【弁護士特集2020】死亡事故無料相談はネットで!

  • 死亡事故,弁護士
  • 70

【弁護士特集2020】死亡事故無料相談はネットで!

交通死亡事故のニュースは年間を通して目にします。

車を運転する人なら誰しもが死亡事故の加害者・被害者になりえます。

「身内が死亡事故の加害者として逮捕されてしまった」

突然こんなことが起こると、家族はどうしてよいかわからないものです。

そして、法律専門家の手助けを求めて弁護士を探そうとします。

ところが、日本全国たくさん弁護士がいる中で、誰を頼っていいのかわかりません。

お悩みの例
  • 死亡事故の加害者弁護を無料相談したいがどこに行けばよいかわからない
  • ネットで弁護士に相談できる窓口が知りたい
  • 日曜日電話・メールで有人対応している窓口を知りたい

そのようなご不安を一気に解消する方法をご紹介したいと思います。

今回の特集は「交通死亡事故の事件に力を注ぐ弁護士特集」をお届けします。

死亡事故の無料相談所を5秒で検索!47都道府県の厳選弁護士まとめ

死亡事故の無料相談所を5秒で検索!47都道府県の厳選弁護士まとめ

弁護士探しのお悩み解決法

家族が死亡事故を起こして逮捕されたら、どうやって弁護士を探しますか?

「交通死亡事故にくわしい弁護士はどこに行けば会えるのか…」

無料相談をしている弁護士が地元にいるのか知りたい…」

弁護士の探し方がわからず右往左往してしまいます。

47都道府県から弁護士を厳選!

私たち編集部は、そんな弁護士探しでお困りの方のために、弁護士検索をご用意しました。

しかも、日本全国の弁護士の中から、厳選した弁護士を掲載しています。

東京、横浜(神奈川)、名古屋、大阪、福岡の大都市圏だけが対象ではありません。

北海道から沖縄まで、全国47都道府県すべての中から、弁護士を選んでいます。

全国弁護士検索はお住いの地域をタップして進むだけ。

しかも、複数の弁護士を一度に検証できるようになっているのが特徴です。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

弁護士探しにあまり時間をかけるわけにはいきません。

大切な家族があなたのサポートを必要としています。

ちょっと、こちらをご覧ください。

これは興味深いデータです。

日本弁護士連合会によると、現在日本にはおよそ4万1159人もの弁護士がいるようです。(2019年3月1日現在)

この中から、交通死亡事故に注力している弁護士を探すには、どうすればいいのでしょう。

電話帳で片っ端からあたっていくわけにも行きません。

そんなとき、この弁護士検索があれば一瞬で解決するでしょう!

2つの基準をクリアしています

全国弁護士検索は、47都道府県の全弁護士の中から厳選した弁護士のみを掲載しています。

掲載条件は2つです。

交通死亡事故に力を入れている弁護士であること

ホームページに弁護士費用を明確に掲載している弁護士であること

この検索機能であなたに合った弁護士をお探しください。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら(LINE)

お手軽にスマホで弁護士相談するなら(LINE)

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

3つの謎…死亡事故の弁護士費用、無料相談の中でも聞いてみたいこと

3つの謎...死亡事故の弁護士費用、無料相談の中でも聞いてみたいこと

弁護士に死亡事故事件を依頼するなら、弁護士費用も気になりますね。

実態を知らないと怖いかもしれませんが、3つの基礎情報を知っていると安心!

弁護士費用は弁護士が自由に設定できるものです。

それぞれの項目を押さえることで、不安をなくしていきましょう。

1.弁護士費用「着手金」とは何ですか?

まずは、「着手金」についてご説明します。

着手金は、弁護士に事件を依頼した段階でお支払いいただく料金です。

つまり、事件の結果に関係なく、不成功に終わった場合でも返還されませんのでご注意ください。

編集部の調べによると、「20万円~」や「30万円~」としている弁護士もいるようです。

交通死亡事故事件では「60万円~」を基本設定にしている法律事務所も多く見つかりました。

2.弁護士費用「成功報酬」とは何ですか?

「成功報酬」という言葉を聞いたことはありますか?

成功報酬は、弁護活動の成果の対価としてお支払いただく料金です。

死亡事故事件での成功報酬は、その刑事処分の内容によって異なるのが一般的です。

ホームページで料金設定が確認できる場合が多いので、事前に調べてみるとよいですね。

3.弁護士費用「実費・日当」にも基準があるの?

弁護士費用は弁護士によって、法律事務所によっても基準は異なります。

「実費・日当」の取り扱いについても何を基準にしているかはバラバラです。

どういうときに費用が発生するのか、日当の発生基準についても確認が必要です。

不明な点は、電話やメールで問い合わせてみましょう!

