家族が逮捕!弁護士に横浜市で無料相談|弁護士を呼ぶタイミング・費用・連絡先も解説!

  • 逮捕,弁護士,横浜
  • 10

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

ご自身や家族が横浜逮捕されてしまった!

突然の逮捕で、どうすればよいのかわからないかもしれません。

そんな状況に直面したらまず検討するべきなのは、

逮捕で頼れる弁護士に相談する

ことです。

法律のスペシャリストで経験豊富な弁護士はみなさんの心強い味方です。

しかし、大多数の方は弁護士を選任した経験がないと思います。

今回は、「逮捕を無料相談できる横浜の弁護士」をご紹介します。

弁護士に依頼する前にまず無料相談をしたいという方にぴったりの特集です。

こちらの記事を参考にしてご自身にあった弁護士を選びましょう!

【横浜市】逮捕で無料相談できる弁護士4選

【横浜市】逮捕で無料相談できる弁護士4選

まずは、横浜市逮捕について無料相談できる弁護士をご紹介します。

たくさんある弁護士事務所からご自身だけで弁護士を見つけるのは難しいですよね。

横浜市からいくつか事務所をピックアップしますのでぜひ参考にしてください。

注意点
  • こちらの情報は2018年4月19日時点において、各ホームページに記載されている情報をまとめたものです
  • 抜粋した弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量は無関係です
  • 具体的事案や事務所の状況によっては、受任してもらえない場合があるので、ご確認ください
  • 費用も事案によって変動する可能性がありますので、ご確認ください

弁護士法人TKY法律事務所横浜オフィス

続いてご紹介するのは弁護士法人TKY法律事務所横浜オフィスです。

無料相談も行っており、事前予約で

初回相談無料(1時間)

が受けられるようです。

(平日午前9時30分~午後8時、土曜午前10時~午後5時)

さらにくわしい情報は以下のホームページをご覧ください。

代表弁護士は安井 琢磨弁護士(沖縄弁護士会)です。

所在地は以下の通りです。

〒2210056

神奈川県横浜市神奈川区金港町6-3 横浜金港ビル6階

横浜駅から徒歩3分と好立地です。

相談予約は電話、またはメール窓口から行えます。

045-451-3351
  • 刑事事件の活動実績が豊富
  • 初回1時間無料相談可能
弁護士費用
相談料 無料0円~
成功報酬 30万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

弁護士法人横浜パートナー法律事務所

続いてご紹介するのは弁護士法人横浜パートナー法律事務所です。

無料相談の方法としては

電話無料相談(一般論について、簡単に回答)

※くわしい相談は1時間1万円

メール無料相談(条件あり)

があります。

代表弁護士は大山 滋郎弁護士(神奈川県弁護士会)です。

住所は以下の通りです。

〒2310021

神奈川県横浜市中区日本大通7 合人社横浜日本大通7ビル8階

地下鉄みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口から徒歩2分に所在しています。

365日24時間相談予約の受付を行っているようです。

相談予約は以下の窓口から行えます。

0120-0572-05
  • 刑事事件の活動実績が豊富
  • 一般論に関する簡単な回答であれば電話無料相談可能
  • 相談予約受付は365日24時間受付中
弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 6万円~
(※依頼した場合は、着手金から差し引かれます)
成功報酬 40万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

弁護士法人法律事務所オーセンス横浜オフィス

初めにご紹介するのは、弁護士法人法律事務所オーセンス 横浜オフィスです。

弁護士法人法律事務所オーセンスは刑事事件に注力している弁護士事務所です。

初回無料相談(60分まで)も行っているようです。

過去の解決実績も豊富です。

事務所のホームページから解決事例もチェックできます。

代表弁護士は、元榮 太一郎弁護士(第二東京弁護士会所属)です。

事務所は横浜駅から徒歩10分と好立地です。

所在地は以下の通りです。

〒2200004

神奈川県横浜市西区北幸1-11-20 相鉄KSビル6階

無料相談予約は以下の番号から可能です。

受付は24時間受け付けているので日中は仕事の方でも予約がとれます。

0120-525-686
まとめ
  • 刑事事件の活動実績が豊富
  • 初回60分無料相談可
  • 無料相談予約24時間受付中
弁護士費用
法律相談料 無料0円~
初回接見費用 5万円~
成功報酬 15万円~
※保釈請求の身の場合10万円

