逮捕回避のためには弁護士に相談|弁護士選びの答えは?弁護士選びのやり方・攻略法を学ぶ

  • 逮捕回避
  • 720

「逮捕されるかもしれない」

ご自身やご家族が刑事事件の加害者になってしまうと、逮捕が心配で夜も眠れないかもしれません。

  • 逮捕回避は可能?
  • 逮捕回避の具体的な方法は?
  • 逮捕されなかった実例が見たい

などのご要望があると思います。

そこで今回は「逮捕回避の方法は?」というテーマで役立つ情報をお届けします。

現在、まさに渦中にいる方には必見の情報です!

専門的な部分は弁護士の先生に解説をお願いします。

「逮捕を回避したい」という希望を叶えるには、対応のタイミングが非常に重要です。

一度逮捕されてしまった後の釈放は、逮捕されなかった場合と比べて大変困難です。

逮捕回避の方法を解説していきますので参考にしてください。

逮捕されるかも…逮捕回避の答え2パターン公開

逮捕されるかも...逮捕回避の答え2パターン公開

事件の当事者になってしまい右も左もわからなくなっているみなさん。

この章では逮捕を回避する方法をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

【逮捕回避方法①】被害者側と示談する

逮捕回避の可能性を高める方法としては「被害者側との示談」があげられます。

示談という言葉をご存じでしょうか。

法律用語辞典で確認してみましょう。

民事上の紛争について、裁判外における当事者間の話合いによって解決すること。法令上の用語ではない。和解や仲裁による場合が多い。

一般的に、示談とは、私法上の紛争を、民事裁判の形ではなく、当事者による合意という形で解決することをいいます。

刑事事件においては、当事者による合意の内容として、

  • 被害回復の実現(又はその見込み)
  • 被害者の許し

という事項が重要になります。

被害者が存在する事件では、被害者の供述を前提に捜査が進められます。

比較的軽微な事件で示談が成立し、被害者の方から

「加害者と示談が成立したので被害届を取り下げたい。」

「加害者に対して寛大な刑事処分を求めたい。」

という申し入れがあれば、警察から逮捕されないケースも多いです。

被害者の許しは刑事事件の手続きにおいて大変重要なのですね。

ちなみに軽微な犯罪とは、けがの程度が軽い傷害や、条例違反の痴漢・盗撮などが挙げられます。

示談についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

【逮捕回避方法②】「弁護士」を選任する

弁護士を選任すれば、刑事事件で逮捕を回避するための活動を行ってもらうことができます。

この弁護活動の内容は、事件の状況によって変動します。

パターン①

[あなたが犯人でない場合]

あなたが犯人でないことが証拠上一見して明らかであれば、逮捕されません。
弁護活動としては、あなたが犯人でないことの証拠を集め、それを用いて捜査官に説明をします。

嫌疑を晴らすことで、逮捕を回避するということですね。

またそれ以外にも、逃亡や罪証隠滅のおそれがなく、「明らかに逮捕の必要がないと認めるとき」には逮捕されることはありません。

捜査官に対し、

  • 捜査への協力を十分にすることや、
  • しっかりした身元引受人がいること

を主張することで、逮捕の必要性がないと説得できる場合があります。

パターン②

[被害者がいる事件の加害者の場合]

警察が介入する前に被害者から許しを得ることで、逮捕を防げるケースも多いです。
警察は、被害者が許している事件を事件化することに消極的です。
弁護士が代理人として活動し、被害者に謝罪と賠償を尽くして示談を成立させることで、被害者の方がご相談者を許している事実を証拠化します。

