全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【ネット相談/24時間受付】傷害事件の無料相談、弁護士探しの決定版

  • 傷害,弁護士
  • 170

刑事事件はいつも急に起こるものです。

「身の回りでそんなことは起こらない」

新聞で流れる事件の関係者の多くがそう思っていたと思います。

ある日突然「ご主人を傷害の容疑で逮捕しました」

警察からそんな電話がかかってきたら、まず耳を疑いますよね。

「まさか、うちの主人が…」

でも、こうなってしまったら、パニックになっている時間もないのです。

すぐに弁護士を探さなければいけません。

今回は「傷害事件にくわしい弁護士特集」をテーマにお送りします。

特に、弁護士探しには次の点に注意して探していただきたいと思います。

【ネットで検索】傷害事件に注力している弁護士はこう探す!

【ネット24時間検索】傷害事件に注力している弁護士はこう探す!

一番大変なのは、弁護士の見つけ方でした

大切な家族が傷害事件で逮捕され時、どうやって弁護士を見つけますか?

「傷害事件にくわしい弁護士をさがしたい」

「住んでる近くで無料相談している弁護士をみつけたい」

急いでいるからこそ、考えている時間が惜しいと感じます。

傷害事件にくわしい厳選弁護士と出会う

私たちは、傷害事件でお悩みの方のために、弁護士を厳選しました。

しかも、住んでる近くで弁護士を探していただくために、全国の弁護士を地域ごとにまとめました。

東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の大都市圏だけではありません。

北海道から沖縄まで、47都道府県すべてから弁護士を厳選しています。

こちらの全国弁護士検索を使ってみてください。

お住いの地域をタップして進むだけです。

時間をかけずに弁護士探しができてしまいます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

知っていますか?

日本にはたくさんの弁護士がいます。

その中から「地元の弁護士」で、かつ「傷害などの刑事事件を扱う弁護士」を探すとなると…

これは大変です。

ちょっとこちらの資料をご覧ください。

これは日本弁護士連合会(いわゆる、ニチベンレン)が公表している資料です。

2016年3月現在、日本で登録している弁護士は37,680人です。

これが現実なんです。

何をヒントに弁護士を探せばよいのでしょうか。

「知り合いの弁護士に相談してみる」

「以前お世話になった弁護士を頼る」

「会社の顧問弁護士に相談する」

こういう環境なら少しは手掛かりが得られるかもしれません。

ところが、問題は「傷害事件にくわしい」弁護士かどうかなのです。

弁護士も医者と同じで得意分野があります。

相続問題や離婚問題を得意とする弁護士もいれば、不動産トラブルを得意とする弁護士もいます。

では、今回の傷害事件のような刑事事件を得意とする弁護士であるかどうか。

「知り合いの弁護士」がそうであれば話は早いのですが…

この全国弁護士検索なら、すぐにあなたの強い味方になります。

2つの基準こそが「厳選」の秘密

この全国弁護士検索では、47都道府県全弁護士の中から厳選された弁護士のみが掲載されています。

その基準は以下の2点です。

傷害事件などの刑事事件にくわしい弁護士であること

② ホームページに弁護士費用を明確に掲載している弁護士であること

この全国弁護士検索で少しでもはやく信頼できる弁護士に出会ってください。

【これからの常識】LINEで弁護士に無料相談できます

【これからの常識】LINEでの弁護士無料相談は365日対応です

弁護士にすぐ相談に行きたい…でも、なかなか行けない…

そんなことはありませんか?

お悩みの例
  • 育児や介護で相談に行く時間が取れない
  • 仕事の休みが日曜日しかない
  • 足が悪くて外出が思うようにできない

大丈夫です。

ご安心ください。

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

【3大費用を解説】傷害事件の弁護士費用ココが知りたい

【3大費用を解説】傷害事件の弁護士費用ココが知りたい

では、ここで弁護士費用について解説していきたいと思います。

弁護士に事件を依頼するとき、気になりますよね。

正しく知って、不安を解消してください!

以前、弁護士費用は弁護士会の報酬規定によって統一されていました。

ところが、法改正により、そのルールはなくなりました。

今では、弁護士は弁護士費用を自由に設定できるようになっています。

ここでは、そんな弁護士費用の3本柱についてまとめたいと思います。

1.着手金は〇〇円が相場?

着手金とはなんでしょうか。

着手金とは、弁護士に事件を依頼した時に支払うお金のことを言います。

事件の結果に関係なく、不成功に終わったとしても返金されることはありません。

調べたところ、「20万円~」や「30万円~」としている弁護士が見つかりました。

傷害事件などの刑事事件では「60万円~」を基本としている弁護士も多くいることがわかりました。

2.成功報酬のポイントを整理すると?

成功報酬は、弁護活動の成果の対価として支払うお金のことです。

傷害事件の成功報酬は、最終の刑事処分の内容によって変わります。

ホームページ上で料金を公開している法律事務所も多いので、一度チェックしてみるとよいでしょう。

3.実費・日当の取り扱いはどうなっているの?

