全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【盗撮で現行犯逮捕】ニュースから見る事例・逮捕されたその後の流れとは

  • 盗撮,逮捕
  • 6600

「魔がさして盗撮をしてしまい犯人になってしまった…」

当たり前ですが、盗撮は犯罪です。

逮捕され、処罰を受ける可能性が非常に高いです。

「つい、出来心で…」は許されません!

他にも

「夫が盗撮で逮捕されてしまった…この先どうなってしまうの?」

「家族が逮捕されてしまった…」

などでお困りの方もいるかもしれません。

盗撮は頻繁にニュースでも見かけ、日常のすぐそばに潜んでいる事件です。

SNSなどが発展した今、盗撮された画像や動画が拡散されてしまう可能性だってあります。

誰でも加害者・被害者になる可能性があるので他人事ではありませんね。

実際のニュースなどで盗撮の具体例もみながらくわしくレポートしていきたいと思います!

ご自身・ご家族が盗撮事件の当事者になってしまうと

  • 逮捕後の流れはどうなるの?
  • 会社は解雇されてしまう?
  • 弁護士に相談した方がいい?

など、不安と疑問でいっぱいになりますね。

こちらの記事で盗撮の逮捕の実態に迫っていきます。

専門的な部分は刑事事件の専門家、弁護士の岡野先生にお願いします。

弁護士の岡野です。

盗撮は身近な犯罪です。

ご自身・ご家族・ご友人がいつ盗撮事件に巻き込まれるかわかりません。

盗撮事件についての基本的な情報などを知っておきましょう。

具体例を挙げながらわかりやすく解説していきたいと思います。

人生いつ何が起きるかわかりません。

知っていて損はない盗撮事件の全貌をみてみましょう!

盗撮の犯人に!弁護士相談はココ!

盗撮の犯人に!弁護士相談はココ!

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

▼全国弁護士検索で頼れる弁護士を探す

弁護士に依頼したい!という方はこちらの全国弁護士検索で今すぐ弁護士が検索できます!

編集部が独自の基準で全国から弁護士を厳選しています。

自分の地域の、刑事事件に注力した弁護士がすぐ見つかります。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

実際に利用した方の口コミも閲覧できるので参考になりますね。

自分だけで弁護士を探そうと思うとたいへん苦労します。

こちらの検索から自分にぴったり合う弁護士をみつけてくださいね。

盗撮事件において、弁護士を利用するメリットなどについてはこちらの記事をご覧ください。

清水寺はなぜ盗撮が多発する?|ニュースからみる盗撮の実情

清水寺はなぜ盗撮が多発する?|ニュースからみる盗撮の実情

無音カメラ、小型カメラ、腕時計?!逮捕された犯人の手口は…

実際のニュースをみてみるとスマートフォンを利用した盗撮が多いようです。

少し前の携帯電話にくらべ、携帯に付随するカメラの性能が上がり、比較的高画質で撮影できるので盗撮もスマートフォンで行われる場合が多いのでしょうか。

最近ではスマートフォンのアプリでも無音カメラがあったりしますね。

銭湯で女児の裸を動画撮影したとして、君津署は9日、建造物侵入と児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで東京都千代田区(略)、会社員、(略)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

逮捕容疑は、5月17日夕ごろ、盗撮目的で君津市内の銭湯の男湯に入り、東京都の2~4歳の女児4人の裸を腕時計型カメラで動画撮影し、児童ポルノを製造したとしている。(略)

このようなニュースもありました。

腕時計型カメラはよく見ないとわかりづらく、盗撮の被害も増えそうです。

このような道具も一部あるようですが、実際の事件の手口としてはどのようなものが多いのでしょうか。

事件のニュースをみていきたいと思います。

①清水寺、なぜ盗撮の件数が多い?

