そもそも刑事事件の示談ってなあに?弁護士がカンタン解説中!

  • 刑事事件,示談
  • 320

刑事事件・逮捕についてお悩みの方へ。

このページでは、「刑事事件の示談により不起訴、減軽、釈放に至ったケース」について調査した結果を報告しています。

弁護士の無料相談情報も掲載中です。

示談成立によって不起訴を勝ち取ったケースは!?

刑事事件において示談が成立したことで検察官から不起訴処分を勝ち取ったことってあるんですか!?
はい、事件の内容や示談によっては検察官から不起訴処分を獲得することができます。
そんな嬉しいことがあるんですね。

示談成立は被害者との間で民事上の問題が解決したということになるため、検察官から反省と謝罪の意を汲み取られ、不起訴処分を獲得する可能性が大いに高まる。

また、不起訴処分を獲得した場合には、依頼者に前科が付くことは絶対にないから安心。

ただし、なるべく不起訴処分を獲得するためには早期の示談締結がキモとなるから、早め早めで弁護士へ相談して選任することが有効だ。

<示談締結で不起訴処分を獲得したケース>

痴漢示談締結で不起訴
依頼者が平日の朝、通勤途中の電車内で乗客女性のお尻を衣服の上から触った容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任、依頼者には2件の同種の前科があったが、弁護活動の結果、3日の身柄拘束の後に釈放され、被害者との示談締結をすることができ、不起訴で終了。
盗撮示談締結で不起訴
依頼者が平日の朝、駅のエスカレーターで女子高生のスカート内を携帯電話で盗撮した容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任、弁護活動の結果、3日の身柄拘束後に釈放され、示談締結によって不起訴で終了。
住居侵入示談締結で不起訴
依頼者が土曜日の未明、他人の部屋を盗聴するために被害者のマンションのベランダに侵入した容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任、弁護活動の結果、被害者と示談が成立し不起訴で終了。
自動車運転過失傷害(示談締結で不起訴)
依頼者が、平日の昼間、自家用車で走行中に前の車と衝突し相手の運転手らに頸椎捻挫の傷害を負わせた容疑で検挙された事件。逮捕される前に弁護活動をスタートし、被害者と示談を締結したため逮捕されることなく不起訴で終了
窃盗(示談締結で不起訴)
依頼者が平日の昼間、入店したパチンコ店で忘れ物と思われるブランド財布を発見して、それを置き引きした容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果、3日の身柄拘束後に示談締結し不起訴で終了。
器物損壊(示談締結で不起訴)
依頼者が、平日の朝、通勤途中の電車内で、乗客女性のスカートをはさみで切った容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任、依頼者は同種余罪が複数あったが、弁護活動によりすべての被害者と示談締結し、告訴取消を得て、再逮捕されることなく不起訴で終了。
強姦(示談締結で不起訴)※
依頼者が、平日の朝、ゲームサイトを通して知り合った女児と性交した容疑で逮捕された事件。逮捕前に受任し、弁護活動の結果、被害者と示談が成立し、留置場から直ちに解放され不起訴で終了。

※2017年7月13日に改正刑法が施行され、強制性交等罪(旧強姦罪)は親告罪ではなくなりました。しかし依然として、強姦事件で示談が成立し、告訴が取り消されれば、不起訴になる可能性は高くなります。

示談の成立によって刑罰が軽くなったケースは!?

では、示談成立のおかげで裁判官から言い渡される刑罰が軽くなることってあるんですか!?
はい、示談成立によって検察官からの求刑よりも軽い刑罰になったケースは多々あります。
聞けば聞くほど示談できる事件で示談しない選択はなくなりますね。

どうして、示談することで裁判において決められる刑罰が軽くなるのか?

