全国137事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【弁護士相談】盗撮の逮捕で実名報道を回避!費用「無料」の窓口をレポート

  • 盗撮,弁護士

【弁護士相談】盗撮の逮捕で実名報道を回避!費用「無料」の窓口をレポート

盗撮事件を解決に導いてくれる弁護士を探したい。

けれど、どうやって探せばいいのか分からない!

もしも、あなたの大切な家族が盗撮で逮捕されたら…

呆然とするしかないのでしょうか。

今回のテーマは「盗撮事件に注力する弁護士特集」です。

弁護士をお探しのあなたに、読んでいただきたいテーマです。

おさえていただきたい弁護士探しのポイントは2つ!

  • 盗撮事件を弁護士に無料相談できる窓口3選
  • 盗撮事件を地元の弁護士に相談

そのほかにも…

  • 盗撮事件の弁護士費用
  • 盗撮事件の実名報道を回避する方法

などなど、気になる話題で盛りだくさんになっています。

それではさっそく、いってみましょう。

「盗撮事件に注力する弁護士特集」と題してレポートをお届けします。

なお、法律に関する分野の解説は、専門家をお招きしています。

刑事事件のプロフェッショナル、弁護士・岡野武志先生です。

よろしくお願いします。

弁護士の岡野です。

盗撮事件は、今までの弁護活動のなかで数多くあった事件です。

実際の事例を踏まえてお話していきたいと思います。

よろしくお願いします。

実例にもとづく、現場のリアルなお話が聞ける機会になっています。

みなさんがお持ちの、不安や疑問をどんどん質問していきます。

盗撮事件でお困りの方にとって、道しるべとなるような記事になるよう進めていきます!

盗撮事件に注力する弁護士の無料相談窓口3選

盗撮事件に注力する弁護士の無料相談窓口3選

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

東京・大阪・横浜(神奈川)・福岡…日本全国から盗撮事件にくわしい弁護士を探す

東京・大阪・横浜(神奈川)・福岡...日本全国から盗撮事件にくわしい弁護士を探す

地元の弁護士を探すなら!盗撮事件に対応する弁護士に相談

弁護士に相談するなら、実際に会って相談がしたい…!

というあなたにピッタリの検索方法があります。

弁護士の探し方って意外とむずかしいのです。

盗撮のような刑事事件をあつかっている弁護士

 すべての弁護士が刑事事件を得意分野としている訳ではありません。

 離婚・交通事故・刑事事件…

 などなど、細かく専門分野が分かれます。

 盗撮について相談したいなら、刑事事件の実績がある弁護士であるかが重要です。

日本全国の全弁護士から、地元の弁護士を見つける

 日本には約4万人もの弁護士がいます。

 意外と弁護士の数って多いのです。

 その多数の弁護士のなかから、あなたにピッタリの弁護士を探すとなると…

 ネットで検索するだけでも、情報であふれかえっています。

お住いの地域をタップすれば、地元の弁護士を見つけることができます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

カンタンな操作で、地元の弁護士にたどり着くことができます。

あなたのお住い近くの弁護士を見つけることができましたか?

弁護士の探し方が分からない…

とお悩みだった時間があっという間に解決です!

弁護士が見つかったら、いざ本題に突入!

盗撮事件について、弁護士に直接相談してください。

盗撮事件にくわしい弁護士を見つけるには、検証にポイントあり

弁護士の検索結果を見てみると…

法律事務所が一覧で表示されます。

一覧表示なら、法律事務所同士の検証がしやすいです。

≪弁護士検索一覧の特徴とは≫

  • 法律事務所の強み
  • 法律事務所の専門性
  • アクセス、最寄り駅
  • 電話番号

そのほかにも、Facebookの口コミ評判が見られる法律事務所もあるようです。

弁護士選びの参考にしてみてはどうでしょうか。

弁護士費用の相場が知りたい!盗撮事件で困ったら…

弁護士費用の相場が知りたい!盗撮事件で困ったら...