以前からネットなどで話題になっていた清水寺で起きている多数の盗撮事件。

ひとつ実際にあったニュースをみてみましょう。

10月16日、京都・清水寺で、またもや盗撮犯が逮捕された。

女性のスカート内を盗撮したとして、京都府警東山署に迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕されたのは、大阪府の高校教諭、A容疑者(55)。

調べに対し同容疑者は「風景を撮っているふりをしてスカートの中を撮影したのは間違いない」と容疑を認めているという。(略)

清水寺での盗撮騒ぎは、摘発強化によりしばらくは減少傾向にあったが、ここへ来て再び増加。警察も目を光らせ始めているという。(略)

このような公共の場での盗撮行為は迷惑行為防止条例違反にあたります。

迷惑行為防止条例違反にあたり、処罰の対象になるのですね。

歴史的建造物で風景を撮るふりをしてスカートの中を撮影するとは…悪質です。

以前にこのような記事もありました。

世界遺産・清水寺(京都市東山区)など数多くの観光名所を有し、修学旅行先の定番ともなっている京都で、修学旅行者ら観光客の女性を狙う盗撮被害が相次いでいる。

インターネット上では、観光地を「パンチラスポット」などとして紹介する不謹慎な書き込みもあるといい、事態を重くみた京都府警は、清水寺で集中取り締まりを実施。

このようにインターネットで話題になったこともあり、一時は盗撮の被害も相次いでいたようです。

摘発を強化したことで、減少傾向だったようですが、完全になくすのは難しいですね。

②京都駅のエスカレーターで公務員が盗撮!

こちらはつい最近のニュースです。

8日夜、JR京都駅の地下街のエスカレーターで、女性のスカートの中をスマートフォンで撮影したとして(略)男が逮捕されました。

(略)

(略)スマートフォンには盗撮したとみられる写真が複数あり、警察は余罪についても捜査しています。

エスカレーターでのこのような犯罪も多いですね。

スマートフォンの利用者数が増えたことで、盗撮でスマートフォンを使った犯行も多くあるようです。

こちらのニュースは実名で報道されていますね。

③陸上自衛官がスマホでスカート内を盗撮で逮捕

次もエスカレーターでの犯行です。

京都府警下京署は28日、女性のスカート内を盗撮したとして府迷惑行為防止条例違反の疑いで、大津市の陸上自衛官(24)を逮捕した。

逮捕容疑は27日午後5時45分ごろ、京都市南区の商業施設内のエスカレーターで、大阪府柏原市のアルバイト女性(24)のスカート内をスマートフォンで撮影した疑い。

下京署によると「撮影したことに間違いはない」と話しているという。

駅や商業施設のエスカレーターでのこのような犯罪は多いようです。

④女児のわいせつ画像を販売した容疑で逮捕

こちらは盗撮したわいせつ画像を販売した事件のニュースです。

兵庫県警は3日、女性のスカート内の盗撮動画をインターネット上で販売し、女性の名誉を傷つけたとして、名誉毀損の疑いで大阪市(略)、無職、(略)容疑者(28)=大阪府迷惑行為防止条例違反の罪などで起訴=を再逮捕した。(略)

長さ数十センチの棒の先端にカメラを取り付け、全体を布で覆い、スカート内に差し向け盗撮。

動画には被害者の顔や店内の様子も写っており、県警は特定の女性の社会的評価を下げたと判断した。

盗撮動画の販売サイトを名誉毀損容疑で摘発するのは珍しいという。

逮捕容疑は大阪市と神戸市の洋服店で20代の女性従業員のスカート内を盗撮した動画を昨年9月~今年2月、「モデルの同意を得ている」とうその説明を付け、サイトで販売するなどしたとしている。

こちらのニュースでは盗撮した上にその動画を販売し、名誉毀損容疑で再逮捕されていますね。

名誉毀損容疑で摘発されるのは珍しいケースなのですね。

4つの実際の事例を見てきましたがどのニュースも逮捕後、犯人がどうなったのかについてはやはり触れていません。

次は盗撮で逮捕されたらその後どうなってしまうのかに迫っていこうと思います!

盗撮は現行犯でしか逮捕されない?盗撮事件の実情に迫る!

盗撮は現行犯でしか逮捕されない?盗撮事件の実情に迫る!

