全国140事務所
電話相談 (24時間全国対応) 0120-432-911 広告主:アトム法律事務所弁護士法人

【ネット無料相談あり】児童福祉法違反を弁護士に相談する方法

  • 児童福祉法,弁護士
  • 10

【ネット無料相談あり】児童福祉法違反を弁護士に相談する方法

「家族が児童福祉法違反の容疑で逮捕されてしまった!」

大丈夫です、落ち着いてください。

事件解決への近道は頼れる弁護士を探すことです。

  • 地元で無料相談をしている弁護士を見つけたい
  • 夜間や土日でも有人対応している窓口が知りたい
  • ネットで無料相談を受けたい

はい、おまかせください。

今回、編集部がお届けするのは「児童福祉法違反の事件にくわしい弁護士特集」です。

この中で弁護士探しのヒントをゲットしてください!

【無料相談の弁護士探し】47都道府県から厳選!児童福祉法違反にくわしい地元の弁護士

【無料相談の弁護士探し】47都道府県から厳選!児童福祉法違反にくわしい地元の弁護士

疑問!どうやって弁護士を探す?

家族が児童福祉法違反の事件で逮捕されたら…

児童福祉法にくわしい弁護士はどこにいるの?」

「自分の地元に無料相談をしている弁護士はいる?」

いざ、自力で弁護士を探そうと思うとなかなか難しいですよね。

厳選!47都道府県別の全国弁護士検索!

私たち取材チームは、全国の弁護士を厳選し、地域別にまとめてみました。

対象にした地域は東京、大阪、福岡、横浜(神奈川)、名古屋の大都市圏はもちろん。

北は北海道、南は沖縄まで、47都道府県すべての弁護士から厳選しています。

こちらの全国弁護士検索を使うと一瞬でお近くの弁護士を探すことが可能です。

サーチアイコン弁護士を探す5秒で完了
都道府県から弁護士を探す
北海道
東北
北陸
甲信越
関東
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

都道府県をお選びください

お試しいただけましたか?

地元の弁護士、しかも無料相談に対応している弁護士をお選びいただけます。

さて、みなさんは、今日本で何人の弁護士が活躍しているか知っていますか?

こちらをご覧ください。

これは日本弁護士連合会(ニチベンレン)が発表しているデータです。

これによると、弁護士の数はなんと37,680人が正会員として登録しているんです。(2016年3月現在)

この約4万人の中から、自分にあった弁護士を探すなんて…

かなり時間がかかりそうですね。

「基準」を満たした厳選弁護士

この全国弁護士検索は、47都道府県の全弁護士の中から厳選した弁護士情報のみを掲載。

厳選の基準
  1. ① 児童福祉法違反の事件など刑事事件に力を入れている弁護士であること
  2. ② ホームページに弁護士費用をハッキリと掲載している弁護士であること

緊急事態だからこそ、弁護士を探す手間はできるだけはぶきたいですよね。

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

お手軽にスマホで弁護士相談するなら

こちらの弁護士事務所は、刑事事件の無料相談を24時間365日受け付ける窓口を設置しています。

いつでも専属のスタッフから無料相談の案内を受けることができるので、緊急の時も安心です。

LINE相談には、夜間や土日も、弁護士が順次対応しているとのことです。

急を要する刑事事件の相談ができるので、頼りになりますね。

0120-432-911刑事事件でお困りの方へ

無料相談予約
ご希望される方はこちら

24時間365日いつでも全国対応

※新型コロナ感染予防の取組
(来所相談ご希望の方へ)

※無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

ちなみにLINE相談は、匿名でも受け付けているとのこと。

誰にも知られずに、お悩み解決に近づけるのが魅力的ですね。

「児童福祉法違反の事件」気になる3つの弁護士費用(まとめ)

「児童福祉法違反の事件」気になる3つの弁護士費用(まとめ)

いざ弁護士に事件を依頼するとき、気になるのは弁護士費用

一体いくら必要になるのか…わからなければ不安になります。

でも、正しい知識を持っていれば安心して相談が受けられます。

以前は、弁護士会の報酬規定によって弁護士費用が定められていました。

しかし、弁護士法の改正に伴い、そのルールは撤廃されています。

なので、今では弁護士は弁護士費用を自由に設定できます。

ここでは、弁護士費用についての最新情報をお伝えします。

1.児童福祉法違反事件の「着手金」とは?

