埼玉・大宮「JK Walker」の逮捕劇が語るJKビジネスの実態|児童買春の温床

  • JKWalker,逮捕
  • 1

弁護士事務所の掲載順と弁護士の力量とは無関係です。相性を考慮して、ご自身に合った弁護士をお探しください。

埼玉・大宮「JK Walker」の逮捕劇が語るJKビジネスの実態|児童買春の温床

みなさん、「JK Walker」というお店を聞いたことはありますか?

2017年12月、この「JK Walker」の関係者が検挙・逮捕されました。

事件の現場は埼玉県・大宮です。

この事件が注目を浴びたのは、埼玉県でJKビジネス初の摘発・逮捕事例となったからです。

twitterやネットニュースでご覧になった方も多いのではないでしょうか。

それでは、今回のトピックまとめです。

「JK Walker」関係者の逮捕・・・なぜ逮捕された?

「JK Walker」利用客・・・逮捕の危険はある?

逮捕、その後の流れは?

【児童買春】JKお散歩店「JK Walker」(埼玉・大宮)の摘発・逮捕事件

【児童買春】JKお散歩店「JK Walker」(埼玉・大宮)の摘発・逮捕事件

「JK Walker」検挙の全体像|埼玉県内で初の事例

JKビジネス界に一石を投じたこの事件。

まずはこの事件の全体像からご紹介したいと思います。

事件はさいたま市大宮区でおきました。

ニュース記事(抜粋)
“女子高生”をうたう女性による親密なサービスを売りにしたいわゆる「JKビジネス」で、18歳未満の少女にわいせつな行為をさせたなどとして、県警は4日、児童福祉法違反などの疑いで(略)2人を逮捕したと発表した。県警によると、県内のJKビジネスの摘発は初めて。専門家は全国的な広がりを懸念、警鐘を鳴らしている。

出典:産経ニュース(https://www.sankei.com/region/news/171205/rgn1712050021-n1.html)

容疑は

児童福祉法違反

児童買春・ポルノ禁止法違反

などと報じられていました。

逮捕の裏側をみる

「JK Walker」はなぜ逮捕されたのか。

合法商売ではなかったのか。

様々な憶測が飛び交います。

「JK Walker」は最近各地で展開されている「JKお散歩」の一つでした。

いわゆる「JKビジネス」です。

女子高生をうたった女性が、時間制で客にサービスをするという商売です。

サービス内容は、

JKと一緒にお散歩

JKと一緒にお食事

JKと一緒にカラオケデート

などです。

ただし、これは建て前の話です。

この「建て前」という点、気になりますね。

実態はどうだったのか。

の埼玉・大宮の摘発事例は、ここにポイントがあるわけです。

要点

JKお散歩では性行為の強要児童買春という犯罪が発生しやすい。

さて、これは埼玉県警察のHPです。

JKビジネスは危険だと注意がうながされていますね。

利用客も逮捕される?「JK Walker」利用客の今後は?

この事件で逮捕されたのは、店の運営者らでした。

一方で、注目されるのは、利用客の今後です。

逮捕の危険はあるのでしょうか。

逮捕の可能性があるのは、次のケースです。

利用客が逮捕される場合
1.児童福祉法に違反する行為があった場合
2.児童買春・児童ポルノ禁止法に違反する行為があった場合
3.その他の犯罪行為があった場合

重要なことをお話しします。

要は、利用客と少女との間で何が行われていたかが問題となるわけです。

お散歩といいつつ、カラオケ店などの個室に入れば、そこが事件現場となるかもしれません。

埼玉県警察が「危険なアルバイト」と表現しているのも納得いきますね。

「JKビジネス」検挙の可能性

ネットニュース、2ch、twitterを調査してみると

話題性のあるニュースはすぐに「2ちゃんねる」でスレッドが立てられます。

twitterでも多くのつぶやきが見られます。

「JK Walker」の事件もそうでした。

利用客も多く見込まれるので、関心が高まったと言えます。

「JK Walker」が摘発されるまでの流れについて、考えてみたいと思います。

「JKお散歩」が摘発される場合の流れについて、検討してみましょう。

何が捜査の発端になるのか。

事前におこなわれる警察の内偵捜査

2ちゃんねるなどのネット掲示板への書きこみ

JK本人の申告

これらが考えられます。

いろんなルートで警察は事件を把握します。

警察は、裏付け捜査のために数カ月間、様子を見守ることもあるそうです。

「JK Walker」事件の核心|児童福祉法違反と児童買春・ポルノ禁止法違反

「JK Walker」事件の核心|児童福祉法違反と児童買春・ポルノ禁止法違反

児童福祉法違反とは?

