児童買春|弁護士相談のススメ。無料相談をおこなう弁護士はどうやって検索する?

  • 児童買春,弁護士,相談
  • 10

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

児童買春|弁護士相談のススメ。無料相談をおこなう弁護士はどうやって検索する?

児童買春についての相談を受付ける弁護士はどうやって検索したらいいのか分からないというお悩みの方が多いです。

本日は、「児童買春をはじめとした刑事事件を相談できる弁護士」をテーマにお送りしたいと思います。

スマホでつながる。児童買春を弁護士に相談するなら

全国47都道府県ごとに児童買春など刑事事件をあつかう弁護士を検索

児童買春事件を弁護士に相談すべき理由とは

このような点をレポートしていきたいと思います。

法律の専門家としての観点からお話しいただくのは、弁護士の岡野武志先生です。

【スマホ窓口】児童買春を手軽に弁護士に相談するなら

【スマホ窓口】児童買春を手軽に弁護士に相談するなら

24時間・365日…弁護士「無料相談」を受付中の窓口はこちら

児童買春事件について「今すぐ」相談したいけど、時間がないとお悩みの方は多いようです。

「仕事があって日中は動けない」

「家事があって家をあけられない」

そんなときに、ぜひお試しいただきたい相談窓口を紹介したいと思います。

こちらからどうぞ。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

こちらは24時間365日、専属スタッフが受付中の相談窓口です。

仕事や家事で忙しいという方でも、ちょっとした時間にご利用いただける窓口になっています。

電話窓口(弁護士と対面相談の予約専用ダイヤルです。)

LINE無料相談

Facebook無料相談

使いやすい窓口を選んで、児童買春事件について今すぐご相談ください。

【弁護士検索】児童買春を地元の弁護士に相談するなら

【弁護士検索】児童買春を地元の弁護士に相談するなら

東京・京都・大阪…児童買春などの相談を受け付ける全国の弁護士を検索

児童買春事件などの相談を受け付ける弁護士を探そうと思っても…

「探し方が分からない」

「地方に弁護士っているの?」

このようなお悩みをお聞きする機会が多いです。

そんな時は、ぜひこちらをお使いください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

当カタログ編集部が全国47都道府県から弁護士をピックアップして掲載しています。

掲載中の弁護士の基準は…?

児童買春をはじめとした刑事事件をあつかう弁護士

弁護士費用がホームページに明記されている弁護士

このような基準をクリアした弁護士のみをピックアップして掲載しています。

児童買春事件でお困りの場合は、こちらを使って地元の弁護士を探してみてください。

児童買春は何のために弁護士に相談する?

児童買春は何のために弁護士に相談する?

児童買春といった刑事事件をあつかう弁護士とつながる方法についてお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか。

そもそも、児童買春事件は何のために弁護士に相談したほうがいいのでしょうか。

ここからは、弁護士がおこなう児童買春事件における弁護活動の内容についてみていきたいと思います。

弁護士がおこなう児童買春事件における弁護活動とは?

