児童ポルノを弁護士に相談|単純所持で逮捕?無料相談・24時間電話受付する弁護士はどこ

  • 児童ポルノ,弁護士,相談
  • 10

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

児童ポルノを弁護士に相談|単純所持で逮捕?無料相談・24時間電話受付する弁護士はどこ

児童ポルノ弁護士相談したくても…

「どうやって弁護士を探したらいいのか分からない。」

このようなお悩みはないでしょうか。

本日は、児童ポルノといった刑事事件をあつかう弁護士の探し方についてレポートしていきたいと思います。

24時間・365日対応中の相談受付窓口はスマホから?

全国47都道府県ごとに弁護士を探す方法

児童ポルノの単純所持で逮捕とは?基本を知る。

このような点から、児童ポルノ事件についてせまっていきたいと思います。

法律家としての観点からお話しいただくのは、弁護士の岡野武志先生です。

【スマホ窓口】児童ポルノなどを24時間受付る弁護士に相談

【スマホ窓口】児童ポルノなどを24時間受付る弁護士に相談

相談料「無料」の弁護士の相談予約をとる

相談料が「無料」の弁護士だと気軽に相談することができるので、もしもの時も安心です。

でも…

「弁護士に相談する時間がない」

「法律事務所まで行く時間がない」

このような方には、24時間専属スタッフが受付をおこなう窓口を紹介したいと思います。

こちらからどうぞ。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

相談窓口の種類は3つからお選びいただけます。

電話窓口:弁護士との対面相談「予約」を受付

LINE無料相談:弁護士が順次、対応中

Facebook無料相談:弁護士が順次、対応中

警察が介入したような児童ポルノ事件などであれば無料で相談を受け付けています。

時間がないけど警察に呼び出しを受けているといった場合は、今すぐにこちらをお使いください。

【ネットで弁護士検索】児童ポルノを相談するなら地元の弁護士に

【ネットで弁護士検索】児童ポルノを相談するなら地元の弁護士に

東京・大阪・京都…全国から児童ポルノなどの相談にのる弁護士を検索

児童ポルノ事件はデリケートな話題なので、「対面」でじっくり相談できる弁護士に話を聞いてもらいたいという方も多いです。

では、実際に法律事務所に行くとなったらどうやって弁護士を探しますか?

ネットで探してみても、東京大阪など都市部の弁護士ばかりがでてきて…

「地元の弁護士が見つからない」

このようなお悩みをお持ちの場合は、こちらをお使いください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

全国47都道府県別に、当カタログ編集部が弁護士をセレクトしました。

探したい地域をタップするだけで、弁護士が一覧で表示されます。

掲載基準は、

児童ポルノなど刑事事件をあつかう弁護士

弁護士費用が明瞭な弁護士

このような点にもとづいて掲載しています。

地元の弁護士に児童ポルノについて相談したいという方は、こちらを使って弁護士を探してみてください。

児童ポルノ単純所持で逮捕…なぜ弁護士に相談が必要?

児童ポルノ単純所持で逮捕...なぜ弁護士に相談が必要?

児童ポルノの単純所持で逮捕されたので弁護士に相談したい…

法律では、一定の重大事件においては弁護士がいないと刑事裁判が開かれることはないとしています。

ですが、裁判がはじまる前から弁護士に相談したほうがいいという話もよく聞きます。

そもそもなぜ、児童ポルノなどの刑事事件では弁護士が必要になってくるのでしょうか。

弁護活動の一部

早期釈放を目指すため?

示談交渉が必要なため?

再犯を防ぐため?

弁護士がおこなう弁護活動はさまざまですが、このような点についてみていきたいと思います。

児童ポルノ事件における弁護士の活動とは?

早期釈放を目指すには?

児童ポルノといった刑事事件で逮捕されると、最大で72時間も留置場にいれられ取り調べを受けることになります。

勾留決定となれば、起訴までに最大で20日間のあいだ、留置場での生活が強いられることになります。

早期釈放を目指すためには、

逮捕・勾留する必要がないこと

このような点を、検察官・裁判官に主張していくことが重要です。

逮捕は、「逮捕の要件」を満たした場合に逮捕されることになります。

逮捕の要件

逮捕される理由がある

逮捕される必要性がある

勾留は、「勾留の要件」を満たした場合勾留されることになります。

勾留の要件

勾留請求の手続きが適法である

勾留される理由がある

勾留される必要がある

逮捕・勾留がつづくと長期間、自宅に戻ることはできません。

仕事や学校などに影響がでることもあるでしょう。

一方、早期に釈放されれば自宅に戻り、事件の捜査をうけることができるようになります。

早期釈放を目指すには、弁護士の存在が大きいといえるでしょう。

示談交渉は必要?

