全国137事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

盗撮の示談金の相場はいくら?50万円?示談の流れ、謝罪文の書き方

  • 盗撮,示談

盗撮がバレてしまった。これからどうしよう・・・。」

そんなことを考えている方もおられると思います。

そこで、今回は盗撮の示談についてまとめます。

  • 示談金はいくらなの?
  • 示談の成立に弁護士は必要?
  • 示談書や謝罪文の書き方は?
  • 示談金を恐喝されてしまう!?

などなど。

いっしょに確認していきましょう!

専門的なことについては、刑事弁護を専門とする弁護士の岡野武志先生が回答します。

それでは、岡野先生、お願いします!

こんにちは。

弁護士の岡野です。

刑事弁護の観点からコメントしていきます。

よろしくおねがいします。

【相場】盗撮の被害者に、いくら払う?50万円では示談は不成立?

【相場】盗撮の被害者に、いくら払う?50万円では示談は不成立?

知りたい!示談金額の相場はいくら?

示談が盗撮事件の処罰に与える影響

示談とは、そもそもどんなものなのでしょうか?

相手方に許してもらうというイメージはありますが・・・。

示談とは、民事上の紛争を裁判によらずに当事者間の合意により解決する契約をいます。

示談はそもそも民事上の紛争の解決の手段です。

では、示談が成立するとどのような効果があるのでしょうか。

示談の内容に、請求権放棄条項が盛り込まれることが一般的です。

その条項により、それ以上、金員の請求を行わないという契約がされたことになります。

このように、示談は金銭的な請求をストップさせる役割があります。

これは、民事事件の解決においてポイントになりますね。

ですが、刑事事件にも事実上の影響があります。

刑事裁判になった場合に、示談の成立は被告人に有利な事情として量刑に影響を与えるのです。

有利な事情として考慮してもらうためには、示談書に宥恕条項を盛り込むとさらに安心です。

宥恕条項とは、加害者を許す意思を示した条項です。

示談金の相場はいくら?50万円以上?

示談はしておくに越したことはない・・・。

ですが、示談金の相場について気になりますよね。

こんな声がありますよ。

これは、なかなか鋭い指摘です。

示談金の相場は、30万円から50万円といわれています。

ですが、もっと低い金額になる場合もあります。

反対に、50万円以上にある場合もあります。

あくまでケースバイケースです。

示談金が総額100万円になる盗撮ケースはある?

示談金はケースバイケース・・・。

100万円になったケースもありますよ。

たとえば、どんな事案があるかというと・・・

お店の中で、かばんに忍ばせたiPodで女性を動画撮影しようとしたケース。

他にも100万円を超えるケースはあります。

下記のサイトでいろいろなケースを確認してみてくださいね!

示談金の相場について、イメージできたでしょうか?

慰謝料も示談金に含まれる?

示談は、相手方と和解するために払うものですよね。

でも、いわゆる慰謝料と何が違うのか・・・。

こんな声もあります。

示談金と慰謝料の違いはあるのでしょうか。

慰謝料とは、精神的損害の賠償をいいます。

それに対して、示談金は精神的損害に限られません。

実損が生じた場合には、その分の弁償も示談金に含まれます。

示談金は、慰謝料を含む概念です。

慰謝料も加味しながら当事者で示談金の額について交渉していくことになります。

【徹底解説】盗撮の示談の流れ、示談書、謝罪文の書き方

【徹底解説】盗撮の示談の流れ、示談書、謝罪文の書き方

示談が成立すると、不起訴になるのは本当?

さて、おさらいしましょう!

