全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【最新2020年】盗撮事件を全国の弁護士に無料相談するための最短ルート

  • 盗撮,弁護士
  • 390

ある日突然こんな電話がかかってきたら、どうしますか?

「あなたのご主人を盗撮の疑いで逮捕しました」

あまりに突然のことで、気が動転するのも無理はありません。

盗撮はとても身近なところで起きる事件です。

通勤電車の中、デパートのエスカレーター、書店の店内etc…

今回のテーマは「盗撮事件を解決する方法!頼れる弁護士特集」です。

ズバリ、ココが注目ポイントです。

  • 盗撮事件にくわしい弁護士を地元で探す方法
  • 盗撮事件にくわしい弁護士にネットで無料相談する方法

それではさっそくみていきましょう。

目次

自分の家族が盗撮事件で逮捕されるなんて…

一気に日常生活の平穏が崩れてしまします。

「まさかうちの主人が…そんなはずはない…」

でも、逮捕された事実は受け止めるしかありません。

大切なのは、これからどう対応するのかを考えることです。

刑事事件は初期対応がとても大切なのです。

47都道府県から厳選!「盗撮」を無料相談できる弁護士の選び方

47都道府県から厳選!「盗撮」を日曜日に無料相談できる弁護士の選び方

盗撮事件の正しい初期対応「弁護士無料相談」を最初に受けるワケは?

さて、盗撮事件の初期対応は何をすればよいのでしょうか?

刑事事件は時間が勝負です。

時間とともに、手続きはどんどん進行していきます。

思っている以上に早く手を打たなければ取り返しがつかないことになってしまうかもしれません。

ところが、刑事事件に巻き込まれて、まず最初に迎える壁があります。

それは、「弁護士の選び方」です。

盗撮事件で困っているときに、どの弁護士に頼ればいいのか。

弁護士の知り合いがいれば話は早いでしょうが…

ここで時間をロスしてしまうケースがたくさんあるのです。

実際、こんな声があります。

刑事事件、民事事件を問わず、やはりこの点が一番の悩みどころなんですね。

どうやって自分にあった弁護士を探せばいいのか。

考えている時間がもったいないのです。

ちょっとこちらをご覧ください。

こちらは日本弁護士連合会(通称:ニチベンレン)が公表している資料です。

これによると、現在、正会員として登録している弁護士は41,159人いるようです。(2019年3月1日現在)

つまり、私たちが困ったときに弁護士を探すとなると、この中から弁護士を選ぶことになるのです。

約4万人の中からその事件にくわしい弁護士を探すのは簡単なことではありません!

【解決】東京・大阪・名古屋・福岡…全国47都道府県の厳選弁護士はココで選ぶ!

そこで、私たち編集部は全国47都道府県すべての弁護士を厳選しました。

盗撮事件でお困りの方には刑事事件にくわしい弁護士がオススメです。

ですので、刑事事件にくわしい弁護士だけを厳選しています。

それだけでは日本全国範囲が広すぎる!

というわけで、厳選弁護士を地域ごとにまとめて整理しました。

これが、全国弁護士検索なのです。

困ったときに少しでも早く弁護士にアクセスしてもらうための工夫がたくさんあります!

百聞は一見に如かず。

一度タップして中をのぞいてみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

この全国弁護士検索、特徴をまとめておきましょう。

厳選弁護士の選定基準
  1. 盗撮などの刑事事件にくわしい弁護士であること
  2. ホームページに弁護士費用を明記している弁護士であること

この検索を使えば、瞬時にして地元の弁護士を探すことができます。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

【動画コラム】無料相談を受ける前に…「盗撮・刑事事件にくわしい弁護士」とは?

【動画コラム】無料相談を受ける前に...「盗撮・刑事事件にくわしい弁護士」とは?

さて、ここでは盗撮事件の弁護士の選び方について少し考えてみましょう。

どんな弁護士なら安心して相談できるでしょうか。

どんな弁護士なら頼れますか?

