夫が逮捕!神奈川県で無料相談可の弁護士|無料で弁護士を呼ぶには?弁護士費用はいくら?

  • 逮捕,弁護士,神奈川
  • 10

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

「夫が神奈川県逮捕され、どうすればいいかわからない…」

予想だにしなかったできごとで途方に暮れてしまっているかもしれません。

そんな状況のみなさんにまずアドバイスしたいのは、

逮捕で頼れる弁護士への相談を検討しましょう

ということです。

お一人で悩み、落ち込んでいても状況は変わりません。

法律のスペシャリストである弁護士を頼りましょう。

今回は、「神奈川県で無料相談できる弁護士」をご紹介していきます。

後半では、

無料で呼べる神奈川県の当番弁護士

弁護士費用の相場

なども解説していきますので最後までご覧ください。

専門的な部分は弁護士の先生に解説をお願いします。

突然のできごとに非常に動揺されていると思います。

弁護士はみなさんの心強い味方です。

刑事事件で逮捕されてしまったらまずは弁護士への相談を検討しましょう。

【無料相談可】逮捕で頼れる神奈川県の弁護士を紹介!

【無料相談可】逮捕で頼れる神奈川県の弁護士を紹介!

緊急で弁護士をお探しの方のために、神奈川県の無料相談できる弁護士をいくつかご紹介します。

無料で相談できるなら気軽に相談に足を運ぶことができそうですよね。

注意点

こちらの情報は2018年4月19日時点において、各ホームページに記載されている情報をまとめたものです

抜粋した弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量は無関係です

具体的事案や事務所の状況によっては、受任してもらえない場合があるので、ご確認ください

費用も事案によって変動する可能性がありますので、ご確認ください

神奈川法律事務所

まずご紹介するのは最寄りが川崎駅の神奈川法律事務所です。

横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、葉山町、相模原市、蒲田・大森・大井町地区(東京都)など神奈川県を中心に活動しています。

無料相談も行っており、電話かメールで予約すれば、

初回30分無料相談

を受けることが可能です。

事前予約をすれば土日祝も対応可能です。

もっとくわしい情報は以下のホームページをご覧ください。

代表弁護士は彦坂 幸伸弁護士(神奈川県弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒2100005

神奈川県川崎市川崎区東田町1-2 いちご川崎ビル2階

JR川崎駅東口から徒歩6分なので、訪れやすいですね。

電話受付時間は、平日9:30~20:00となっています。

無料相談の予約、問い合わせは以下の電話窓口から行うことができます。

044-201-1264

神奈川県の刑事事件に特化している

土日祝も対面相談可能(要予約)

初回30分無料相談可能

弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 2万円~
成功報酬 38万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

弁護士法人TKY法律事務所横浜オフィス

続いてご紹介するのは弁護士法人TKY法律事務所横浜オフィスです。

無料相談も行っており、事前予約で

初回相談無料(1時間)

が受けられるようです。

(平日午前9時30分~午後8時、土曜午前10時~午後5時)

さらにくわしい情報は以下のホームページをご覧ください。

代表弁護士は安井 琢磨弁護士(沖縄弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒2210056

神奈川県横浜市神奈川区金港町6-3 横浜金港ビル6階

事務所は横浜駅から徒歩3分と好立地です。

相談予約は電話、またはメール窓口から行えます。

045-451-3351

刑事事件の活動実績が豊富

初回1時間無料相談可能

弁護士費用
相談料 無料0円~
成功報酬 30万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

弁護士法人前島綜合法律事務所

続いてご紹介するのは弁護士法人前島綜合法律事務所です。

本厚木・相模原・八王子を中心に活動している弁護士事務所です。

電話かメールの事前予約で、

初回1時間対面相談無料

となっています。

※ただし、逮捕・勾留されている方の配偶者・父母・子・直系尊属・兄弟姉妹・婚約者の方限定

更にくわしい情報は以下のホームページをご覧ください。

代表弁護士は前島 憲司弁護士(神奈川県弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒2430014

神奈川県厚木市旭町1-27-1 後藤ビル2階

小田急線「本厚木駅」南口徒歩2分なのですぐに立ち寄ることが可能です。

相談予約の受付時間は平日10:00~19:00です。

(※土日祝・お盆休み・年末年始は除く)

