全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【盗撮事件、弁護士は必要?】無料相談できる窓口・弁護士費用の相場大特集!

  • 盗撮,弁護士
  • 480

ご自身・ご家族・ご友人が盗撮の容疑で逮捕されてしまった…

  • 弁護士相談した方がいい?
  • 弁護士に相談すれば前科がつかない?
  • 会社にバレないよう弁護士に活動してもらえる?

など、不安・ギモンでいっぱいになると思います。

今回は盗撮事件を弁護士に依頼するメリットについてレポートしたいと思います!

盗撮事件、よくニュースで見かける犯罪ですよね。

日常にも起こり得る事件なので他人事ではありません。

被害者になることも考えられますし、魔がさして、盗撮行為を行ってしまうかもしれません。

つい最近でもこのようなニュースがありました。

女性のスカート内をスマートフォンで盗撮したとして、(略)を府迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕した。(略)

こちらも盗撮で現行犯逮捕されたというニュースですね。

逮捕されてしまったら

  • 前科がついてしまう?
  • どんな処罰が待っているんだろう
  • 社会復帰はできるのだろうか

と不安でいっぱいになりますよね。

もし、盗撮で逮捕されてしまったらスグに弁護士に相談することを強くオススメします。

弁護士が弁護活動をすることによって、前科を回避できる可能性が非常に高まります。

しかし、弁護士を探すときも

  • ひとまず無料相談をすることってできないの?
  • 盗撮事件で頼れる弁護士の探し方がわからない

などの疑問が浮かぶと思います。

ご自身だけで頼れる弁護士を選ぶのは困難です。

今回はこの記事をご覧の方に

  • 盗撮事件に詳しい弁護士無料相談できる窓口
  • 盗撮など刑事事件で頼れる弁護士の見つけ方
  • 盗撮事件の流れについて

など、今みなさんが知りたい情報を余すところなく伝授します。

盗撮事件でお困りの方必見です!

専門的な部分は刑事事件の専門家、弁護士の岡野武志先生に解説していただきます。

弁護士の岡野です。

これまでの弁護活動の経験を元に、盗撮事件について解説したいと思います。

【盗撮事件】頼れる弁護士「無料相談」窓口をご紹介

【盗撮事件】スグ頼れる弁護士「無料相談」窓口をご紹介

盗撮事件、弁護士は必要?弁護士に依頼するメリットとは

盗撮で逮捕されてしまったら、いったいどうなってしまうのでしょうか。

一度、逮捕されるとこんな不利益を被ることになります。

  • 釈放されなければ、最大で23日間、留置所から出られない。
  • 起訴されれば、裁判を受けなければならない。
  • 裁判で有罪判決が下れば、前科が付く。

などの状況になります。

このような状況になれば今後の生活にも大きく影響します。

前科がついてしまえば、もう取り消せません。

今後の進学・就職・転職などにも影響を及ぼしかねません。

前科を回避するためには、

  • 不起訴処分を獲得
  • 裁判で無罪判決を獲得

の2つの方法があります。

しかし、実際、一度起訴され、裁判まで進むとほぼ有罪判決が下されてしまいます。

よって、裁判になってしまった場合、無罪判決を獲得するのは難しいのが現状です。

そこで、盗撮事件の弁護活動では、不起訴処分の獲得により、前科の回避を目指すことが大切です。

盗撮で逮捕されてしまった場合、被害者との示談で不起訴の獲得を目指します。

盗撮を被害者と示談する場合、弁護士を選任する必要があるといえます。

逮捕された場合、弁護士に依頼し、被害者との示談で不起訴の獲得を目指します。

示談が成立することにより、

  • 身体拘束から解放される
  • 不起訴処分となり、前科が回避できる

これらの可能性を高めることができます。

前科を回避することは今後の生活のことも考えるとたいへん大切です。

以上の理由から弁護士を選任することは事件を解決するためにも重要だということがわかります。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

盗撮事件で頼れる弁護士!東京・横浜・名古屋・神戸・福岡など

実際に弁護士を選ぶ場合、自分だけでは希望に沿った弁護士を見つけるのは難しいですよね。

そこで、全国の弁護士から編集部独自の基準で厳選しました!

こちらから検索すればすぐにあなたにぴったりの弁護士がみつかります。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

全国に約4万人もいるなかから弁護士を選ぶことはたいへん困難です。

弁護士を探しているうちに状況はどんどん悪く…

なんてことも考えられます。

一刻も早く頼れる弁護士を見つけ、事件解決に努めましょう。

【弁護士に質問5選】盗撮事件、逮捕の流れ

【弁護士に質問5選】盗撮事件、逮捕の流れ

①そもそも盗撮とは?