弁護士がおこなう、弁護活動は多岐にわたります。

そのなかでも、とくにポイントとなる点について解説していきたいと思います。

弁護活動の一部

早期釈放をめざす

示談交渉をおこなう

再犯を防ぐ

それでは、弁護活動についてひとつずつみていきたいと思います。

早期釈放を目指す

児童買春など刑事事件で逮捕されると、最大で72時間も拘束されることになります。

さらに勾留されることになると、起訴までに最大で20日間も留置場での生活がつづくことになります。

早期釈放を目指すなら、逮捕・勾留する必要がないことを検察官や裁判官に主張することがポイントになります。

逮捕されるのは、つぎの要件を満たす場合になります。

逮捕の要件

逮捕される理由があること

逮捕される必要性があること

勾留されるのは、つぎの要件を満たす場合になります。

勾留の要件

勾留請求の手続きが適法であること

勾留される理由があること

勾留される必要があること

早期釈放となれば、日常生活への影響も最低限に抑えられる可能性が高まります。

逮捕・勾留による長期間の拘束を回避するためには、弁護士の存在は重要になると思います。

示談交渉をおこなう

児童買春事件など被害者がいる刑事事件では、被害者への被害回復に努めているかどうかという点が刑事処分に影響を与えます。

被害回復は、示談を通しておこなわれることになります。

児童買春事件では初犯であっても、示談成立が不起訴につながるとはかぎりません。

児童買春を取り締まる法律は、児童の権利を保護することが目的となっています。

児童側と示談が成立しても、侵害された児童の権利が完全に回復されたとはおよそ言えません。

とはいえ、示談成立によって不起訴となった事件もあります。

示談によって罪を償う誠意や姿勢をみせるという点では重要になってきます。

再犯を防ぐ

児童買春をはじめとした刑事事件においては、「再犯」を起こさないかどうかという点も重要視されることになります。

児童買春など性犯罪は、再犯が多いとも言われています。

児童買春で執行猶予を受けたことがあるのに再び児童買春事件をおこした場合は、実刑判決が言い渡される可能性が高くなります。

とくに、執行猶予「中」に児童買春の再犯を犯した場合は、懲役実刑が言い渡されるのが基本となります。

性犯罪は、性に対する認知のゆがみなど、精神的な病気が原因となって引き起こされているケースがあります。

このようなケースで再犯を防止するには、根源となる病気を治療することが課題となります。

弁護士によっては、医療機関と提携して再犯防止につとめることもあります。

このような提携機関をもつ弁護士であれば、再犯防止に努めている弁護士であるということが分かります。

【コラム】児童買春事件の弁護士費用はどのくらい?

児童買春事件を弁護士に依頼することになったら、弁護士費用はどのくらいになるのでしょうか。

どのくらいの弁護士費用になるのか、ある程度おさえておかないと依頼するにしても不安だと思います。

弁護士費用の算出方法は、多くの場合つぎのようにおこなわれています。

弁護士費用

着手金 + 成功報酬 + 日当 + 実費

このような項目を合計して、弁護士費用の算出方法をとる弁護士が多いようです。

弁護士費用については児童買春など事件の内容にかかわらず、弁護士が自由に料金を設定することができます。

弁護士によっては、弁護士費用を時間制で算出していることもあります。

弁護士に相談する際は、弁護活動の内容のみならず、弁護士費用についてもあわせて確認しておきましょう。

弁護士費用は、「児童買春事件だから〇〇円」になるという風に決まっているわけではありません。

弁護士によって異なるということが分かりました。

児童買春を弁護士に相談する前に基本をチェック

児童買春を弁護士に相談する前に基本をチェック

児童買春の意味・定義とは?弁護士が回答

児童買春の意味や定義を確認していきたいと思います。

まず、児童買春を取り締まる法律はつぎのとおりです。

法律

児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律

以下、「児童買春法」といいたいと思います。

この法律では、児童買春をつぎのように定義しています。

児童等に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等をすること。

児童買春法でいうところの児童とは、18歳未満のものをさします。

児童買春とは

18歳未満の者に対して、お金などを支払って性的な行為をすること

簡潔にまとめると、児童買春はこのような意味となります。

児童に対償を供与し、

性交等

性交類似行為

などをおこなうことが児童買春と定義されています。

対償とは現金のみならずバッグやアクセサリーといったプレゼントなどをさし、金額の大小は問われません。

児童との性交等におよぶ場合、金銭などの授受がないこともあります。

このようなケースは、各都道府県によって制定されている青少年保護育成条例(いわゆる「淫行条例」)に該当することになります。

金銭などの授受がないからといって、法に触れないというわけではありません。

児童買春はどんな刑罰?弁護士に聞く

児童買春で有罪判決が言い渡されることになると、どのような刑罰が待ちうけているのでしょうか。

条文を確認しておきたいと思います。

児童買春をした者は、五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。

児童買春は、「5年以下の懲役又は300万円以下の罰金」の刑罰に処せられるとのことです。

児童買春の刑罰について、もう少し解説を付け加えたいと思います。

「五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金」とは、

懲役

最短1ヶ月

最長5年

罰金

1万円

300万円

有罪判決が言い渡されることになると、このような範囲で刑罰が科されることになります。

刑罰の内容についてくわしくはこちらの動画をご覧ください。

児童買春の刑罰を最後にもう一度まとめておきたいと思います。

▼児童買春の刑罰
懲役 罰金
下限 1ヶ月 1万円
上限 5 300万円

【参考】「【児童買春の刑期】児童買春は懲役は何年の罪?気になる刑期をレポート

児童買春はどこから発覚する?ネットニュースを検索

児童買春は、どこから発覚して事件が捜査されることになるのでしょうか。

「親バレ」、「携帯の履歴」…

さまざまなルートから児童買春事件が発覚する可能性があります。

そこでネットニュースを検索して、児童買春が捜査されるにいたるルートを調査してみたいと思います。

まずはこちらのニュースからご覧ください。

ニュース1

女子高校生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、神奈川県警保土ケ谷署は5日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、(略)逮捕した。(略)