相談予約は以下の電話番号から可能です。

0120-747-783

刑事事件の豊富な活動実績

一定の方は、初回1時間対面相談無料

本厚木・相模原・八王子の地域密着

弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 5万円~
成功報酬 30万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

続いてご紹介するのは弁護士法人横浜パートナー法律事務所です。

無料相談の方法としては

電話無料相談(一般論について、簡単に回答)

※くわしい相談は1時間1万円

メール無料相談(条件あり)

があります。

代表弁護士は大山 滋郎弁護士(神奈川県弁護士会)です。

住所は以下の通りです。

〒2310021

神奈川県横浜市中区日本大通7 合人社横浜日本大通7ビル8階

地下鉄みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口から徒歩2分に所在しています。

365日24時間相談予約の受付を行っているようです。

相談予約は以下の窓口から行えます。

0120-0572-05

刑事事件の活動実績が豊富

一般論に関する簡単な回答であれば電話無料相談可能

相談予約受付は365日24時間受付中

弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 6万円~
(※依頼した場合は、着手金から差し引かれます)
成功報酬 40万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

無料で呼ぶ神奈川県の当番弁護士とは?弁護士を呼ぶタイミング・費用なども解説

無料で呼ぶ神奈川県の当番弁護士とは?弁護士を呼ぶタイミング・費用なども解説

弁護士を呼ぶタイミングは?費用無料!神奈川県の「当番弁護士」とは

テレビで痴漢冤罪の特集などをしているとき、

逮捕されたら当番弁護士を呼べ!

といっているのを耳にしたことはありませんか?

突然、逮捕された人にとって当番弁護士制度は非常にありがたい制度です。

当番弁護士制度とは簡潔にいうと弁護士が1回だけ無料で逮捕された人に面会に行く制度です。

突然の逮捕で混乱している被疑者にとって、弁護士面会(接見)は非常に有意義なものです。

通常、逮捕された直後から取り調べは開始されます。

被疑者が予備知識なく、厳しい取調べに適切に対応することは困難です。

早急に弁護士と面会し、今後の対策を講じる必要があります。

豊富な経験と法律の専門知識を有する弁護士のアドバイスは貴重です。

しかも、弁護士なら警察官や施設職員の立ち合いなく面会することが可能ですので、気兼ねなく質問ができますよ。

逮捕された場合は当番弁護士制度をぜひ有効活用しましょう。

なお、当番弁護士からは、以下のような事項の説明を受けられます。

逮捕後の流れの説明

取り調べで注意すべき点

行使できる各種権利の説明

予想される刑事処分の内容

当番弁護士との面会は警察や職員の立ち合い無しに行うことができます。

上記の説明を受ける以外にも、不安なこと・疑問に思うこと何でも相談しましょう。

当番弁護士の呼び方

もしもの時のために、当番弁護士を呼ぶ方法を知っていて損はありません。

神奈川県の当番弁護士は神奈川県の弁護士会に連絡すると呼ぶことができます。

当番弁護士の派遣は本人が呼ぶか、家族などが呼ぶかで変わってきます。

当番弁護士の呼び方

逮捕されている本人が当番弁護士を呼ぶとき

→留置場や拘置所の施設職員を通して弁護士会に連絡を入れる

家族や友人が当番弁護士の派遣を要請する場合

→直接、弁護士会に電話する

被疑者本人以外が当番弁護士を要請する場合は神奈川県弁護士会の刑事弁護センターへ連絡します。

電話で当番弁護士を派遣したい旨を伝えれば呼ぶことが可能です。

また、電話した際には以下のことを伝えられるように心づもりしておくとスムーズです。

① 被疑者の氏名・生年月日・国籍・通訳言語

② 留置されている警察署

③ 逮捕の罪名・日時(わかれば)

