強盗で逮捕されたら?コンビニ・タクシー強盗などニュースから逮捕の流れを調査

  • 強盗,逮捕
  • 170

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

強盗で逮捕されたら?コンビニ・タクシー強盗などニュースから逮捕の流れを調査

強盗は、暴行や脅迫をもちいて他人の物をうばう犯罪です。

もしも、ご家族が強盗事件をおこして「逮捕」されたとしたら…

「強盗事件で逮捕」をテーマに、さまざまな角度から強盗についてせまっていきたいと思います。

コンビニ強盗・タクシー強盗など…全国のニュースを調査

強盗で逮捕された後の流れ

強盗事件を弁護士に相談するなら?

このような点に注目して、強盗事件について解説をすすめていきたいと思います。

法律面の解説は、弁護士の岡野武志先生にお願いしています。

強盗事件で逮捕されたら…逮捕ニュースを調査

強盗事件で逮捕されたら...逮捕ニュースを調査

強盗事件は全国各地で起きています。

強盗事件というと銀行がターゲットにされる印象があったのですが…

近年は、コンビニ強盗タクシー強盗が多いようです。

全国のニュース記事から気になる事件を紹介していきたいと思います。

コンビニ強盗で逮捕のニュース

ニュース①大阪のコンビニ強盗事件

まずは、大阪で発生したコンビニ強盗事件です。

こちらをごらんください。

コンビニに押し入り、現金などを奪ったとして、曽根崎署は1日、強盗容疑で(略)を逮捕した。(略)

逮捕容疑は5月25日午前3時15分ごろ、大阪市北区のコンビニで、女性店員(23)に包丁を突きつけて「金を出せ」と脅し、店員が差し出した現金約13万円とたばこ11個(計4600円相当)を奪ったとしている。(略)

店内の防犯カメラ映像から浮上した。

大阪で起きたコンビニ強盗事件です。

事件内容は、包丁を突きつけて現金とたばこを奪ったとのことです。

防犯カメラの映像が決め手となり、逮捕に至ったようです。

ニュース②岡山のコンビニ強盗事件

つづいては、岡山で発生したコンビニ強盗事件です。

こちらをごらんください。

岡山市北区のコンビニエンスストアで25日にあった強盗事件で、県警は26日、市内の16歳と17歳の男子高校生4人と無職少年(17)を強盗容疑で逮捕したと発表した。(略)

女性店員(20)にカッターナイフを突きつけて脅し、レジや金庫などから現金約112万円を奪って逃げた疑いがある。

高校2年の男子生徒(17)1人が実行犯で、他の4人は見張り役や逃走用のバイク数台を用意して共謀したという。(略)

岡山で起きたコンビニ強盗事件です。

事件内容は、カッターナイフをつきつけて現金を奪ったとのことです。

少年5人が共謀しておこなった強盗事件ですが、逮捕されたようです。

ニュース③東京のコンビニ強盗未遂事件

さいごは、東京で発生したコンビニ強盗未遂事件です。

こちらをごらんください。

コンビニエンスストアから現金を強奪しようとしたとして、警視庁小松川署は強盗未遂容疑で、住居不定の無職(略)を逮捕した。(略)

女性店員にはさみを突きつけて「3万円出せ」などと脅し、現金を奪おうとしたとしている。

店員が応じなかったため、何も取らずに逃走した。(略)

東京で起きたコンビニ強盗未遂事件です。

事件内容は、はさみを突きつけて現金を奪おうとしたとのことです。

強盗未遂に終わったとのことですが、逮捕されています。

強盗は未遂事件であっても逮捕される可能性があることが分かりました。

タクシー強盗で逮捕のニュース

ニュース①福岡のタクシー強盗事件

まずは、福岡で発生したタクシー強盗事件です。

こちらをごらんください。

福岡県警早良署は24日、住所不定の無職男(21)を強盗容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2月18日夜、福岡市早良区荒江2丁目の路上でタクシーに乗車して同区室見3丁目まで行き、停車した車内で背後から運転手(71)にカッターナイフを突きつけて「金やれ」と脅し、現金2000円を奪い、乗車料金1340円も支払わなかった疑い。

福岡で起きたタクシー強盗事件です。

事件内容は、カッターナイフを突きつけて現金を奪おうとしたとして逮捕されています。

ニュース②兵庫のタクシー強盗事件

つぎは、兵庫で発生したタクシー強盗事件です。

こちらをごらんください。

走行中のタクシー車内で運転手に暴行したうえ、運転手が逃げ出した後にタクシーを奪ったとして、兵庫県警姫路署は29日夜、(略)強盗容疑で現行犯逮捕した。

当時、酒に酔ったような状態で、調べに対し「何もしていない」などと話しているという。(略)

