全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

痴漢の加害者が頼れる弁護士を東京で探す|逮捕されるとどうなる?弁護士費用は?

  • 痴漢,弁護士,東京
  • 70

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

東京の通勤ラッシュは他人と身体を密着せざるを得ない状況になります。

  • 魔がさして痴漢行為をし、逮捕されてしまった。
  • 痴漢冤罪で逮捕された!

など、そんな非常事態に巻き込まれることがあるかもしれません。

もし、ご自身や身近な方が痴漢の加害者になってしまったら…

頼れる弁護士東京で探しますよね。

しかし、弁護士を探すのはなかなか骨が折れます。

そこで、今回は「痴漢で頼れる東京の弁護士特集」をお送りします。

東京で痴漢事件を無料相談できる弁護士特集

東京で痴漢事件を無料相談できる弁護士特集

「夫が痴漢容疑で捕まってしまった…」

緊急事態です。

そんなとき、東京で弁護士を探そうにも、どの弁護士に相談すべきか分からないですよね。

そこで、今回は痴漢事件を無料相談できる弁護士事務所をご紹介します。

以下の点を踏まえ、頼れる弁護士を見つける参考にしましょう。

注意点
  • こちらの情報は2021年5月17日時点において、各ホームページに記載されている情報をまとめたものです
  • 抜粋した弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量は無関係です
  • 具体的事案や事務所の状況によっては、受任してもらえない場合があるので、ご確認ください
  • 費用も事案によって変動する可能性がありますので、ご確認ください

弁護士法人法律事務所オーセンス

まずご紹介するのは、弁護士法人法律事務所オーセンスです。

弁護士法人法律事務所オーセンスは刑事事件に注力している弁護士事務所です。

初回無料相談(60分まで)も行っているようです。

過去の解決実績も豊富です。

事務所のホームページから解決事例もチェックできます。

代表弁護士は、元榮 太一郎弁護士(第二東京弁護士会所属)です。

事務所の所在地は東京メトロ比谷線「六本木駅」から徒歩8分です。

〒1060032

東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル7階

事務所の地図は以下の通りです。

無料相談予約は以下の番号から可能です。

24時間、予約可能なので日中電話が難しい方でも安心です。

0120-525-686
まとめ
  • 刑事事件の活動実績が豊富
  • 初回60分無料相談可
  • 無料相談予約は24時間受付中
弁護士費用
法律相談料 無料0円~
初回接見費用 5万5000円(税込)~
※受任後は着手金に充当
成功報酬 16万5000円(税込)~
※保釈請求のみの場合11万円(税込)

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

和田金法律事務所

続いては和田金法律事務所をご紹介します。

刑事事件に注力している弁護士事務所です。

  1. ① 早期の解放を何よりも重視
  2. ② 安心の無料相談
  3. ③ 逮捕された方とご家族を橋渡しするコミュニケーションの徹底

といった強みがあるようです。

事前予約すれば、逮捕された方のご家族からの相談は60分無料のようです。

和田金法律事務所のホームページはこちらです。

代表弁護士は、渡邊 寛弁護士(第二東京弁護士会所属)です。

和田金法律事務所は日比谷線築地駅より徒歩2分の場所に位置します。

〒1040045 東京都中央区築地1-10-11 ラティオ702

事務所の地図は以下の通りです。

無料相談予約は以下から行えます。

365日24時間受付しているようです。

0120-980-856
まとめ
  • 早期解放を重視している弁護士事務所
  • 事前予約すれば、逮捕された方のご家族からの相談は60分無料
  • 無料相談予約は電話で365日24時間受付中
弁護士費用
法律相談料 無料0円~
初回接見費用 44000円(税込)~
成功報酬 22万円(税込)~

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

大本総合法律事務所

続いてご紹介するのは、大本総合法律事務所です。

刑事事件解決に注力しており、不起訴獲得の実績も豊富です。

刑事事件の相談は、東京(埼玉・千葉・神奈川)・大阪・金沢・名古屋・福岡の方は初回無料のようです。

さらにくわしい情報は事務所のホームページをご覧ください。

代表弁護士は、大本 康志弁護士です。

大本総合法律事務所はJR東京駅 八重洲口直結です。

非常に好立地で仕事の帰りなどでも立ち寄りやすいですね。

〒1006617

東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディング20階

事務所の地図は以下の通りです。

無料相談・問い合わせなどは以下の電話窓口から可能です。

0120-4544-39
まとめ
  • 刑事事件の活動実績が豊富
  • 対象エリアの方は、24時間無料相談が可能。
弁護士費用
法律相談料 無料0円~
初回接見費用 3万3000円(税込)~
※受任している事件は無料
成功報酬 原則44万円(税込)
※事案によって増減