④ 申込者と本人との関係

⑤ 申込者の連絡先

当番弁護士は非常に便利な制度です。

もしものときは使わない手はないですね。

こちらに神奈川県における当番弁護士の受付電話番号を記載しておきます。

045-212-0010

当番弁護士についてはよくわかりましたね。

弁護士は、他に「国選弁護士」と「私選弁護士」があります。

それぞれ、どんな制度なのかみていきましょう。

条件を満たしていれば無料の「国選弁護人」

日本の刑事手続きは、弁護人がいないと成り立ちません。

一方、私選弁護人は弁護活動の対価として弁護士費用がかかります。

そのため、高額な弁護士費用が払えない!という方もいらっしゃるかもしれません。

その点、国選弁護人とは、貧困などの事由により弁護人を選任できない方のためにある制度です。

国選弁護人制度には2種類あります。

被疑者国選:起訴前の段階

被告人国選:起訴後の段階

ここでは、被疑者国選の場合をみていきましょう。

国選弁護人制度はたいへん便利な制度ですが、誰でも利用できるわけではありません。

国選弁護人制度を利用するには条件があります。

被疑者勾留中(勾留状が発せられている)

貧困などの事由(資力50万円未満)により弁護人を選任できないとき

以上の条件を満たせば国選弁護人制度を利用することが可能です。

これまでは、これに加え、「被疑者国選対象事件(長期3年を超える懲役または禁錮の罪)であること」という要件も必要でした。

しかし、2016年5月24日、刑事訴訟法等の一部を改正する法律が成立しました。

改正後は、勾留状が発せられている被疑者すべてに被疑者国選をつけることができるようになります。

なお、この法律の上記の規定は2018年6月1日から施行されます。

国選弁護人は誰でも選任できるというわけではないことがわかりました。

当該事件やご自身の状況に当てはまれば利用可能です。

国選弁護人については以下の記事にもくわしく記載されています。

選任のタイミングに制限がない「私選弁護人」

先ほどご紹介した「当番弁護士」の活動範囲は接見1回限りでした。

ですが、私選弁護人の活動範囲は「無制限」です。

選任すれば、事件が終結するまで活動してもらうことができます。

私選弁護人は呼ぶタイミングも活動範囲も自由です。

また、当番・国選では弁護士を指名することはできません。

しかし、私選弁護人は自由に弁護士を選択することができます。

当番弁護士・国選弁護人は弁護士を自由に選択することができないということでした。

私選弁護人はご自身で納得して弁護人を選任できるので安心感がありますね。

しかし、私選弁護人を選任する際は弁護士費用がかかることになります。

場合によっては高額になることもあります。

弁護士費用が一体いくらかかるのか、非常に気になりますよね。

次の章で弁護士費用の内訳や、成功報酬の具体例をみてみましょう。

【具体例】気になる弁護士費用は?|大麻事件・詐欺事件などの成功報酬は…

弁護士の種類などがわかりました。

私選弁護人を選任する際、一番気がかりなのは弁護士費用の問題ですよね。

国選弁護人を利用出来る場合は別ですが、私選弁護人に弁護活動を依頼する際は弁護士費用がかかります。

弁護士費用は大きく4つの項目にわけることが可能です。

いったいどんな項目なのか確認してみましょう。

弁護士費用内訳一覧

① 着手金:弁護活動を始める時に払う費用。キャンセルしても戻らない。

② 成功報酬:弁護活動の成果に応じて払う費用。最終的な成果の程度によって金額は変わる。

③ 日当:弁護士が出張などで拘束された時間に対して支払われる費用。

④ 実費:書面交付・郵送費用などの必要経費。

「着手金」など、初めて知る項目もあったのではないでしょうか。

私選弁護人に依頼する場合は上記のような費用がかかることになります。

弁護士費用は総合的に判断しましょう。

着手金が安い事務所でも、その分成功報酬が高いケースなどもあります。

また、実費は契約書に具体的な金額が記載されていないので見落とすこともあります。

弁護活動の内容によっては、実費が高額になってしまうこともあります。

弁護士と契約する際は、契約書をよく確認しましょう。

不明点・疑問点があればその都度、弁護士に質問し、納得の上で契約を交わすようにしましょう。

弁護士費用の内訳を初めて知った方も多いかもしれませんね。

成功報酬は、各弁護士によって定めている金額が大きく異なる場合もあります。

成功報酬がいったいいくらになるのか気になりますよね。

こちらに、ある弁護士事務所の大麻事件と詐欺事件の成功報酬の例があります。

各事案について、成功報酬がいくらになるのかみてみましょう。

ケース①大麻事件の成功報酬

まずは、大麻事件の成功報酬をみていきましょう。

具体例

大麻譲受事件の成功報酬

内容 大麻譲受事件
弁護活動 本人は「大麻を譲り受けたことは絶対になく、自分に罪をなすりつけるために誰かが嘘の証言をしている。」と主張。
本人の犯人性と共犯者の供述の信用性を争う弁護方針をとる
結果 弁護活動を尽くした結果、犯罪の成立は認められず、事件は不起訴処分で終結した。
本人は無事、勾留の満期日に留置場から釈放された。
成功報酬 80万円