「着手金(ちゃくしゅきん)」とは一体何でしょう。

着手金は、弁護士に事件を依頼した段階で支払うものです。

不成功に終わった場合でも事件の結果に関係なく、返還されません。

編集部の調べによると、「20万円~」や「30万円~」としている弁護士もいるようです。

児童福祉法違反事件などの刑事事件では「60万円~」を基本設定としている法律事務所も多く見つかりました。

2.児童福祉法違反事件の「成功報酬」とは?

もう一つ、よく耳にするのが「成功報酬」です。

成功報酬は、弁護活動の成果の対価として支払うお金のことです。

ですので、児童福祉法違反事件での成功報酬は、その刑事処分の内容によって異なるのが一般的です。

どの法律事務所もホームページで料金設定を公開していることが多いです。

弁護士に事件を依頼する前に、一度そちらを確認しておきましょう。

3.児童福祉法違反事件の「実費・日当」とは?

最後は、「実費・日当」についてです。

実費は、実際にかかった費用ですので、わかりやすいと思います。

書類発送時の郵便切手代や留置場への差し入れ品の購入代金が実費になります。

日当は、弁護士によって基準がわかれるところです。

どのような算出基準を採用しているか、不明な点は直接弁護士に確認してみましょう。

【弁護士に聞く!】児童福祉法違反事件の弁護活動、早期解決3事例

【弁護士に聞く!】児童福祉法違反事件の弁護活動、早期解決3事例

では、ここからは、児童福祉法違反事件をどう解決していくのかまとめていきます。

本日は、解説者として、特別に刑事事件の専門家をお呼びしています。

児童福祉法違反事件にくわしい弁護士の岡野武志先生です。

弁護活動の現場がどんなものか、解説をお願いします。

弁護士の岡野です。

よろしくお願いします。

これまで私が取り扱った刑事事件の中でも、児童福祉法違反の事件は相当数ありました。

今日は実例裁判事例をベースにしながら解説を進めていきたいと思います。

1.児童福祉法違反、釈放までの動きとは?

まずはじめに、誰もが気になる逮捕後の流れについて整理したいと思います。

ニュースをみていても「逮捕された」という場面だけが大きく取り上げられます。

ところが、家族や当事者にとってはその後の流れがとても重要なのです。

逮捕されると、逮捕の翌日か翌々日には検察庁に連れて行かれます。

これを、「送致(そうち)」といいます。

そしてその後、釈放の有無について検討されます。

検察官・裁判官によって「釈放なし」と判断されるとしばらく拘束状態が続きます。

留置場での生活が続くわけです。

これを勾留(こうりゅう)といいます。

勾留がつくと、最初は10日間は身動きがとれません。

そして最終日には延長されることもあります。

もっとも、弁護士を選任していると、そもそも勾留がつかないように活動をしてくれます。

検察官や裁判官に早期釈放を訴える活動をしてくれるのです。

また、勾留が決定しても、その決定に対して不服申し立てをすることも可能です。

今回の児童福祉法違反について考えてみましょう。

例えば、教師による生徒への児童福祉法違反のケースでは、初犯でも実刑になる可能性があります。

つまり、刑務所行きになる可能性があるということです。

そのため、捜査段階での弁護活動は慎重を要します。

当事者本人、またその家族と十分な打合せをしながら弁護士は活動を進めることになります。

逮捕に続き勾留されると、しばらく拘束状態が続きます。

このとき、社会生活に大きな支障が生じると考えられます。

2日や3日で自宅に戻れるわけではありません。

そうすると、学校退学会社解雇も現実的になってきます。

逮捕されたら、すぐ弁護士に釈放に向けた活動を開始してもらわなければいけません。

2.児童福祉法違反、前科をつけないためには?

