刑事事件「反省文」の書き方講座|例文を公開!長文や手書きの方がいいのか

  • 刑事事件,反省文
  • 40

刑事事件「反省文」の書き方講座|例文を公開!長文や手書きの方がいいのか

刑事事件反省文はどんな内容を書けばいいのだろうか…?

反省文についてこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

  • 反省文とは?
  • 反省文は刑事手続きに影響がある?
  • 反省文の書き方ポイント

刑事事件をおこしたときに、気になる「反省文」についてレポートします。

法律部分の解説には、弁護士の岡野武志先生にお願いしています。

刑事事件における反省文とは?

刑事事件における反省文とは?

今までの人生で、反省文を書いたことはあるでしょうか。

  • 高校の校則をやぶった
  • 大学でゼミのレポート提出が遅れた
  • 仕事でミスをした

日常生活のなかで、反省文との接点が多かったという方も、全くなかったという方もいらっしゃるでしょう。

では、刑事事件をおこしたときに必要になる反省文とはいったいどのようなものなのでしょうか。

まずは、反省文の意味についておさえていきたいと思います。

犯した罪を省みる反省文

刑事事件をおこすと、反省文の作成が求められます。

反省文はどのような意味をもち、なんのために必要なのでしょうか。

反省文は、自身が犯した罪について反省し、今後の再犯防止について具体的に文書に示すものです。

検察官や裁判官にあてた文書になります。

反省文とよく混同されるものに、謝罪文があります。

謝罪文は、あくまで被害者に対する謝罪の意を文書に示すものです。

反省文はどんな刑事事件で必要?

反省文はどんな刑事事件で必要?

刑事事件では、すべての種類の事件で反省文が必要になるのでしょうか。

被害者がいる犯罪と被害者がいない犯罪に分けて考えていきたいと思います。

刑事事件の被害者がいない犯罪

刑事事件において、被害者がいない犯罪とはどのような事件があるでしょうか。

被害者がいない刑事事件
  • 覚醒剤・大麻・麻薬など薬物事件
  • 公文書偽造事件
  • 贈収賄事件
  • 単純賭博事件

など

このような事件が、刑事事件に被害者がいない犯罪とされています。

被害者がいないとされるような事件において、反省文は検察官裁判官に提出されることになります。

弁護士を選任すると、被疑者の反省の様子をまとめた報告書を検察官や裁判官に提出します。

弁護士がついていれば、反省文についてのアドバイスがもらえます。

ですが、犯してしまった罪の重さを「自ら」具体的に省みることが大切です。

刑事事件の被害者がいる犯罪

刑事事件において、被害者がいる犯罪とはどのような事件があるでしょうか。

被害者がいる刑事事件
  • 窃盗事件(万引き・バイク窃盗・置き引きなど)
  • 暴行・傷害事件
  • 盗撮・痴漢事件
  • 詐欺事件
  • 強制わいせつ事件

など

このような事件が、刑事事件に被害者がいる犯罪です。

被害者がいるような場合は、まず被害者にあてた謝罪文を書くことが大切です。

被害者に与えた苦痛に対して、誠心誠意の謝罪をしなければなりません。

場合によっては、被害に対する償いの方法についても記載することになります。

検察官や裁判官には、このように被害者に対する謝罪と償いをおこなっていることを伝えます。

示談などによって具体的にどのように償っていくのか、検察官に示すことが大切です。

反省文の書き方をレクチャー!テンプレはある?

反省文の書き方をレクチャー!テンプレはある?

反省文の例文を公開!