逮捕の瞬間!盗撮は現行犯のみ?逮捕後の流れは

盗撮の逮捕は主に現行犯逮捕が多いです。

後日、盗撮の画像や動画を持っていたとしても、持っている人が盗撮したことを立証するのが難しいからです。

しかし、後日に逮捕される「後日逮捕(通常逮捕)」の実例もあります。

なので「現行犯でないと逮捕されない」とはいえません。

盗撮をしてしまったとき、現行犯で逮捕されなかった場合でも、後に通常逮捕されるケースはあります。

防犯カメラ等に盗撮シーンが写りこんでおり、犯行と犯人が特定されたケースなどです。

盗撮で後日に後日逮捕(通常逮捕)されるケースはそう多くはありません。

また、盗撮の後日逮捕は、裁判官が発行する逮捕状にもとづいて行われる必要があります。

逮捕状とは、裁判官が発行する逮捕の許可状のことです。

盗撮の現行犯逮捕後日逮捕(通常逮捕)は具体的にどのような違いがあるのでしょう。

簡単にみてみたいと思います。

現行犯逮捕

盗撮事件の現行犯逮捕は、目撃者や被害者側の関係者、現場に駆けつけた警察官によって行われることが多いです。

盗撮の現行犯逮捕は、基本的に、盗撮事件を現に確認した者によってその現場で行われます。

現行犯逮捕できるのは、基本的にその時その場限りです。

後日逮捕(通常逮捕)

盗撮事件の後日逮捕は警察官などの捜査機関によって行われます。

盗撮の後日逮捕は、裁判官が発行する逮捕状にもとづいて行われる必要があります。

現行犯逮捕と後日逮捕の違い

現行犯逮捕と後日逮捕の違い

現行犯逮捕 後日逮捕
逮捕のタイミング 犯行中、犯行直後 事件発生の後日
逮捕者 誰でも 警察官などの捜査機関

スカートの中だけじゃない!映画などの盗撮も犯罪です

映画館に映画を見に行ったとき、映画が始まる前にもCMが流れますよね。

映画館での映画の盗撮については「映画の盗撮の防止に関する法律」があり、逮捕される対象です。

盗撮した映画を違法アップロードするのももってのほかです。

私用目的だとしても決して盗撮してはいけません。

盗撮は何罪なのか

「盗撮で逮捕!」などよくニュースの見出しで見かけますが、結局、盗撮は何罪にあたるのでしょうか。

「盗撮罪」というのは聞いたことがないですよね…

盗撮は「軽犯罪法違反」、「迷惑行為防止条例違反」のどちらかの罪に問われることになります。

罪名としては「盗撮罪」というものは存在しません。

「盗撮罪」という罪名は存在しないのですね。

2つに分類されていますが、それぞれ何が違うのでしょうか。

迷惑行為防止条例違反の一文ではこのように記されています。

人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、公共の場所又は公共の乗物における衣服等で覆われている内側の人の身体又は下着を見、又は撮影すること。

迷惑行為防止条例違反にあたるのは公共の場で行われるのぞき・盗撮なのですね。

迷惑行為防止条例違反は各都道府県によって異なります。

くわしくはそれぞれの地域の条例を確認しましょう。

一方、軽犯罪法違反では次のように規定されています。

正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

軽犯罪法はこれに該当すれば、「拘留又は科料に処する」としています。

つまり、公共の場以外の通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見ると違反になるということです。

軽犯罪法違反と迷惑行為防止条例違反の表を記載するのでご確認下さい。

軽犯罪法違反と迷惑行為防止条例違反の検証
軽犯罪法 迷惑行為防止条例違反
構成要件 人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見る行為 公共の場で衣服等で覆われている内側の人の身体又は下着を見、又は撮影する行為
具体例 民家の風呂場をのぞき見る行為 電車内でスカートの中にカメラを差し入れ撮影する行為

