close×

【相場が知りたい】強盗の慰謝料・示談金の金額はいくら?|弁護士が教える

  • 強盗,慰謝料
  • 10

強盗事件の加害者になってしまった…

謝罪方法のひとつとして、慰謝料示談金を支払うということがあります。

被害者に対して、きちんと謝罪したい!

そのような気持ちでも、やっぱり気がかりなのは「お金」のこと。

「強盗事件の慰謝料や示談金の相場はあるのか?」

について知りたいですよね?

というわけで!

本日は、「強盗の慰謝料・示談金相場についてせまる」と題してお送りします。

強盗罪の慰謝料・示談金の意味

実際にあった過去の実例

強盗罪の慰謝料・示談金の相場

をチェックしていきます。

気になる内容ばかりになっています。

法律部分の解説は、専門家にお願いしています。

刑事弁護のスペシャリスト、弁護士の岡野武志先生です。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

刑事事件の実例をまじえてお話していきたいと思います。。

どんな方でもご理解いただけるよう、丁寧に解説していきます。

強盗事件の慰謝料・示談金についての疑問をスッキリ解消しましょう。

それでは、さっそくどうぞ!

強盗罪の慰謝料・示談金とは|その意味にせまる

強盗罪の慰謝料・示談金とは|その意味にせまる

まずはじめに、示談金慰謝料の意味の違いをおさえたいと思います。

その前に、「示談」の意味について解説しておきます。

そもそも示談というのは…

損害賠償を当事者間の話し合いで解決する手続きのことです。

示談そのものの意味について、もう少し詳しく知りたい方はコチラが参考になります。

示談を成立させるために、示談金が支払われます。

示談金

→示談の際に支払われるお金の全体をさす

慰謝料

→示談金のうち、精神的苦痛に対して支払われるお金をさす

慰謝料は、示談金に含まれると考えます。

ポイント

強盗罪の慰謝料・示談金

慰謝料 示談金
性質 加害者が被害者に支払う金銭
意味 強盗による精神的損害に対する損害賠償金 強盗事件の示談の際に支払われるお金の全体

強盗によって、被害者に金銭的な損害を与えた場合、加害者は被害者から損害賠償請求を受けます。

強盗罪の金銭的な損害としては…

奪い取った財産それ自体

精神的苦痛に対して支払われる慰謝料

などが考えられます。

強盗罪は、他人の財物に対する犯罪です。

盗んだ財物を返却する

盗んだ財物の価額を賠償する

このようなことが、事件解決の第一歩です。

強盗罪は、人の身体の安全に対する犯罪でもあります。

したがって、一定金額の慰謝料の賠償が重要になってきます。

強盗罪では、被害者側が多大な恐怖を感じているケースが多いです。

そのような場合は、示談に応じてくれない可能性が高いです。

たとえ示談に応じてくれても、示談金の額は高額になるケースが多いようです。

実例から見る、強盗罪の示談金の相場!

実例から見る、強盗罪の示談金の相場!

【5大実例】強盗罪の示談金を一挙公開

示談と示談金の意味ついて理解できたところで…

つぎに気になるのは、具体的な金額です。

なんと、ここからは!

実際にあった強盗事件をもとに、示談金の金額を大公開します!

それでは、さっそく見ていきましょう。

注目

強盗事件の示談金の相場一覧

事件の概要 示談金
タクシーを降りる際、乗車料金8600円の支払い請求を受けるや運転手に暴行を加えて料金を払わず、運転手に約7日間の加療を要する左大腿部打撲、左中指、右手関節擦過傷の傷害を負わせた強盗致傷事件。 2万5189万円
共犯者と共に、路上で通行人に暴行を加えた上、「金を出せ」等と怒号して脅迫し、現金約10万3000円ほか5点の入った財布1個(時価約1万円相当)を奪い、前述の暴行により全治10日から2週間を要する顔面部打撲の傷害を負わせた強盗致傷事件。 15万円
家電量販店でセラミックファンヒーター1台(販売価格2万円相当)を盗み、自動車で逃走しようとして、車の前に立ちふさがる店員らを転倒させた事後強盗事件。 25万円
共犯者と共に、路上で通行人に因縁をつけて呼び止めた上で暴行を加え、脅迫して金銭を奪おうとしたが、大声で助けを求められたためその目的は遂げず、前述の暴行により被害者に全治10日間を要する傷害を負わせた強盗致傷事件。 60万円
コンビニで雑誌1冊(販売価格380円)を盗み、服の下に隠したところを防犯カメラを見ていた店長から呼び止められて、逮捕を免れるために暴れたところ、店長を転倒させ、暴行を加えた際、加療約180日間を要する左坐骨から腓骨神経麻痺、左膝内側側腹靭帯損傷の傷害を負わせた強盗致傷事件。 379万7143円

