全国136事務所
無料相談のご案内 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

脅迫罪は懲役実刑?弁護士がスッキリ解説!初犯の量刑判断と執行猶予

  • 脅迫,懲役

家族が、友人が、脅迫罪で逮捕された…

懲役実刑になってしまうの?それとも執行猶予

初犯の量刑判断はどうなる?

…この記事を読めば、そんな心配はご無用!

脅迫罪の懲役について、徹底的に調査した結果をレポートします。

法律的な部分の解説は、テレビや雑誌でおなじみ、アトム法律事務所の弁護士にお願いしていきます。

よろしくお願いします。

脅迫罪と懲役について、わかりやすく説明していきます。

脅迫罪と懲役の関係

さてここでは、脅迫罪と懲役刑について、見ていきましょう。

脅迫罪で懲役になったら、何年くらい刑務所に行くものなんでしょうか?

結構長いのかな。それとも、あまり長くないかな?

 

脅迫罪には、罰金刑懲役刑が定められています。

 

脅迫罪の結果が軽微な場合は、略式裁判で罰金刑になる可能性があります。

 

これに対して、脅迫罪の行為が悪質なケースでは、正式裁判で懲役刑が下される可能性があります。

 

▼そもそも懲役刑とは?

懲役刑とは、刑務所で刑務作業を負う刑罰をいいます。

 

脅迫罪で懲役実刑となった場合は、刑務所に収監されて刑務作業を行わなければなりません。

 

これに対して、脅迫罪で懲役刑になっても、判決で執行猶予がついた場合は、直ちには刑務所に収監されないので、刑務作業を行う必要もありません。

うーん、脅迫罪は罰金の場合と懲役の場合とあるんですね。

軽いものから順に、罰金、執行猶予付き懲役、懲役実刑、ということになるんですかね。

まとめ

脅迫罪と懲役の関係

罰金の場合懲役の場合
裁判の種類多くは略式裁判正式裁判
刑罰の内容罰金を納付する刑務所に収監されて刑務作業を行う

脅迫罪の懲役に関するQA

脅迫罪の懲役の相場は?

ところで、脅迫罪の懲役って、大体どれくらいが相場なんでしょうか。

どういうときに、罰金ではなく懲役になってしまうのでしょう?

先生、このあたりはどうですか?

 

脅迫罪の懲役刑の相場は、事件によってさまざまです。

 

脅迫罪の懲役の法定刑は、刑法によって懲役2年以下と定められているため、脅迫罪の懲役刑が脅迫事件単体で懲役2年を超えることないと言えます。

 

脅迫罪の態様が悪質でない場合は、懲役刑にはならず罰金刑や不起訴で終わることも多いです。

 

これに対して、脅迫罪の行為が悪質な場合は、初犯であっても懲役実刑になることがあります。

なるほど。

懲役実刑だと最長2年。

でも脅迫の態様いかんによっては、罰金刑で終わったり、起訴されないなんてこともあるんですね。

まとめ

脅迫罪の懲役の相場は?

懲役刑罰金刑
手続き正式裁判主に略式裁判
法定刑2年以下30万円以下

脅迫罪の懲役の年数は?懲役は何年?

脅迫罪には懲役刑もあるということだけど、大体どれくらいの長さなんでしょう?

先生、教えていただけますか?

脅迫罪の懲役の年数は、刑法によって2年以下と定められています。

 

脅迫罪で懲役実刑になるとしても、脅迫罪単独であれば、刑務所に収監されるのは2年以下です。

そっか、一番長くても2年なんですね。

犯罪に軽いも重いもないかもしれませんけど・・・

やっぱり脅迫罪は、殺人とかに比べると懲役の長さも短いんですね。

初犯の脅迫罪でも懲役実刑になる?

脅迫って、日常的に出てくる言葉のような気もしますが・・・

脅迫罪という犯罪は、刑務所に収監されるほど重い犯罪なんですね。

初犯でも、ほんとに懲役実刑になるんですか?

実刑を避けるコツはありますか?

初犯でも懲役実刑になる可能性があります。

 

危険な凶器を使うなど脅迫罪の行為が悪質な場合は、初犯でも懲役実刑になる可能性があります。

 

特に、脅迫罪の加害者と被害者の間で示談が成立していない場合は、初犯でも懲役実刑になる可能性がより高まります。

 

▼懲役実刑を避ける方法は?

脅迫事件は被害者がいる刑事事件なので、被害者と示談を成立させることがもっとも大切です。

 

脅迫罪の被害者と示談が成立し、相手から許してもらうことができれば、初犯である点が考慮され、懲役実刑になる可能性が低くなります。

なるほど。

懲役実刑を避ける、つまり執行猶予をつけてもらうには、被害者との間で示談が済んでいることが大切ですね。

まとめ

初犯の脅迫罪でも懲役実刑になる?

