全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

痴漢事件を弁護士に無料相談!ネットで探す相談窓口

  • 痴漢,弁護士
  • 1300

みなさん、こんにちは。

こちらの記事は、痴漢事件弁護士をお探しの方に情報を提供する内容となっています。

痴漢事件というと、日常の中で起こりやすい事件です。

被害者加害者、どちらになっても困ります。

よくある事件だからといって、痴漢事件を軽くみてはいませんか?

今回は、みなさんの一番の関心事、「どうやって弁護士を探す?」にお答えします。

無料相談の受け方についてもレポートしますので、お見逃しなく!

今回とりあげる痴漢事件は、刑事事件の一種です。

弁護士の探し方から痴漢という犯罪の解説まで、一気にお見せしたいと思いおます。

専門的な部分は、刑事弁護のプロ、弁護士の岡野先生にお願いしています。

岡野先生、よろしくお願いします!

弁護士の岡野です。

痴漢事件は軽く見られがちですが、事件の内容によっては重い刑罰を覚悟しなければならないこともあります。

これまで私が扱ってきた様々な痴漢事件を題材に、丁寧に解説していきたいと思います。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

よくある弁護士「無料相談」窓口の探し方・選び方

ネットで調べてみると…

痴漢事件で弁護士に相談する場合、どんなふうに相談窓口を探しますか?

おそらく、多くの人がインターネット弁護士を検索するのではないでしょうか。

ネットで検索するとたくさんの相談窓口が見つかります。

たくさんの弁護士がいて、たくさんの法律事務所があります。

今ほとんどの弁護士・法律事務所が自分のホームページを持っています。

なので、ちょっと検索するだけで、膨大な情報が返ってきます。

実は、これが悩みの種になるのです。

たくさんの検索結果から、一体どの情報を信じればよいのか。

痴漢事件に一番適した相談窓口はどこにあるのか。

悩ましいわけです。

総合法律相談センターと法テラス

弁護士探しで困ったとき、ヒントになるのが総合法律相談センター法テラスという機関です。

総合法律相談センターは各都道府県の弁護士会が運営している法律相談窓口で、場所によって呼び名は若干異なります。

法テラスは各都道府県に設置された法律トラブルの総合案内所で、こちらは国により設置されています。

これらを頼る人もたくさんいますが、知らない人も多いです。

では、この2つの機関を整理しておきます。

相談窓口の検証
  総合法律相談センター* 法テラス
運営主体 各都道府県の弁護士会 日本司法支援センター
刑事事件の取り扱い 有り

*各都道府県により名称は異なります。

【最速の解決法】一番近くの弁護士を探す方法をレポート

【最速の解決法】一番近くの弁護士を探す方法をレポート

東京、神奈川、名古屋、大阪…4大都市で痴漢事件にくわしい弁護士を探す

ネットで無料相談ができるなんて、こんな便利な方法はありませんよね。

でも、やっぱり一度は弁護士の顔を見ておきたい…

そんなことも考えます。

一度、弁護士選びに失敗した経験のある方ならおわかりいただけると思います。

弁護士も人です。

相談するにしても「合う」「合わない」の問題があります。

無料相談だからといって、満足のいかないサービスなら最初から選びません。

痴漢で困っている人をしっかりサポートしてくれる弁護士かどうか。

会って見極めるのも大切なことです。

ネットでこんな声も見つけました。

どんな弁護士が一番頼れるのでしょうか。

やっぱり親身になって考えてくれる弁護士でしょう!

自分の目で見て話してみるのが一番わかりやすいかもしれません。

弁護士の選び方の基準は、人それぞれです。

ただ、「はずしたくないポイント」をあげるとすれば、次の3点になります。

是非ここに注目してみてください。

  1. ① 痴漢(刑事事件)取り扱い経験のある弁護士
  2. ② コミュニケーションの取りやすい弁護士
  3. ③ 費用の話を明瞭にしてくれる弁護士

弁護士としての腕はもちろん、コミュニケーションの観点も大事です。

やはり地元の弁護士だというだけではなく、いろんな視点で検証して決めたいものです。

というわけで、こちらの全国弁護士検索をお試しください。

口コミ評価も参考にしながら弁護士をお選びください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ここに掲載されている弁護士は全国47都道府県から厳選した弁護士・弁護士事務所です。