さて、ここでは「児童福祉法違反」と「児童買春・ポルノ禁止法違反」について解説します。

まずは、児童福祉法という法律からです。

全て児童は、児童の権利に関する条約の精神にのつとり、適切に養育されること、その生活を保障されること、愛され、保護されること、その心身の健やかな成長及び発達並びにその自立が図られることその他の福祉を等しく保障される権利を有する。

この法律の目的、つまり、この法律がなぜ作られたかを知るには、第1条をみます。

児童福祉法の目的は児童の福祉を保護することにあります。

注目点

児童福祉法違反で検挙されるケース

→→→性風俗に関係した事件が多い。

よくある事例としては、

18歳未満の少女に性交渉を求める

18歳未満の少女に自慰行為をさせる

こうした行為が逮捕の対象となります。

関係する条文をあげておきましょう。

参考条文
第三十四条

六 児童に淫(いん)行をさせる行為

七 前各号に掲げる行為をするおそれのある者その他児童に対し、刑罰法令に触れる行為をなすおそれのある者に、情を知つて、児童を引き渡す行為及び当該引渡し行為のなされるおそれがあるの情を知つて、他人に児童を引き渡す行為

児童福祉法より

「JK Walker」の裏側1<児童福祉法違反での逮捕>

児童福祉法は、児童の社会福祉に関係する法律です。

この法律の目的や理念については、厚生労働省がHPで公表しています。

児童福祉法にいう「児童」とは、18歳未満の者をさします。

児童に対し淫行をさせることが処罰対象の行為となります。

「JK Walker」の検挙・逮捕事件では、この点が逮捕の理由だったと推測することができます。

「JK Walker」の裏側2<児童買春・ポルノ禁止法違反での逮捕>

ネットニュースでは、「児童買春・ポルノ禁止法違反」という言葉もでてきます。

この法律の正式名称は、

児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律

といいます。

児童の権利を保護するためにつくられた法律です。

「児童」とは十八歳に満たない者をさします(第2条より)

ここからは、児童買春児童ポルノにわけて解説をすすめていきます。

1.児童買春

児童買春の定義を確認しておきましょう。

定義

児童買春とは

要件① 対償を供与し、又はその供与の約束をしていること
要件② 児童に対して、性交等をおこなうこと

両方の要件を満たしている必要があります。

具体的に説明すると、

児童に1万円をわたして、性交渉する

児童に欲しいものを買ってあげると約束して、性交渉する

というものです。

18歳未満の児童に対する援助交際がこれにあたります。

児童買春に関する情報は、こちらからもご覧いただけます。

2.児童ポルノ

児童ポルノについて基礎知識をまとめておきます。

この法律において「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)に係る記録媒体その他の物であって、(略)児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものをいう。

「児童の姿態」については、条文で次のように書かれています。

大切なところですので、該当箇所を確認しておきましょう。

法第2条第3項

一 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態

二 他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

三 衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀でん部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの

児童ポルノは撮影、つまり、製造するだけでも違法となります。

また、他人に提供することを目的とした、所持運搬日本への輸入日本からの輸出も禁止されています。

まとめ

児童ポルノ

児童ポルノ
「児童」とは 18歳未満の者
違法行為の例 ・児童の性交渉の姿や、児童の裸の姿を写真やビデオにとる行為
・製造、所持、運搬、輸入、輸出すること

「JK Walker」の裏側3<利用客リストから逮捕が広がる>

JKお散歩事件で、今後予想されこととしては、利用客に対する捜査の展開です。

通常、このような店舗摘発がおこなわれると、その店の顧客リストが押収されます。

利用客が警察に事情を聴かれることも予想されます。

具体例

警察による実態の把握

利用中、わいせつ行為はなかったか
児童買春をしていないか
児童ポルノ禁止法に抵触する行為はなかったかなど

つまり、利用客も捜査の対象になることが十分に考えられるというわけです。

展開によっては、利用客が逮捕される事態になることもありえます。

そこで、今度は刑事事件の流れについてみておきましょう。

刑事事件には、大きく2つの流れがあります。

逮捕される場合

逮捕されない場合

です。

まずは、「逮捕される場合」についてです。

刑事事件の流れ(逮捕・勾留された場合)

このイラストからわかるように、逮捕されるとすぐに刑事裁判を受けるというわけではありません。

しばらくは、警察署の中にある留置場で寝泊まりをしながら、取り調べをうけることになります。

また、「逮捕されない場合」についてはこうです。

刑事事件の流れ(逮捕されなかった場合)

逮捕される場合と比べ、捜査の受け方に大きな違いがあります。

こちらは通常の生活をしながら、必要に応じて取り調べに対応していくことになります。

まとめ

刑事事件の2つの流れ

逮捕あり 逮捕なし
生活の拠点 警察署内の留置場 自宅
仕事への影響 支障がでる 大きな影響はない
学業への影響 支障がでる 大きな影響はない

刑事事件の流れに関しては、こちらの動画をご覧いただくとよく理解できると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

「JK Walker」逮捕事件、弁護士はその後の流れをこう読む|刑罰も含めた解説

「JK Walker」逮捕事件、弁護士はその後の流れをこう読む|刑罰も含めた解説

弁護士の先読み「JKお散歩」逮捕後の展開

「JK Walk」事件をうけて、全国的にJKビジネスにメスが入れられようとしています。

逮捕されると、具体的にどのような流れが想定されるのか、順をおってみていきましょう。

逮捕の流れ

時間軸をみると、数時間でどんどん段階が変わっていくことがわかります。

これが日本の刑事手続きの流れになります。

何もせずにいると、気が付けば「勾留」から「起訴」まで進んでしまいます。

だからこそ、逮捕後の初動が大切なんですね。

弁護士がついていると、

早期釈放に向けた活動

不起訴処分を目指した活動

などが期待できます。

逮捕・釈放の流れ

逮捕されたらずっとそのまま留置場から出られないと決まったわけではありません。

各段階で、釈放の可能性は残されています。

すべての事件で釈放が望めるわけではありませんが、そのチャンスを正確にとらえるのが弁護士の役割といえます。

1.児童福祉法違反の刑罰まとめ

さて、ここからは刑罰のお話です。

児童福祉法違反の罪からみていきましょう。

この法律には刑事罰が規定されています。

児童福祉法違反の刑罰①
法 第3416
違反内容 児童に淫行をさせる行為
刑罰 10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金
又は併科
児童福祉法違反の刑罰②
法 第3417
違反内容 淫行するであろう者に、それを知って児童を引き渡す行為
刑罰 3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金
又は併科

2つの違反内容を見ていただきました。

児童に淫行をさせる行為だけでなく、淫行すると予想される者に児童を引き渡しても違法となります。

調べてみると、次のような具体例がみつかりました。

参考のためにご紹介します。

具体例①
18歳未満であることを知りながら、児童に対し、不特定の客と口淫等の性交類似行為をおこなわせた。
(被告人に前科なし)

第一東京弁護士会『量刑調査報告集Ⅳ』(平成27年3月発行)より

この事例では、刑事裁判で

懲役1年6月、執行猶予3年の判決

が言い渡されています。

具体例②
16歳の児童に対し、ホテル内で脅迫的な言葉を使って迫り、性交した(2件)。
(被告人に前科あり)