盗撮事件の弁護士費用の相場とは?

いざ、弁護士に相談するとなったら気になるのは「お金」について…

弁護士費用っていったいどのくらい必要になるのか謎だらけですよね。

そこで、弁護士費用についておさえておきたい主な3つのポイントを紹介します。

弁護士費用の主な3つのポイント

  1. ① 着手金
  2. ② 成功報酬
  3. ③ 日当・実費

それぞれのポイントをかいつまんで説明していきます。

① 着手金とは

 弁護士に事件を依頼した段階で支払います。

 事件によって、20万円60万円と設定する法律事務所が多いようです。

② 成功報酬とは

 弁護活動の成果に対して支払います。

 盗撮事件での成功報酬は、刑事処分の結果によって異なります。

③ 日当・実費とは

 日当は、弁護士によって算出方法がさまざまです。

 たとえば、裁判所に出向くまでの往復所要時間から算出したりします。

 実費は、その名のとおり、実際にかかった費用のことです。

 たとえば、裁判に必要な書類のコピー代などです。

以前までは弁護士会の報酬規程によって、弁護士費用が統一されていました。

しかし、最近そのルールがなくなり、弁護士が自由に弁護士費用を設定できるようになりました。

つまり、弁護士によって費用設定に幅がでるようになったのです。

着手金や成功報酬、日当・実費の算出方法についても弁護士が独自に設定しています。

ですので、一概に「盗撮事件を担当するから〇〇万円かかります。」とは言えません。

弁護士に相談するときは、あわせて弁護士費用についても細かく確認しておく必要があります。

弁護士費用について、くわしくはこちらもご覧ください。

弁護士に聞く盗撮事件の真相!

弁護士に聞く盗撮事件の真相!

①盗撮とは何罪?

まず、そもそも盗撮は何罪にあたるのでしょうか?

盗撮罪とは聞いたことがありません。

盗撮事件のニュースはよく目にします。

ですが、どのような法律によって定められているのでしょうか。

こちらのニュースをご覧ください。

同僚の女性職員を盗撮したとして、愛知県教育委員会は6日、名古屋市内にある県立高校の男性用務員(64)を停職6カ月の懲戒処分とし、発表した。

(略)

県教委によると、用務員は7月3日午後2時ごろ、校内の女性職員更衣室で、ビデオカメラ2台を座布団の下などに隠して設置。

(略)

県警は軽犯罪法違反の疑いで書類送検する方針。

女性更衣室にカメラを仕込んだという事件です。

「軽犯罪法違反の疑い」とあります。

軽犯罪法って、きっと一度は耳にはしたことはありますよね。

条文の中身をみていきましょう。

正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

通常衣服をつけないでいるような場所…

先ほど紹介したニュースでいうと、「更衣室」がその場所にあたりますね。

しかし!

盗撮行為は、軽犯罪法違反だけではないのです。

こちらのニュースをご覧ください。

東京都教育委員会は4日、女性のスカート内を盗撮したとして、葛飾区立小松南小の男性教諭(41)を懲戒免職に(略)した。

都教委によると、小学校の教諭は昨年7月と12月、電車内や駅のエスカレーターで、携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」を使って女性のスカート内を盗撮し、今年1月、都迷惑防止条例違反罪で罰金30万円の略式命令を受けた。

女性のスカート内を撮影したというニュースです。

「迷惑防止条例違反」とあります。

そうなんです。

盗撮は、各都道府県の「迷惑防止条例違反」にも該当するのです。

条文の中身をみていきましょう。

公衆便所、公衆浴場、公衆が使用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部若しくは一部を着けない状態でいる場所又は公共の場所若しくは公共の乗物において、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。

こちらの条例では、「公衆の場所」にあたるかがキーワードとなるようです。

どちらにも共通するのが、「衣服を身に着けていない身体をみる(撮る)」ような行為が盗撮とみなされます。

盗撮行為は大きく2種類で定義されています。

  • 軽犯罪法違反
  • 各都道府県の迷惑防止条例違反

そのほかにも、のぞき見を目的として、住居内に無断で侵入した場合は…

住居侵入(刑法130条)」の罪に問われる可能性もあります。

どちらにせよ、どのような法に触れるのか、素人では区別をつけることはむずかしいでしょう。

盗撮について、くわしく調査されたレポートを用意しました。

もっと深く知りたいという方は、こちらもあわせてチェックしてください。

②盗撮の刑罰は?