事件が長引けば、実費・日当も大きくなる可能性があります。

【実例3件】無料相談を体験してから弁護士を選任しよう(死亡事故編)

【実例3件】無料相談を体験してから弁護士を選任しよう(死亡事故編)

交通死亡事故の事件を弁護士はどのように解決していくのか、具体的にみていきましょう。

本日は、解説者として、特別ゲストをお呼びしています。

刑事弁護の最前線で活躍されている弁護士の岡野武志先生です。

弁護活動の現場の様子を、くわしく解説していただきたいと思います。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

これまでに交通事故もたくさん取り扱ってきました。

中でも死亡事故も相当な件数がありました。

突然のことで、加害者も被害者もパニック状態になるものです。

今回は、私がこれまでに経験した弁護活動と裁判事例をもとに解説していきたいと思います。

1.早期釈放のために弁護士ができること

まず、基本的なところから押さえていきましょう。

死亡事故では、加害者が逮捕されるとその後の流れはどうなるのか。

ニュースで報道されるのは、「事件の発生」や「被疑者の逮捕」の一部分です。

あまり知られていない刑事手続きの流れから、紐解いていくことにしましょう。

逮捕された被疑者は、逮捕の翌日か翌々日には検察庁に連行されていきます。

その後、検察官・裁判官により釈放の有無が検討されます。

「釈放なし」と判断されると、しばらくの間、留置場で生活をしなければならなくなります。

逮捕に続き、勾留(こうりゅう)という段階に入るわけです。

弁護士を選任すれば、勾留決定を阻止する弁護活動を行うことができます。

死亡事故の場合は、事故の詳細は実況見分で細かく記されます。

ですので、そもそも「勾留の理由がない」ことを主張します。

また、勾留されることで生じる問題についても指摘・主張します。

すなわち、被害者ご遺族への謝罪などを講じることができなくなるという問題が生じます。

証拠が不十分な場合は、公訴の提起を阻止する弁護活動をし、不起訴処分による早期釈放を目指します。

死亡事故の場合は、被疑者側に過失がないことを主張できるケースがあります。

冤罪防止の観点からも、不起訴処分の獲得を視野に入れた弁護活動を行う必要があります。

弁護士を選任することで、勾留を回避するよう検察官や裁判官に訴えることが可能になるんですね。

逮捕されると、その事実だけでも社会的に大きなダメージを受けます。

場合によってはメディアによる報道のリスクも考えられます。

勾留されてしまうと傷口はさらに大きくなり、学校退学や職場解雇の可能性も生じてきます。

ですので、なんとしても勾留は回避したいものなのです。

2.前科を回避するために弁護士ができること

死亡事故で逮捕されてしまったとき、前科がつくのかも気になりますよね。

前科を回避したい。

それは特に家族のことだと心配な点です。

就職や結婚にどう影響するのか、前科は将来を不安にさせてしまいます。

前科を付けないためには、2つの方法があります。

① 刑事裁判で無罪判決を獲得する

② 不起訴処分を獲得する

この2つです。

ただし、無罪判決の獲得は現実的には大変困難です。

ですので、不起訴処分の獲得を目標とするのが一般的には多いといえます。

「嫌疑なし」、「嫌疑不十分」により事件が不起訴処分となる場合もあります。

弁護士が行う具体的な主張としては、次のようなことが考えられます。

  • 運転手に不注意はなかった
  • 相手方の不注意によって事故が起こったものである
  • 運転手に不注意があったとしても、死亡事故との因果関係が曖昧である

 

刑事裁判で無罪判決を獲得する方法はかなり難しいのですね。

であれば、捜査段階で不起訴処分を獲得するよう弁護士にサポートしてもらいましょう。

不起訴処分を獲得すれば、前科が回避できます。

3.無罪です。弁護士が支えます!

無実の罪で交通死亡事故の犯人にされてしまうことも起こりえます。

冤罪(えんざい)というものですね。

事故の被害者を装って、あなたを加害者に仕立て、陥れようとする悪質なケースも考えられます。

または、被害者や目撃者の勘違いが引き起こす冤罪も十分にあり得ます。

容疑を一度かけられると、無罪を獲得するのは大変労力を使います。

容疑者が深夜に車で歩行者をはね、死亡させた場合を考えてみます。

この場合、罪としては自動運転過失致死罪道路交通法違反が成立します。

死亡のひき逃げ事故であれば、その結果の重大さから捜査側も捜査に力を入れます。

取り調べを受ける際には、次の3つのポイントを念頭に対応する必要があります。

黙秘権を適切に行使すること

調書へのサイン拒否権を適切に行使すること

調書の内容変更申立権を適切に行使すること

弁護士をつければ、内容についての相談をしながら対応していくことができます。

早い段階で弁護士を選任することで、取り調べから早く解放されるかもしれません。

社会的名誉も回復させることができるかもしれないです。

事実無根であることを主張するのは簡単なことではありません。

狭い取調室では立場は圧倒的に弱いものです。

そんな過酷な状況下で、適切に自分の権利を行使できるかがとても重要です。

弁護士からアドバイスを受けながら進めることができると心強いですよね。

最後に一つアドバイス

それでは、最後に一つアドバイスをお願いします。

大切な家族が、ある日突然交通死亡事故を起こしたら、頭が真っ白になってしまうでしょう。

そんなときこそ、迷わず弁護士にご相談ください。

手遅れになる前に、事件解決への糸口をつかむことが大切です。

私たち弁護士は、全力でサポートさせていただきます。

まとめ

今回の特集は「交通死亡事故の事件に力を注ぐ弁護士特集」をお届けしました。

交通死亡事故は、誰しもが加害者になり得る事故だからこそ、よく知っておきたいものですね。

一人で悩まずに弁護士無料相談を利用して、少しでも早く解決の道を切り開きましょう。

また、弁護士検索を使っていただくと、近くに頼れる弁護士がいることがわかります。

交通死亡事故のことをもっと詳しく知りたい方は、関連記事もご覧くださいね。

以上、編集部から特別企画をお届けしました!

目次に
戻る
TOPに
戻る