答えを言ってしまうと、「盗撮・刑事事件にくわしい弁護士」を選ぶべきなのです。

お医者さんに似ています。

お医者さんは内科・外科・耳鼻科・小児科など、多くの場合、専門分野別に分かれていますよね。

弁護士も、専門にしている分野、得意な分野があります。

もちろん、法律の専門家ですので、法律関係のトラブルであれば何でも扱うことができます。

ところが多くの弁護士が「離婚問題」「遺産相続の問題」「労働問題」など得意とする分野を打ち出しています。

となると、盗撮事件はどうでしょうか。

この場合は、刑事事件にくわしい、刑事事件を得意とする専門家に相談するべきでしょう。

と、いうわけで、盗撮などの刑事事件にくわしい専門家がどんな弁護士のことをいうのか、コチラでご確認ください。

これはテレビ番組で盗撮事件が取り上げられたときのものです。

刑事事件というむつかしい内容が、とてもわかりやすく解説されています。

このような弁護士なら安心して依頼できますね。

盗撮事件で弁護士に依頼するメリットとデメリット

LINE無料相談は弁護士との距離を一気に近づけてくれます。

でも、まだ弁護士に依頼することをためらう方がいるかもしれません。

今まで弁護士に相談したことがない方であれば当然のことです。

そこで、弁護士に盗撮事件を依頼することのメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

弁護士を依頼するメリットは?

盗撮で逮捕された場合、弁護士を依頼するメリットは次の5点があげられます。

  1. 早期釈放に向けた弁護活動が期待できる
  2. 前科回避の対策を練ることができる(不起訴の獲得など)
  3. 冤罪に対して立ち向かうことができる(無罪の獲得など)
  4. 示談や謝罪などの被害者対応を行うことができる
  5. 生活環境の調整ができる(勤務先会社や学校対応など)

この5点はどれも大きなことです。

弁護士を依頼するデメリットは?

はっきり言って、デメリットは「弁護士費用がかかる」点にあるといえます。

ただ、よく考えなければならないのは、弁護士をつけなかったときのデメリットがかなり大きいということです。

前科を避けたり犯罪の疑いを晴らすためには弁護士のサポートが必須です。

また、弁護士費用については、漠然と不安をかかえている人がとても多いのが実態です。

その不安を解消するために、次の章では弁護士費用についての詳細レポートをご覧いただきます!

頼れる弁護士は口コミで探す?ランキングを見る?弁護士カタログの真骨頂ここにあり

弁護士の無料相談を受ける前に知っておきたいことを、最後にまとめておきます。

弁護士の選び方はいろいろあります。

ネットの口コミも役に立つかもしれません。

弁護士をランキングしたサイトからヒントを得るのもアリかもしれません。

でも、この方法だと情報を拾い集めるのに時間がかかりそうですね。

そのサイトを見ればいいのか、何を基準に選べばいいのか…

  • 24時間受け付けている窓口はあるの?
  • 盗撮にくわしい弁護士なの?
  • 日曜日も相談できるの?

この情報がすぐに知りたいのです。

そんなモヤモヤを解消するのが刑事事件弁護士カタログ

このサイトは弁護士を厳選して掲載しています。

しかも一覧しやすいのが特徴です。

弁護士選びに迷ったら、このサイトがオススメですよ。

赤裸々レポート!気になる盗撮の「弁護士費用」を5つの視点で明らかにする

赤裸々レポート!気になる盗撮の「弁護士費用」を5つの視点で明らかにする

1.弁護士無料相談の前にチェックしておくべき3つの弁護士費用とは?

ここでは、誰もが気になる弁護士費用のお話をします。

弁護士に頼むと、いったいどんな費用がかかるのか、知らなければ不安になります。

無料相談に行く前に、押さえておきたい3つの弁護士費用について学んでおきましょう。

弁護士費用①「着手金」とは?

まずは着手金から。

着手金とは、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

事件結果に関係なく、不成功でも返還はされません。

調べてみると、着手金を20万円〜30万円~としている弁護士もいるようです。

盗撮事件などの刑事事件では60万円〜を基本とする法律事務所も多くありました。

弁護士費用②「成功報酬」とは?