それでは、軽犯罪法違反と迷惑防止条例違反の刑罰はどのようなものになるのでしょうか。

迷惑防止条例違反と軽犯罪法違反では、刑罰も異なることになります。

いわゆる「法定刑」が違います。

軽犯罪法と迷惑防止条例の検証
  軽犯罪法 迷惑防止条例※
行為 人が服を着ていないような場所をのぞき見ること 公共の場所で服で隠されているような下着や身体をカメラなどで撮影すること
法定刑 30日未満の拘留又は1万円未満の科料 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

※東京都の場合

身体拘束の点でみると、30日未満と1年以下とでは刑の重さが違います。

盗撮を裁く、一見同じような法律でも、内容をよくみてみると異なる点が多いことが分かりました。

一口に盗撮といっても、どのような法律に該当するのかが重要なポイントといえそうです。

③逮捕後日の流れとは?

盗撮が何罪に該当するのか、どのような処罰をうけるのか理解できたところで…

つづいては、逮捕後の流れについて簡単に解説していきます。

まずは、こちらをご覧ください。

逮捕の流れ

逮捕後の流れが、簡単にまとめられています。

こうやって見ると、スムーズに刑事手続きが進められていくようにも思えますが…

よくみてください。

最長で約23日間、留置場などに留置される可能性があります。

逮捕後日の流れについて、くわしく解説された記事を紹介します。

起訴されるとなると、23日よりさらに長くなる可能性があります。

長期の間、自由が奪われることになると…

  • 家に帰宅できない
  • 会社に出社できない
  • 学校に登校できない

さまざまな問題が生じることになります。

23日間って、3週間ちょっとですよね…

留置場での生活がどのようなものか、想像もつきません。

寒いんでしょうか…?

ご飯は食べれるのでしょうか…?

そのような疑問をイチから解説した記事を紹介します。

あわせてチェックしてみてください。

盗撮事件の実名報道を回避したい!弁護士相談のススメ

盗撮事件の実名報道を回避したい!弁護士相談のススメ

盗撮事件に限らず、逮捕されたら気になるのが「実名報道」についてだと思います。

なにげなくみているニュースのなかにも、実名での報道は数多くあります。

もしも、実名で報道されるような事態になったとしたら…

ご自分だけではなく、ご家族まで身バレしてしまう危険性があります。

新聞だけでなく、ネットニュース・twitterなどのSNSでは、一瞬で情報が広まってしまいます。

また、ネットに一度情報が出てしまうと、すべて削除するのは不可能に近いでしょう…

このような実名報道を回避する術はあるのでしょうか…?

まずは、実際のニュースから実名報道の傾向をおさえていきましょう。

実録!盗撮の最新ニュースから実名報道の傾向を読む

警察官の場合

まずは、警察官が盗撮を行ったというニュースです。

石川県警の20代の男性巡査長が、女性を盗撮したとして7月28日付で減給10分の1、6カ月の懲戒処分を受けた後に退職し、石川県迷惑行為等防止条例違反の疑いで8月1日に書類送検されていたことが12日、県警への取材で分かった。(略)

こちらは、実名の公開とまでは言っていませんが、ニュースとして取り上げられています。

公務員の場合

つぎに、公務員が盗撮を行ったというニュースです。

女性のスカート内をスマートフォンで盗撮したとして、京都府警下京署は8日、(略)を府迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕した。(略)