これらの活動をご自身で的確に行うのは難しいため、逮捕を防ぐために弁護士を付けるメリットはとても大きいと言えます。

弁護士に依頼すれば、示談を通じて被害者から取得した嘆願書を、警察に届けることになります。

示談におけるこのようなメリット・デメリットを詳細にみてみましょう。

弁護士に依頼すると以下の4つのメリットが考えられます。

メリット①

「被害者の連絡先が分からなくても大丈夫」

被害者の連絡先が分からない場合でも、弁護士に依頼すれば、被害者の連絡先を入手できるケースが多いです。

弁護士であれば、警察や検察などの捜査機関から連絡先を教えてもらえる可能性があるからです。

メリット②

「示談の成功率がアップする」

成功させてきた示談の数が100件以上という弁護士も少なくありません。

経験豊かな弁護士に依頼することで、示談の成功率アップが期待できます。

メリット③

「示談書の作成などが万全」

法律の専門家である弁護士であれば、法律的に不備のない示談書を作成することができます。

トラブルの再発防止という観点からは、弁護士に示談交渉を依頼し、示談書の作成まで担当してもらうのが一番です。

メリット④

「刑事処分や刑事裁判への引継ぎがスムーズ」

弁護士ならば、示談の成果を捜査機関や裁判所に直接伝えることができます。

示談が成立しても、これを証拠として提出しなければ、刑事裁判では考慮されません。。

弁護士に示談交渉を依頼すれば、示談書の作成のみならず、示談書の提出(証拠提出)まで一任することができます。

自分だけでは示談交渉から示談締結、捜査機関や裁判所への報告は困難ですよね。

示談を弁護士に依頼することは利点がたくさんありますね!

逆にデメリットはないのでしょうか…

デメリットではないですが、弁護士費用がかかる点が負担になります。

示談交渉を依頼するだけであっても、着手金で数十万円という事務所が少なくありません。

「弁護士費用を支払って弁護士に示談を依頼すべきか」という点を、得られるメリットと比べて検討することが大切ですね。

弁護士費用については詳しく書かれた記事がありますので、詳細はこちらをご覧ください。

【逮捕回避方法~番外編~】弁護士の付き添いで逮捕を回避する方法

逮捕される前に、弁護士が付き添って自首するという方法も考えられます。

弁護士に付き添ってもらい、自首すれば逮捕を免れることができるのでしょうか。

必ずしも逮捕を回避できるというわけではありません。

重罪の場合は、弁護士が付き添って自首したとしても、その後逮捕されてしまいます。

重罪ではない場合は、弁護士が家族や職場の上司から取得した身元引受書を持参します。

弁護士が本人と一緒に出頭し身元引受書を提出することで、逮捕を免れるケースもあります。

軽微な事件で

  • 身元引受人が保証され、
  • 弁護士付添いのもと出頭し、
  • 容疑を自白している

などの場合は、逮捕の必要性が乏しいと捜査機関に考えられることが多いようです。

【実例】各事件の逮捕回避のケース

【実例】各事件の逮捕回避のケース

詐欺で逮捕されそう…逮捕回避のケースは?

詐欺事件の加害者になってしまった場合、必ず逮捕されるのでしょうか。

逮捕されない場合もあるのでしょうか。

詐欺罪を犯してしまっても、詐欺罪の「証拠を隠滅する可能性が低い場合」や「逃亡する可能性が低い場合」は、逮捕されないケースがみられます

  • 単純な詐欺事件の場合
  • 共犯者がいない場合
  • 素直に罪を認めている場合

などには「証拠を隠滅する可能性が低い」といえそうです。

また、

  • 被害額が小さい場合
  • 決まった住所がある場合
  • 定職についている場合
  • 家族と同居している場合

などには、「逃亡する可能性が低い」といえそうです。

逮捕されない詐欺罪の場合でも、被害届が受理されれば、在宅事件として捜査や取り調べが行われることになります。

在宅事件の場合は、逮捕されないので自宅で生活できます。

そして警察から呼び出されると、警察署に出向き、詐欺事件の捜査や取り調べに協力することになります。

傷害で逮捕されそう…逮捕回避のケースは?

続いて傷害事件のおける逮捕回避のケースをみてみましょう。

傷害事件は日常的にも起こりやすい事件といえます。

酔っぱらって人を殴り、ケガをさせてしまうと必ず逮捕されてしまうのでしょうか。

逮捕を回避できるケースもあるのでしょうか。

傷害罪でも逮捕を回避できるケースもあります。

たとえば、傷害罪を犯してしまっても、傷害罪の結果が重大でない場合は、逮捕されない場合もあります。

ただし、逮捕されない傷害罪の場合でも、被害届が受理されれば、在宅のまま捜査や取り調べが行われることがあります。

逮捕されない「在宅事件」の流れは以下の図のようになります。

刑事事件の流れ(逮捕されなかった場合)