児童ポルノといった被害者がいる刑事事件においては、

被害者への被害回復に努めているか

このような点が刑事処分に影響を与えます。

被害回復は、示談によっておこなわれることになります。

児童ポルノ事件における示談成立は、不起訴につながるとは言いがたいです。

児童ポルノを取り締まる法律の目的は、児童の権利を保護することです。

児童側と示談成立となっても、侵害を受けた児童の権利が完全に回復されたとは言えません。

そうはいっても、児童ポルノ事件でも示談成立によって不起訴となったこともあるようです。

示談を通して、罪を償う誠意や姿勢をみせる点において重要となります。

再犯を防ぐとは?

児童ポルノをはじめとした刑事事件においては、「再犯」につながらないかどうかも重要視される点になります。

児童ポルノ事件にかぎった話ではありませんが、

「同種前科の執行猶予期間中に再犯をおかした」

「全く反省が見受けられない」

このような刑事事件では、執行猶予はつかずに懲役刑で刑務所に入れられることになるでしょう。

児童ポルノなどの性犯罪は、性嗜好障害といった精神障害であるケースも報告されています。

このような場合に起きた事件において再犯を防止するには、根源である病気の治療が課題となります。

ただ単に「再犯しません」と口先だけでいうのではなく、しっかりと専門の医療機関にかかるなど具体的な対策を取る必要があります。

医療機関と提携している弁護士もいるようなので、そのような弁護士に依頼することもポイントになると思います。

児童ポルノ事件の弁護士費用はどのくらい?

児童ポルノ事件の弁護士費用はどのくらい?

児童ポルノ事件など、刑事事件を弁護士に相談・依頼することになったら…

弁護士費用がどのくらいになるのか気になります。

「数十万はかかる」

「弁護士費用はお高い」

このようなイメージがあるようです。

弁護士費用の実態にせまっていきたいと思います。

児童ポルノを弁護士に相談・依頼したら料金はどうなる?

弁護士費用は、どのように算出されることになるのでしょうか。

弁護士費用の算出方法

弁護士は弁護士費用を自由に設定しているので、算出方法はさまざま

児童ポルノ事件を相談・依頼したら「〇〇円」と一律で決まっているわけではありません。

弁護士は、弁護士費用をつぎのように料金を算出していることが多いです。

着手金+成功報酬+日当+実費

このような内訳で弁護士費用を算出することもありますが、弁護士によってはタイムチャージ式を採用することもあります。

どのように弁護士費用が算出されるのかは、弁護士によって異なります。

児童ポルノを相談した際には、どのような料金設定となっているのか確認しておきましょう。

弁護士に相談する前に…児童ポルノの基本をチェック

弁護士に相談する前に...児童ポルノの基本をチェック

そもそも、児童ポルノとはどのような事件をさして児童ポルノというのでしょうか。

原点に戻って、児童ポルノの基本をチェックしていきたいと思います。

児童ポルノの単純所持とは?逮捕について弁護士が教える

児童ポルノというと、「単純所持」という言葉をセットでよく耳にすることも多いかと思います。

こちらのニュースをごらんください。

児童ポルノ画像を隠し持っていたとして、(略)保育士の男が、児童ポルノ禁止法違反容疑で流山署に逮捕されていたことが7日、分かった。(略)

市などによると、流山署が5日朝から(略)容疑者の自宅を捜索。

ポルノ画像が記録された画像媒体が複数見つかり、携帯電話にも児童が複数人写っていた。(略)

児童ポルノ禁止法(単純所持)容疑で逮捕されたという。(略)

保育士の男が児童ポルノの単純所持で逮捕されたというニュースです。

児童ポルノの単純所持とはいったいどういうことなのでしょうか。

児童ポルノの単純所持

自己の性的好奇心を満たす目的で、自己の意思によって「児童ポルノ」を所持すること

このような目的で児童ポルノを所持することが単純所持とされています。

そもそも、児童ポルノとはどのようなものをさして「児童ポルノ」というのでしょうか。

なんとなく意味はとらえられていても、法律的な話になるとむずかしいかもしれません。

児童ポルノを定義する法律を確認しておきたいと思います。

この法律において「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(略)に係る記録媒体その他の物であって、次の各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものをいう。

一 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態

二 他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

三 衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位(略)が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの

この法律(以下、児ポ法)では、このようなものを児童ポルノと定義しています。

とはいっても、法律を読み慣れていないと条文が長くて分かりづらいと思います。

もうすこしかみ砕いて、児童ポルノとはいったいどのようなものなのか解説していきたいと思います。

▼児童ポルノの被写体
✔児童が性交・性交類似行為をしている様子
✔児童の性器や児童が他人の性器をさわっている様子
✔児童の裸や半裸の様子

このようなものが写った写真動画画像データなどが児童ポルノであると定義されています。

児ポ法では単純所持のほかに、

提供

製造

他人に提供する目的での所持

なども処罰の対象となっています。

事件の内容にもよりますが、児童ポルノの製造・提供などは逮捕状にもとづいて逮捕されるケースが多くなっています。

児童ポルノ事件で逮捕されることになると、どのような流れですすんでいくのでしょうか。

こちらをご覧ください。

警察に逮捕されると48時間以内に、送致の段取りが組まれます。

送致をうけた検察官は24時間以内に勾留請求するかどうかを決めます。

勾留が決定するとまず10日間は留置場などで生活を送ることになります。

勾留が延長されると、さらに10日間以内の期間、勾留延長となります。

逮捕から勾留延長までの期間を合わせると起訴されるまで「最大23日間」ものあいだ自宅に戻ることができなくなります。

児童ポルノはどんな刑罰?弁護士が回答

児童ポルノはどんな刑罰なのでしょうか。

児ポ法において、違法行為それぞれに刑罰が決められています。

児童ポルノの刑罰

単純所持:1年以下の懲役または100万円以下の罰金

提供・製造:3年以下の懲役または300万円以下の罰金

陳列:5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金または併科

このような範囲で、刑罰が決められることになります。

懲役とは、刑務所に入れられて刑務作業を強いられる刑罰です。

罰金とは、一定の金銭の支払いを強いられる刑罰です。

▼児童ポルノの刑罰
懲役 罰金
単純所持 1年以下 100万円以下
提供※1 3年以下 300万円以下
製造 3年以下 300万円以下
陳列 5年以下※2 500万円以下※2

※1 不特定多数に提供した場合は、「陳列」と同じ刑罰になる
※2 懲役と罰金が併科されることもある

児童ポルノはどうやってバレる?弁護士が傾向を解説

児童ポルノ事件はどのように事件が発覚することになるのでしょうか?

まずは、こちらのニュースをご覧ください。

全国の警察が昨年1年間に摘発した児童ポルノ事件は2413件となり、過去最多を記録した。(略)

きっかけは、昨年5月、「厳選DVDショップありす」の関係者ら4人の逮捕。

押収したパソコンなどを分析したところ、そこに残されていたのは、国内では最大規模とみられる約7千人もの購入者リストだった。(略)

職業は、小学校教員や塾経営者から、警察官や市議会議員、県庁職員らまで幅広い。(略)

これまでに200人以上が児童ポルノの所持容疑で摘発されている。(略)

児童ポルノの販売業者が摘発されて、購入者リストから児童ポルノ事件の摘発につながったというニュースです。

このようなルートから事件が発覚することがあるようです。

児童ポルノ事件は、ほかにどのようなルートから摘発されることがあるのでしょうか。

児童ポルノ事件が発覚するにいたる経緯はさまざまです。

ネット掲示板に児童ポルノをはりつけて、IPアドレスから警察に特定された

別の盗撮事件をおこしてスマホの中身がみられることになり発覚した

など、いろいろな状況が想定されます。

近年では、SNSを通じて知り合った児童に対して言葉たくみにだまして裸の写真を送らせるという事件が発生しています。

そこから児童が親に相談するなどして、児童ポルノ事件が発覚したというケースもあるようです。

児童ポルノ事件はさまざなルートから発覚する可能性があります。

最後に一言アドバイス

最後に一言、弁護士からアドバイスをいただきます。

児童ポルノ事件で逮捕された場合は、弁護士にご相談ください。

弁護士がつけば、取り調べ時の対応方法などアドバイスがもらえます。

早期釈放にむけて、弁護士は尽力します。

児童ポルノ事件でお悩みの方は、今すぐ弁護士に相談するようにしましょう。

まとめ

児童ポルノ事件を相談できる弁護士の探し方などを解説してきました。

児童ポルノ事件などの刑事事件は「今すぐ」弁護士に相談することが大切です。

スマホで無料相談

全国弁護士検索

これらを使って、児童ポルノ事件を相談できる弁護士をお探しください。

児童ポルノについてさらに詳しく知りたい方は、関連記事もチェックしてみてください。

目次に
戻る
TOPに
戻る