保釈金の金額はどう決まる?有名事件に見る保釈金の金額

  • 保釈金,金額
  • 70

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

保釈金の金額って、どうやって決まるのでしょうか。

皆さん、考えてみたことありますか?

よく有名人が裁判沙汰になると、保釈金が何千万とか何億とかって聞きますよね。

保釈金の金額は、一体なにを基準に決まるのでしょうか。

解説は、テレビでおなじみ、弁護士の岡野先生にお願いしました。

よろしくお願いします。

今回は、有名人の事件を例に、保釈金の金額とその決まり方を見ていきましょう。

保釈金の金額の決め方

保釈金の金額の決め方

そもそも保釈金の金額って、なにを基準に決められるのでしょう。

お金持ちであればあるほど、保釈金も高いってイメージありませんか?

岡野弁護士に聞いてみましょう。

保釈金の金額は、被告人が逃亡しないように、被告人が「取られたら困る」と思う程度の金額を、裁判所がその人その人に合わせて決めます。

被告人が支払える金額で、しかも「返してもらえないと困るから、裁判所が指定した条件はきちんと守ろう」と被告人が思うような金額でなくてはなりません。

経済状態は人それぞれですから、いくらなら惜しいと考えるかも人それぞれです。

そのため、保釈を請求している被告人の職業事件の性質など様々な事情から、被告人がどれくらい財産を持っていて、どれくらいの財産を裁判所が預かれば被告人が逃げないかを裁判所が判断して、保釈金の金額を決定するのです。

へえ~

保釈金というのは、裁判中の被告人が逃げないように、裁判所が一瞬取り上げておくものなんですね。

保釈金の金額の一般的な相場

保釈金の金額の一般的な相場

保釈金の金額の決まり方は、なんとなく分かった気がしますね。

では、普通の事件では大体いくらくらいになるのでしょうか。

先生、現場を見てこられた感覚では、相場はいくらくらいですか?

一般的に、保釈金の金額の相場は150万円~200万円程度といわれています。

財政的に困窮している場合などはもっと額が低くなることもありますが、たいていの事件はこのくらいの金額となります。

保釈の条件を守り、無事に判決の言い渡しがあれば、納付した保釈金は全額、還付の手続きを経て保釈金を納めた人のところへ返還されます。

なるほど、150万円~200万円ですか。

それなら確かに、あとでちゃんと返してもらうには、きちんと裁判に出ようって気になりますよね。

保釈金の金額の相談なら弁護士にお任せ!

保釈金の金額の相談なら弁護士にお任せ!

ここまで、保釈金の金額について、岡野弁護士の解説と共にお送りしました。

これで一般的なことはカバーできました。

でもできれば、自分の事件に即した具体的なアドバイスも欲しいですよね?

…ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士にじっくり相談するなら

なおコチラから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

使い方は簡単!

お住まいの地域をタップするだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

相談してみたい弁護士は見つかりましたか?

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

きっと、お困りごとを相談できる先生が見つかるでしょう。

最後に弁護士からメッセージ

では先生、最後にひとことメッセージをお願いします。

保釈金の金額でお困りの皆さん。

今後のことを考えると、不安な気持ちになるでしょう。

しかし、刑事事件の解決はスピードとタイミングが勝負です。

落ち込んでいる暇はありません。

早い段階でご相談いただくことで、弁護士としてもやれることが増えます。

まずはとにかく、弁護士に積極的にご相談ください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、有名人の事件も含め、保釈金の金額について見てきました。

有名人と一般人とでは、保釈金の金額もだいぶ違うようですが…

でも、金額の決まり方もわかって良かったですね。

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

下の関連記事で情報をしっかり押さえて

緊急時も安心なスマホで無料相談

全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用してください。

弁護士への相談は、早いに越したことはありません。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみましょう。

目次に
戻る
TOPに
戻る