兵庫で起きたタクシー強盗事件です。

事件内容は、現金などではなくタクシー自体を奪おうとしたようです。

現行犯で逮捕されています。

ニュース③千葉のタクシー強盗事件

さいごは、千葉で発生したタクシー強盗事件です。

こちらをごらんください。

タクシー料金の支払いを巡り、運転手に暴行してけがを負わせたとして印西署は11日、強盗致傷の疑いで(略)を逮捕した。(略)

自宅近くの路上で乗っていたタクシーの運転手男性(略)から料金1万7490円を請求された際、支払わずに逃走。

追い掛けてきた男性を突き飛ばして左足のかかとを骨折させた疑い。(略)

千葉で起きたタクシー強盗事件です。

事件内容は、タクシーの乗車料金を支払わずに逃げ、追いかけてきた運転手を突き飛ばして怪我を負わせたとのことです。

料金の踏み倒しで怪我をさせたことも強盗(事後強盗)になるようです。

宝石店の強盗ニュース

宝石店強盗のニュースを見つけました。

こちらをごらんください。

20日午後8時10分ごろ、東京都渋谷区神宮前の商業施設「表参道ヒルズ」内にある高級宝石店「ハリー・ウィンストン」に男3人組が客を装って入店し、男性警備員を暴行して指輪などを奪って逃走した。

警視庁原宿署は、店内などの防犯カメラ映像を分析するとともに、強盗容疑で3人組の行方を追っている。(略)

東京の表参道にある宝石店での強盗事件です。

客を装った3人組によって指輪などが奪われたとのことです。

この強盗事件では、逮捕に至らなかったようですが…

約2年の時を経て進展があったようです。

東京・表参道の高級宝石店「ハリー・ウィンストン」(渋谷区神宮前4丁目)で2015年11月、客を装った男らが約1億円相当の貴金属を奪った事件で、警視庁は3日、英国籍の男3人が関与した疑いが強まったとして強盗致傷容疑で逮捕状を請求する。

3人は事件直後に出国しており、近く国際手配する。(略)

国際手配に発展するような事件だったようです。

事件の真相究明が急がれます。

強盗事件で逮捕されたらどうなる?

強盗事件で逮捕されたらどうなる?

強盗罪とは

強盗罪は、「暴行または脅迫をもちいて他人の財物をうばう」という犯罪です。

ナイフや拳銃を突きつけて、「金を出せ」と脅してお金をうばうイメージが強いと思いますが…

一言で強盗といっても、事件の内容はさまざまです。

銀行強盗

コンビニ強盗

タクシー強盗

など、強盗の情況によって、いくつかの種類に罪が分けられています。

強盗の種類

強盗罪

強盗予備罪

事後強盗罪

昏睡強盗罪

強盗致死傷罪

強盗・強制性交等罪

強盗・強制性交等致死罪

これらは、それぞれ罪の重さも違います。

強盗の刑罰
刑罰
強盗罪 5年以上の有期懲役
強盗予備罪 2年以下の懲役
事後強盗罪 5年以上の有期懲役
昏睡強盗罪 5年以上の有期懲役
強盗致死傷罪 負傷:無期または6年以上の懲役
死亡:死刑または無期懲役
強盗・強制性交等罪 無期または7年以上の懲役
強盗・強制性交等致死罪 死刑または無期懲役

強盗事件で逮捕!基本の流れ

それでは、ここからは強盗事件で逮捕された後の流れを基本からおさえていきたいと思います。

刑事事件の流れ(逮捕・勾留された場合)

強盗といった、刑事事件の手続きの流れを表しています。

何時間、逮捕されつづけることになるのか」

何日間、勾留されることになるのか」

24時間なのか、3日なのか具体的な時間が気になります。

https://platform.twitter.com/widgets.js

「原則は10日」などといわれています。

刑事事件の手続きの流れにくわしい方がいらっしゃるようですね。

法律の勉強をしていたり、実際に逮捕された経験があれば別ですが、なかなか刑事手続きの流れを知る機会はないと思います。

厳格な時間制限のなかで、刑事手続きはすすめられていきます。

48時間」、「24時間」など、さまざまなタイミングごとに制限時間が異なります。

刑事手続きの流れで注目したい時間はこちらです。

注目

48時間以内

24時間以内

10日間

10日間以内

約1ヶ月後

このような時間に注目しながら、逮捕後の流れを解説していきたいと思います。

強盗事件で逮捕されたら?