次に成功報酬についてです。

成功報酬とは、弁護活動の成果の対価として支払うものです。

ですので、盗撮事件での成功報酬はその刑事処分の結果によって異なるのが一般的な考え方です。

ホームページで料金を掲載している法律事務所もあります。

法律相談に行く前にチェックしておくとよいですね。

弁護士費用③「実費・日当」とは?

最後は実費・日当です。

実費はその名のとおり、実際にかかった費用を指します。

書類の郵送代や交通費がこれにあたります。

日当は、弁護士によって算出基準がさまざまです。

調べてみると、所要時間を基礎に日当を算出する方法が広く採用されているようでした。

例えば、裁判のために外出した際、裁判所までの往復所要時間を基礎にします。

そして弁護士が独自に設定した基準に照らして日当を算出するのです。

この算出基準も弁護士により異なりますので、事前に確認しておきたいところです。

2.弁護士費用が請求される時期はいつ?

では、弁護士費用はいつ請求されるのでしょうか。

よくあるケースでは、事件を依頼した段階で着手金を支払います。

その他の弁護士費用については、事件終了後、弁護士から請求されます。

また、事件依頼のときに、およそかかる金額をトータルで弁護士に預ける方式もあります。

預り金を先に弁護士に渡し、事件終了時にその預り金で精算してもらうという方式です。

3.弁護士費用は分割で支払える?払えない場合は?

弁護士費用の支払いについては、基本的には弁護士との話し合いになります。

契約時の段階で相談をしておくことが望ましいですが、事件終了までに事情が変わることもあります。

そんなときは、具体的な支払額や支払い方法について遠慮なく弁護士に相談しましょう。

例えば、分割での支払いが対応可能かどうか。

すぐに支払えない場合はどうするのか。

どれだけ事件がよい結果で終わっても、信頼関係でつながっていた弁護士と費用のトラブルを招くことはお互いにとって避けたいものです。

4.弁護士費用には相場がある?

次に、弁護士費用には相場があるのか、という疑問についてです。

これはなかなか難しい問です。

というのも、実は、以前は弁護士会の報酬規程によって、弁護士費用が統一されていました。

ところが最近そのルールが撤廃され、弁護士が自由に弁護士費用を設定できるようになりました。

これにより、弁護士間で費用設定に幅がでるようになったのです。

着手金や報酬金、それに日当の算出方法についても弁護士が独自に設定しています。

ですので、弁護士の無料相談を利用する際には、弁護士費用についても細かく確認しておく必要があります。

5.市役所・区役所の弁護士無料相談はホントにお得なの?

市役所・区役所の弁護士無料相談の窓口も利用できます。

これを利用するのはお得なのでしょうか?