刑事事件においての反省文の重要性が分かってきました。

でも…

「反省文の書き方が分からない!」

ある程度、どのような内容でまとめればいいのか分からないと書き始められないと思います。

ここからは、反省文の例文を紹介したいと思います。

実際にあったニュースを例に、当編集部が反省文を作成してみたいと思います。

広島県教委は14日、スーパーマーケットで酒を万引したとして窃盗容疑で現行犯逮捕され、罰金の略式命令を受けた同県(略)小学校の非常勤講師の女性(43)を懲戒解雇したと発表した。

「仕事で成果があがらず精神的ストレスが大きくなった」と話しているという。(略)

焼酎1本を万引したとして現行犯逮捕され、同じスーパーで別に焼酎と梅酒を1本ずつ盗んでいたことも判明。(略)

小学校の非常勤講師の女性が、仕事のストレスからスーパーで商品を万引きしてしまったという窃盗事件です。

ニュースをもとに万引き事件を想定して、反省文を作成してみます。

例文

反省文

私は〇月〇日午後〇時頃、XXスーパーマーケット(〇〇店)でビールと梅酒をそれぞれ1本ずつ万引きしました。
店を出たところ警備員に止められましたが、逃げようとして取り押さえられました。

万引きは今まで興味がありましたが、実行にうつしたのは今回がはじめてです。
商品が買えるお金は持っていましたが、万引きをしてしまいました。
万引きをすれば「精神的なストレスが解消できるのではないか」というゆがんだ考えをもっていました。

私は日常的に、仕事でストレスを抱えていました。
日々、子どもたちとふれあう仕事には非常にやりがいを感じていましたが、負うべき責任も重くストレスが大きかったです。
不安定な雇用にも不安を感じていました。
くわえて、同時期に母親の介護も重なり、将来を悲観していたこともストレスの原因だと考えます。

万引きが窃盗罪であることは十分承知していますし、やってはいけないことをしてしまったと後悔しています。
盗んだ商品に関しては、スーパーの店長さんに謝罪し、代金をお支払いしました。
本当に申し訳ないことをしてしまったと反省しています。

今回、逮捕されて気づいたことがあります。
万引きをすると、ストレスが解消されたように感じる「だけ」であることが分かりました。
実際には、何の解消にもなっていませんでした。
私のこのような誤った認識から、万引きをしてしまったと考えています。

二度と万引きをしないように、これからはストレスのやり場を工夫していきたいと思います。
仕事に関しては、業務を抱えすぎないように上司に相談し、定期的な面談をお願いしています。
母親の介護については、同居する自分が一人でやらなければならないと今まで思い込んでいました。
私には兄妹がいますので、これからは兄妹の協力をあおいで家族みんなで協力し合っていけるようにお願いしました。
心療内科へも通院しており、医師と相談しながら心の乱れを正していきたいと思っています。

スーパーの方々、家族ならびに職場の同僚にも多大なるご迷惑をおかけしたことも反省しています。
改めまして、まことに申し訳ありませんでした。

〇年〇月〇日 氏名

いかがでしたか。

反省文は、このような形式で書きすすめられます。

こちらは、あくまでサンプルなのでテンプレにはしないようにしましょう。

ご自身の事件に合うように、しっかりと考察して反省した内容を書くことが大切です。

反省文の項目例
  • いつ事件をおこしたか
  • なにが原因となって事件をおこしたか
  • 事件の重さを理解したうえで、反省しているか
  • 今後、どのように更生をはかっていくのか

このような項目がきちんと整理された反省文となるように意識して作成してみましょう。

反省文の書き方は長文・手書きの方がいい?