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

弁護士法人ALG&Associates横浜支部

次にご紹介するのは、弁護士法人ALG&Associates横浜支部です。

20年のキャリアを誇る弁護士が率いる刑事弁護チーム率いる法律事務所です。

60分の無料法律相談を受けることが可能です。

事務所のホームページはこちらです。

代表弁護士は、金﨑 浩之弁護士(東京弁護士会)です。

事務所の所在地は、以下の通りです。

〒221-0056

神奈川県横浜市神奈川区金港町7-3 金港ビル6階

横浜駅から徒歩10分の好立地です。

24時間予約受付中の無料相談は以下の電話番号から可能です。

無料相談は弁護士選任権(本人、夫、妻、子、父母、祖父母、兄弟姉妹)がある方のみなので注意しましょう。

また、相談内容によっては有料となることもあるそうです。

0120-773-405
  • 60分無料法律相談可能(一定の方に限る)
  • 無料相談は24時間受付中
弁護士費用
相談料 無料0円~
初回接見費用 1万円~
成功報酬 20万円~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

無料で呼ぶ横浜(神奈川)の当番弁護士って?|弁護士の種類・呼ぶタイミング・費用を知る

無料で呼ぶ横浜(神奈川)の当番弁護士って?|弁護士の種類・呼ぶタイミング・費用を知る

先ほどの章では、横浜市ですぐ無料相談できる弁護士をご紹介しました。

ところで、当番弁護士という制度をご存じでしょうか。

当番弁護士制度は、突然の逮捕で非常に役立つ制度です。

覚えていて損はありません。

  • 当番弁護士制度の詳細
  • 当番弁護士から受けられる弁護活動
  • 横浜で当番弁護士を呼ぶ方法

などを確認していきましょう。

費用無料!横浜市(神奈川)で「当番弁護士」を呼ぶ

突然、逮捕された際に非常に役立つ当番弁護士の制度をご紹介します。

当番弁護士制度とは、弁護士が1度だけ無料で逮捕された人に面会に行く制度です。

当番弁護士からは、以下のような事項の説明を受けられます。

  • 逮捕後の流れの説明
  • 取り調べで注意すべき点
  • 行使できる各種権利の説明
  • 予想される刑事処分の内容

突然、逮捕されてしまった被疑者にとって弁護士面会(接見)はとても重要です。

通常、逮捕された直後から取り調べは開始されます。

逮捕された被疑者が予備知識なく、厳しい取調べで適切な対応をすることは困難です。

早急に、今後の対策を講じる必要があります。

豊富な経験と法律の専門知識を有する弁護士のアドバイスは貴重です。

ここで、当番弁護士の呼び方を確認しておきましょう。

当番弁護士の呼び方
逮捕されている本人が当番弁護士を呼ぶとき
→留置場や拘置所の施設職員を通して弁護士会に連絡を入れる
家族や友人が当番弁護士の派遣を要請する場合
→直接、弁護士会に電話する

被疑者の家族などが当番弁護士を派遣する場合は神奈川弁護士会に電話で派遣を要請します。

神奈川弁護士会に電話し、当番弁護士派遣の旨を伝えると派遣を要請することができます。

電話口では、以下の情報をスムーズに伝えられるようにしましょう。

まとめておくべき情報
① 被疑者の氏名・生年月日・国籍・通訳言語

② 留置されている警察署

③ 逮捕の罪名・日時(わかれば)

④ 申込者と本人との関係

⑤ 申込者の連絡先

以下に神奈川県における当番弁護士の連絡先を掲載するのでいざというときはこちらに連絡しましょう。

045-212-0010

弁護士面会は警察官や施設職員の立ち合いなく面会することが可能です。

突然の逮捕で右も左もわからない被疑者にとってとてもありがたいですね。

上記の説明を受ける以外にも

  • 逮捕されたことで家族や仕事はどうなるか
  • プライベートなこと

なども自由に相談することができます。

当番弁護士制度を有効活用しましょう。

【無料】「国選弁護人」の利用条件とは?