紹介した実例は、単なる強盗事件だけではありません。

強盗の結果、ケガさせてしまった強盗致傷事件も含まれています。

強盗は、お金やモノを盗むだけでなく、暴力によってケガを負わせてしまうことも多いです。

被害金額

ケガの程度

精神的損害

これらを総合的に考慮して、示談金の金額が決まっているようです。

【これは便利】強盗罪の示談金の実例を瞬時にチェック

さきほど5つの事例を公開しました。

ですが、ご自身のケースとあまり類似していなかったという方もいらっしゃると思います。

もっと、ほかのケースも気になっておられるのではないでしょうか。

そんな方にはこちらが便利です。

 ↓↓↓

あなたが知りたい示談金の相場は?

傷害の種類をお選びください

交通事故の種類をお選びください

暴行・脅迫の種類をお選びください

窃盗の種類をお選びください

その他の種類をお選びください

ちなみに、ボタンをタップしていくだけで、他の犯罪の示談金の相場も確認できます。

ご興味のある方は、参考にしてみるのはいかがでしょうか。

ほかにも、刑事事件の示談に関する詳しい情報をお求めならコチラの記事もご覧ください。

示談を具体的にお考えならば、必要なのは示談書の作成です!

示談書のひな型が公開されていますので、こちらも参考にしてみてください。

示談の際に、もう一つ大切なのが被害者に対する謝罪文なんです。

謝罪文のテンプレートも公開しています。

参考にしながら、ご自身の誠実な謝罪の気持ちを文章に表しましょう。

強盗罪の慰謝料・示談金相場が知りたいなら、弁護士に相談

強盗罪の慰謝料・示談金相場が知りたいなら、弁護士に相談

強盗罪の慰謝料・示談金の相場をみることができました。

普段の生活で実例を知ることができる機会はないですね。

ですが、事件の内容は多種多様です。

実例を参考にすることはとても大切ですが…

あなたのケースについて、しっかりと専門家の意見を聞くことが必要です。

というわけで!

ここからは、弁護士の相談方法探し方についてお話します。

いつでも・どこでもスマホから、弁護士「無料相談」で悩みを解決

弁護士に相談するには、必ず法律事務所に行かなけらばならないと思っていませんか?

今から、その固定概念を壊します。

なんと!

スマホがあれば家・仕事場にいながら、弁護士とつながることができる方法があるのです。

それが、コチラです↓

0120-431-911無料相談予約する

LINE無料相談する
LINEで友だち登録ができます

facebook無料相談する
直接メッセージが送れます

しかも、いつでも相談できるというのもポイントです。

24時間365日スピード対応中だからです。

休みが少ない

育児で忙しい

介護で家を留守にできない

法律事務所に行く時間が取れないという方に、おすすめの窓口です。

相談窓口の種類は3つ。

電話窓口で対面相談の予約を取る

LINEで無料相談する

Facebookで無料相談

弁護士と、今すぐつながりたい方、必見です!

近くの弁護士を探す、47都道府県を地域別に検索

強盗罪の慰謝料・示談金についての相談は、慎重に行いたいですよね。

安心して相談できる弁護士かどうかの判断は、会ってからじゃないと分からないこともあります。

そうときたら、さっそく弁護士を探しましょう!

弁護士探しはコチラが便利です↓

全国47都道府県すべての弁護士から、当編集部が厳選して掲載しています。

直接、会いに行くならやはりご自宅から近いほうが便利だと思います。

これなら地元の弁護士を探し出すことが可能です。

使い方もお住いの地域をタップしていくだけ。

弁護士探しに、むずかしいことは何もありません。

コチラを活用して、今すぐに弁護士を見つけましょう。

最後に弁護士からメッセージ

強盗罪の慰謝料・示談金についてくわしく見てきました。

慰謝料と示談金の違いがご理解いただけたと思います。

それでは最後に、岡野先生から一言いただきたいと思います。

強盗事件で示談をお考えなら、弁護士にご相談ください。

刑事事件の解決を望むなら、落ち込んでいる時間はありません。

疑問や不安はあると思いますが、早急に行動する必要があるでしょう。

弁護士に相談いただければ、あなたのために尽力してくれるでしょう。

まとめ

「強盗の慰謝料・示談金相場についてせまる」について特集しました。

示談金の実例をみることができたりと、内容がもりだくさんでした。

気になっていた、慰謝料と示談金の違いについてもご理解いただけたでしょうか。

示談をお考えなら、今すぐ弁護士に相談です!

スマホで無料相談

全国弁護士検索

きっとあなたの力になってくれる弁護士が見つかるはずです!

強盗罪についてもっと知りたいという方は、関連記事もご覧ください。

強盗の関連記事はこちら

目次に
もどる