もちろん、地元の市役所・区役所で無料相談が受けられると便利ですね。

ただ、少し考えておきたいことがあります。

その弁護士が刑事事件にくわしい弁護士なのかどうか、という点です。

急いでいるときには、耳鼻科のお医者さんにでも骨折の怪我を見てもらいたいと思うものです。

弁護士であれば誰でも法律の専門家でることに違いはありません。

が、できれば刑事事件にくわしい専門家をお選びください。

また、市役所・区役所の弁護士が相談には対応してくれても事件の依頼を受けてくれるとは限りません。

そうすると、また別の弁護士を探さなくてはいけなくなります。

これは時間がもったいないですよね。

そのリスクを考えたうえで、上手に無料相談を活用していただきたいと思います。

【限定公開】盗撮事件で逮捕されたら…3つのQAで「弁護士無料相談」の内容を知ろう

【限定公開】盗撮事件で逮捕されたら...3つのQAで「弁護士無料相談」の内容を知ろう

盗撮事件で家族が逮捕されたとなると、とにかく早く弁護士を探さなければいけません。

ただ、パニックになって冷静に判断できなければ、精神的にも負担が増えるだけです。

盗撮事件を正しく知って、落ち着いて対応したいと思います。

今日は、刑事事件の専門家の先生に盗撮事件について根ほり葉ほり聞いていきたいと思います。

ご協力いただくのは、テレビでもおなじみの弁護士、岡野武志先生です。

よろしくお願いします。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

私のこれまでの刑事弁護の経験裁判事例をもとに解説をしていきたいと思います。

今まで扱ってきた刑事事件の中でも、盗撮事件はかなり多くありました。

その中で、私が思うエッセンスの部分、これだけは知っておいたほうがよいというお話をしていきたいと思います。

Q1.盗撮事件はどんな犯罪?

まず、そもそも盗撮という事件がどのような事件かを教えていただきます。

盗撮というのは耳にしたことがあっても、どんな罪でどんな刑事罰があるのか、あまり知られていません。

盗撮を取り締まる法律は2つあります。

軽犯罪法と各都道府県が定める迷惑防止条例です。

軽犯罪法では人が服を脱いでいるような場所をのぞき見たことを盗撮行為として処罰の対象にしています。

東京都の迷惑防止条例では、公共の場所のうち普通は服を脱いでいるような場所、公共の場所において服で隠されている下着や身体をカメラ等で撮影する行為を処罰の対象にしています。

具体的に、どんな文言で規定されているかみておきましょう。

公衆便所、公衆浴場、公衆が使用することができる更衣室その他公衆が通常衣服の全部若しくは一部を着けない状態でいる場所又は公共の場所若しくは公共の乗物において、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。

正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

似ているようで、それぞれ違う場面が想定されているのですね。

いろんな盗撮があっても軽犯罪法違反か迷惑防止条例違反か、素人では区別がつきません。

では、それぞれ、どんな刑罰が予定されているのでしょうか。

刑罰ももちろん法律によって違います。

軽犯罪法は30日未満の拘留又は1万円未満の科料が法定刑として定められています。

東京都の迷惑防止条例違反は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が法定刑として定められています。

それぞれの法律をまとめるとこうなります。

盗撮の構成要件と法定刑
  (東京都)迷惑防止条例 軽犯罪法
構成要件 公共の場所のうち普通は服を脱いでいるような場所、公共の場所において服で隠されている下着や身体をカメラ等で撮影する 人が服を脱いでいるような場所をのぞき見る
法定刑 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金 30日未満の拘留又は1万円未満の科料

法定刑を見ると、全然違います。

素人では同じ盗撮に見えても、勝手に「軽い犯罪」と判断してはいけませんね。

Q2.被害者との示談が成立するとどうなるの?

盗撮は被害者のいる犯罪です。

被害者との示談が成立するとどんな影響があるのでしょうか。

示談と刑事事件の関係を整理しておきたいと思います。

被害者と示談をすると、いろんなところでの影響が考えられます。

まず、逮捕前の時点で被害者との示談が成立すると、逮捕の可能性が低くなります。

また、示談成立の結果は検察官が刑事処分を検討する上で考慮してくれます。

不起訴処分になれば前科はつきません。

つまり、前科回避の点を考えても示談は事件解決のポイントになるのです。

示談成立の効果まとめ
  「逮捕」への影響 「不起訴」への影響
示談成立 逮捕前の示談成立は逮捕の可能性を下げる 捜査段階で示談成立なら不起訴の可能性が高まる
示談不成立 逮捕の可能性は低くならない 不起訴になるとは限らない

示談が成立するかどうかで、逮捕の可能性や前科の有無にも影響してくるのですね。

早く弁護士をつける意味はここにあるのかもしれません。

Q3.盗撮で逮捕…弁護士による実名報道の回避策は?