1.盗撮の逮捕とは何か

盗撮行為の内容はこのように分類されています。

  • 軽犯罪法違反
  • 迷惑防止条例違反※例)大阪の条例違反

罪名としては「盗撮罪」は存在しません。

盗撮は上記のように迷惑防止条例違反や軽犯罪法違反にあたります。

迷惑防止条例では、次のように規定されています。

人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、公共の場所又は公共の乗物における衣服等で覆われている内側の人の身体又は下着を見、又は撮影すること。

盗撮には、「盗撮罪」という罪名はありません。

軽犯罪法違反、迷惑防止条例違反のどちらかの罪に問われることになります。

「盗撮罪」という罪名は存在しないのですね。

軽犯罪法違反では次のように規定されています。

正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

これに該当すれば、「拘留又は科料に処する」とされています。

軽犯罪法違反と迷惑防止条例違反の検証
軽犯罪法 迷惑防止条例違反
構成要件 人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見る行為 公共の場で衣服等で覆われている内側の人の身体又は下着を見、又は撮影する行為
具体例 民家の風呂場をのぞき見る行為など 電車内でスカートの中にカメラを差し入れ撮影する行為など

2.現行犯逮捕だけ?後日逮捕もありえる?

盗撮の逮捕は主に現行犯逮捕が多いです。

後日、盗撮の画像や動画を持っていたとしても、持っている人が盗撮したことを立証するのが難しいからです。

しかし、後日に逮捕される実例もありますので現行犯でないと逮捕されないとはいえません。

盗撮をしてしまった場合、現行犯で逮捕されなかった場合でも、後に通常逮捕されるケースはあります。

防犯カメラ等に盗撮シーンが写りこんでおり、犯行と犯人が特定されたケースなどです。

盗撮で後日に通常逮捕されるケースはそう多くはありません。

盗撮で後日逮捕されるケースは、盗撮の加害者が盗撮事件に関する証拠を隠滅する可能性が高い場合や逃亡する可能性が高いと判断される場合です。

また、盗撮の後日逮捕は、裁判官が発行する逮捕状にもとづいて行われる必要があります。

ところで盗撮の「現行犯逮捕」と「後日逮捕」は具体的にどのような違いがあるのでしょう。

簡単にみてみたいと思います。

▼現行犯逮捕

盗撮事件の現行犯逮捕は、目撃者や被害者側の関係者、現場に駆けつけた警察官によって行われることが多いです。

盗撮の現行犯逮捕は、基本的に、盗撮事件を現に確認した者によってその現場で行われます。

現行犯逮捕できるのは、基本的にその時その場限りです。

▼後日逮捕

盗撮事件の後日逮捕は警察官などの捜査機関によって行われます。

盗撮の後日逮捕は、裁判官が発行する逮捕状にもとづいて行われる必要があります。

逮捕状の発行を請求するのは、一般的に警察官です。

現行犯逮捕と後日逮捕の違い
現行犯逮捕 後日逮捕
逮捕のタイミング 犯行中、犯行直後 事件発生の後日
逮捕者 誰でも 警察官などの捜査機関

「現行犯逮捕」と「後日逮捕」について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

3.盗撮の示談とは

示談とは、私法上の紛争を当事者による合意という形で解決することです。

示談金の額は、当事者が話し合って決めますが、最終的な決着が民事裁判となることから、民事裁判で認められるような金額が相場となります。

盗撮をしてしまった場合でも、逮捕前の早い段階で示談を成立させることが大切です。

当事者同士でトラブルを解決することができれば、逮捕される可能性はゼロに近くなります。

また、示談が成立して当事者同士でトラブルが解決した場合、不起訴となるケースが多いです。

その場合、前科が付かないことになります。

また、刑事事件での「示談」という場合には

  • 被害回復の実現、またはその見込み
  • 被害者の許し

以上のような事項が、合意の内容として重要になります。

弁護士に示談交渉を依頼すると、早い段階で示談成立が可能となるケースが多くあります。

迅速な対応での示談成立は、盗撮事件では重要です。

盗撮の示談についてもっとくわしく知りたい方はこちらの記事もお読みください。

②盗撮の刑罰とは?

盗撮は軽犯罪法違反迷惑防止条例違反に分類されます。

それぞれ処罰の内容も異なります。

軽犯罪法違反

30日未満の拘留又は1万円未満の科料

迷惑防止条例違反※例)大阪府の条例違反

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

一般的な盗撮トラブルの初犯で有罪とされた場合、罰金30万円前後となることが多いです。

罰金の場合、有罪となっても裁判所の法廷に立つことが無いので、周囲の目に晒されないというメリットがあります。

しかし、有罪となり罰金を支払うと前科が付いてしまいます。

前科は一度つけば取り消すことができません。

裁判になると前科がついてしまう可能性が非常に高いです。

起訴される前に弁護士を選任し、不起訴獲得を目指しましょう。

③後日、被害届が出されるとどうなる?

