全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

友人との留置場面会Q&A|友達でも面会できる?知人や同僚は?

  • 留置所,面会,友人
  • 20
  • 逮捕された友人留置場面会できる…?
  • 家族でもないただの知人が面会にいったら警察に疑われる…?

当サイトには、日々このような疑問が多数寄せられています。

今回は『逮捕された友人との留置場面会は可能?』というテーマで、皆さんのお悩みを解決していきたいと思います!

専門的な部分の監修は、テレビや雑誌でお馴染みの岡野武志弁護士にお願いしています。

よろしくお願いします。

友人の面会も、基本的には家族や恋人の面会と違いはありません。

その辺りの内容について、しっかり解説していきます。

友人が逮捕されました、なんて電話が警察から来たら、やましいことが無くても冷や冷やしちゃいますね…

逮捕された友人と留置場面会できる?

逮捕された友人と留置場面会できる?

それでは早速友人の留置場面会について見ていきましょう。

友人・友達との面会は可能

友人でも、留置場面会に行くことは可能です。

弁護士以外の方が、警察官の立会いのもと、逮捕された人と面会する、一般面会という方法をとります。

刑事ドラマなどで、警察官が部屋の隅にいる状態で、アクリル板越しに会話をするシーンを見たことがあるかもしれません。

一般面会は、そのような場面を想像するのが分かりやすいでしょう。

一般面会の受付は平日日中のみに限られています。

さらに、ご本人を基準にして1日1組しか面会できず、1回の面会時間も15分~20分程度と短いものです。

また、一度に面会室に入れる人数は3人までと決められています。

逮捕された方と面会される際には、事前にそういった状況を想定して準備をしておきましょう。

事件関係者と疑われないか

友人や知人が留置場面会に来たからといって、警察から事件関係者と疑われるわけではありません。

友人が激励のために面会に来たり、職場の上司や同僚が仕事のことなどで面会に来ることは普通にあります。

ただし、一般面会では、警察官が立合い会話内容を聞いていますので、会話の内容には注意が必要です。

面会の会話の中で、事件の証拠隠滅が疑われるようなやりとりがあった場合には、面会を中断・終了させられることがあります。

もし、直接面会に行きづらい場合は、弁護士による面会代行という手段もあります。

弁護士は、警察官の立会いなく、時間の制限もしでご本人と面会可能です。

また、弁護士を通して伝言を伝えたり、ご本人からの伝言を報告してもらったりという事も可能です。

ただし、弁護士が伝言の内容を不適切と判断した場合には伝えることはできません。

知り合い程度の他人でも面会はできる

接見禁止が付いていない場合は、他人でも留置場面会することが可能です。

接見禁止とは、逮捕された人が弁護士以外の方と面会することを禁じる、裁判所から発せられる命令のことです。

接見禁止が付いていなければ、一般面会で、面会できる方が制限されたりはしません。

面会を行う場合は、事件に関係のある会話にはご注意ください。

立会いの警察官に不適切と判断されると、注意を受けたり、面会が中断・終了させられることがあります。

接見禁止が付いていても弁護士は面会可能なので、弁護士への面会代行依頼はとても有効です。

急ぎで確認すべき事項がある場合などは、弁護士に相談してみてください。

ただし、ご家族が直接面会に行きたいと考えている場合などは、バッティングを避けるために日程調整をしておいた方がいいでしょう。

友人・知人との面会
  友人・知人 弁護士
警察立会 あり なし
時間制限 あり なし

友人・知人の留置場面会について弁護士に無料相談

友人・知人の留置場面会について弁護士に無料相談

はい、いかがでしたか?

このページでは、友人・知人が逮捕されて留置場面会を考えている方向けの情報をまとめてみました。

「自分が行っても上手く話せる自信がない…」とお悩みの方は、これから紹介する便利なツールをご利用ください。

弁護士無料相談窓口全国弁護士検索で、お悩み解決の糸口を見つけましょう。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

全国から地元の弁護士相談窓口を検索

こちらは日本全国の刑事事件に力を入れている法律事務所から、地元の法律事務所を検索し、検証できます。

地元の弁護士を探している方は、こちらの検索をぜひ参考にしてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

いずれも刑事事件に力を入れている法律事務所なので、面会のお困りごとを相談してみるのがいいですね。

最後に一言アドバイス

最後に一言、岡野弁護士からのアドバイスです。

友人・知人の面会においても、時間の制約などは他の一般面会と同様に厳しいものがあります。

ご本人への励ましや伝言、仕事の引継ぎ確認など、20分程度の面会時間ではなかなか伝えきれないことが多いでしょう。

弁護士の面会代行であれば、逮捕当日であっても、留置場のご本人としっかり時間を取って面会可能な場合があります。

面会代行で、ご本人と弁護士が面会をするのは、取り調べ前の早い段階であるほど効果的です。

まとめ

このページのまとめです。

  • 友人の一般面会は可能
  • 知人や会社の同僚でも一般面会は可能
  • 接見禁止中は面会不可

当サイトは留置場面会の決まり事などに関するコンテンツが他にも沢山用意されています。

もっと知りたいという方は関連記事を参照してください。

弁護士にスマホで無料相談できる窓口はデメリットなしで利用可能です。

やっぱり直接会って話を聞きたいという方は全国弁護士検索を上手く活用してみてください。

それでは、悩める皆さんの問題が無事に解決しますように。