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

東京シティー総合法律事務所

次は、東京シティー総合法律事務所をご紹介します。

刑事事件に関する一切の相談に適宜応じてもらえるようです。

更に、刑事事件手続の範囲のみでなく、その後の社会復帰を視野に入れて、弁護活動行ってくれます。

初回相談は無料です。

メールでの相談問い合わせが可能な点が魅力ですね。

事務所のホームページは以下の通りです。

代表弁護士は、中林 日登美弁護士(東京弁護士会)です。

事務所は東京メトロ銀座線の銀座駅より、徒歩3分程度の位置に所在しています。

〒1040061

東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7階

電話相談にも応じてくれるようです。

平日の朝9時~17時の間で行っています。

電話番号はこちら↓

03-6311-7598
まとめ
  • 初回相談無料
  • メール相談あり
  • 電話相談あり(平日9:00-17:00)
弁護士費用
法律相談料 無料0円~
成功報酬 11万円(税込)~
※接見や、釈放・保釈のみは成功報酬なし

※こちらは現時点での情報です。くわしくはホームページをご覧ください。

他の事務所もみてみたい方はコチラ

東京都の痴漢で頼れる無料相談可の弁護士をいくつかピックアップしてご紹介しました。

他の事務所も見てみたいという方は以下からご覧ください。

【Q&A4選】痴漢事件に弁護士って必須?|刑罰・弁護士費用・示談金など解説!

【Q&A4選】痴漢事件に弁護士って必須?|刑罰・弁護士費用・示談金など解説!

前の章では、緊急で弁護士に無料相談をしたい方に弁護士事務所をいくつかご紹介しました。

ここからは痴漢事件に関するみなさんの質問にお答えしていこうと思います。

弁護士に相談する前に事件について知っておけば、全体像が見えてきますよね。

Q1.痴漢で逮捕されたら、どんな刑罰を受ける?

痴漢で逮捕されてしまったら、どんな刑罰を受ける可能性があるか不安になりますよね。

痴漢は「迷惑行為防止条例違反」や「強制わいせつ」で逮捕される場合があります。

分かりにくいですが、それぞれ犯行の内容や、刑の重さが異なります。

詳しく見ていきましょう。

「迷惑防止条例違反」となる痴漢

迷惑防止条例違反は、各都道府県で内容が異なります。

東京都では「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」に記載されています。

先に条文を確認してみましょう。

第五条 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。

一 公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること。(略)

東京の条例違反となる痴漢行為の具体例としては、電車や公共の場所で服の上から身体に触る行為が考えられます。

このような場合、どんな処罰を受けることになるのでしょうか。

こちらも条文を確認しましょう。

第八条 次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

(略)

二 第五条第一項又は第二項の規定に違反した者(次項に該当する者を除く。)(略)

条例違反の痴漢で逮捕され、有罪になると6月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

決して軽い罰則ではありません。

「強制わいせつ罪」となる痴漢

続いて、強制わいせつ罪となる痴漢についてみていきましょう。

強制わいせつ罪については刑法の176条に記載されています。

こちらも条文を確認していきましょう。

13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

下着の中に手を入れて身体に障るなどの痴漢行為は「強制わいせつ罪」に当たる場合があります。

ご覧のとおり、強制わいせつ罪は有罪になると6月以上10年以下の懲役です。

罰金刑が無く、条例違反よりさらに重い刑罰になっています。

こちらの2つについて混同しがちなので、注意しましょう。

まとめ

痴漢行為の具体例と刑罰

  東京の迷惑防止条例違反* 強制わいせつ
具体例 服の上から身体に触る 下着の中に手を入れて身体に触る
刑罰 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金 6月以上10年以下の懲役

*各都道府県で異なる

Q2.痴漢事件に弁護士って必須?