次に、「被疑者国選弁護人」についても確認しておきましょう。

国選弁護人は、貧困などの事由により、弁護人を選任できない方のための制度です。

条件を満たした場合、裁判官から国選弁護士を付してもらえるもので、費用は無料となる場合が多いです。

先ほど、ご紹介した当番弁護士も無料で利用できる点は同じです。

ですが当番弁護士の活動範囲は「接見1回限り」でしたが、国選弁護人の活動範囲は「無制限」です。

とはいえ、誰でも国選弁護制度を利用できるわけではありません。

無条件に弁護活動が受けられたら良いですよね。

しかし、国選弁護人を選任するには細かい条件があります。

条件は以下の通りです。

  • 被疑者勾留中(勾留状が発せられている)
  • 貧困(資力50万円未満)などの事由により弁護人を選任できないとき

以上の条件を満たしていれば国選弁護人制度の利用が可能です。

なお、以前は「被疑者国選対象事件(長期3年を超える懲役または禁錮の罪)」という要件もありました。

2018年6月1日からはその要件が撤廃されています。

ちなみに、国選弁護人は被疑者自身で指名することはできません。

ご自身で弁護人を選びたい場合は私選弁護人を選任することになります。

私選弁護人については次の章で解説していきましょう。

選任のタイミング自由!「私選弁護人」とは?

ご紹介した「当番弁護士」の活動範囲は接見1回限りでした。

また、国選弁護人に活動範囲はありませんが、選任の条件がいくつかありました。

さらに、どちらの制度も弁護人を自由に選ぶことはできません。

それに対し、私選弁護人は活動範囲に制限はなく自由に弁護人を選任することが可能です。

デメリットを挙げるとすれば、私選弁護人は、当番弁護士・国選弁護人と違って確実に弁護士費用がかかります。

しかし、ご自身で納得して選任した私選弁護人に依頼できるのは安心感がありますね。

「当番弁護士」「国選弁護人」「私選弁護人」それぞれの制度をまとめた表がありますのでご覧ください。

まとめ

当番・国選・私選の条件

当番弁護士 国選弁護人* 私選弁護人
罪名の制限 無制限 無制限

201861日より)
無制限
選任のタイミング 逮捕中・勾留中 勾留中 無制限
依頼者の資力 無制限 50万円未満* 無制限
活動範囲 接見1回限り 無制限 無制限
指名の可否 不可 不可 可能

*ここでの国選は被疑者国選です。

*50万円以上でも、他の条件によって可能な場合あり

逮捕を無料相談!全国(札幌・東京・横浜・名古屋など)から弁護士を探す

逮捕を無料相談!全国(札幌・東京・横浜・名古屋など)から弁護士を探す

逮捕の相談はこちら!スマホで弁護士無料相談!

前半で対面の無料相談が可能な事務所をいくつかご紹介しました。

しかし、弁護士事務所に赴き、対面相談することが難しい方もいるかもしれません。

こちらでは、LINEを利用して弁護士に無料相談できる窓口をご紹介します。

対面相談を24時間365日有人対応で予約できる電話窓口もあわせてみてみましょう。

窓口からご自身にあった方法で弁護士に無料相談してみましょう。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

電話予約できる対面相談は警察が関与している場合など、一定の場合には無料で相談できるようです。

LINEから相談できるなら今すぐに行動を起こせそうですよね。

弁護士への相談は早ければ早いほどよいです。

お一人で悩まずにまずはこちらの窓口から弁護士に相談してみましょう。

【全国弁護士検索】逮捕で頼れる弁護士を札幌・東京・横浜・名古屋などから検索!

横浜市で、逮捕について無料相談できる弁護士事務所をご紹介しました。

全国には他にも逮捕で頼れる弁護士事務所がたくさんあります。

こちらに、

  • 刑事事件の逮捕などに注力している
  • 弁護士費用体系がホームページで確認できる

弁護士を地域別に集めました。

以下から弁護士を探したい地域を選択してください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

全国からご自身に合う弁護士を探すのは非常に骨が折れる作業です。

ぜひこちらの検索窓口を利用してみてください。

最後に一言アドバイス

大切なご家族が逮捕されてしまったら…

すぐに逮捕で頼れる弁護士に相談しましょう

ご自身だけで抱え込んでいても事件は解決しません。

数々の事件の弁護活動をこなしてきた弁護士に一任しましょう。

まとめ

今回は、「逮捕を無料相談できる横浜の弁護士」の特集をお送りしました。

ご自身にあった弁護士は見つけられそうでしょうか。

突然の逮捕でお困りの時は、

を利用してすぐに弁護士に相談しましょう。

弁護士への相談が事件解決への第一歩です。

他にも関連記事がありますのでぜひご覧ください。

目次に
戻る
TOPに
戻る