東京・神奈川・名古屋・大阪の4大都市はもちろん、その他の地域もカバーしています。

どこにいても、すぐ近くの弁護士を検索できるのがうれしいですよね。

ちなみに、気になる厳選基準はこちら。

  1. 刑事事件の専門サイトまたは専用ページがあること
  2. 弁護士費用が明瞭に示されていること

だから安心して選ぶことができます。

また、各地の痴漢を相談できる弁護士をまとめておきました。


ご自身がお住まいの地域がありましたら、是非見てみてくださいね。

【お金の話】痴漢の弁護士費用の「相場」を知りたい方へ

【お金の話】痴漢の弁護士費用の「相場」を知りたい方へ

さて、弁護士に相談したい、依頼しようかな、と思ったときに頭に浮かぶことといったら…

費用の点ですね。

いったい、いくらかかるの?

というわけで、弁護士費用に関してよくある質問を3つ、Q&Aでご紹介したいと思います。

①ズバリ、弁護士費用の相場は…

相場は一番気になりますね。

頼もうとしている弁護士が提示した金額が高いのか、そうでもないのか。

弁護士に何度も依頼をした人でないと、その相場観なんてわかりません。

基準がなければ依頼を決めることもためらわれてしまいます。

実は、ズバリ言いますが…

「弁護士費用の相場は、あってないようなもの」です。

というのも、以前は弁護士報酬規程というルールで弁護士費用が統一されていました。

でもそれが撤廃されて、今では報酬設定については自由化されています。

弁護士が自分で報酬等の弁護士費用を決めることができるようになっています。

ですので、弁護士によって必要となる合計金額には大き幅が生まれます。

タイムチャージ制をとる弁護士であれば所要時間に比例します。

一方、結果による場合分けで報酬金額を定めている弁護士であれば、まさに結果に左右されるわけです。

相場を知るためには、次の2点が大切です。

  1. 弁護士に直接料金設定について確認する
  2. 他の弁護士にセカンドオピニオンを聞く

②弁護士費用が支払えないときは…

依頼したのはいいものの、弁護士費用の支払いができなくなってしまったら…

編集部の調べによると、費用に関する不安・疑問はけっこう多くありました。

生活状況の急変、事件の予想外の展開などで、弁護士費用に不安が生まれることも。

私選弁護士の場合、弁護士と依頼者が合意の上で委任契約を締結します。

支払い方法についても、担当の弁護士に相談してみることをオススメします。

弁護士によっては支払い計画を一緒に考えてくれるなど、親身に対応してくれる弁護士もいます。

③分割で支払う?それとも一括で支払う?

弁護士費用の支払いを分割で行うことは可能でしょうか?

これも結構関心の高い質問です。

一括で支払わなければならないのか。

支払い方法に関しては、担当の弁護士に相談してみましょう。

基本的には一括での支払いが想定されています。

ですが、場合によっては分割に応じてくれる弁護士もいるようです。

ただ、それも弁護士によりますので、いつも分割が選択できると考えるのは誤りです。

一括支払いが難しい状況になった時点で、早めに弁護士にご相談ください。

【弁護士が解説】痴漢事件で弁護士に相談・依頼をする前に

【弁護士が解説】痴漢事件で弁護士に相談・依頼をする前に

ではここで、痴漢事件で弁護士に相談・依頼をお考えの方に、ホントのことをお話ししたいと思います。

痴漢事件を正しく読み解くコーナーをお届けします!

痴漢は逮捕される?逮捕されない?

そもそも、痴漢とは?

そもそも痴漢とは、どんな犯罪なのでしょうか。

「痴漢」という事件はニュースなどで耳にしたことがあると思います。

が、「痴漢罪」という言葉は聞いたことありますか?