反省文や履歴書、手紙といった文書を人に渡すようなとき、

手書きのほうがいいのだろうか?」

長文のほうが熱意が伝わるだろうか?」

このように悩まれることがあると思います。

  • 反省の気持ちが伝えられていれば、長文である必要はない
  • 反省の気持ちを伝えたいという丁寧な気持ちを手書きでは表しやすい

反省文は、とくに決まった書き方のルールはありません。

反省する気持ちが読む相手に伝わるように書くことが大切です。

字が下手で汚いからパソコンで作成したいと思うこともあると思います。

解読できる程度のきれいさは求められます。

ですが…

パソコンだと代筆したのではないかという印象を与えかねません。

たとえ字が汚くても、誠実な反省を伝えたいという思いで丁寧に書くことが大切です。

テンプレや例文に頼らず自ら反省文を作成することが大切

さきほど反省文の例文を紹介しましたが、あくまでサンプルに留めるということをお伝えしました。

コピペで何とかなると考えている方も多いかもしれません。

丸写しは常識的・道徳的によくないことですが、日常生活においてはそれでも問題ないかもしれません。

しかし…

刑事事件の反省文となれば、そうはいきません。

なぜテンプレや例文に頼らず、自ら反省文を作成すべきなのでしょうか。

検察官や裁判官は、反省文の内容から再犯の可能性がないかをみている

同じ罪名の刑事事件でも、事件をおこした原因は人それぞれです。

たとえば、万引き事件を例に考えてみます。

原因の例
・仕事のストレス
・摂食障害をもっている
・子育てで悩んでいた

など…

ここには書ききれないほど、人それぞれの原因をもっています。

この原因を絶たないかぎり、また同じ過ちを犯してしまうと裁判官や検察官は考えます。

事件をおこすきっかけとなった原因を知ることが、「反省」には求められています。

ポイント
  • しっかりと自身が犯した罪を振り返って、反省する
  • 何が「原因」で事件をおこしてしまったのか分析する
  • 今後どのように再犯をふせぎ、更生していくか

このようなポイントに注意して、作成することが大切です。

たんに「反省しています」、「二度としません」と書いたところで意味はありません。

「ぜったいに再犯しない!」

「再犯を犯さないためには具体的にどうしたらよいか?」

このような、再犯につながらないという意思表示をはっきりと明記することが大切になってきます。

刑事事件の反省文で困ったら弁護士相談

刑事事件の反省文で困ったら弁護士相談

反省文についてスマホで弁護士に相談

刑事事件の反省文を書きたいけど、何から書きはじめたらいいのか分からない。

そんなときは、弁護士に相談しましょう。

でも…

  • 仕事が忙しくて平日は時間がない
  • 土日も家事などで忙しい

時間がないという方でも、ご利用いただきやすい窓口を紹介します。

弁護士に無料相談はこちら

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

24時間365日受付中の窓口なので、忙しいあなたにピッタリだと思います。

電話窓口は、弁護士との対面相談の「予約」を受付けています。

LINEでは、弁護士が順次、相談対応中です。

「今すぐ」弁護士に、反省文について相談したいという方はこちらの窓口をご利用ください。

地元の弁護士に反省文について聞いてみる

反省文を弁護士に見てもらいたいというなら、直接弁護士に会ってみるのはどうでしょうか。

  • 知り合いに弁護士がいない
  • 地元に弁護士っているのかな?

弁護士の探し方が分からないとお困りではないでしょうか。

刑事事件にくわしい、地元の弁護士を探すならこちらをご利用ください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

実際に弁護士に直接会って相談するなら、地元だと便利だと思います。

使い方は、探したい地域をタップするだけなので簡単です。

こちらは日本全国の弁護士から、厳選基準で掲載しています。

  • 刑事事件をあつかう弁護士
  • 弁護士費用がはっきりと明記されている弁護士

このような基準をもとに、弁護士を選出しています。

地元の弁護士に反省文についてアドバイスがほしいという方は、こちらから弁護士を探してみましょう。

最後に一言アドバイス

それでは、最後に弁護士から一言アドバイスをいただきたいと思います。

刑事事件の反省文は、検察官の起訴・不起訴や裁判官の量刑の判断に影響を与える重要な文書です。

反省文はご自身を省み、ご自身の言葉で作成することが大切です。

ですが、自分では反省の気持ちを表現しているつもりでも、読む人にとっては反省がないと感じられてしまうこともあります。

まずはご自身で反省文を作成してから、弁護士に添削してもらうことをおすすめします。

無料相談をおこなう弁護士もいますので、反省文にアドバイスをくれる弁護士を探して相談しましょう。

まとめ

刑事事件の反省文についてのレポートでした。

  • 十分に反省する
  • なにが原因なのか分析する
  • どのように更生するか検討する

このような内容が反省文には求められます。

反省文の例文も掲載していますが、あなたの事件にそった反省文を作成することが大切です。

弁護士に相談すれば、反省文についての添削やアドバイスをしてくれます。

スマホで無料相談全国弁護士検索を活用して、弁護士に今すぐ相談しましょう。

刑事事件についての関連記事を用意してます。

このような記事を読んで、反省文作成の参考にしてみてください。

目次に
戻る
TOPに
戻る