不起訴処分を獲得したことにより、前科を回避することができています。

これからの人生のためにも前科を回避することは非常に重要です。

前科を回避できた対価としての80万円ということですね。

ケース②詐欺事件の成功報酬

次は、詐欺事件の成功報酬をみていきましょう。

具体例

詐欺事件の成功報酬

内容 高額被害の詐欺事件
弁護活動 弁護活動により、賠償金の支払いが完了。
被害者との示談が成立。
結果 示談の成立により、事件の民事的な側面は解決。
高額被害のため、被害者から許してもらうことはできなかった。
その後、事件は起訴され、保釈は認められず、最終的には執行猶予がつかない実刑判決となった。
もっとも、実刑判決の内容は、示談が成立したことが考慮され、求刑の6割まで軽減された。
成功報酬 60万円

こちらは結果的に実刑判決がくだされていますね。

しかし、求刑の6割まで軽減されています。

成功報酬も各事務所で大きく異なります。

ホームページに成功報酬の基準などを記載している弁護士がほとんどです。

まずは、事務所のホームページで成功報酬を確認してみましょう。

【弁護士検索窓口】逮捕で頼れる弁護士を検索|無料相談窓口もご紹介

【弁護士検索窓口】逮捕で頼れる弁護士を検索|無料相談窓口もご紹介

LINEで弁護士無料相談!

「いきなり弁護士事務所に法律相談に行くのは緊張する…」

という方にオススメなのがスマホで無料相談です。

こちらからなら、LINEで弁護士に直接相談することが可能です。

電話予約窓口では、対面相談を24時間365日いつでも有人対応で予約できます。

今すぐ無料相談をしたい!という方は以下からさっそくご相談ください。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

今回の記事でもわかったように、弁護士への早期相談が事件解決への第一歩です。

弁護士に相談することをためらわず、まずは気軽にスマホから相談してみましょう。

札幌・東京・名古屋…逮捕で頼れる弁護士を探す

神奈川県以外にも逮捕で頼れる弁護士はたくさんいます。

しかし、日本には約4万人もの弁護士が存在します。

その中からご自身で弁護士を探そうと思うと非常に困難ですよね。

こちらに全国からお近くの弁護士を瞬時に検索できる検索窓口をご用意しました。

以下からご自身が弁護士を探したい地域を選択してください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

こちらに掲載中の弁護士は

刑事事件に注力している

弁護士費用が明瞭である

弁護士ばかりです。

上記の2点は弁護士を選任する上でとても重要です。

弁護士を探す際はぜひこちらの検索窓口をご利用ください。

最後に一言アドバイス

今回は、「神奈川県の逮捕で頼れる弁護士」特集しました。

最後にアドバイスをお願いします。

弁護士を選任するべきか、弁護士を選任するタイミングはいつか、などお悩みのみなさん。

逮捕されたり、逮捕されるか不安な場合は、なるべく早期に弁護士に相談することをお勧めします。

特に逮捕された場合、弁護士を呼ぶのを遅らせても良い影響はありません。

早期に弁護士を選任すれば、弁護士の弁護活動の幅も広がります。

まずは、お近くの弁護士に面会を依頼したり、相談してみましょう。

まとめ

逮捕されたときに弁護士に依頼すればたいへん心強い味方になることがわかりました。

夫や家族が逮捕されてしまったら、非常に不安になるかもしれません。

まず、冷静になり、弁護士に無料相談するところから始めましょう。

ご紹介したスマホで無料相談で、今すぐにでも弁護士に無料相談することが可能です。

自分にぴったりの弁護士は全国弁護士検索ですぐ見つけましょう。

お一人で悩まずに弁護士に頼ることが事件解決への第一歩です。

他にも関連記事がありますのでぜひご覧ください。

目次に
戻る
TOPに
戻る