第一東京弁護士会『量刑調査報告集Ⅳ』(平成27年3月発行)より

この事例では、刑事裁判で

懲役1年6月の実刑判決

が言い渡されています。

2.児童買春・ポルノ禁止法違反の刑罰まとめ

「JK Walk」事件のもう一つの側面、児童買春・ポルノ禁止法違反の刑罰も確認しておきましょう。

児童買春をした者は、五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。

自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者(自己の意思に基づいて所持するに至った者であり、かつ、当該者であることが明らかに認められる者に限る。)は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。(略)

児童買春の場合、「五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金」とあります。

これは、次の範囲で処罰が予定されていることを指します。

懲役刑

1か月~5年

罰金刑

1万円~300万円

また、児童ポルノについては、いろんなケースがあるので、以下にまとめておきます。

児童ポルノの刑罰①
行為態様 自己所有(単純所持)
刑罰 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
児童ポルノの刑罰②
行為態様 提供・製造・運搬・輸入・輸出*
刑罰 3年以下の懲役又は300万円以下の罰金

*「製造・運搬・輸入・輸出」は他人への提供目的が前提となります。

児童ポルノの刑罰③
行為態様 ・不特定または多数の者に提供
・公然と陳列
刑罰 5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金
又は併科
「JKお散歩」で懸念される利用客による児童買春は、実際には少なくないと言えます。

密室の空間になると、援助交際を抑止することが難しくなります。

児童買春については、他にも解説記事があります。

こちらも参考になりますので、ぜひご覧ください。

また、児童ポルノについてはこちらの記事が参考になります。

埼玉・大宮「JK Walk」事件でご不安をお持ちの方へ

埼玉・大宮「JK Walk」事件でご不安をお持ちの方へ

この事件では、捜査機関に顧客リストが押収されているという話も聞こえてきます。

店舗関係者の逮捕だけでこの事件が終結するとは考えにくいでしょう。

警察としては、実態調査のため少なくとも利用客に事情を聴くことは予定していると思われます。

もし、自分に心当たりがあるという方は、お早めに法律相談をお考えいただくことをお勧めします。

適切な警察対応について、弁護士からアドバイスを受けておかれると、いざというときも落ち着いて行動できます。

場合によっては、逮捕を回避する活動も弁護士に依頼することができますので、その点もご相談ください。

調べてみたところ、いろんな法律事務所で無料相談が実施されています。

その中でもオススメ窓口を紹介しておきたいと思います。

弁護士との対面相談(スマホで予約する)

弁護士とLINE相談(スマホで相談を受ける)

弁護士とFacebook相談(スマホで相談を受ける)

こちらでは大きく3つの相談窓口が用意されています。

対面相談の場合、24時間365日いつでも予約を受け付けているそうです。

LINE相談とFacebook相談は弁護士と直接やり取りができます。

弁護士に無料相談はこちら

LINE相談のご利用方法はこちら(右上バナーからQRコードを表示)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。
警察未介入のご相談は有料となります。

遠方に住んでいるので法律事務所まで行くのは厳しい・・・

土日でも予約ができるところがあれば・・・

夜中に電話しても誰も出てくれないよね・・・

そうお考えの方はぜひ一度ご利用いただけたらと思います。

最後に

では最後に、刑事弁護の専門家、岡野弁護士からこの事件のまとめをしてもらいます。

「JK Walk」の事件は全国的に広がるJKビジネスの業界に大きな衝撃を与えました。

店の運営側だけでなく、利用客にも捜査が及ぶことは必至でしょう。

弁護士は、このような事件で逮捕を回避したり、不起訴を目指すことがメインテーマになります。

早い段階で弁護士に相談していただければ、弁護活動も余裕をもっておこなうことができます。

どんな些細なことでも、ご不安な点はぜひ弁護士にご相談ください。

まとめ

スマホで無料相談は多くの方が利用しているそうです。

多数メディアでも取り上げられているLINE相談はとても手軽で使いやすいと評判のようですね。

お困りの方は、ぜひ一度お試しください。

他にも今回のニュースに関するものとして、児童買春をテーマにした記事が多数あります。

下の関連記事も参考にしてみてください。

目次に
戻る
TOPに
戻る