厳しい取り調べを受けて【48時間以内】に送致される

強盗事件をおこして警察に逮捕されると…

48時間以内に検察に送致するかどうかが検討される

「48時間」の根拠はどこにあるのでしょうか。

刑事訴訟法をひらいてみました。

司法警察員は、逮捕状により被疑者を逮捕したとき、又は逮捕状により逮捕された被疑者を受け取つたときは、(略)留置の必要がないと思料するときは直ちにこれを釈放し、留置の必要があると思料するときは被疑者が身体を拘束された時から四十八時間以内に書類及び証拠物とともにこれを検察官に送致する手続をしなければならない。(略)

「四十八時間以内に(略)検察官に送致する手続をしなければならない。」との記載を見つけました。

逮捕されたら、48時間もどこにいくことになるのでしょうか。

逮捕されたら、警察署まで連行されることになります。

手錠をかけられることも多いです。

警察署では、事件捜査の一環として取り調べがおこなわれます。

刑事ドラマを見ていると取り調べは非常に厳しいものだという印象をうけます。

ドラマの演出ではなく、現実でも厳しいものなのでしょうか。

取り調べはしんどいというイメージは強くあるようです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

取り調べは、肉体的・精神的な負担が大きいものであるといえるでしょう。

本日は、取り調べを受ける際のポイントをあわせてお伝えしたいと思います。

取り調べのポイント

黙秘権をつかう

内容をきちんと確認しないまま供述調書にはサインしない

取り調べを乗り切るには、このような点に注意することが重要です。

強盗事件で送致されたら?

【24時間以内】に勾留請求されるか決まる

強盗事件をおこして検察に送致されると…

24時間以内に勾留請求されるか決まる

「24時間」の根拠はどこにあるのでしょうか。

刑事訴訟法をひらいてみました。

検察官は、第二百三条の規定により送致された被疑者を受け取つたときは、弁解の機会を与え、留置の必要がないと思料するときは直ちにこれを釈放し、留置の必要があると思料するときは被疑者を受け取つた時から二十四時間以内に裁判官に被疑者の勾留を請求しなければならない。

② 前項の時間の制限は、被疑者が身体を拘束された時から七十二時間を超えることができない。(略)

「被疑者を受け取つた時から二十四時間以内に(略)勾留を請求しなければならない。」との記載を見つけました。

送致されたら、24時間のあいだになにをされるのでしょうか。

検察官による追加の取り調べがおこなわれます。

勾留する

起訴する

釈放する

検察官によって、いずれかが選択されます。

検察官によって追加の取り調べがおこなわれますが…

警察による取り調べと同じことを聞かれるというご意見を見つけました。

この方はどうやら、痴漢か何かの犯人と疑われる人物を捕まえた方のようです。

被疑者にかぎらず、参考人も警察や検察から取り調べをうけることになります。

一見すると同じように見える警察と検察の取り調べですが…

検察官がおこなう取り調べが、警察がおこなう取り調べとは違う意味合いをもっています。

検察がおこなう取り調べ
・警察での取り調べの内容と相違はないか
・警察が違法な取り調べをおこなっていなかったか

法曹資格をもつ法律家である検察官によって、適正な取り調べがおこなわれていたかどうかという点が確認されています。

取り調べを受ける身にたってみると、同じ話をするのは億劫かもしれません。

ですが、適正妥当な処分がくだされるためには必要なことになります。

警察に話した内容とちぐはぐな内容にならないように、ご自身で情報をしっかり整理することも大切です。

強盗事件で勾留されたら?

【10日間】は留置場などに入れられる

強盗事件で被疑者勾留が決定すると…

10日間のあいだ警察署の留置場などに勾留されることになる

「10日間」の根拠はどこにあるのでしょうか。

刑事訴訟法をひらいてみました。

前条の規定により被疑者を勾留した事件につき、勾留の請求をした日から十日以内に公訴を提起しないときは、検察官は、直ちに被疑者を釈放しなければならない。

「被疑者を受け取つた時から二十四時間以内に(略)勾留を請求しなければならない。」との記載を見つけました。

勾留されたら、10日間のあいだになにをされるのでしょうか。

起訴の流れ

逮捕から送致の合計72時間のあいだに捜査しきれなかった捜査を勾留期間におこなわれます。

警察官と検察官の捜査機関が連携をはかり、捜査がおこなわれています。

強盗事件を捜査し、起訴するかどうかが検察官によって検討されます。

強盗事件では、

被疑者の身元が安定している

強盗事件の犯行を素直に認めている

このような場合でも「罪証隠滅と逃亡のおそれがある」と判断され、勾留が決定してしまうことが多いのが実務の運用です。

勾留期間は、留置場で生活することになります。

強盗事件で勾留延長されたら?