盗撮で逮捕されニュース報道されているケースをよく目にします。

実名報道の場合もありえます。

今は新聞やテレビだけでなくネットニュースの影響もかなり大きいです。

twitterやFacebook、ブログなどの様々な媒体を通して世間の関心が集まるニュースはまたたく間に拡散し始めます。

そうなれば、一瞬で名誉が傷ついてしまうのです。

たとえ冤罪だったとしても、一度盗撮で逮捕されたことが実名報道されれば、社会的なダメージは相当大きいものです。

後から「あれば間違いでした。犯人ではありませんでした。」と言われたとしても、後の祭り。

一度傷ついた名誉の回復は不可能に近いと言えます。

実名報道のリスクをいかにして回避するかもとても大切なことです。

刑事処分と直接関係しないところでも、これは実生活に影響します。

逮捕前に示談をして被害者から許しをもらっておくと、逮捕の可能性を下げることができます。

捜査機関に示談を済んでいることを伝えるのです。

警察や検察官は被害者の意思をくみ取りますので、示談の有無は重要な証拠になります。

逮捕されなければ、実名報道の危険も回避できるといえるでしょう。

どれだけ早く示談に向けた動きがとれるか、被害者対応をすることができるかが重要となります。

示談の重みがわかってきました。

被害者に誠心誠意、謝罪と賠償を尽くして示談をすることが大切ですね。

当事者が被害者に接触すると逆に被害者を怖がらせてしまうことにもなります。

勝手に判断せず、被害者のことを思うからこそ、弁護士に間に入ってもらうべきです。

【弁護士無料相談のススメ】盗撮事件を解決する最短ルートまとめ

【弁護士無料相談のススメ】盗撮事件を解決する最短ルートまとめ

47都道府県の厳選弁護士にアクセスする最短ルート

盗撮事件で逮捕されると、刑事手続きはどんどん進んでいきます。

すぐに弁護士を探して傷口を広げない処置をしなければいけません。

地元で日曜日にでも対応してくれる弁護士を探すには全国弁護士検索で弁護士を吟味してみるとよいですね。

どんな弁護士なのか、弁護士費用はどうなのか、対応可能時間帯など、一気に比べて選びたいものです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

これなら24時間ネットですぐに調べることができますね。

しかも厳選弁護士だから安心して弁護士を選べます!

47都道府県別に検索できるので、手間もかかりません。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

最後にひとこと

それでは、最後に一言お願いします。

大切な家族がある日突然逮捕される。

そんな非日常に思える事件を目の当たりにすると頭が真っ白になるかもしれません。

盗撮のような刑事事件で、しかも逮捕ケースになると事態は深刻です。

もちろん、刑事事件の最終処分を少しでもダメージが小さくなるように考えることも大切です。

しかし、現実はそれだけが悩みどころではないのです。

会社への対応、学校への対応など、周囲の環境をいかに調整していくかが大きな問題になります。

逮捕された本人は動くことができません。

ですので、家族や親戚、友人や恋人など、外にいる人がどれだけ適切な動きをしかも迅速にとれるかが重要なのです。

刑事事件は一刻を争います。

釈放の可能性があるケースでも、何もしなければ20日間自宅に帰れなくなることもあります。

前科を回避できるケースなのに、示談という道を知らないだけで不本意ながら前科を受け入れてしまうこともあります。

大切な家族の今と将来を考えるなら、少しでも早く弁護士のサポートをお考えいただきたいと思います。

刑事事件の経験をしっかり積んだ弁護士であれば、スピーディーに適切な活動をしてくれることでしょう。

あきらめないで、私たち弁護士にご相談ください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「盗撮事件を解決する方法!頼れる弁護士特集」と題してお送りしました。

緊急事態にどのような行動をとるべきか。

弁護士を時間をかけずに選ぶ方法、そして、すぐに無料相談ができる窓口についてレポートしてきました。

地元ですぐ弁護士に会いたいと考えるなら全国弁護士検索で厳選弁護士を吟味してお選びください。

時間がなくてお悩みの方には弁護士無料相談が便利です。

もっと盗撮事件のくわしい情報を知りたいという方は関連記事が参考になると思います。

私たち編集部は、この記事をご覧になった方のお悩みが少しでも解消されることを切に願っています。

よい弁護士に出会い、一日も早く平穏な日常を取り戻してください。

以上、編集部よりお届けしました。