盗撮は通常、現行犯逮捕で逮捕されることが多い事件です。

または、逮捕されず在宅事件として扱われることも多々あります。

盗撮を犯してしまっても、盗撮の犯行態様が悪質でない場合は、逮捕されないケースも多いです。

しかし、逮捕されない盗撮の場合でも、被害届が受理されれば、在宅(ざいたく)のまま捜査や取り調べが行われることになります。

在宅事件の場合は、警察署の留置場で生活する必要はありません。

自宅で生活することができます。

しかし、警察から呼び出しがあった場合は、その呼び出しに応じて自宅から警察署に出向き、盗撮事件の捜査や取り調べに協力することが求められます。

④会社にはバレる?懲戒処分は免れない?

盗撮で逮捕されたことが職場にバレると、懲戒処分になってしまうのでしょうか。

盗撮で捕まったのは自業自得とはいえ、会社をクビになってしまっては今後の生活がたいへん困ります。

盗撮での懲戒免職について最近でもこのようなニュースがありました。

大阪市教育委員会は、盗撮目的で女子更衣室に侵入したなどとして、(略)の男性臨時講師(23)を8日付で懲戒免職処分とした。(略)

このほか、駅で女性のスカートの中を盗撮したとして府迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された中学校の男性事務職員(43)も懲戒免職にした。

迷惑防止条例違反容疑で逮捕され、懲戒免職になっていますね…

このように盗撮行為での逮捕で懲戒免職になってしまう場合もあるみたいです。

盗撮行為をしてしまったら、確実に懲戒免職になってしまうのでしょうか。

盗撮行為を行っても、必ずしも学校や会社を退学や解雇になってしまうわけではありません。

その後の対応次第では、今まで通りの生活に戻ることは不可能ではありません。

まず、逮捕されるより前の早い段階で示談を成立させると、被害者や警察からの連絡で盗撮の件が学校や会社に伝わる可能性は限りなく低くなります。

示談が成立すれば逮捕されない場合が多いです。

なので、無断で長期に渡り学校や会社を休むこともなく、不審に思われることもなくなるといえます。

学校や会社に盗撮トラブルが伝わってしまった場合でも、不起訴になれば、前科が付きません。

なので、学校や会社の退学や解雇理由に当たらないことが多いです。

また、前科が付いてしまった場合でも、弁護士が会社に働きかけて解雇されなかったケースもあります。

場合や状況によって様々なので弁護士に相談し、会社の解雇を回避するように働きかけましょう。

⑤弁護士に依頼すれば不起訴を獲得できる?

弁護士に示談を依頼し、被害者側と示談が成立すると不起訴を獲得できる可能性が高くなります。

さらに、前科がなく初犯である場合は、起訴猶予で不起訴になることが多いです。

被害者側と示談が成立すると、被害届を取り下げてもらえる場合があります。

さらに、逮捕されていても釈放される可能性が高まります。

しかし、不起訴になるためには、事件が起訴される前に示談を成立させる必要があります。

事件が起訴された後に示談が成立しても、もはや起訴猶予で不起訴にはなりません。

不起訴獲得を目指すためにも早めの弁護士の選任をオススメします。

とにかく示談を成立させることが不起訴獲得には重要になってくるのです。

加害者側が被害者側と直接会って、示談交渉をすると、示談成立に支障が出ることも多くあります。

弁護士であれば、第三者的な立場にあり、厳しい弁護士倫理に服しているので信頼性もあります。

なので、被害者も示談交渉に応じてくれる場合もあります。

【弁護士費用】盗撮事件の弁護士費用を分析!

【弁護士費用】盗撮事件の弁護士費用を分析!

弁護士費用の相場はいくら?