示談は、民事の紛争に関するものです。

しかし、刑事事件にも影響するとのことでした。

では、示談の成立によって不起訴になることはあるのでしょうか。

示談は民事上の紛争に関するものです。

したがって、示談の成立が直ちに刑事事件の不起訴につながるわけではありません。

ただ実際には、検察官が終局処分を決める際に示談が重要な一事情として考慮されることになります。

民事の問題と刑事の問題は別のものです。

そうなると、示談が成立しても必ず不起訴になるとはいえません。

あくまで検察官の判断によります。

ですが、

  • 宥恕条項
  • 被害届の取下げを約する条項
  • 告訴取消しを約する条項

などが、示談書に盛り込まれていた場合、被害者の処罰感情が比較的低いといえます。

検察官が盗撮事件の処分を決めるにあたり大きな影響を及ぼします。

「示談の成立」は盗撮の刑事処分に影響する

「盗撮被害者に示談書を書きたい!」どうすればいい?

示談の成立には弁護士が必要?相手方と連絡を取る方法は?

では、示談はどうすればできるのか?

気になるところですよね。

まず、相手方と連絡をとることが必要です。

ですが、相手方としては、盗撮をした本人に連絡先を教えがたいと感じることも多いです。

その場合は、どのようにすればよいのでしょうか。

弁護士は「被害者の情報は弁護士限りにとどめる」という条件のもと、捜査機関を通して被害者の名前や連絡先を入手できる場合があります。

ご自身での示談交渉では相手方の連絡先の情報を得られず時間がかかってしまうことが多々あります。

そのときは、弁護士に依頼してみてはいかがでしょうか。

示談交渉のとっかかりをつかむことができますよ。

示談書の書き方は?テンプレートで確認!

弁護士を通じて連絡をとることができたら・・・。

いよいよ、示談書を用意しないといけません。

示談をしたことを書面に示すことで、当事者にメリットがあります。

盗撮した側にとっては、示談成立や示談金支払いの事実の証明となります。

相手方にとっては、示談金を確実に払ってもらうための証拠となります。

でも、どのように記載すればよいのでしょうか?

示談書に記載する内容としては、

  • 事件の特定に必要なもの
  • 示談の条件

などを記載するのが一般的です。

基本的な事項として、示談の対象となる事件の内容、示談金などの示談条件、日付、両当事者の氏名を記載します。

それ以外に、当事者の事件解決に有益な条項を盛り込みます。

下記のサイトに、示談書の具体的なフォーマットを掲載しています。

ですが、ここでその内容を少しご紹介しておきますね!

示談書に記載する内容の具体例
  • 盗撮の当事者の氏名(盗撮した人、相手方)
  • 盗撮の日時、場所
  • 謝罪の意思
  • 示談金の金額、支払い方法、支払い期限
  • 清算条項(この示談書に定める以外に債務がないことなどを確認する条項)
  • 接触禁止条項(盗撮した人が相手方に接触しないことを定めた条項)
  • 宥恕条項(相手方が、盗撮した人を許す意思を明確にした条項)
  • 守秘義務条項(盗撮事件についてお互い口外しないと約する条項)
  • 被害届の取下げや告訴取消しを約する条項

相手方との示談交渉の状況に応じて作成していきましょう。

謝罪文はどうかくの?テンプレートはある?

示談をする際には、相手方の感情も考慮しなければなりません。

相手方に真摯に向き合うことで、示談につながるといえます。

そこで、必要となるのが謝罪文です。

謝罪文を送付することで、示談を進めるきっかけをつくることができます。

示談を申し込まれることで、相手方が戸惑いを感じてしまうことも少なくないです。

具体的な謝罪文のフォーマットは、下記でご紹介しています。

「どのように書いたらよいのかわからない・・・。」

「真摯に対応したいことを相手にちゃんと伝えたい・・・。」

とお考えの方、ぜひ参考になさってください。

ですが、あくまで一般的なフォーマットです。

名前だけ書き換えてそのままフォーマットを使用するやり方はおすすめできません。

  • 相手方のつらい気持ちを推し測って、真摯に謝罪をすること
  • 弁解に終始しないこと
  • 盗撮を二度と繰り返さないようにするための具体策

などを自分の言葉で表現してください。

【リスク紹介】示談が恐喝・詐欺になってしまうケース

【リスク紹介】示談が恐喝・詐欺になってしまうケース

注意①示談が脅迫になる!?拒否されない交渉の仕方は?