逮捕容疑は、(略)約6時間にわたり、茨城県稲敷市のホテルで、当時高校1年だった女子生徒(17)(略)に現金1万円を渡して、みだらな行為をしたとしている。

同署によると、別の事件で女性生徒から話を聴いていたところ、被害が発覚し、(略)関与が浮上した。(略)

女子高生とみだらな行為をしたとして逮捕されたという児童買春事件です。

こちらの事件では、

女子高生が別事件で話を聞かれていたところ児童買春の被害が発覚した

このような経緯で児童買春事件が発覚したようです。

つづいては、こちらの児童買春事件のニュースをご覧ください。

ニュース2

広島東署は5日、18歳未満と知りながら女子中学生とわいせつな行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ法違反(買春)の疑いで、(略)逮捕した。(略)

逮捕容疑は3月22日、広島市内のホテルで会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合った当時15歳の女子中学生に現金4万円を手渡し、わいせつな行為をした疑い。

捜査員がインターネットで不適切な書き込みをした未成年を指導する「サイバー補導」で少女と接触して発覚した。(略)

女子中学生とわいせつな行為をしたとして逮捕されたという児童買春事件です。

こちらの事件では、

インターネットのサイバー補導で、少女の書き込みを発見して接触した結果、児童買春事件が発覚した

このような経緯で児童買春事件が発覚したようです。

もう一つ、こちらの児童買春事件のニュースをご覧ください。

ニュース3

女子高生(16)に現金を渡してみだらな行為をしたとして、警視庁碑文谷署は、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、(略)逮捕した。

逮捕容疑は6月1日、東京都台東区のホテルで、千葉県に住む女子高生に現金10万円を渡してみだらな行為をしたとしている。(略)

警視庁は7月、東京・上野のJKビジネス店「GU探検隊」を摘発。(略)

同店と(略)容疑者のツイッターのダイレクトメールのやりとりから犯行が発覚した。(略)

女子高生に現金を渡して、みだらな行為をしたとして逮捕されたという児童買春事件です。

こちらの事件では、

JKビジネス店の摘発に際し、同店のSNSから児童買春事件が発覚した

このような経緯で、児童買春事件が発覚したようです。

児童買春の発覚はさまざまなケースが考えられます。

児童が補導されて、児童買春が発覚する

児童の両親がスマホをみて、児童買春が発覚する

警察によるネット掲示板上でのおとり補導・サイバー補導などで児童買春が発覚する

実際に逮捕されるかどうかは、事件ごとでケースバイケースといえるでしょう。

証拠が固まると基本的には逮捕されて捜査がすすめられることになります。

さまざまな経緯から、児童買春事件が発覚することが分かりました。

最後に一言アドバイス

最後に一言、弁護士からアドバイスをいただきます。

児童買春事件で逮捕・勾留されると、起訴されるまで最大で23日間ものあいだ自由をうばわれることになります。

この間は、仕事にも学校にも行くことができません。

一方、弁護士に児童買春事件を相談してサポートが受けられることになったら、釈放時期を早められる可能性が出てきます。

早期の釈放が叶えば、日常生活への復帰もはやいです。

少しでもはやい釈放を目指す方は、児童買春など刑事事件をあつかう弁護士に相談することが大切です。

まとめ

児童買春事件の相談を受け付ける弁護士の探し方などとお届けしてきました。

弁護士に児童買春事件を相談したいという方は、

スマホで無料相談

全国弁護士検索

これらを活用して、弁護士を探すことからはじめてみましょう。

事件を解決にみちびく弁護士にきっと出会えるはずです。

児童買春についてさらに詳しく知りたい方は、関連記事もチェックしてみてください。

目次に
戻る
TOPに
戻る