こんな罪名は存在しません。

痴漢は、刑法に定められている「強制わいせつ罪」か各都道府県が定める「迷惑防止条例違反」のどちらかになります。

迷惑防止条例の場合、制定される地域によってその正式名称が異なりますので注意が必要です。

迷惑防止条例の中で、次のような条文があります。

人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、公共の場所又は公共の乗物において、衣服等の上から、又は直接人の身体に触れること。

これは大阪府の迷惑防止条例の場合です。

これが痴漢を取り締まるための根拠条文となります。

迷惑防止条例違反の場合、「公共の場所又は公共の乗り物」での犯行である必要があります。

不特定多数の人が利用する電車やバスの中、また不特定多数の人が行き交う路上がそれにあたります。

行為態様については、例えば次のような行為が痴漢とされます。

満員電車という状況での痴漢を想定してみると理解しやすいです。

迷惑防止条例違反の具体例(行為)

  • スカートの上から臀部(お尻)を触る
  • 露出した太ももを軽くなでる

痴漢について詳しく解説しているページがありますので、こちらも参考にしてください。

痴漢はどんな刑罰を受けるの?

実際、痴漢にどんな刑罰が予定されているのかも少しみておきましょう。

思っていたより痴漢は思い罪なのかも…

迷惑防止条例違反の場合は、こんな刑罰が待ち受けています。

六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

懲役刑が出てくる時点で軽くはないということがわかります。

実際には、早い段階で罪を認めて示談をするならば不起訴処分の可能性が高まります。

被害者対応はとても大切です。

まさに刑事処分に直結するといっても過言ではないでしょう。

被害者対応で大切なことをまとめておくと、こうです。

  • 謝罪の意思を被害者に伝える
  • 被害者に被害弁償(示談金)を支払う
  • 被害者に許してもらう

加害者本人が被害者に謝りたくても、通常は被害者が加害者に自分の連絡先を公開することはありません。

そんなときは、弁護士に間に入ってもらうとよいです。

弁護士は中立的な立場で相手方と話し合いをすることができます。

被害者から、弁護士であれば連絡をとってもよい、と判断されることが多いです。

被害者との示談に費用がかかる?

被害者との示談でかかる費用と言えば、示談金です。

示談金については、どのくらいを支払うべきなのか、気になるところです。

示談金の相場については、なかなか一言で表現することは難しいです。

実務の中で何度も示談の現場に立ち会ってきたかたこそ、そう感じます。

およその金額として、30万円50万円が頭に浮びます。

しかし、それはあくまで一例であり、被害者の被害感情の点や犯行態様なども精査する必要があります。

示談金が費用としてかかるのは当然です。

しかし、どのくらい必要となるかは被害者との示談交渉の末に決まります。

こちらのページが参考になりますので、気になる方は是非ご覧ください。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

全国弁護士検索で最寄りの弁護士をスグに見つける方法

全国弁護士検索で最寄りの弁護士をスグに見つける方法

とはいえ、やっぱりどんな弁護士が対応してくれるのかは気になる…

そうです。

そこも大事です。

直接会って自分の目で弁護士を確認することも大事なことです。

そこで、すぐ自分の近くに弁護士がいるのかを検索する方法をお伝えしたいと思います。

こちらが人気の全国弁護士検索です。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

ここに掲載されている弁護士・法律事務所は刑事事件に力を入れている事務所ばかりです。

何といっても、他の弁護士と検証して選べるのがうれしい!

口コミの評価も参考にしながら弁護士を選んでくださいね。

最後にひとこと

それでは、最後にひとことお願いします。

痴漢事件で弁護士をお探しの方にこれだけはお伝えしたいと思います。

刑事事件は当事者が思う以上に時間の流れが早いものです。

手続きがどんどん進んでいくため、ゆっくり悩んだり迷ったりしている時間がありません。

できるだけ早く弁護士にご相談ください。

早ければ早いほど、弁護士が活動できる範囲が広がります。

少しでもご本人のダメージを早くかつ最小限にすることを考えていきましょう。

まとめ

今回は痴漢事件をテーマにお送りしました。

いかがでしたでしょうか?

身近な事件だからこそ、いざというときのために知っておきたい情報が満載でしたね。

痴漢事件で困ったら、迷わず

をご活用ください。

なお、痴漢について知っておきたい情報は『痴漢で逮捕された時の対処法と示談で平穏に解決するまでの流れ』にまとめているので、興味がある方はご覧ください。

また、関連記事も参考にしてみるといいかもしれません。

是非ご覧ください。