【弁護士無料相談窓口】逮捕回避のために弁護士に相談し、選ぶための攻略法・やり方。

【弁護士無料相談窓口】逮捕回避のために弁護士に相談し、選ぶための攻略法・やり方。

今回の記事の中で、弁護士に相談することが得策だとわかりました。

ですが、初めて弁護士に依頼する方は

「どうやって弁護士に相談すればいいの?」

「どうやって頼れる弁護士を見つければいいの?」

などの点を疑問に思うのではないでしょうか。

そこで今回は頼れる弁護士に相談し、選ぶための攻略法・やり方を2つお伝えします。

それが

です。

まずスマホから弁護士に相談を送れる窓口をご紹介しましょう。

【スマホ】逮捕回避のヒントを弁護士に聞く

「逮捕されるかもしれない…」

と毎日、不安に思っていては仕事も手につきませんよね。

そんなとき、弁護士無料相談できれば安心です。

そこで、スマホで今すぐ相談が送れる無料相談窓口をご紹介します!

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

  • いつでも有人対応で対面相談の予約ができる電話予約窓口
  • 毎日使うLINEで弁護士に相談可能なLINE無料相談窓口

こちらの窓口からご自身の都合に合わせて相談ができます。

一刻も早く相談したい方にとってスマホから相談できるのは魅力的ですね。

【全国弁護士検索】今すぐ頼れる弁護士に依頼したい…

「示談交渉を弁護士に依頼したい…」

そんなとき、示談交渉に強い弁護士を探すことができるでしょうか。

ご自身だけではなかなか難しいかもしれませんよね。

そこで!

  • お住まいの地域の
  • 刑事事件や示談に注力した
  • 弁護士費用が明瞭な弁護士

をこちらに集めました!

さっそく、以下からご自身の地域を選択してください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

頼れる弁護士はみつかりましたか?

編集部のコメントや、利用者の口コミも参考になりますよね。

お一人で悩まずに弁護士に相談してみましょう。

最後に一言アドバイス

逮捕回避するためには弁護士への相談がカギとなりそうですね…

最後に一言お願いします。

逮捕された、また逮捕されそうな方が身近にいらっしゃるみなさん。

被害者側と示談を締結させることは刑事事件において非常に有効です。

タイミングよくご相談いただければ、逮捕される前に示談がまとまり、逮捕を回避できる可能性があります。

また、弁護士が付き添って警察に出頭し、身元引受け関連の書類を提出することで、逮捕をまぬがれるケースもあります。

いずれにせよ、逮捕前に行動を起こすことが重要ですから、不安な場合はなるべく早期に弁護士にご相談ください。。

まとめ

今回は「逮捕回避の方法は?」というテーマでお送りしました。

お一人で悩まずに弁護士に相談してみることが得策だとわかりましたね。

こちらでご紹介した

を利用して頼れる弁護士を選任し、1日でも早く事件が解決するように努めましょう。

他にも逮捕や刑事事件、示談に関する関連記事がありますのでご覧ください。

逮捕回避のためには弁護士に相談Q&A

逮捕されそうだけど回避方法ってある?

逮捕を回避する方法としては、①被害者側と示談する②弁護士を選任する、の2つの方法があります。被害者側との示談とは、民事裁判で争うのではなく、当事者による合意の形で解決することです。「被害回復の実現(見込みも可)」と「被害者からの許し」が重要になります。また、弁護士を選任すれば、弁護士費用は発生しますが、逮捕を回避するための活動を行ってもらうことができます。 逮捕回避するための方法

詐欺をしてしまった場合の逮捕回避のケースは?

詐欺罪を犯してしまっても、「証拠隠滅する可能性が低い場合」や「逃亡する可能性が低い場合」は、逮捕されないケースもあります。しかし逮捕されない場合でも、被害届が受理されれば、在宅事件として捜査・取り調べなどが行われることになります。 詐欺における逮捕回避のケース

傷害をしてしまった場合の逮捕回避のケースは?

傷害罪でも逮捕を回避できることがあります。「傷害罪の結果が重大でない」場合、逮捕されないケースもありますが、被害届が受理されれば、在宅事件として捜査や取り調べが行われることがあります。 傷害における逮捕回避のケース

目次に
戻る
TOPに
戻る