こちらは地方公務員で、実名報道に至っています。

医師の場合

最後に、医師が盗撮を行ったというニュースです。

泥酔して病院に搬送され、抵抗できない状態の女性の胸を触ったり、乳がん検診などで女性の触診を行う際、スマートフォンで盗撮していたとして、大阪府警は6日までに、同府松原市の医師(略)を準強制わいせつと軽犯罪法違反の疑いで逮捕、送検した。(略)

こちらも、実名報道に至っています。

このように、ざっと編集部がネットで検索しただけでもすぐにニュース記事がヒットします。

実名報道にいたるニュースの印象としては…

警察官や医師など、ある一定の職種の場合、報道されやすいようです。

だからといって、普通のサラリーマンだから報道されないとも限りません。

実名報道を回避する術はあるのでしょうか?

【マル秘】盗撮事件、弁護士の実名報道の回避術!

ここからは、実名報道のリスクをいかにして少なくしていくかを解説していきます。

まずは、逮捕されないという点からみていきます。

というのも…

逮捕前の時点で、被害者との示談を成立させれば逮捕の可能性が低くなります。

逮捕の可能性が低くなるからといって、安易に示談に持ち込もうとするのではいけません。

被害者に誠心誠意、謝罪賠償を尽くすことが重要です。

直接、被害者に接触することで、被害者を怖がらせてしまうこともあります。

また、加害者と接触を拒んだり、示談そのものを拒否する可能性もあります。

ご自身で判断して示談を進めるのではなく、かならずあいだに弁護士をはさみましょう。

たとえ逮捕後であっても、示談の成立は加害者にとって刑事処分に大きな影響を与えます。

示談成立という結果は、検察官が刑事処分を検討するうえで考慮する材料となります。

不起訴処分になれば前科はつきません。

100パーセント、実名報道が回避する術があるかといわれれば、答えはノーです。

ですが…!