弁護士に依頼する際、一番不安になるのが弁護士費用ですよね。

どのような名目で、いくらかかるのか把握しておけば弁護士費用への不安はなくなりますね。

弁護士費用はかつては日本弁護士連合会により一定の基準が定められていました。

なので、法律事務所も弁護費用は一律でした。

しかし、平成16年4月に弁護士報酬自由化が始まり、各法律事務所が独自の弁護士費用を設定することが可能になりました。

弁護士報酬の自由化が始まったことで各事務所で弁護士費用が異なります。

弁護士費用の相場をわかっていないと、どんな金額がだされてもそれが高いのか安いのかもわかりませんね。

損しないためにも自分自身で弁護士費用の内訳や相場を把握しておく必要があります。

相談料とは

「相談料」とは弁護士に法律相談をしたことに対する対価として支払われる料金です。

最近では、法律相談料が無料の法律事務所も多いようです。

有料の場合は、30分5,000円(税別)または1時間10,000円(税別)のところが多いようです。

相談の上依頼となれば、法律相談料が無料となる弁護士事務所も多いようです。

なお、法律相談料が無料なのは初回のみで、二回目以降は有料となる場合もあるので、よく確認が必要です。

各法律事務所によって金額が異なるのでホームページなどで一度、確認しましょう。

着手金とは

次に「着手金」をみていきましょう。

「着手金」という弁護士費用を聞いたことはありますか?

普段生活するなかではあまり耳にしない言葉ですね。

着手金は、弁護士に事件を依頼した時点で支払うお金です。

特徴としては、事件の結果に関係なく発生するという点があげられます。

結果に影響しない費用ですので、こちらは良い結果が出なかったとしても返金されません。

調査してみると、着手金は弁護士(法律事務所)によってばらばらであることがわかりました。

(着手金の設定例)

20万円~

30万円~

60万円~

強制わいせつ事件などの刑事事件では「60万円~」というケースが多くみつかりました。

成功報酬とは

次に「成功報酬」についてです。

成功報酬は、弁護活動の成果の対価として支払うお金のことです。

最終的に得られた結果によって、その費用は変わります。

一般的には、良い結果が得られると成功報酬は上がります。

良い結果が出なかった場合には成功報酬は低くなるのが通例です。

痴漢事件(強制わいせつ罪)の成功報酬も、刑事処分の内容によって変わるものだと考えておきましょう。

日当・実費とは

最後に「実費・日当」についてです。

「実費」は、その名のとおり、実際にかかった費用という意味です。

身体拘束中の被疑者への差し入れとして購入した「書籍代」や「衣類代」などがそれにあたります。

日当は、どのような基準を用いるかで大きく費用が異なります。

調査によると、日当は所要時間を基礎に算出することも多いようです。

例えば、事件現場の確認のために現場に足を運んだ場合を考えてみます。

弁護士が往復に要した時間を客観的な指標をもとに算出します。

そして、その弁護士が設定している料金設定に基づき日当を割り出すのです。

日当をどう計算するか、弁護士に依頼するときには事前に確認しておきましょう。

【盗撮事件でお困りの方へ】弁護士無料相談窓口はコチラ!

【盗撮事件でお困りの方へ】弁護士無料相談窓口はコチラ!

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

東京・神奈川・大阪・福岡…地元の弁護士を今スグ探す

無料相談をして、実際に弁護士に依頼する!となった時、みなさんはすぐに弁護士を探し出せますか?

全国には約4万人の弁護士がいます。

そのたくさんの弁護士から

  • 自分が住んでいる地域
  • 盗撮事件に力を入れている

などの条件を満たす弁護士を見つけるのは至難の業です。

人間、誰しも得意なものと不得意なものがあると思います。

それと同じで弁護士にも各々、担当する事件で得手不得手があります。

盗撮で逮捕されたら刑事事件に注力している弁護士に依頼するべきです。

こちらの全国弁護士検索はすぐに刑事事件にくわしい地元の弁護士を検索することが可能です!

弁護士に依頼する際はこちらから検索してみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

こちらの全国弁護士検索に掲載している弁護士は一定の基準で厳選された弁護士ばかりです。

実際に利用した方の口コミも記載してあるので生の声を聞けて安心ですね!

それぞれの厳選された弁護士事務所を検証できるので自分にぴったりの弁護士が見つかりそうです!

弁護士をお探しの際はぜひこちらから検索してください。

最後にひとこと

最後に岡野先生から一言お願いします。

盗撮事件は決して軽い犯罪ではありませんし、前科がつけば今後の人生にも関わってきます。

被害者側と示談を成立させ、不起訴を獲得することが大切です。

盗撮事件に巻き込まれた際はご自身だけで判断せず、示談交渉なども弁護士に相談することをオススメします。

まとめ

今回は盗撮弁護士に依頼するメリットや、盗撮の事件の流れについてお送りしました。

弁護士に依頼することが事件解決への近道だとわかりましたね。

事件に巻き込まれたときはまずスマホで無料相談で弁護士に相談してみてください。

そして、弁護士に依頼する際も全国弁護士検索を利用すればスグに弁護士がみつかりますね。

一人で抱え込まずに弁護士に相談することをオススメします。

他にも関連記事がありますのでぜひご覧ください。