どんな処罰が待っているか

盗撮は、軽犯罪法違反と迷惑行為防止条例違反に分類されるとわかりました。

こちらの2つはそれぞれ処罰も異なります。

軽犯罪法違反

30日未満の拘留又は1万円未満の科料

迷惑行為防止条例違反※例)大阪府の場合

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

このような違いがあります。

一般的な盗撮トラブルにおいて迷惑行為防止条例違反の初犯で有罪とされた場合、罰金30万円前後となることが多いです。

罰金の場合、有罪となっても裁判所の法廷に立つことが無いので、周囲の目にさらされません。

しかし、有罪となり罰金を支払うと前科が付いてしまいます。

前科は一度つけば取り消すことができません。

前科を回避したい…

先程も述べましたが、前科がついてしまえば、もう取り消せません。

今後の進学・就職・転職などにも影響がでてくるかもしれません。

盗撮の加害者になってしまった場合、前科を回避することを考えるべきです。

前科を回避するためには、

  • 不起訴処分を獲得する
  • 裁判で無罪判決を獲得する

の2つの方法があります。

しかし、実際、一度起訴され、裁判まで進むとほぼ有罪判決が下されてしまいます。

よって、裁判になってしまった場合、無罪判決を獲得するのは難しいのが現状です。

なので、盗撮で逮捕されてしまった場合、被害者との示談で不起訴の獲得を目指します。

示談が成立することにより、

  • 身体拘束から解放される
  • 不起訴処分となり、前科が回避できる

などの可能性を高めることができます。

被害者との示談交渉や逮捕後の勾留阻止に向けての活動は迅速に行うのが重要です。

そのためには、逮捕後早急に弁護士と面会し、弁護士に依頼することをオススメします。

不起訴獲得にむけて、示談をする場合、加害者が直接示談交渉することはたいへん困難です。

なぜなら、盗撮の被害者は加害者側に大きな恐怖や怒りを持っているからです。

なので、加害者側が直接被害者側に連絡をとることすらも難しいのです。

示談交渉の際、加害者側が被害者側と直接会うと上記の観点から示談成立に支障が出ることも多くあります。

以上のことから、示談交渉は弁護士に依頼するべきだといえます。

ブログや2ch、SNSに書きこまれてしまった…

近年、ブログ2ch、SNSの発展も著しく一度テレビやネットにあがってしまった情報は一気に拡散されることもあります。

一度、拡散されてしまうとどうしようもないですね。

しかし、今後の生活を考えると事件のことをネットに書かれてしまっては支障をきたします。

ネット上の記事を全て消させる法律などがあったらいいのですが…

ネットに書き込まれた実名などを無理やり削除させる法律はありません。

一度、ネットに拡散されてしまったものを完全に削除することは困難です。

ネットに痴漢事件のことを実名で書き込まれる可能性もあります。

学生なら進学・就職活動、会社員ならこれからの転職活動の大きなハンデになりそうです。

面接官にネットで検索されてしまえば書き込みがすぐにでてきてしまいますもんね…

【質問3選】盗撮事件のギモンをさらに弁護士に聞く!

【質問3選】盗撮事件のギモンをさらに弁護士に聞く!

①夫が盗撮で逮捕…離婚できる?

「夫が盗撮の犯人になってしまった…」

許してあげられたらいいのですが、どうしても許せず離婚を希望する場合もあるかもしれません。

夫が盗撮の犯人で逮捕された際、まず、前提として相手も離婚に同意しているのであれば可能です。

逮捕されている留置場などでの面会時に離婚届を差し入れし、サインをもらって市役所に提出すれば離婚は成立します。

盗撮トラブルを起こしてしまった場合、そのことが民法上の離婚事由である「婚姻を継続し難い重大な事由」にあたる可能性があります。

その場合、離婚を請求すれば、相手の合意がなくても離婚が認められることもあります。

しかし、一度の逮捕だけでは、「婚姻を継続し難い重大な事由がある」とは判断されにくく、離婚が成立する可能性は低いかもしれません。

相手が離婚に同意せず、どうしても離婚したい場合は、夫の釈放後に離婚調停を申し立てる必要があります。

離婚調停が成立しない場合は、訴訟に移行します。

夫が盗撮で逮捕されたからといって、妻の一存で簡単に離婚するのは困難なのですね。

夫に離婚を拒否されると、手続きを進めるのが難しくなります。

②逮捕されると後日、テレビや新聞で実名報道される?

