悩みではありませんか。

弁護士の探し方が分からず、相談をどうやってはじめればいいのか分からないという方が多いようです。

そんなときは、こちらをお使いください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

47都道府県別に、厳選基準にもとづいて選出した弁護士を掲載中です。

厳選基準
  • 死亡事故(交通事故)といった刑事事件に注力する法律事務所
  • 弁護士費用が明記されている法律事務所

このような厳選基準で弁護士を掲載しています。

死亡事故についてや、示談のことは法律の専門家である弁護士に相談しましょう。

最後に一言アドバイス

最後に一言、弁護士からアドバイスをいただきます。

多くの方は自動車保険の任意保険に加入されていると思います。

そのような場合、民事上の賠償問題については保険会社に任せておけば基本的には大丈夫です。

ただ、保険会社は刑事手続きの対応まではしてくれません。

死亡という結果にいたった重大な交通事故は、重い刑事上の責任を負わなければなりません。

死亡事故を専門的にあつかうような弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

「死亡事故の示談金相場」について調査結果をレポートしてきました。

お金にまつわる疑問は解消できたでしょうか。

死亡事故については、弁護士による個別の相談が重要です。

これらを使って弁護士を探して、今すぐ相談するようにしましょう。

示談についての特集記事も、関連記事からご覧いただけます。

あわせてご確認ください。