それは、示談成立は被告人の反省と謝罪や更生の意思を客観的にも示すことができるため、裁判官に対して心証を良くすることができるからだ。

また、示談の成立は被害者が被告人を許しているという証拠にもなるため、被告人にとってより有利な事情にもなる。

裁判官も人間だから、事件に対して真摯な態度で反省し、これから更生する意思を示すことで、情状を酌量してくれて刑罰が軽くなる可能性があるのだ。

死亡事故(示談締結で刑罰が減軽)
依頼者が、原付バイクで走行中、被害者と衝突し、脳挫傷の傷害により死亡させた容疑で検挙された事件。逮捕前に受任し、弁護活動の結果、被害者遺族と示談が締結し逮捕されることなく、略式罰金で終了した。
振り込み詐欺(示談締結で刑罰が減軽)
依頼者が、共犯者と共謀し、見知らぬ他人に「示談金が300万円いる」等のうその電話をかけ、合計635万円を騙し取った容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果、被害者全員と示談成立し、加害者側に有利な事情が証明され、求刑をくつがえして執行猶予で終了。
傷害(示談締結で刑罰が減軽)
依頼者が、深夜の路上で、通行人と喧嘩し暴行を加え、全治6か月の頭蓋骨骨折等の傷害を負わせた容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果示談が成立し、執行猶予で終了した。
危険運転致傷(示談締結で刑罰が減軽)
依頼者が深夜、自宅で酒・抗パニック障害材・抗不安剤等を服用し、酩酊状態のまま自動車を走行させ、トラックやバイク等と衝突し、合計4名に傷害を負わせた容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果、4人中3人と示談が成立し、求刑を覆して執行猶予で終了。
詐欺関連の窃盗(示談締結で刑罰が減軽)
依頼者が、後輩と共謀し、コンビニの現金自動世払機から振り込め詐欺の被害金を2回に分けて引き出させた容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果、余罪の多くは立件されず、起訴された事件も示談が成立し執行猶予で終了。
暴力行為等処罰、傷害(示談締結で刑罰が減軽)
前科で執行猶予中の依頼者が、平日の夜、路上で同僚と一緒に、タクシー運転手に対して暴行を加え、加療約3か月を要する顔面挫創等の傷害を負わせた容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果、暴力行為等の処罰に関する法律違反の点は不起訴で、傷害の点は略式罰金で終了し、執行猶予は取り消されずに留置場から釈放された。
傷害、恐喝未遂の少年事件(示談締結で刑罰が減軽)
保護観察中の依頼者が、平日の未明、友人と一緒に公園で被害者の顔面を自転車のサドル等で殴り、現金50万円を用意するようにと恐喝した容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果、検察官からの「長期の少年院送致」を覆し、試験観察を経ての保護観察で終了。

示談の成立によって、留置場や拘置所から釈放されたケース!?

ほかに示談を成立させたことで、得られるメリットって何かありますか?
はい、示談を成立させることで、留置場や拘置所から通常よりも早く釈放される場合があります。
そうなんですね。
ここまでメリットあるとなると、万が一刑事事件を起こしてしまった場合には、示談は必須ですね!

なぜ示談を成立させることで留置場や拘置所から早期に釈放されることになるのか?

留置場等から早期に釈放されるためには「事件の証拠を隠滅する又は事件から逃亡するおそれがない」と思われることが必要なのです。

だから、示談を成立させることで、事件や被害者に対する反省・謝罪・更生の意思を検察官や裁判官に示すことができ、「隠滅・逃亡はしないだろう」と思ってもらえるようになるね。

また、示談成立によって不起訴処分が見込まれる場合には、これ以上捜査の必要性がないと検察官に判断してもらえるから、早期の釈放が実現するね。

器物損壊(示談締結で刑事施設から釈放)
依頼者が、平日の夜、コインパーキングの配線を切断した容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、依頼者には同種余罪が多数あったが、弁護活動の結果示談が成立し、告訴の取り消しを得たため、再逮捕されることなく留置場から直ちに釈放され不起訴で終了。
暴力行為等の処罰違反(示談締結で刑事施設から釈放)
依頼者が、平日の夜、同僚と一緒にタクシーの運転手の胸倉をつかむなどの暴行を加えた容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果示談が成立し、依頼者の勾留は延長されずに留置場から釈放され不起訴で終了。
恐喝未遂、傷害(示談締結で刑事施設から釈放)
依頼者が、同僚と共謀し、取引先の相手に暴行を加え、200万円を脅し取ろうとした容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果示談が成立し、依頼者は留置場から釈放され、不起訴で終了。
威力業務妨害(示談締結で刑事施設から釈放)
依頼者が、インターネットのライブ映像配信サイトで、包丁を振りかざして「ぶっ殺す」などと同号した容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果示談が成立し、保釈金を納付後直ちに留置場から釈放され執行猶予で終了した。
公務執行妨害、暴行(示談締結で刑事施設から釈放)
依頼者が、平日の深夜、酒を飲んで騒いでいたところ店員と口論になり暴行を加え、駆け付けた警察官の頬を平手打ちした容疑で逮捕された事件。逮捕後に受任し、弁護活動の結果示談が成立し、暴行の点は不起訴処分、公務執行妨害の点は略式罰金で終了し、留置場から直ちに釈放された。
児童福祉法違反示談締結で刑事施設から釈放
依頼者が、土曜日の昼間、自宅で教え子の女子生徒に対し、陰部に指を挿入するなどの性交類似行為をした容疑で逮捕された事件。逮捕前に受任し、弁護活動の結果示談が成立し、留置場から直ちに釈放され、事件は不起訴で終了。

なお、その他の示談金の相場もこちらからかんたんに確認できるようにしておきました!

刑事事件の示談の相談なら弁護士にお任せ!

刑事事件の示談の相談なら弁護士にお任せ!

ここまでで、刑事事件の示談の一般的なことはカバーできました。

でもできれば、自分の事件に即した具体的なアドバイスも欲しいですよね?

…ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士にじっくり相談するなら

なおコチラから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

使い方は簡単!

お住まいの地域をタップするだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

相談してみたい弁護士は見つかりましたか?

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

きっと、お困りごとを相談できる先生が見つかるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?刑事事件の示談について、編集部の徹底調査の結果をお届けしてまいりました。

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

を活用してください。

弁護士への相談は、早いに越したことはありません。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみましょう。

目次に
戻る
TOPに
戻る