盗撮事件の当事者になったとき、新聞やテレビで実名報道されれば社会的に大きな不利益を被るのは間違いありません。

しかし、冒頭のニュースでもみたように実名で報道されている事件と、実名が伏せられている事件がありました。

その事件の報道の取り扱いの違いには何か基準があるのでしょうか…

盗撮事件の犯人を実名報道するのには定められた基準はありません。

盗撮をして逮捕されると、大企業や公務員の場合、実名報道されることもあります。

盗撮事件の犯人を実名報道するのに明確な基準はないのですね。

確かに報道の中で実名報道されている犯人は公務員、教師などの職業の方が多い気がします。

一度、報道されるとネットやSNSでも拡散され、あっという間に広まってしまいますよね。

しかし、盗撮の場合冤罪の可能性も無きにしも非ずです。

冤罪の可能性を考えると捜査や報道は慎重に行うべきだといわれます。

③逮捕されたら仕事は解雇されてしまう?

盗撮事件で逮捕されてしまうと会社をクビになる可能性はあるのでしょうか。

盗撮をしてしまったのは自業自得ですが、逮捕され充分反省しているはずです。

会社をクビになってしまえば今後の生活がかなり心配です。

もしも前科がついてしまえば転職することもままならないかもしれません。

解雇されてしまうかどうかは勤めている会社の就業規則によります。

なので、一概に解雇されるとは言えません。

逮捕の時点で本人が容疑を認めていれば、その段階で解雇されることも多いです。

有罪判決が下されるのを待ってから解雇されることもあります。

それに対して、示談が成立して不起訴になれば、「解雇されない」ケースも多いです。

今の職場を解雇されたくないということであれば、弁護士に相談の上、被害者と示談の話し合いを進めるのが良いでしょう。

やはり、逮捕されたあとに示談が成立して不起訴になることが重要になってきますね。

盗撮で逮捕!頼れる弁護士はコチラ!無料相談も可能

盗撮で逮捕!頼れる弁護士はコチラ!無料相談も可能

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

スグみつかる!全国弁護士検索!

実際に、弁護士に依頼する際あなたはどうやって弁護士を探しますか?

簡単にあなたの希望に合う弁護士を見つける方法をご紹介します!

編集部が独自の基準で全国から弁護士を厳選しました!

こちらから検索すれば

  • 地元の弁護士
  • 盗撮など刑事事件に注力した弁護士

がすぐにみつかります!

下記から自分の地域をタップしてみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いかがでしたでしょうか?

スグに厳選された弁護士がたくさんでてきましたね。

さらに、実際の利用者の口コミを吟味できるので信頼性もありますね。

早めに弁護士に依頼するかしないかで今後の人生が変わってしまうかもしれません。

事件に巻き込まれたらすぐに弁護士を探しましょう!

最後にひとこと

最後に岡野先生からひとことお願いします。

刑事事件の解決はスピードがたいせつです。

ご自身だけで判断せず、早めに弁護士に依頼することをオススメします。

弁護士があなたの今後の人生のために豊富な知識と、経験を持って全力で弁護活動に励んでくれることでしょう。

まとめ

盗撮事件逮捕について特集しました。

盗撮は普段からニュースでもよく目にする事件ですよね。

ご自身・ご家族が盗撮で逮捕されてしまったとき、基本的なことを知っておけば少し安心できますね。

そして、もし盗撮で逮捕されてしまったときはまず初めに弁護士に相談することを強くオススメします。

スマホで無料相談を使えば、手軽に弁護士に相談できることがわかりました。

実際に弁護士に依頼する際には全国弁護士検索を使ってすぐに弁護士を探しましょう。

これを利用すればきっとあなたにぴったりの頼れる弁護士が見つかりますよ!

他にも盗撮や逮捕の関連記事がありますのであわせてご覧ください。