仮に、被害者が知り合いで連絡先を知っていたとします。

その場合、自分で示談交渉していくことはベストなのでしょうか。

相手方は、盗撮されていた事実を知った場合、少なからず不安感や恐怖心をもちます。

自身としては真摯に対応しているとしても、相手方の受け取り方は様々です。

「不起訴になる可能性を広げるために示談を成立させたい・・・。」

そのような気持ちで示談に臨むと謝意が伝わりにくくなることもあると思います。

被害者の反応に対して、

「自分はこんなに反省しているのに・・・。」

との思いから、声を荒げてしまうこともあるのではないでしょうか。

そうなると、相手方は脅迫されたと受け取る危険性もあります。

刑法にはこんな条文があります。

生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

刑法上の脅迫に該当するというためには、「害を加える旨を告知」するのことが必要です。

ですから、

「示談をしないなら盗撮画像をばらまくぞ」とか、

「示談をしないと痛い目に合わせてやる」など言ったりしない限り、

脅迫には当たらないでしょう。

ですが、相手方に安心して示談交渉に応じてもらえるようにするため、弁護士に仲介してもらうことをおすすめします。

注意②盗撮の示談金を恐喝・詐欺される!?

まさか自分が盗撮犯に!?示談金を恐喝された

「自分は盗撮をしていない・・・。」

なのに、どうして!?

盗撮されたと相手方に言われて示談金を請求されてしまうケースも存在します。

ですが、実際にご自身が盗撮していない場合には、盗撮の証拠となる画像はないですよね。

スマホを相手方に向けてかまえていると、勘違いされてしまうケースもありそうです。

気を付けたいところです。

示談金を要求!?示談金を目的とした恐喝・詐欺の実態

それでは、実際に盗撮をしてしまったとします。

その後、被害者女性などから、示談金を払わないと警察に通報すると言われた・・・。

この場合、最初から盗撮の示談金目的で、盗撮させたというケースもあります。

女性を盗撮をしている男性を見つけては声をかけ、警察に行くか示談金を支払うか迫る。こんな手口で金を脅し取る事件が相次いで摘発された。その名も「盗撮ハンター」。まるで正義の味方のようなネーミングだが、被害女性も実はグルだった疑いがあり、複数人が関与する組織的な犯罪との見方が強まっている。捜査関係者は「新手の美人局ともいえる手法。男性側は盗撮加害者でもあり、被害を訴えにくい」と警戒を強めている。

被害者女性がグループの一員でなくても、単に盗撮犯を見つけてターゲットにする事案もあるようです。

被害者女性と面識のない第三者が示談を請け負って、示談金を要求するケースもあります。

示談のためと偽ることで示談金を騙し取られてしまいます。

騙し取られていると考えると、詐欺か・・・と思ってしまいますよね。

ですが、この場合、第三者には恐喝罪が成立します。

こんな判例があります。

被告人の施用した手段の中に虚偽の部分(略)があつても、その部分も相手方に畏怖の念を生ぜしめる一材料となり、その畏怖の結果として相手方が財物を交付するに至つた場合は 詐欺罪ではなく恐喝罪となるのである。