実名報道のリスクを限りなく少なくする方法があるといわれれば、答えはイエスです。

一人で悩まずに、専門家に相談するようにしましょう。

盗撮事件は必ず弁護士に相談すべきか?弁護士が回答

盗撮事件は必ず弁護士に相談すべきか?弁護士が回答

①盗撮で逮捕…早期釈放に向けての弁護士の活動

逮捕されると、最長で約23日間にもおよぶと前述しました。

そのような長期間、自由がなくなってしまうことになったら…

通常の生活を送ること、さらには、もとの日常に戻ることすらむずかしくなるかもしれません。

早期釈放に向けて、弁護士はどのような活動をしてくれるのでしょうか。

弁護士は、「勾留の決定を阻止する弁護活動」を行います。

検察官や裁判官に対して、勾留しないように意見書とよばれる書面を提出します。

  • 被疑者には前科がない
  • 被疑者は社会人として真面目に働いている
  • 被疑者の身分が安定している
  • 被疑者の家族が身元の引受けを誓約している

このような内容をしっかりと伝えることで、早期釈放につなげていきます。

釈放のタイミングが早ければ早いほど、社会復帰の可能性もアップします。

会社解雇や学校退学などの事態に陥らないために、弁護士に早期に相談するようにしましょう。

②盗撮で起訴…前科を回避するための弁護活動

盗撮で逮捕されたとなると、前科について心配になると思います。

転職活動、就職活動、結婚など…

人生の大きなタイミングで前科は大きな影響を与えることになります。

できる限り、前科は回避したいものです。

まず、逮捕されただけでは、前科はつかないという点はおさえておいてください。

前科を付けないための、弁護士の活動としては大きく2つあります。

  • 検察官から不起訴処分を獲得する
  • 裁判で無罪判決を獲得する

しかしながら、現実的には不起訴処分を目指すことが多いでしょう。

事件の内容にもよりますが、不起訴処分を求める活動がほとんどです。

日本の刑事裁判で、無罪判決を獲得する確率は統計上0.01パーセントとかなり低いためです。

不起訴処分を獲得するために、どのような弁護プランで進めていくのか方向性を決めておく必要があります。

③盗撮事件を示談で解決

実名報道の回避術として、示談を紹介しました。

示談が与える大きな影響については、お分かりいただけたと思います。

それでは、示談に弁護士が関与する必要性はあるのでしょうか。

盗撮などの性犯罪の場合、被害者は加害者との接触を拒否することが多いです。

接触なしには、示談は不可能です。

そこで、頼りになるのが弁護士です。

弁護士に限って、会うことを許してくれる被害者も中にはいらっしゃいます。

厳しい弁護士倫理に服している弁護士という大きな信頼をもっているからこそ、なしえることができるのです。

示談交渉は、法律のプロである弁護士に依頼しましょう。

罪を償って、謝りたい…

そう思っても、謝ることすら許されない状況も考えられます。

誠実な対応をしようとして、被害者に接触することで恐怖を与えてしまう可能性もあります。

そのような事態を避けるためも、弁護士に相談するようにしましょう。

かならず、弁護士が力を貸してくれます。

盗撮事件の示談について、くわしくはこちらもあわせてチェックしてみてください。

【早期解決】盗撮事件で困ったら、弁護士相談へ急げっ!

【早期解決】盗撮事件で困ったら、弁護士相談へ急げっ!

盗撮事件で困ったら、頼りにしたいのは…

弁護士ではないでしょうか。

やはり、法律の専門家に相談するのが事件解決への近道だと思います。

弁護士の探し方が分からない…?

こちらのつぶやきのように途方に暮れながら、やみくもにネットで検索しつづける方法を選択しますか?

そこで、弁護士とスマートにつながることができる方法の提案です。

  • スマホで簡単に弁護士とやり取りできる方法
  • 地元の弁護士をサクッと探す方法

盗撮事件の早期解決を望むならっ!

弁護士への相談方法のおさらいです。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

47都道府県すべての弁護士から見つけたいなら弁護士検索

盗撮事件を弁護士に会って相談したいのなら、地元の弁護士を探しましょう!

例:大阪にお住いの場合

「関西」をタップ

「大阪」をタップ

大阪府の弁護士事務所を厳選セレクト!

地元にどんな弁護士がいるのか見てみるだけでも、使ってみる価値アリだと思います。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

使い方はとてもカンタンです。

弁護士の探し方が分からないとお悩みのあなたに、ぜひ使っていただきたいです。

ネットで「弁護士」と検索すると、たくさんの情報であふれかえっています。

そのなかから、地元の弁護士をさがすとなると一苦労…

こちらなら近くの弁護士にしぼって探せます。

情報量が多すぎて、混乱していたネット検索から解放されましょう。

今すぐに、弁護士に相談したいならこちらを活用してください。

最後にひとこと

レポートも終盤にさしかかってきました。

弁護士の探し方のコツはつかめたでしょうか。

それでは最後に、岡野先生から一言アドバイスをいただきたいと思います。

刑事事件は、スピーディーな対応がカギとなります。

とくに初期段階からどのように対応するか決めておくことが重要です。

盗撮事件のようなデリケートな問題は口外しにくい部分もあると思います。

ですが、そんな問題にこそ一人で悩みを抱え込まないようにしてください。

厳しい弁護士倫理に服した弁護士は、秘密厳守で動きます。

法律のプロが全力であなたをサポートします。

相談無料を行っている法律事務所もありますので、有効に活用していってください。

弁護士への相談はむずかしいことはなにもありません。

あなたのお悩みを、素直にお話してくださればよいのです。

まとめ

以上で、「盗撮事件に注力する弁護士特集」レポートはすべてです。

いかがでしたでしょうか?

弁護士を探しているあなたにとって、有益な情報がたくさんあったと思います。

スマホで無料相談

スマホを使って、手軽に弁護士とつながることができます。

全国弁護士検索

盗撮のような刑事事件に注力する弁護士を見つけることが可能です。

地元の弁護士を探したいならコチラからっ!

もっと盗撮事件について知りたいという方は、関連記事もチェックしてください。