弁護士は自由に弁護士費用を設定できます。

実費・日当についても、どんな基準を採用するかは弁護士次第となります。

ホームページを見て基準がよくわからなければ、電話やメールで問い合わせてみましょう。

実費・日当も弁護士費用の柱の1つです。

依頼を決める前に、確認しておくべき点です。

【実例×3】傷害事件の弁護活動(早期釈放、前科回避、無罪獲得)

【実例×3】傷害事件の弁護活動(早期釈放、前科回避、無罪獲得)

それでは、傷害事件を弁護士がどう解決していくか、見ていきましょう。

本日は、刑事弁護の最前線で活躍中の弁護士、岡野武志先生に解説をお願いしています。

今日は傷害事件の弁護活動の実態について、くわしく説明してもらいたいと思います。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

傷害事件の弁護活動を具体的な事例をおりまぜながら、解説していきたいと思います。

私の弁護活動の経験裁判例をもとに、話を進めていきます。

1.傷害事件、釈放の可能性もある?

暴行・傷害事件のニュースは、日々テレビや新聞を騒がせています。

高齢者に対する暴行・傷害、未成年による暴力・傷害行為、家族を巻き込んだ傷害事件。

どれも目を覆いたくなるような事件ばかりです。

逮捕されると、このようにテレビなどで報道されたりしますよね。

ところが、意外と伝えられないのが「逮捕の後」の話です。

そこで、今日は逮捕後の流れ、事件の裏側で起こっていることに着目したいと思います。

逮捕されると、その翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれます。

そこで「釈放の有無」が検討されます。

その後、検察官・裁判官により「釈放なし」と判断されると勾留(こうりゅう)という手続きに移ります。

勾留されるとしばらくは留置場で生活することになります。

自宅には帰れません。

ですが、弁護士を選任すれば、勾留をしないように求める活動を行うことができます。

仮に間違って勾留が決定されても、その取り消しを求める活動もあります。

「被疑者は前科もなく真面目で家族が身元の引受けと今後の監督を誓約している」

などが主張内容になります。

被害者と言い分が大きく食い違っているときなどは、10日間から20日間の勾留がありえます。

単純な事件の場合、容疑を認めていて身元が安定しているなどの場合は釈放の可能性が上がります。

傷害事件は決して軽い犯罪ではありません。

ですが、事情によっては釈放が全くありえない話ではありません。

釈放の可能性があるケースなのか、あるとすればタイミングはいつなのか。

これは刑事事件にくわしい専門家でなければ見通しを立てることは難しいと思います。

ですので、できるだけ早い段階で弁護士に相談しておきましょう。

2.傷害事件、前科回避に有効な方法とは?

では、前科を回避する方法はあるのでしょうか?

傷害事件ともなれば、有罪確定というイメージが強いのですが…

前科を回避するためには、次の2つの方法が有効です。

① 刑事裁判で無罪判決を獲得する

② 検察官から不起訴処分を獲得する

実務上、無罪判決の獲得は大変難しいものです。

ですので、不起訴処分を目指した弁護活動を行うことが多いです。

証拠がない場合、または不十分であるときには不起訴処分となります。

これを「嫌疑なし」「嫌疑不十分」といいます。

この場合は不起訴ですから前科はつきません。

証拠がかたまっている場合はどうでしょうか。

検察官は「性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況」を考慮してくれます。

これにより、不起訴処分になる場合があります。

これを、「起訴猶予処分」といいます。

これも起訴はされないわけですので、前科はつきません。

日本の刑事裁判で無罪判決が出される確率は極めて低いのが実態です。

そのため、捜査段階で不起訴処分を目指す弁護活動をすることが大切です。

どんな方針を採用するかで弁護士の動きも大きく変わります。

逮捕された直後から弁護士と打合せを始めていきましょう。

3.傷害事件、無罪獲得までに必要な3つの権利とは?

次は、無罪について考えてみたいと思います。

冤罪という言葉を聞いたことはありませんか?

「えんざい」と読みます。

冤罪は、やってもいないのに犯人と疑われてしまうことです。

いったん傷害の犯人だと疑われてしまうと、そこから脱するのは想像以上に難しいものです。

捜査機関から一度犯人扱いされると、無罪を主張するのは大変困難です。

傷害をしたという疑いがもたれると、過酷な取り調べが始まります。

厳しい取り調べを無事に乗り切るためには、正しい知識を持って対応することが大切です。

特に、3つの権利が無罪獲得のための鍵となります。

黙秘権

供述調書へのサイン拒否権

供述調書の内容変更申立権

これらの権利が適切に使えるよう、適宜弁護士に相談することが望ましいです。

正しく知識をもち、落ち着いて取り調べに対応していくことが大切です。

狭い取調室で連日行われる取り調べは過酷そのものです。

体力的にも精神的にも疲弊します。

冤罪主張を貫くためには、弁護士のサポートが必須です。

自分ひとりで悩まないようにしましょう。

最後に一言アドバイス

それでは最後に、一言アドバイスをお願いします。

傷害事件はテレビの中だけで起こっている話ではありません。

現実の世界で起こっています。

家族がもし傷害事件の容疑で逮捕されたら、まず何をすべきでしょうか。

それは、刑事事件にくわしい弁護士に相談することです。

これが一番大事なのです。

法律の専門家があなたに必要なアドバイスをしてくれます。

一日も早い事件解決のために、どうか迷わず私たちにご相談ください。

まとめ

今回は「傷害事件にくわしい弁護士特集」をお送りしました。

急ぎだからこそ、すぐに利用できる弁護士無料相談をご利用下さい。

弁護士検索でお近くの弁護士にアクセスすることも有効です。

傷害事件について、もっとくわしく知りたい方は関連記事も参考にしてください。

以上、特集記事をご覧いただきました。