実刑になりやすい執行猶予がつきやすい
犯行態様脅迫行為が悪質脅迫行為があまり悪質でない
示談不成立成立

初犯の脅迫罪だと執行猶予になる?

でもでも、なんだかんだ言って、初犯では執行猶予がつくんじゃないんですか?

本当に悪いのは、なんども脅迫罪をする人たちでしょう??

皆さんも、そう思いませんか?

初犯の脅迫罪だからといって、必ずしも執行猶予になるとは限りません

 

脅迫罪の初犯であることは、刑事裁判において有利に考慮されますが、脅迫事件の行為が悪質な場合は、初犯でも懲役実刑になる可能性があります、

 

脅迫罪で刑事裁判になった場合、執行猶予の可能性を高めたければ、被害者と示談を成立させることが大切です。

うーん厳しい!

そっか、脅迫の行為が悪質だったら、初犯か再犯かなんて関係ないんですね。

いきなり執行猶予なしの実刑かあ。

これは是非とも、弁護士の先生にお願いして、被害者と示談するのが良さそうです。

脅迫罪の懲役と罰金の量刑判断は?

でも皆さん、罰金いくらとか、懲役何年とか、そういうのってどうやって決まるんでしょう?

一口に脅迫って言っても、人によって程度は違うでしょうし・・・

一体何を基準に、量刑を判断しているんですかね??

脅迫罪の懲役と罰金の量刑判断では、①脅迫事件の行為の悪質性、②脅迫事件の加害者と被害者との間で示談が成立しているか、などが考慮されます。

 

▼行為の悪質性

脅迫事件の行為が悪質な場合は、罰金ではなく懲役になる可能性が高まります。

例えば、脅迫に凶器を利用したり、加害者が暴力団関係者だと告知したりした脅迫事件は、行為が悪質と判断されることになります。

 

▼示談の有無

脅迫事件の示談が不成立な場合は、罰金ではなく懲役になる可能性が高まります。

示談が成立しているか否かは、被害者が存在する脅迫事件の刑事裁判としては、重要な量刑事情となるからです。

 

▼略式裁判と正式裁判の違い

脅迫罪で罰金刑が言い渡される場合は、略式裁判で法廷には出ずに終わるケースが多いです。

 

これに対して、脅迫罪で懲役刑が言い渡される場合は、必ず裁判所の法廷で正式裁判が行われることになります。

へえ~主に2つの基準があるんですね。

まずは脅迫の行為の悪質性。

それから被害者と加害者で示談が成立しているか否か。

これらが検討されて罰金刑になると、略式裁判といって、自ら法廷に行かずに済む場合もあるとのことです。

まとめ

脅迫罪の懲役と罰金の量刑判断は?

懲役刑の特徴罰金刑の特徴
法定刑2年以下30万円以下
裁判の形態正式裁判(公開法廷)多くは略式裁判(書面審査)
被告人の出廷出廷あり出廷なし

脅迫の懲役の相談なら弁護士にお任せ!

ここまで、脅迫の懲役について、弁護士の解説と共にお送りしました。

これで一般的なことはカバーできました。

でもできれば、自分の事件に即した具体的なアドバイスも欲しいですよね?

…ということで、以下では、弁護士に無料で相談できるサービスをご紹介します。

今すぐ相談予約!24時間受付の無料相談窓口

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

来所相談は、土日や祝日も可能とのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみに問合せは、全国対応で受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

地元の弁護士にじっくり相談するなら

なおコチラから、全国47都道府県の、刑事事件に強い弁護士を検索することができます。

使い方は簡単!

お住まいの地域をタップするだけです。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

相談してみたい弁護士は見つかりましたか?

掲載されているのは、当サイトの編集部が厳選した頼りになる弁護士たちです。

きっと、お困りごとを相談できる先生が見つかるでしょう。

最後に弁護士からメッセージ

では先生、最後にひとことメッセージをお願いします。

脅迫の懲役でお困りの皆さん。

今後のことを考えると、不安な気持ちになるでしょう。

しかし、刑事事件の解決はスピードとタイミングが勝負です。

落ち込んでいる暇はありません。

早い段階でご相談いただくことで、弁護士としてもやれることが増えます。

まずはとにかく、弁護士に積極的にご相談ください。

まとめ

ということで、脅迫罪の懲役。

 

現場をしっている弁護士の先生でないとわからないような話を、色々聞けましたね。

 

当サイト「刑事事件弁護士カタログ」には、他にもお役立ちコンテンツが満載です。

  • 下の関連記事で情報をしっかり押さえて
  • 24時間受付の無料相談窓口
  • 全国47都道府県の全国弁護士検索

を活用してください。

弁護士への相談は、早いに越したことはありません。

あなたのお困りごと、まずは弁護士に相談してみましょう。