痴漢事件は重い刑罰を受ける可能性があるとわかりました。

痴漢事件に巻き込まれたら、まずは弁護士の選任を考えましょう。

痴漢事件に弁護士って本当に必要なの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

そこで、こちらでは弁護士に依頼することでどんな恩恵が受けられるかみてみましょう。

ちなみに逮捕前と逮捕後では弁護士のできる弁護活動も変わってきます。

まずは、逮捕される前にできる弁護活動から見ていきましょう。

逮捕前にできる弁護活動
✔被害者の方と早期に示談を行う
✔取り調べへの協力や、被疑者の身元の明確性から、「逃亡・罪証隠滅の恐れがない」ことを主張する
✔冤罪の場合、無実が証明できる事情を主張する

以上の弁護活動から

逮捕されない可能性が高まる

というメリットがあげられます。

ここで、逮捕されてしまった場合の流れを図で確認しましょう。

現行犯逮捕と後日逮捕の違い

痴漢事件は現行犯逮捕されるケースが非常に多いです。

満員電車などで、身体を触られた女性や、目撃した人が、その場で犯人を現行犯逮捕することが多いためです。

一方、その場では捕まらなくても、被害届によって痴漢が発覚するケースもあります。

その場合は警察が捜査し、後日逮捕されてしまう可能性もあります。

後日逮捕が不安な場合、上記の弁護活動を行って、逮捕されないことが大切です。

続いて、逮捕後に期待できる弁護活動をみていきましょう。

逮捕後に弁護士から受けられる弁護活動
✔被害者との示談を行う
✔「逃亡・罪証隠滅の恐れがない」ことを主張する
✔検察官が勾留請求をしないように意見書を出す
✔検察による勾留請求が認められないよう裁判官に意見書を出す
✔勾留決定を取り消すか、勾留を取り消すよう裁判所に準抗告を申し立てる
✔不起訴を目指して検察官と交渉してくれる

逮捕された後、何も対処しなければ最大で23日間勾留が続きます。

ここでいう勾留とは、被疑者が刑事施設に入れられることいいます。

もし、勾留が決定してしまうと学校や仕事を休むことになってしまいます。

欠勤・欠席が長期に渡ると、解雇・退学になってしまう可能性もでてきますね。

さらに、一度起訴されてしまうと、約99%の確率で有罪判決がくだされることになります。

有罪判決が下されれば、前科が付いてしまいますよね。

前科が付けば、仕事や再就職、結婚など、その後の人生に大きな不利益が生じてしまう可能性も大いに考えられます。

ですが、不起訴になれば前科はつきません。

弁護士に相談すれば、

  • 勾留を回避できる可能性が高まる
  • 不起訴獲得の可能性が高まる

といったメリットがあります。

ところで、みなさん痴漢事件はどのように進行するかご存じですか?