示談金という名目ですが、金員を恐喝していることに変わりありません。

なので、恐喝罪が成立するようです。

恐喝罪はどのような罪なのか見てみましょう。

人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

盗撮してしまったという弱みにつけこまれて、示談金を恐喝されてしまうのはつらいですよね。

示談を確実に成立させるためには、着実に対応してくれる弁護士を仲介させたいところです。

示談を弁護士に依頼するメリット

示談を弁護士に依頼するメリットをまとめておきましょう。

盗撮をしてしまった人が示談を弁護士に依頼すると、次のようなメリットがあります。

  • 示談の相手方と連絡先を教えてもらいやすくなる
  • 法外な示談金を要求されたり、示談金目的の恐喝を回避できる

安心して示談ができる環境を整えましょう。

「盗撮の示談」と弁護士費用をレポート

「盗撮の示談」と弁護士費用をレポート

「盗撮の示談」と弁護士費用をレポート

示談を弁護士に任せたほうがいい・・・。

それはわかっていても、気になるのは費用です。

示談金の用意に加えて、弁護士費用も用意しないといけない。

相手方への謝意はあっても、経済的な問題は切実ですよね。

こんな声もあります。

費用が分かりにくいという声にお答えしていきましょう。

ここでは、少し相場をご紹介しておきますね。

法律相談料

法律相談については、初回無料で行っている事務所もあります。

有料の場合には、30分5000円が目安です。

着手金

着手金は、弁護士が活動を開始するにあたり必要とするお金のことです。

法律事務所によりますが、編集部の調べでは20万円から50万円を設定している法律事務所が多く見つかりました。

報酬金

報酬金は、弁護活動の結果に対する報酬で、結果により金額に差が生じるのが一般的です。

実費・日当

弁護士が事件の処理に要した費用として、実費もかかります。

実費は、その名のとおり、実際にかかったお金です。

示談時に支払った喫茶代や郵便物の切手代もこれに含まれます。

また、弁護士が移動するときにかかった時間を基礎に、それを特定の計算式にあてはめて算出するのが日当です。

日当については、最低1時間1万円以上かかると考えておきましょう。

弁護士費用をきちんとチェックしてみてください。

ご自身のご希望にあう事務所をみつけてくださいね。

盗撮の示談について弁護士にすぐにでも相談したい方は必見です!

盗撮の示談について弁護士にすぐにでも相談したい方は必見です!

スマホで手軽に弁護士に相談したい方はコチラ

「盗撮をしてしまった。示談についてもっと知りたい・・・。」

そんな方に、便利な相談窓口があります!

こちらの弁護士事務所では、刑事事件の無料相談のために、24時間365日予約を受け付けています。

専属スタッフから無料相談の案内を受けられます。

夜間や休日いつでも相談予約の受付をしているとは、緊急事態でも安心です。

それに、お手軽なLINE相談も行っているようですよ。

夜間など電話をかけにくい場合には、LINE相談を活用されてみてはいかがでしょうか。

早期に示談を成立させたいとお考えの方は、ぜひこの相談窓口をご利用くださいね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

LINE相談は、匿名でも受け付け可能です。

自分が盗撮をしたことを知られたくない方もおられると思います。

そのような方にとっては、匿名なら相談しやすいと思います。

一人で悩みを抱え込まないで、まずは相談してみましょう。

地元の弁護士に直接会って相談したい方はコチラ

盗撮の示談の成立について、すでに弁護士に依頼したいとお考えの方もおられると思います。

そのような方は、全国弁護士検索をご活用ください。

刑事弁護に尽力している地元の弁護士を検索するのに便利です。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ご自身の希望にあう弁護士を見つけてくださいね。

さいごに一言

盗撮というのは、相手方にとってもすごくデリケートな問題です。

示談のポイントは、誠心誠意対応することです。

被害者対応をしっかりすることで、盗撮は不起訴で終わる可能性が十分あります。

事件日から日の浅いうちに被害者に謝意を伝えることがポイントです。

早期解決のために、是非弁護士までお尋ねください。

まとめ

いかがでしたか?

盗撮を反省しているけど示談できなくて困っている・・・。

早期の示談が成立するメリットはたくさんあります。

相手方に真摯に反省していることも伝えられます。

起訴される前に示談を成立させることで、裁判に発展しない可能性もでてきます。

盗撮の示談で不安を感じている方は、ぜひスマホで無料相談を利用してみてください。

弁護士に直接相談したい方は、全国弁護士検索をご活用ください。

このサイト内には、盗撮の示談に関するコンテンツが他にもたくさんあります!

もっと詳しく知りたいという方、関連記事を参考にしてみてくださいね。