全国136事務所
無料相談のご案内 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

児童買春の時効とは?刑事事件の時効を弁護士が解説します

  • 児童買春,時効

児童買春の時効とは?刑事事件の時効を弁護士が解説します

児童買春時効をご存知でしょうか?

いまいちピンときませんよね。

「あの事件はもう時効だ」

なんて台詞を刑事ドラマで聞いたことはあるかもしれません。

なんとなくわかる言葉ですが改めて考えるとギモンがたくさんあります。

  • 児童買春の時効って何年?
  • そもそも「時効」ってなに?

などなど。

今回はみなさんの悩みを解消するべく「児童買春の時効」についてくわしくレポートしたいと思います!

そもそも児童買春の意味をご存じですか?

児童買春とは、18歳未満の者に対し、対償を供与し、性交等をすることをいいます。

法律では「児童買春をした者は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する」となっています。

これは重い刑罰ですよね。

ところで児童買春の時効はいったい何年なのでしょう。

ネット上でも児童買春の時効が気になっている方もいるようです。

ということでさっそく「児童買春」事件の中の「時効」について、みていきましょう!

法律的な部分の解説は、テレビや雑誌でおなじみのアトム法律事務所の弁護士にお願いしています。

それでは「児童買春の時効」について解説していきます。

実際の事例をふまえて解説を進めたいと思います。

【刑事事件】児童買春事件の時効とは何を意味するの?

児童買春事件で時効といえば…

刑事事件の時効を考えるにあたっては、次の2つを知っておく必要があります。

  • 公訴時効
  • 告訴期間

公訴時効とは?

公訴時効とは、検察官が公訴する権限を消滅させる時効のことです。

公訴時効が成立すると、検察官は事件を起訴することができなくなります。

児童買春の刑事の時効とは、いわゆる公訴時効のことを指します。

児童買春の公訴時効は、5年です。

告訴期間とは?

次は告訴期間です。

告訴期間は親告罪の告訴ができる期間のことです。

被害者が犯人を知った日から6ヶ月とされています。

親告罪とは、告訴がなければ起訴できない犯罪をいいます。

例えば、器物損壊罪が親告罪にあたります。

児童買春の罪は親告罪ではありません。

ですので、「告訴期間」は関係ないということになります。

児童買春の時効といえば、「公訴時効」のことを指します。

ここで、親告罪という話がでてきましたので、表にまとめておきたいと思います。

重要

親告罪と非親告罪の違い

親告罪非親告罪
意味公訴の提起に被害者その他法律の定めた者の告訴、告発又は請求のあることを必要条件とする犯罪。*公訴の提起に被害者等からの告訴を必要としない犯罪。親告罪以外の犯罪。
具体例器物損壊の罪児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反の罪
*有斐閣 法律用語辞典 第4版より

また、児童買春の罪と時効の関係をまとめるとこうなります。

児童買春の罪と時効の関係
公訴時効告訴期間
意味検察官の公訴権限を消滅させる時効をさす。親告罪の告訴ができる期間をさす。
児童買春の罪との関係関係ある関係ない

弁護士「無料相談」の窓口はコチラ!スマホの法律相談が大人気

「児童買春の時効」についてよくわかりましたね。

さて、ご自身やご家族がもし児童買春事件の当事者になってしまったらどうしますか?

不安とショックでいっぱいになるかもしれません…

しかし、そんな時一人で悩んでいるだけでは事件は解決しません!

もし、児童買春の事件の当事者になってしまったら一番に考えるのは弁護士への相談です。

今すぐ相談予約!24時間受付の無料相談窓口

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

来所相談は、土日や祝日も可能とのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみに問合せは、全国対応で受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

口コミ評価で比べてみる|全国弁護士検索のススメ

スマホで気軽に相談できるのは大変ありがたいですよね。

ところで実際に弁護士に依頼する際に弁護士はどうやって探しますか?

実は弁護士探しもスマホで簡単にできる方法があります!

全国のたくさんの弁護士の中から厳選された弁護士を地域別に探すことができます!

まずはお住まいの都道府県をタップしてみてください。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

  1. ① 刑事事件の専門サイトまたは専用ページがある
  2. ② 弁護士費用が明瞭である

以上の2点を基準に編集部が選りすぐりの弁護士を集めました!

はじめから地域ごとにわかれているので、検索がとてもラクにできます。

これならどれだけ忙しくてもすぐに弁護士を見つけることができそうです。

最後に弁護士からメッセージ

では先生、最後にみなさんへメッセージをお願いします。

児童買春は刑事事件です。

刑事事件を解決していくうえで大切なのはスピードです。

どれだけ早く専門家からアドバイスを受けるかで、展開が大きく変わることがあります。

一人で悩まずにすぐ弁護士に相談されることをオススメします。

まとめ

今回は「児童買春の時効」をテーマにお送りしました。

刑事事件と民事事件におけるそれぞれの時効が理解できたのではないでしょうか。

「どうしよう…」

「困ったな…」

そう思ったら、まずは

をご利用ください。

他にも関連記事が参考になります。

ぜひご覧ください。