勾留延長は【10日間以内】の勾留がさらにつづく

覚醒剤事件で被疑者勾留が延長されることになると…

さらに10日間以内の勾留がつづくことになる

「10日間以内」の根拠はどこにあるのでしょうか。

刑事訴訟法をひらいてみました。

裁判官は、やむを得ない事由があると認めるときは、検察官の請求により、前項の期間を延長することができる。

この期間の延長は、通じて十日を超えることができない。

「期間の延長は、通じて十日を超えることができない。」との記載を見つけました。

やむを得ない事由がある場合のみ、勾留延長が認められています。

やむを得ない事由は、具体的にはつぎのとおりです。

強盗事件の内容が複雑

強盗事件の関係者の事情聴取が終わっていない

このような状況が、やむを得ない事由として認められます。

強盗事件を引きつづき捜査し、証拠を集めるために勾留期間が延長されます。

勾留延長となれば、原則として逮捕から数えて起訴されるまで最大で23日間も留置場で生活することになります。

強盗事件で起訴されたら?

【約1か月後】に刑事裁判をうける

強盗事件で起訴されると、約1ヶ月後に刑事裁判が開かれることになります。

刑事裁判の流れ

強盗事件では、どのような判決が言い渡されることになるのでしょうか。

ニュース記事を確認してみたいと思います。

長崎県諫早市のスナックで昨年3月、客に睡眠薬入りの酒を飲ませてクレジットカードを奪うなどしたとして、昏睡強盗と窃盗の罪に問われた元店長(略)に、長崎地裁(小松本卓裁判官)は18日、懲役3年6月(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。(略)

「懲役3年6月」の判決が言い渡されています。

こちらの事件の判決には、執行猶予がついていません。

すぐさま刑務所に入ることになります。

一般的に強盗致傷のような事件では、起訴されると裁判員裁判で審理されることになります。

有罪になれば、原則として無期または6年以上の懲役の範囲内で刑罰が決められます。

そのため、初犯であっても実刑判決となる可能性が極めて高くなっています。

有罪判決となれば、前科がつくことになります。

強盗事件で逮捕されたら弁護士相談

強盗事件で逮捕されたら弁護士相談

スマホで弁護士とつながって強盗の逮捕を相談

ある日、息子が強盗事件をおこして逮捕されてしまった…

どうしたらいいのか、何からはじめたらいいのか分からずご不安なことと思います。

そんなときは何よりも、「今すぐ」に弁護士相談をしていただきたいです。

とはいっても、知り合いに弁護士もいないし弁護士を探すとこからはじめないといけません。

刑事手続きは、厳格な時間制限のなかで粛々とすすめられていきます。

少しの時間も無駄にはできません。

今すぐ弁護士とつながることができる相談受付の窓口を紹介いたします。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

24時間365日、専属スタッフが待機中の受付窓口です。

電話窓口

 弁護士との対面相談を予約する

LINE無料相談

 LINEを使って弁護士とトークする

Facebook無料相談

 Facebookを使って弁護士にメッセージを送る

強盗で逮捕されて困ったと思ったら今すぐ使える相談受付の窓口です。

地元の弁護士に強盗の逮捕を相談

強盗で夫が逮捕されてしまった…

報道はされていないけど、いつ実名が出回ってしまうかなどを考えてしまったりして不安があると思います。

「本当に信頼できる弁護士なのか?」

弁護士は守秘義務があるので安心してお話しください。

「自分と相性がいい弁護士に依頼したい」

これは会ってみないと何とも言えないかもしれません。

対面相談できる弁護士を簡単に探す方法を紹介します。

こちらをお使いください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

47都道府県ごとに弁護士をピックアップしています。

掲載中の弁護士は、ある基準を設定して当編集部が選出しています。

選出基準

刑事事件に注力していること

弁護士費用がホームページなどにはっきりと記載されている

このような基準にもとづいて掲載中です。

対面相談するなら、足を運びやすい地元の弁護士を探すことをおすすめします。

強盗事件で困ったら、地元で弁護士を探すことからはじめてみましょう。

最後に一言アドバイス

最後に一言、弁護士からアドバイスをいただきます。

強盗事件で逮捕されると素直に犯行を認めている場合でも、合計20日間の勾留が決定されることが多いです。

一日でも早い釈放をのぞむ場合は、弁護士に相談していただくことをおすすめします。

弁護士は「証拠隠滅や逃亡のおそれがないこと」など勾留の必要がないことを検察官や裁判官に主張します。

突然の逮捕だと、不安なことが多いと思います。

悩みはお一人でかかえずに、弁護士にご相談ください。

まとめ

強盗のニュースをチェックしたり、逮捕された後の流れについて解説してきました。

逮捕後、48時間以内に送致

送致後、24時間以内に勾留請求

被疑者勾留が決定後、少なくとも10日間は留置場に入る

刑事事件の基本的な流れをおさえることはできたと思いますが…

事件の解決に求められるものは、事件ごとに異なります。

法律の専門家である弁護士に相談することが大切になってきます。

スマホで無料相談全国弁護士検索を使って、弁護士と今すぐつながりましょう。

強盗事件や逮捕についての関連記事も用意しています。

あわせてチェックしてみてください。

目次に
戻る
TOPに
戻る