刑事事件の逮捕後の流れを詳しく書いてある記事がありますのでご覧ください。

Q3.弁護士費用がいくらなのか心配…

弁護士を選任することで様々なメリットがありましたね。

弁護士に依頼する際一番気になるのが弁護士費用ではないでしょうか。

内訳も相場もわからずに弁護士に依頼するのはとても不安ですよね。

事前にどんな名目でどれだけの費用がかかるか分かれば安心です。

弁護士費用は4つの項目にわけることができます。

各項目の内容と相場をみていきましょう。

弁護士費用の「着手金」とは

着手金とは、弁護活動開始時にかかる費用です。

着手金は、事件結果に関係なく、不成功でも返金されません。

また、各弁護士で自由に金額を定めることができるため、一概に〇〇円!とは言えません。

事案内容によっても変わるようです。

さまざまな弁護士事務所を比べてみると着手金は20万円~、30万円~とする弁護士が多くいました。

弁護士費用の「成功報酬」とは

弁護活動の結果に応じてかかる費用で、成果の質と量により金額が変わります。

当該痴漢事件の刑事処分の結果によって、金額が異なってくるのが一般的です。

成功報酬は10万円~、100万円~など、各弁護士によってさまざまです。

同じ痴漢事件でも弁護士によっては成功報酬が大きく異なる場合があります。

弁護士費用の「日当」とは

日当とは、留置場への面会や出廷などで弁護士が出張することに対する報酬です。

日当も、各弁護士によって算出基準が変わってきます。

多く採用されているのは、所要時間をもとに日当を算出する方法のようです。

たとえば、裁判のために外出したケースでは、裁判所までの往復所要時間がもとになります。

それをもとに、弁護士が独自に設定した基準に照らして、日当が算出されるとのことです。

弁護士費用の「実費」とは

実費とは、名前の通り、実際にかかった費用のことです。

たとえば、書類の郵送代や交通費などが考えられますね。

弁護活動が終わった後に、まとめて請求されることが多いようです。

弁護士費用の他にかかる費用は…

弁護士費用は各弁護士がそれぞれ自由に設定できるので相場を出すのは難しいですね。

弁護士費用の相場は30万円~・100万円~など、弁護士によって変わってきそうです。

さらに、被害者側と示談する場合は弁護士費用に加え、示談金も必要になってきます。

示談金も状況によって変わるので一概には言えませんが、相場としては

  • 迷惑防止条例違反にあたる痴漢は10万円~100万円の示談金
  • 強制わいせつにあたる痴漢は20万円~150万円の示談金

と幅広い、様々なケースが考えられます。

弁護士費用も示談金も事件の内容などで大きく金額が変動します。

被害者との示談や弁護士費用について、もっと知りたい方は以下の記事もご覧ください。

Q4.痴漢冤罪で頼れる「当番弁護士」って?

痴漢冤罪という言葉をご存知ですか?

痴漢冤罪とは実際には痴漢行為を行っていないのに痴漢の疑いをかけられることです。

無実の痴漢の罪で逮捕されたら…と考えると非常に恐怖を覚えますよね。

みなさんは

痴漢冤罪で逮捕されたら当番弁護士を呼べ!

と、耳にしたことはありませんか?

当番弁護士とは弁護士が一度だけ無料で逮捕された人に面会にきてくれる制度です。

当番弁護士は逮捕された瞬間から派遣要請することが可能です。

弁護士は取り調べに対応するための有益なアドバイスをしてくれます。

こちらに東京の当番弁護士の電話番号を記載しておきます。

03-3580-0082

こちらの番号に当番弁護士の派遣を希望する旨を伝えると、弁護士会が手続きを進めてくれます。

痴漢冤罪で逮捕され、身動きがとれなくなっても「当番弁護士を呼びたい」と申し出るだけでこの制度が利用できます。

また、家族の方が呼ぶことも可能です。

もちろん、冤罪でない場合でも心強い味方になってくれますよ。

突然の痴漢冤罪での逮捕の場合、覚えておいて損はない制度ですよね。

当番弁護士についてもっと知りたい方は以下の記事もご覧ください。

【無料相談】東京で痴漢事件の加害者に!弁護士探しはコチラで

【無料相談】東京で痴漢事件の加害者に!弁護士探しはコチラで

今すぐできる!スマホで弁護士に無料相談

東京の満員電車で通勤している方にとって、痴漢事件は他人事ではありません。

痴漢冤罪のように無実の罪で痴漢事件に巻き込まれることもあります。

そんなときスマホ弁護士無料相談できる窓口があればとても便利ですよね。

今回は、

  • 24時間365日有人対応で対面相談予約がとれる電話窓口
  • 毎日使うLINEで気軽に相談が送れるLINE無料相談

をご紹介します!

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

いきなり、弁護士事務所に法律相談に行くのは緊張する…

という方もスマホで気軽に相談できれば嬉しいですよね。

さらに、時間や場所を選ばずに相談できるのは非常にありがたいですよね。

東京以外も!全国から痴漢で頼れる弁護士を探す

東京は、弁護士事務所も多く所在しています。

今回ご紹介した弁護士事務所はほんの一部です。

また、東京以外にも多くの弁護士事務所が存在します。

そのため、「他の弁護士事務所もみてから検討してみたい!」

という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、こちらの全国弁護士検索をご紹介します。

探したい地域を選択すると痴漢事件で頼れる弁護士がズラリと検索できます。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いかがでしたか?

こちらに掲載している弁護士は、

  • 痴漢などの刑事事件に注力している
  • 弁護士費用が明瞭である

という条件を満たす事務所ばかりです。

ご自身にぴったり合う弁護士をみつけてくださいね。

最後に一言アドバイス

弁護士はあなたの心強い味方です。

逮捕前、逮捕後でもやれることはたくさんあります。

自分に合う弁護士を見つけ、すぐに弁護活動をしてもらいましょう。

まとめ

今回は、「東京で無料相談可能な弁護士特集」をお送りしました。

事件の当事者になってしまいパニックになっているかもしれません。

そんなときこそ冷静になって、ご紹介した

を利用して弁護士に相談してみましょう。

他にも関連記事がありますのでぜひご覧ください。