次に前科を回避するための方法について考えます。

これも関心が高まるところです。

前科をつけないために、弁護士は次の2つを検討します。

  1. 検察官から不起訴処分を獲得する
  2. 裁判官から無罪判決を獲得する

実際には、無罪判決の獲得は大変難しく、不起訴処分を目標に弁護活動をすることが多いです。

検察官は、収集した証拠を十分に検討します。

証拠により犯行が認定できない場合は「嫌疑不十分」または「嫌疑なし」として不起訴処分にします。

証拠により犯行が認定できる場合でも、検察官は不起訴処分をだすことがあります。

というのも、検察官は、被疑者の性格や年齢、境遇、犯罪の軽重と情状、犯行後の情況を考慮するからです。

この不起訴処分は「起訴猶予」といわれます。

前科をつけず、一日でも早く社会的名誉を回復させるためにも、早い段階で弁護士に活動してもらうことが大切です。

刑事裁判で無罪を獲得するのはとても難しいものです。

有罪になるリスクをあえておかすより、不起訴処分を目指して弁護士に活動してもらうほうが現実的といえます。

つまり、捜査段階での弁護活動が前科回避のカギとなるわけですね。

3.児童福祉法違反、無罪を主張するには?

冤罪の場合はどうでしょうか。

実際には犯罪をおかしていないのに、無実の罪で児童福祉法違反の容疑をかけられてしまったら…

無罪を獲得することは可能なのでしょうか?

冤罪事件は非常に厄介です。

一度、捜査機関に犯罪の容疑をかけられてしまうと、無罪を獲得するのはとても大変です。

警察の取り調べは日に日に厳しさを増します。

犯人であることを前提に話が進められます。

真実を話してもそれを受け入れてはもらえません。

残念ながら、それが現実です。

次第に体力も精神力も疲弊してきますので、つい

「罪を認めて早く楽になろうかな…」

などと迷いが生じることもあるかもしれません。

辛い状況ではありますが、決して屈してはいけません。

過酷な取り調べが続いても、次の3点だけは覚えておいていただきたいと思います。

重要ポイント3点
  1. 黙秘権を適切に行使する
  2. ② 供述調書へのサイン拒否権を適切に行使する
  3. ③ 供述調書の内容変更申立権を適切に行使する

供述調書は一度作成されると取り返しがつきません。

ですので、慎重に対応することが大切です。

いつでも弁護士に相談できる環境があれば心強いと思います。

冤罪事件は、以前、映画でも取り上げられたことがあります。

ニュースの中でも注目を浴びるトピックのひとつです。

当事者は非常に苦しい環境に身を置くことになります。

途中で心が折れて捜査機関の「誤り」を真実にしないようにしたいものです。

そのためにも、決してひとりで戦わず、専門家のサポートを受けましょう。

最後にワンポイントアドバイス

それでは最後に、一言アドバイスをお願いします。

「家族が児童福祉法違反で逮捕された」

この緊急事態に思い出してほしいことは一つです。

「すぐに弁護士に相談する」ということです。

弁護士探しに時間をついやしている場合ではないのです。

逮捕による不利益を最小限におさえることが重要です。

こんなときは、迷わず私たち弁護士にご相談ください。

まとめ

以上、今回は「児童福祉法違反の事件にくわしい弁護士特集」をお送りしました。

何をどうしていいかわからないときこそ、気軽に弁護士無料相談をご利用ください。

全国弁護士検索ですぐ近くの弁護士をお探しいただくこともとても有効です。

さらに児童福祉法違反のことを知りたい方は、関連記事もご覧ください。

以上、編集部から特集記事をお届けしました。